素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

スカイタワー

時代は「バーチャル」ですよ♪

皆様 こんにちは 不定期参加Nです

遂に・・・Nが買ってしまいました・・・

no title


この目玉おやじの様なの・・・何か判りますか?


実はこれ「カメラ」なんです  ちょっと変わった形してますが、上から見ると

1


あっちにもこっちにもレンズが有ると言う・・・360度全体写真&動画が撮れてしまう素晴らしい機材を・・・買ってしまいました・・・

そもそもどうしてこんなの欲しくなったかと言いますと・・去年サンタクロースが届けてくれたプレステ4

それの周辺機器として中古で「PSVR」と言うのを買ってしまいまして・・

それまでもスマホをセットして立体動画を見る安っすいVRゴーグルは持ってたのでまあ飛び出すと言うか奥行のある映像には慣れてたはずなんですが、PSVRを着けたら「目玉飛び出る」勢いの驚き

余り新しい物好きNとしてはアンマリこういうので驚いたりしませんが、PSVRはぶったまげました

VR=バーチャルリアリティなので、PSVRでゲームとかVR動画見ますとマジでそこに立ってる気になります。

バラエティ番組とかで叫んでる人とか立ってられない人見ても「大げさな・・・」だったんですがあれ「本当なんです

私乗り物酔いとかまずしないんですが、視覚と体の情報が合わず動画によっては酔います。

そんな中芽生えたのが「旅行業の人間としてこんな動画作って皆様に疑似的にNZにお越し頂きたい」と言う気持ち

と言う訳で第一弾をサクッと作ってみましたので↓YOUTOUBEにアップしました〜

いきなりなので動画では無く、360度写真を20秒づつ流します。 PSVRなど本格的なVRをお持ちの方はニュージーランドはオークランドのビクトリアストリートに立って頂く事が可能です

最期は丁度やってたデモ行進に参加してみました



VRゴーグルをお持ちでない方は、IPHONEなど「方位センサー」が搭載された携帯で見ていて頂きますと向きを変えるだけでグルリ見渡して頂いたりスカイタワーの高さ感じて頂く事が可能です!

方位センサーが無い場合でも指で動画を自由に動かす事が出来ると思います

是非お楽しみ下さい!

尚・・・もしこんな感じの情報もっと下さい〜 と思った方、「拍手」お願いします〜!
(拍手が集まったら撮影の旅に出ようかなと・・

ランドマークの『スカイ・タワー』

皆様、こんにちは
JTBオークランド支店で実習をさせていただいている研修生のルルです

今回は、オークランドのシンボルマーク『スカイ・タワー』についてご紹介します
スカイタワーの展望台やスカイデッキからは市街地を一望にし、晴れた日には80km先までもを見渡せるという絶景ポイントで、オークランドの町を散策していても、スカイタワーを探せば、自分たちがどの位置にいるかも把握できるなど、とっても目立つ存在
IMG_1613

『スカイ・タワー』は、高さ328mと、南半球で最も高く、1997年に完成したオークランドのシンボルです
地上186mのメイン展望台と、地上220mのスカイデッキ、そして座席がゆっくりと一回転する展望レストランや、安全装置を付けてビルの谷間に飛び降りるスカイ・ジャンプも人気です

この前スカイタワーの下を歩いていたらちょうどスカイ・ジャンプをする方に遭遇
ものすごく怖そうで私には到底出来ません
絶叫が得意な方はぜひチャレンジしてみてください

先日登ってきましたが、オークランドを一望でき気持ちよかったです
値段は大人で$32
IMG_1353


こちらはメイン展望台
IMG_1325


そしてこちらはスカイデッキからになります
IMG_1358

ところどころ床がガラス張りになっている場所もありスリル抜群でした

やはりオークランドに来たからには登っておくといいかもしれません
スカイタワーのチケット売り場の隣にはお土産屋さんもあるのでオススメです

また、『スカイ・シティー』という24時間営業の複合エンターテインメント施設があり、カジノや映画館、レストラン、バー、観光案内所なども入っています
(カジノは、入場時に、身分証明書の提示を求めららることがあります)
スカイタワーに登った際に行かれてみてはいかがでしょうか

住所:Cnr. Victoria Street & Federal Street, Auckland CBD, Auckland
電話:09-363-6000、0800-759-2489(ニュージーランド国内通話料無料)
公式サイト:https://www.skycityauckland.co.nz/

ぜひニュージーランドへ旅行に行かれる方は、参考にして頂けると嬉しいです

以上、現場からルルがお伝えいたしました

今年もインスタ映えポイント 始動!

皆様 おはようございます。 不定期参加Nでございます

イヤ〜カラットしてる物の暑い日々が始まりました。紫外線がジリジリと体感レベルで来てますので皆様 日焼け止めは絶対塗って下さいね! 

(特に耳!ここ塗り忘れると痛いですよ〜)

ニュージーランドは日本の10倍近い紫外線が降り注いでますのでご注意下さい。
(この「日本のXX倍」って数字、7倍とか12倍とかソースに’よって全然違うので概ね「10倍近い」と言う表現にしてみました

さて寒い日本とは真逆の季節のニュージーランド、毎年この時期恒例でスカイタワーの根元がインスタ映えポイントとして本気を出し始めましたのでご紹介

スカイタワーの根元に行きますと
Img_3520[1]


既に出店が出始めておりまして

Img_3521[1]


何やらワンダーランドなゲートをくぐりますと・・・

Img_3523[1]


いかにもなクリスマスのオブジェが沢山! 皆様こぞって写真撮影です

Img_3524[1]


ドームの中なんて雪が舞うんですよ!

この写真はたった今撮影して来たので日中だから大した人は居ませんが、これが帰宅時の暗くなった前後にここ通りましたらさあ大変!  強烈に明るいLEDギラギラでそれはそれは美しいライトアップがされております。

毎年ここで言ってますが・・・「今は夏です!!」

な〜ぜ雪降らしたり積もったりしてるんでしょうねえ

ハッキリ言ってこの雪が降る(偽物)ドームなんて中で10分も居たらサウナ以上の温度で倒れちゃいます

ニュージーランドで生まれ育った子供達がまだ幼稚園に入る前後に「何で雪?」と聞かれた事がありますが、10歳になった下の子に感想を聞きましたら「北半球目線が主流って違和感あるけど仕方ないね。そっちの方が雰囲気出るし」との事でした

いっそ南半球仕様でプールで寝そべったりサーフィンしてるサンタとかの方がもっと旅行気分を味わって頂けると思うんですけどねえ・・・

あ、サンタがサーフィンに乗ってるとか夏仕様のクリスマスカードは売ってるんですよ

でもね・・・10枚セットの中の一番上1枚だけとかなので買う時はご注意下さいね!
(残り9枚は普通に雪だるまとか敵も中々やるな〜です

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

はじめまして、ニュージーランド!

こんにちは
浅井柚香 と申します
現在、JTBオークランド店で2週間、インターンシップをさせて頂いています。
少しの間、ブログを書かせて頂くことになりました!よろしくお願い致します

現在、私はニュージーランドに到着して5日目!ということで、まだそれほど観光ができていません・゚・(ノД`;)・゚・
唯一、空港からホームステイまでの道中に
ワン・ツリー・ヒル という場所に連れて行って頂きました。
その時の写真がこちら 

ワン・ツリー・ヒル    ワン・ツリー・ヒル 羊

このような感じで、到着していきなりさんが迎えてくれました
広大な自然がまさにニュージーランドらしい写真ですね

📌One Tree Hill
住所;670 Manukau Road
Epsom, Auckland Central,
Auckland 1023


では、私からは少し、フライト中の出来事や、市内のちょっとした様子について少しお話したいと思います

私は今、初オセアニア初インターンシップというすごいドキドキワクワクの日々を送っています。

そんな緊張感の中、ここに来るまでのフライト中に、あるおじいちゃんに出会いました。
その方は、オークランドから車で3時間程の町で、レストランのシェフをされているみたいで、「お店に食べにおいでよ!」とお誘いを頂きましたが、今回は時間が無く、そこへ行くことが出来ないのがすごく残念です...。
たくさんお話をして頂き、ニュージーランドに住んでいる方の心の暖かさを早速感じさせていただいた11時間のフライトとなりました
そんな楽しい飛行機の中から、乗継地のバンコクとニュージーランドの美しい景色をパシャリ📷

飛行機の中      飛行機の中2


では、今からは、少し市内の様子を紹介したいと思います。

私が、初めてオークランドの市内を歩いた感想ここは、カナダのバンクーバーに似ている!!
でもやはり、南半球一、高くそびえ立つ スカイタワー の大きさに圧倒されます。ついついスカイタワーの写真を撮りたくなります ちなみに私は、頂点までは写っていまっせんが、ビルに写ったスカイタワーまで撮っちゃいました

スカイタワーa     スカイタワー2a

📌SkyTower
☎+64 9-363 6000
住所;Victoria Street
Corner Federal Streets,
Auckland Central, Auckland 1010


読んで頂きありがとうございます。
壮大な自然を持ち、心優しい人々が暮らすニュージーランド!!!
これからの生活がとても楽しみです
 



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

レリゴ〜 ♪

皆様 お早うございます。 不定期参加Nでございます

私の友人から「ポテチ好きだねー」と携帯にテキストが来たのでちょっと別ネタ頑張ってみます

それは昨日ちょっと所用でスカイタワーに行ったらちょっとした人だかり

何か透明なドームが出来てて・・

IMG_20180712_173652


近づいてよく見ますと
IMG_20180712_173722


スカイシティーのロゴが入った「そこそこ大きめスノーグローブ」

その昔真夏に「雪を見た事の無いオークランドの子供達にスノーグローブ」と言うイベントに子供連れて行った事を思い出しましたが、ドームの中には偽物の降雪マシーンが置いてあって、泡みたいな変な「雪っぽいの」が深々と降ってまして、1時間近い行列を並んだ記憶がありますが中に入ると「ウルトラ超絶サウナ」でスタッフの方の顔が滝の様に汗が出てるわ、その泡みたいなのを子供達が一生懸命口開けて食べようとしてるわ、周りの親必死にそれを止めるわでかなりカオスな印象でしたが

IMG_20180712_173741


人工雪は降ってないですしサウナでも無いですし子供達は平和に「雪の嬢王」として優雅に遊んでる感じです

でも何か私個人の第一印象は・・・スケートリンク場の裏に捨ててある削りカスを集めて敷き詰めた感が・・・

IMG_20180712_173726


中はLEDで彩られてベンチとか置いてあるので「インスタ映えポイント」にしようとしてるんでしょうねえー
(Skycity + 携帯のHuaweiの提供なので

中にはスカイタワーも設置してありそこを背景に写真を撮れば綺麗に映る様に強烈なLEDあててます
皆さん(特にカップル)盛り盛り写真を撮影されてました

先日私も娘に「自撮りの極意」を教えて貰い(携帯は人差し指と小指で挟み親指は自由にするのが基本! 等)上達して来たんですよ

街の中心部なので皆さまもインスタ写真撮りに行ってレリゴ〜して下さいね!
(寒い中寒い所に入る事になるので列は殆ど無しな感じです)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

激ムズ! でも超おすすめのオークランドのお土産 ♪

皆様こんにちは 不定期参加Nです

今日はちょっと面白くておススメなオークランドのお土産情報をご報告

先日ちょっと訳あってJTBニュージーランドオフィスから徒歩10分、オークランドのシンボル「スカイタワー」に行って参りました。

その際地下のお土産物屋さんで見つけたこれ↓

IMG_20171012_203020


スカイタワーの3Dパズル

Nはミニチュアが大好きで、子供のお土産 という名目の元早速購入!

スカイタワーの根本はこんな感じなんですが
IMG_20171013_135836


実際にお土産屋さんで完成品が飾られておりますがかなりリアルな再現度で、1メートル近くある大物

早速家で9歳の娘と作り始めましたが・・・・・

もおおおおんの凄く難しい!!!!!

ピースの数は72ピースという事でどうせアッという間に完成と思いきや箱に最低でも200分かかりますって書いてあり

中は細かい説明書が入っててパズルというよりはプラモデル。対応番号を型から外して差し込むだけなんですが(ノリなど不要と書いてます)それがもの凄く小さな穴にもの凄く小さな爪を差し込むので、こっち刺せばあっち抜けるの繰り返しでNも娘も「キ〜〜〜〜〜〜!」

という訳で遠慮なしにホットグルーガンと言う熱で溶ける接着剤をガンガンに用いて2時間後にやっと

IMG_20171012_233149


真ん中まで完成

ここから先は翌日にしようと決めてこの日は寝ました

で翌日仕事から帰宅すると接着剤があっちこっちに付いてましたが9歳児が一人で完成させておりました

IMG_20171016_211730


完成品はやはり大物ですがかなりリアルで大満足! 今はN一家の玄関に飾られております

でのど元過ぎれば楽しかったとなり、調べました所

museum


オークランドの博物館バージョンも(もっと難しいらしい)発見

これ絶対盛り上がりますしお値段もお手頃(スカイタワーは20ドル以下)なのでおススメです!

まずは弊社でスカイタワーの入場券をお買い求め頂き お土産にいかがでしょうか? (キ〜〜〜ってなりますけど


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オリジナルNが人生初の「恐怖」を体験!

皆様 ご無沙汰しております。不定期参加のオリジナルNです

今日はちょっと特別な体験をして来ましたので皆様にご報告

私はゴールドコーストのフリーフォールを手持ちカメラで落ちながら自撮りした「高い所 平気男」なんですが・・・

今日体験してきたアクティビティーは人生初、「怖い」と感じました!(さっすがアクティビティ天国 ニュージーです・・

それは・・

南半球で一番高い建造物でニュージーランドのオークランドのシンボルのスカイタワーの

c479363e


淵を歩こう!と言う中々そそられるツアーです

一緒に同行してもらったスタッフがタワーの中にあるレストランから撮影してくれたのが
IMAG2228


こんな感じで楽しそうなんですが 


上空から撮ってもらった画像見たら
IMAG2236


メッチャ高い 勿論手すりも何も無いんですよ結構風も吹いてて下見たらガクブルです〜

Image1

この「エッジ」の恐怖感は冷や汗出ます!(しかもロープの手を離せ!って何度も言われるんです・・!)

地上193メートルの高さで幅120センチしか無い歩道(?)を1周グルリしますが、その間は歩くだけでは無く、色んなチャレジンを試されます

その中の一つが・・・

skywalk


命綱に全て体を預けて前のめり+腰落とし

これ、今までに感じた事の無い「恐怖」でした

でも不思議なことに1周を終える頃にはふっつ〜に歩いて写真沢山撮って貰って・・とひっじょ〜にENJOYしました (正直 まだ足震えてますが・・・!)

まさか私がへっぴり腰になるとは予想外

皆様オークランドにお越しの際はチャレンジしてみては如何ですか〜


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ヘリコプター送迎ダイニングでキラキラナイト☆

Kia Ora!


春眠暁を覚えず。。。
春のせいで毎日眠たいのりかです。こんにちは!


ニュージーランドは桜がちらほら見え始め、春がまもなく本格始動です


さて、昨日「新しいヘリコプターが入荷した」とのことで、
高いところ大好きのりかは即効立候補し、INFITE様におじゃまんぼしてきました


このINFITEという会社は、主にヘリコプターでの送迎などを
ニュージーランド全土で提供しているクールな会社でございます。

ロゴもカッコいい!

DSC04422


そんなINFITEが最近リリースした「ヘリコプターで送迎ダイニング」という
オプショナルツアーを体験してきたのでレポートします


まず、オフィスまで専用タクシーでお迎えにきていただきました!
(通常、オークランド空港やお客様のご滞在先ホテルにお迎えにあがります。)
その革張りのタクシーに揺られること10分。ちかっ

ヘリポートとレストランが併設されたドーム状の施設に到着します。

そこでまずはウェルカムドリンクを一杯。

DSC04419


おシャンティなバーでヘリポートを眺め、カッコいい新機種のヘリコプターが飛び立ったり戻ってくるのを見届け「あぁ次は私があれに乗るのか」と胸を躍らせます。

DSC04437


そして、バーから下の階におりていき、いざ搭乗準備!
イケメンパイロットがまさかのときの為の安全説明。
見とれて話を聞き逃さないように!(私だけかな 笑)

DSC04426


そして、ピカピカの機内へ。

DSC04429

DSC04433

DSC04435

DSC04436


こちらのヘリは7人乗りとなっており、後部座席に6名、1名は助手席に座れます!

会話が聞こえるようにヘッドセットを装着。


出発!!!


ウィーーーーーーーーーンというエンジンとプロペラが回りだし、ふわっと空中へ!
もっとギコギコ、バリバリした感じなのかと思いきや洗濯物かと思うほどふんわり飛び立ちました。
その後見た景色は言うまでもなく感動の嵐です。

DSC04456

DSC04461

DSC04464

DSC04484

DSC04489

DSC04495

DSC04531

DSC04538


どこか分かりますかね?

こちらはランギトトです。

DSC04511


火山なので岩と砂だらけかと思いきや結構草木が生い茂り綺麗な島でした。
通常、ランギトトにいく場合、フェリーに乗り、歩くこと1時間から1時間半で頂上に到達。しかし、ヘリなら5分でランギトトの頂上を上から見ることができるんです!


私達はこんな素敵な海街に住んでいるんだと実感できたと共に、イーデンパークにやはり大興奮してしまいました。

DSC04476
DSC04472


ヘッドセットで全員にイーデンパークに興奮する私のギャーギャー声が聞こえてしまったというオチです。すみません。

オークランドの景色を堪能した後はディナータイムです!

ヘリポート横の建物二階にある、レストラン・ミカノにて3コースディナーをいただきました。

DSC04547


前菜、メイン、デザートから好きなものを1つずつチョイスできます。

DSC04549


今回のメニューはこんな感じでした。
どれもおいしそうなメニューで選ぶのに苦戦しましたが、
幸い、全員違う種類を頼んでいたので、全部載せちゃいます!

前菜

DSC04550
DSC04551
DSC04552
DSC04554


メイン
DSC04556
DSC04557
DSC04560
DSC04564
DSC04566


デザート

DSC04569
DSC04571
DSC04573
DSC04575


もう大満足でございます。
ワインも種類が豊富にあり、またノンアルコールのカクテルもご用意できます。

これから旅立つヘリや、戻ってくるヘリを眺めながら美味しいお食事、とても素敵な夜をすごせました。
ちなみにレストランは防音になっているのかヘリの音は全然聞こえませんので、静かにお食事を取ることができます。

オークランド市内を効率よく観光、また地上からじゃ見れない素敵な景色を堪能、そして豪華なディナー。
一体いくらするんだよ!!!って話ですよね

ちなみにヘリの相場ってよく分からないですよね

私は日本でヘリに乗ったことがあるのですが、東京の上空をフライトするだけで一人4万円でした!
なので、オークランド市内遊覧、+ディナー、、、あぁ軽く5万くらい?ニュージーランドドルで約670ドルくらいするんだろうなと思っておりました。

とととととところが
なんとこのツアーお一人様225NZ$なんです!!!!

お値段以上すぎて、今後友達や家族がニュージーランドに来た際は是非つれていこうと思いました

もし、効率よくオークランドを知りたい(周りたい)、
特別感のあるデートを演出したい、
綺麗な写真を撮りたいって方にはめっちゃおススメツアーです!

弊社でお手配可能です。
ご興味あるかたはJTBニュージーランドまで!!

ご予約の詳細はこちらからどうぞ☆

【現地情報を動画で配信】オークランドの年越し!

皆様おはようございます。オリジナルNです

2016年、オリジナルN初登場のブログは、オークランドの年越しの様子をご紹介

毎年、年越しのスカイタワーからの花火を見ようと、街の中はとっても混み合うので、今年は、少し離れたポンソンビーから見ることに

それでも、とっても良いアングルから動画が取れたので、皆様にご覧頂きたいと思います



すみません・・動画内では周りのニュージーランド人たちの大盛り上がりのカウントダウンとか入ってるんですが私と子供達の関西弁の会話が沢山入ってますので音を消させて頂きました・・・(臨場感の無いビデオですみません・・)

毎年下の子は10時で瞼が限界、上の子も家の前からパジャマで爪楊枝の様に小さなスカイタワーを遠目に見て、終わったら即「じゃあおやすみ〜」だったんですが、今年は初めて「近くで見よう!ガンバって起きれる!」と言う事でビデオ撮影が可能となりました。イヤ〜成長を感じます!
(単に夏休みで睡眠パターンが悪くなっただけなんですが・・!)

来年はタワー真下にチャレンジですかね〜!

Skytower

こんにちは

インターン生のももこです

今日はオークランドのシンボル、スカイタワーについてです


DSC_0070


328メートルで、南半球で最も高いタワーだそうです


見上げると。。。

C360_2015-09-01-17-22-56-396


おお〜〜〜ヾ(´ω`=´ω`)ノ

夜はライトアップされます


上からの景色は。。。

DSC_0109



DSC_0097


海がとても綺麗です


DSC_0110


落ちそう。。。(゚∇゚ ;)

私が行ったときはやってなかったのですが、バンジージャンプに挑戦する人もいるようです(゚∇゚ ;)


オークランド内、色々なところから見えるこのタワー、一度上ってみてください
勇気のある方はぜひバンジージャンプにもトライしてみてはいかがでしょうか?


プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ