素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

トレッキング

ニュージーランド最大級のスノーフィールド Mt Ruapehuは冬以外も楽しめます♪

こんにちは、アユミです

トンガリロロッジに泊まった翌朝は、7時30分にホテルでのんびり朝食をとったあと、
本日最初のスケジュール、世界遺産トンガリロ国立公園内、ニュージーランド最大級のスノーフィールドMt Ruapehuへと出発



WhakapapaとTuroaという名前の2つのスキーエリアをもつMt Ruapehu Ski Fieldは、
その全体の広さが、1000ヘクタール以上という、ニュージーランドでも最大級の広さをもつ、スキー場なのです

冬のスキー場はこんな感じスキー大国 日本のスキー場とまったくかわりません
9652e554ea6a4b5dd4727219

しかし、雪の季節だけじゃなく、春、夏、秋も、楽しめるMt Ruapehuは、
火山地帯としての独特な景色を楽しんだり、迫力のあるゴツゴツとした岩の多い場所でのトレッキングもとっても人気なのです

冬以外の季節でも、リフトが運行されているので、山の上までリフトで上がることも出来ます

20180317_10280520180317_092510

リフトおりた先には、カフェがオープンしているので、ここで、暖かい飲み物を買ったり、持参したお弁当などでピクニックをしたりするのもいいですよね

20180317_09543620180317_09533420180317_093716

もちろん、リフトを使わなくても、通常、スキーの滑走路として使用されているルートを、山頂まで歩いて登ることも出来ますし、
そのほかにも10分程度のショートウォークのコースもあるので、しっかりとトレッキングを楽しみたい人にも、
長距離を歩くのは苦手だけど、大自然の中で、のんびりと過ごしてみたい人にもどちらにもおすすめ

20180317_102348

このショートウォークのコースは、映画ロードオブザリングの撮影地としても利用された場所で、
ファンの方にはもちろん行ってみてもらいたいですし、そうではない方も、映画の雰囲気を感じとることが出来るほど、壮大な景色をお楽しみいただけます

20180317_10295120180317_10333420180317_103454

世界遺産トンガリロは、ノーザンクロッシングという全長約19キロのトレッキングもとっても有名ですが、
スキーシーズン前の、Mt Ruapehuのスキー場にいってみるのもとってもおすすめです

今年は、Mt Ruapehuの運営の方々が、今年のスキーシーズンにとっても力をいれていて、
大きなお金をかけて、人口雪を作るマシーンをたくさん準備し、この4月の上旬から、雪を作り始め、
6月2日(予定)には、スキー場をオープンさせるのだそうです

ハッピーバレーという初心者の方やファミリーの方に、楽しんでもらえるエリアを、昨年よりも拡大し、
もっと使いやすいような初心者向けのリフトや、雪よけのカバー付のベルトコンベアーを設置するなど、お客様をお迎えするのにも着々と準備が進んでいるようです

20180317_09192220180317_09194420180317_091740

スキーをする方も、しない方も、トレッキングやハイキングをする方も、しない方も、
ニュージーランド特有の自然や、地形、景色を楽しむ場所として、ぜひぜひ、世界遺産トンガリロ国立公園の
Mt Ruapehu スキー場へいってみてください

ご予約・お問い合わせはこちらから

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

カウリの深刻なお話・・・

皆様 ご無沙汰です。不定期参加Nでございます

ここ最近沢山のお申込みを頂戴しておりますカウリの巨木を見に行くツアーに関して残念なお知らせが有る為真意を確かめるためにN一家で実情調査をして参りましたのでご報告です

まず初めにN一家が住む西オークランドからカウリの巨木を見に行くスポットまでは車で12分ジャスト。
(い・・田舎です・・

早速トレッキングコースの入口となる「アラタキのビジターセンター」に到着!
Img_2763


ビジターセンターはスロープを登って2階にありますがえっらい人

Img_2765


中に入りますと丁度イースターの祝日だった為に子供向けにクイズが出され・・・
Img_2770


ビジターセンターをくまなく調べると回答出来る内容なんですが、これに全て正解したらチョコレートが貰えると言う「イースターエッグハンティング」で家の子供たちが小一時間必死に回答しました
(ヤモリって卵産まないってご存知でした!?!?家の子的には常識だそうで・・!)

そもそも私がここに真意調査に行ったのが
Img_2773

Img_2771


ここ最近のカウリの巨木が傷み始めて「ツアーを初めとする一般入場を規制する」と言う情報でしたが・・・ビジターセンターのあっちこっちに看板や情報が・・・

ラッキーな事にまだ規制はされて無かったので往復約1時間のカウリトレッキングをして来ました。

そもそも結構昔からですがトラックの入口には
Img_2776


靴に着いた泥・バクテリアを落とす消毒液が設置されており、歩く前・帰る時は必ず靴の裏に薬剤を塗布する必要があります。

片道30分掛けて「大聖堂=キャセドラル」と呼ばれるカウリの木が沢山あるエリア(行き止まりで終点)まで行くのですが・・・
Img_2782


道中にあるカウリの木の根元を見ましたら・・・

Img_2780


何か皮が剝がれてて不可思議な模様になっております。恐らくこの森のカウリ全体がこんな感じで下部が傷み始めた為もしかしたらもう数十年はここに立ち入る事が禁止される可能性があります。

本格的に禁止になるか、又は現地在住民はOK,ツアーは禁止等の決定が4月中になされるそうです。

確かにこのカウリの下部の病気は人間が靴で持ち込んだ菌が原因らしいのでちゃんと消毒せずに立ち入った方が多いのが原因では無いかと言われております

既にここに行くツアーは各催行会社全て「一旦販売中止」の措置が取られておりますので恐れ入りますがご了承下さい。

今までパワースポットとして力を与えてくれ続けてくれたカウリ達にも休息が必要なのかも知れません。

詳しい結果が発表されましたら又ご報告致します。


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

映画ラストサムライのロケ地!タラナキ山で初めての山小屋宿泊を体験しましたー♪

こんにちは、アユミです
お久しぶりです今日は、ひさ〜しぶりにブログを書きます〜

先日、レイバーデーで3連休だったのですが、友達と一緒に、
ずっと行きたかったタラナキ山へトレッキング旅行に行ってきたのでそのときのことを紹介します

タラナキ山といえば、北島の西側、ニュープリマウスという街にある、大きな山で、
マウントエグモント(Mt Egmont)という、かたちが日本の富士山によく似た山、
そして、日本でも人気となった映画ラストサムライの撮影地としても有名な場所



ここには、2時間や3時間のショートコースのトレッキングから、サーキットとよばれる2〜3日間かけて歩くトレッキングコースなど
山の山頂に行くためのルートが多くあり、こういった連休はとくに、年間を通しても、多くのトレッキング旅行者が訪れます

今回の旅行の目的は、富士山によく似たタラナキ山(マウントエグモント)を見ること、これは、次回のブログでお話しますね
そして、もう1つの目的が、ニュージーランド滞在で初めての山小屋宿泊を体験すること

私たちが歩いた道は、山の西側から約2時間ほどの距離を歩くコースで、マンゴレイトラックという入口からポウアカイハット(山小屋)まで

20171022_09072120171022_090206



この日は、この山小屋に宿泊予定
ニュージーランドの自然を楽しみながらハイキングをして山小屋まで〜と思っていたのですが、
この日、山小屋に泊まる予定の私達の荷物は、
寝袋、ピクニックマット、着替え、洗面具などの宿泊セット、その日の昼食、夕食、そして、翌日の朝食、そしてお水、お湯
などなど、宿泊に備えたものがたっくさん

とーーっても重い荷物を背負いながら、ゆっくりゆっくり登っていたのですが、
山小屋での宿泊はなんと、予約不可の、寝る場所は早いもの勝ちということで、一生懸命上りました

約2時間、到着した山小屋はこんな感じ

木造のわりと小さな山小屋、でも景色は抜群
20171022_11294420171022_113423

小屋の外に置かれた、工事現場にあるみたいなトイレもちろんトイレットペーパーはないですし、水洗でもないです
20171022_113041

思ったよりも早く着いたから、一番乗りでゲットした2段ベッドものすごいです今日はここで寝ます
20171022_113153

小屋の中には、いくつかのテーブルとイスと、暖炉だけ
20171022_162548

こんな感じの、今までにない宿泊場所で、午後の時間は、なーにもすることがないので、ゆっくりと本を読んだり、絵を書いたり
いつもは、そ〜んなのんびりした時間もないので、なんだか有意義に過ごせたような気がします

なんとこの日の、山小屋の宿泊者は、なんとなんと30人以上
2段ベッドは、16人までしか使えないので、おのずとそれ以外の人は、床で寝ないといけないのです
私達は、本当にラッキーでした

この日の日の入りは、19時48分、そのため、日が落ちると、電気がない山小屋は20時過ぎにはもう真っ暗になります
もってきた小さなトーチライトをつけて、暗闇の中で、しばらく過ごしたあと、21時頃には就寝

BlogPaint

騒がしかった暖炉のある部屋も、みーんなすぐに寝て、21時過ぎには、山小屋の中はしーんと静まり返っていました

早く寝たので、翌朝はもちろん起床も早く、とっても健康的に過ごしました

これから、山小屋泊をされる方、山小屋に電気やヒーターはあるのか、どれくらいのベッドがあるのかを必ず事前に調べて、早めに行くことをおすすめします

あと、夏前に行く場合は、十分な暖かい服装と、トーチライト、あと、トイレットペーパー、あと、十分な量のお水は本当に大切です

食料は、そうですね、ポータブルのガスコンロなどを持っていればいろいろ温められて、インスタント食品が
食べられるのですが、そうじゃなければ、1日くらい、サンドイッチやスナックなどでなんとかなります
あまりいろいろ持っていくと、荷物が重くなるので、注意です

これが、私の初山小屋泊の体験でしたみなさんの参考になると嬉しいです

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

トンガリロ アルパイン クロッシング歩いてきました。

週末を利用してトンガリロ アルパイン クロッシングに行ってきました
2泊3日の行程です。
1日目:金曜日の夜にオークランドを車で出発→トンガリロナショナルパーク到着→ナショナルパーク鉄道駅近くのホリデーアコモデーション(3ベッドルーム一軒家)に宿泊。
2日目:トンガリロ アルパイン クロッシング。クロッシング終了後、TOKAANU Thermal Pools温泉へ。
3日目:マウントルアペフ麓からスキーリフトに乗り、山頂付近に建てられたKNOLL RIDGE CAFEへ。下山後は、途中のローカルカフェで昼食後、オークランドへ。

前からずっとチャレンジしたかったトンガリロ アルパイン クロッシング  
念願かなって行ってまいりました。お天気もすばらしく、真っ青な晴天のもと、午前8時に宿まで迎えに来てくれたシャトルバスに乗り出発
マンガテポポ駐車場からスタートです

Untitled


Tongariro Alpine Crossingより抜粋。

たくさんの登山者にびっくりです
(途中2箇所にあるトイレも長−い行列ができていました。)

IMG_1220


ナウルホエ山とトンガリロ山の間に位置するマンガテポポ・サドルの尾根までずっと上り坂が続きます。
やがて素晴らしい眺めが開けてきます

IMG_1223


IMG_1241


IMG_1238


IMG_1223


IMG_1242


IMG_1252



その後、コースはクレーターに水が溜まってできたエメラルド湖へ向かって下降していきます。
この美しい湖のエメラルド色は火山地帯から浸出したミネラル分によって生じるものだそうです。
自然が生み出す美しい色は見事ですね

IMG_1244


IMG_1245


IMG_1251


IMG_1253


ノース・クレーターの縁に沿って歩いた後には、森林地帯へ下って行きます。

IMG_1263


IMG_1262


さらに下ると今までの荒涼とした景色から、一転、緑豊かなブッシュウオークとなります。トラック沿いを流れる川のせせらぎの音にいやされつつ、終点のKetetahi駐車場へ。
午後5時に迎えに来たシャトルバスに乗り、一旦宿へ。
その後、荷物を降ろして身軽になったあと、車で30分ほどのところにあるTokaanu Thermal Poolsの温泉へ。プライベートスパも予約できます。
Tokaanu Thermal Poolsの温泉
http://www.greatlaketaupo.com/things-to-do/listings/thermal-pools-tokaanu/#photo-gallery

ミネラルたっぷりの温泉に浸かり、全長19.4キロを歩き通した疲れもすっかりとれました

最終日は、ホリデーアコモデーションをチェックアウト後、マウントルアペフ麓からスキーリフト(Scenic Chairlift Ride)に乗り、山頂へ。

http://www.mtruapehu.com/summer/chairlift-rides/


二回のスキーリフトに乗り、たどり着いたのは山頂付近(海抜2020メートル)に建てられたKNOLL RIDGE CAFE。
http://www.mtruapehu.com/summer/knoll-ridge/

海抜2020メートルから見る壮大な景色でおいしさ倍増のコーヒーを頂いた後、リフトに乗り下山。そして一路オークランドへ
今回歩いたトンガリロ・アルパイン・クロッシングをはじめ、このトンガリロ国立公園周辺は、トレッキングやサイクリング、冬はスキー、スノーボードと、年間を通してニュージーランドならではの様々なアクティビティを楽めるところです。
皆様も是非訪れてみて下さい
世界遺産トンガリロ国立公園1日観光
https://www.jtb.co.jp/kaigai_opt/srh/prddetail/p288516?areaCd=OCE&countryCd=NZ&cityCd=ROT

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

夏におすすめのオプショナルツアー from テアナウ♪

こんにちは、アユミです

この週末、お天気がトーってもよく、まだまだオークランドの夏は終わってないんだなぁっと感じさせられるほどの快晴
夏が終わってしまう前に、めいっぱい夏を楽しもう〜っということで、なんとなんと、2日間連続で、バーベキュー(爆)

20170318_12012120170318_12034220170319_130107

土曜日は、オークランド湾沿い、ミッションベイの手前にあるオカフベイ プレイグラウンドで会社のみんなでワイワイと
日曜日は、仲のいい友達と、ホームパーティ的な感じで、おうちでワイワイと
お肉三昧の週末で、た〜っぷりと栄養補給したわけですが、またこんなこと書くと、日本の家族に心配されちゃいますね
でも、夏も充分楽しんだことですし、これでもう思い残すことはありませんっ

今、次のシーズンに向けて、ニュージーランド国内旅行のオプショナルツアーの商品登録をしているところなのですが、
この夏、そして次の夏におすすめのオプショナルツアーを2つご紹介します
このツアーは、皆さん、旅行者の方が、よく訪れる、人気の世界遺産ミルフォードサウンド観光ツアーなのですが、
クイーンズタウンにご滞在の方向けではなく、さらに南へ行ったリゾート観光地、テアナウというツチボタルでも人気の街からのオプショナルツアー

テアナウはここ



【テアナウ発】ミルフォードサウンド観光 バス&クルーズ&ウォーク

年間を通して10月から翌年の4月末まで催行されるこのオプショナルツアーは、人気のミルフォードサウンド1日観光のクルーズと、
そして、こちらも人気のルートバーンからキーサミットまでのハイキングを体験出来る、欲張りなオプショナルツアー

テアナウから、観光バスで出発をするこちらのツアーは、少人数制のツアーでフレンドリーな地元ガイドが同行致します
クルーズは、ミルフォードサウンドのネイチャークルーズで、滝や野生動物、自然の風景をたっぷりとお楽しみ頂けます
ウォーキングでは、フィヨルドランドを訪れるなら必ず立ち寄ってみていただきたい、ホリフォード渓谷内のショートコースをガイドと一緒にお歩きいただくか、
ガイドなしでご自由にルートバーントラックからキーサミットへの山岳風景を見に行くか、好きなほうを選択できます

CCW_Key Summit optionCCW - Geoff guiding at Kaka Creek, Marian lookoutCCW-Hollyford river photography

 オプショナルツアーのご予約・お問い合わせはこちら

 【テアナウ発】ミルフォードトラック 半日ガイド付ウォーク

世界の散歩道ともいわれているミルフォードトラックは、世界のハイカーにとっても人気のハイキングコース
このミルフォードトラック、長いもので3泊4日かけて宿泊をしながらハイキングをするものもありますが、こちらのオプショナルツアーは、
ミルフォード・トラックを半日で楽しめるガイド付きウォークで、ミルフォードサウンドを出発して、ボートでワンドフライポイントへわたり、
アーサー川の流れに沿った道を進み、緑豊かな降雨林の中にあるジャイアント滝まで歩きます
つり橋からの眺めは見事です。専門ガイドが固有種の野鳥や植物、地域の歴史や物語を詳しくご案内いたします

MT_Giant Gate view (2)MT-water taxi landingMT-forest and mosses

 オプショナルツアーのご予約・お問い合わせはこちら

今年の4月末まで、そして、今年の10月からのご旅行に、おすすめのオプショナルツアーをご紹介させて頂きました

これからのニュージーランド旅行の計画に、南島のテアナウ滞在も、ぜひぜひ、考えてみて下さいねっ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オークランド周辺でハイキングを楽しむ♪

こんにちは、アユミです

最近、ブログの最後に、ブログランキングの応援をお願いするメッセージを記載させて頂き、より多くの方に、現地情報をお届けできればと思い、
皆様に、ポチっとクリックをお願いしているのですが、なんとなんと、以前、『にほんブログ村』のニュージーランド旅行ランキングで、
96サイト中、29位あたりにランクインしていたのですが、今日みてみたら、10位まで上がってくることが出来ました
いつも『素敵なニュージーランド』をご覧頂いている皆様のおかげでございます本当にありがとうございます これからもどうぞよろしくお願いいたします

さて、今日は、先週末に参加したオークランド ハイキンググループのアクティビティのお話をしたいと思います
オークランドには、ハイキング好きが集まる大きなコミュニティ『Auckland Hiking Group』というのがあります
毎週日曜日に開催されるハイキングアクティビティは、ベテランのハイカーさん達が企画する1日ハイキングで、
オークランド周辺の人気スポットから穴場スポットまで様々なところへ出かけます

今回行ったのは、オークランド北側、シェークスピアパークよりさらに北にある 『Opahi Bay → Te Muri Beach ハイキング』
今回の参加人数は、約83名というビッググループでのハイク全長12キロほどの距離を4時間かけて歩きました

20161127_10164220161127_102918

とってもいいお天気の中、青い空の下を歩いていくのですが、海岸線のゴツゴツとした岩場は、とーっても歩きづらく、ときどき滑るので、なかなかの難易度

20161127_11324020161127_11432520161127_114636

険しい道のりですが、初めて知り合う人達との会話や、ハイキングのベテランさんとの会話はとっても楽しく、英語の勉強にもなります

20161127_14241620161127_12122820161127_141352

海岸線を歩いたあとは、丘の上に登り、ルートをかえて、来た方向へ歩いて戻ります
道の途中には、羊や牛などの動物にも会えますし、素敵な海岸線の景色はとーっても気持がいいです

オークランドにお住まいの留学生の方や、ワーキングホリデーできている方、ハイキングが好きだけど、
なかなか自分ひとりではいけない方などなど、オークランドハイキンググループへの参加はとってもオススメです

ハイキングの難易度は、毎回事前に知らされ、自分のレベルに合ったハイキングコースを歩く日程に、どなたでも参加することが出来ます

ぜひぜひ、興味のある方は、『Auckland Hiking Group』をチェックしてみて下さいね

そして、どこかのコースで、お会いしましょう

※ブログランキングに参加しています。応援お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

マウントクック国立公園でオススメのハイキングコース♪〜フッカーバレー〜

こんばんわ、アユミです

マウントクック国立公園は、山々に囲まれた平野から伸びるブッシュウォークのコースや、トレッキングコースが約10箇所あり、
短いものでは約10分〜40分程度のブッシュウォークから、1日ハイキングツアーとしても人気のフッカーバレーハイキングコースがあります

Mt Cook National Park Hiking Map

ハイキングをお楽しみいただける観光スポットとしては、南島の中でもとても人気のマウントクック国立公園
今日は、その中から2箇所、オススメのハイキングコースをご紹介いたします

1つ目は、人気のハイキングコース『フッカーバレー』
往復の必要時間は、往復で約3時間、ハーミテージホテルから出発する場合は約4時間、約8.5Kmの距離ですが、
行程差が約80〜100mととってもなだらかな道を歩く、どなたでも楽しめるコース

ハーミテージホテル周辺から出発するコースは、現在工事のため1月末まで閉鎖されておりますので、
迂回コースを通って、出発地点のホワイトホースヒルキャンプ場まで向かい、そこからハイキングスタートです

IMG_6296IMG_6301

なだらかな砂利道や木の板で造られた舗装された道を通り、ミュラー湖から流れるフッカー川や、
マウントクックなどの山々を眺めながらの道はとっても気持ちよく、のんびりゆったりと歩くことが出来ます

IMG_6368IMG_6340IMG_6334

このハイキングで目指すべき素敵なポイントは、3つの吊り橋と、ミュラー湖、そして、最終目的地のフッカー湖

オプショナルツアーとしてご紹介している1日ハイキングツアーでは、第2の吊り橋の後までしかいきませんが、
セルフハイキングだと、第3の吊り橋、そして、最終地点のフッカー湖まで行くことが出来ます

IMG_6326IMG_6331IMG_6359

私は、この日、あまり時間がなかったので、サクサク歩き、ハーミテージホテルからの往復で通常4時間のところを2時間50分で帰ってきました
それでも、周りの壮大な景色や、川の音、道端に咲く植物などなど、楽しみながらハインキングが出来ました
最後のフッカー湖では、今までみた湖では見たことのない、氷河の塊などが見れて感動

オススメのハイキング、その1でした

マウントクック 一日ハイキング(日本語ガイド付)の詳細はこちら

次回のブログで、その2をご紹介します

ニュージーランド旅行 夏の天敵!サンドフライ対策について

おはようございます、アユミです 
いつも、ブログをご覧頂きまして、本当にありがとうございます

日中の最高気温が20度前後になる日が多くなり、次第に夏を感じるようになってきました
去年の夏は、12月頃まで、まだ寒い〜と言っていた記憶があるので、昨年に比べたら、暖かくなるのが早いようにも感じます

さて、そんな季節、ニュージーランド旅行をされる方へ、お気をつけ頂きたいのが【サンドフライ(Sandfly)】
先日、このサンドフライについて質問をいただくことがあったので、こちらで少しご紹介いたします

サンドフライ(英語:Sandfly)は、日本でいうブヨやブユのようなもので、見た目は蚊よりも少し大きいハエに似た姿をしています

温暖な気候、そして湿気の多いところを好むサンドフライは、ニュージーランドだけではなく、オーストラリアやカナダ、アメリカ、南米などにもいるそうですが、
ニュージーランド国内では、オークランドのような都市ではなく、ニュージーランド旅行で最も人気のある観光地のひとつ『ミルフォードサウンド』や、
南島の西海岸沿いに地域に多く生息しているとのこと

刺されるとチクッとした痛みのあとに、その箇所が赤く腫れ、ものすごい痒みに襲われるそうなので、
ミルフォードサウンドへの観光や、ハイキング、トレッキングに行かれる際には、きちんとした対策が必要です

街の薬局には、数種類のサンドフライ対策のスプレーや塗るタイプの薬が売っていました

DSC_0011DSC_0010DSC_0009

パッケージにも書かれているDEET(ディート)という昆虫などの忌避材として用いられる薬品を主成分とするこれらの虫除け剤は、その割合が高いもので80%、低いもので20%のものがあります
しかし、肌や人体への副作用も考慮され、日本の虫除け剤では10%前後や低いもので5%程度のものが多いとか

短期間の旅行での虫除け対策には、現地の薬局で販売している、BushmanやRepelのような虫除け剤をお勧めいたしますが、
出来る限りDeetの値が低いものや、日焼け止めの成分も混ざっているものを選んで頂くほうがよさそうですね

そのほか、サンドフライは、柑橘系の匂いを嫌うそうなので、柑橘系の匂いのあるボディクリームや香水なんかを一緒に使用してもいいかもしれませんね

そして、万が一刺されてしまった場合に塗る薬も薬局で販売しているので、サンドフライ対策には、現地の薬局でこちらのパッケージを探してみて下さい

DSC_0012

その他、ハイキングやトレッキング、ミルフォードサウンドへの観光へ行かれる際は、長袖、長ズボン等で、肌の露出を少なめにしていただくことをお勧めします

日中は気温が上がり、暑苦しくなることも考えられるので、薄手のものを重ね着して、脱いだり着たりが容易に出来る服装をするのが良いですね

この夏、ニュージーランド旅行で、とくにミルフォードサウンドやハイキング、トレッキングをお考えの方は、
サンドフライ対策をしっかりして頂き、楽しいご旅行にして頂けたらな、と思います

世界遺産!トンガリロ国立公園 19.4Km 8時間登山レポート

こんにちは、アユミです

先週末、ニュージーランド北島の世界遺産トンガリロ国立公園に行ってきました
いくつかある登山ルートの中でも、もっとも人気の高いトンガリロアルパインクロッシングという、
全長19.4km 登山時間約8時間半のコースにチャレンジしてきましたので、
本日は、これからトンガリロ登山を計画している皆さまへの情報としてご紹介いたします

トンガリロアルパインクロッシングは、トンガリロ国立公園の北側に位置するルートで、
マンガテポポという入り口から出発します


朝8時頃にマンガテポポの駐車場に到着するとすでにたくさんの人と、たくさんの車
個人でご参加される方は、タウポという街からの送迎シャトルバスが出ているようなので、
レンタカーや自家用車でこちらに行くよりは、シャトルバスで行かれることをおススメします

また、出発前にお手洗いに行こうという人の長蛇の列
とーっても時間がかかりますので、お手洗いはご滞在先をご出発される前に済ませましょう
IMG_3481IMG_3476IMG_3478

さて、看板の前で記念に写真をパシャリ♪ いよいよ登山に出発です

最初は、平坦な道がずっと続くので、周辺の景色や山の植物などを楽しみながら歩くことが出来ます
火山地帯ならではの奇形岩や、不思議な地形をたくさん見ることが出来ます
また、映画『ロードオブザリング』で主人公フロドが指輪を滅ぼす為にむかった『滅びの山』の
撮影地となった、ナウルホエ山やルアペフ山も見ることが出来ます

IMG_3501IMG_3516IMG_3534

ナウルホエ山はそのかたちが日本の富士山と似ているということでも有名です

さて、出発してから1時間、約4.4km歩いたところに、1ケ所目の休憩所 ソーダースプリングスに到着します
ここにはトイレが設置されていますし、軽く休憩をとるにはバッチリの場所です
IMG_3547IMG_3545

いや、、、、むしろここで休憩することを強くおススメします
、というのも、この先の道のりは険しい山をずっと登っていく道になるからなのです
入り口には、こんな看板も出ています。

看板には、『STOP!ARE YOU REALLY PREPARED TO CONTINUE YOUR ALPINE CROSSING TREK?』とかかれています

本当にこの先に進む準備は出来ていますかと、聞かれています

IMG_3562IMG_3564IMG_3578

でも大丈夫ですしっかりとした靴、寒くない服装をしていれば、
間違いなくこの先には、素敵な景色が待っているんです

、ということで、皆さま、登山のためのご準備はばっちりにして、トンガリロへお越しください


この続きは、明日また、ブログでご紹介します
明日もぜひ、みてくださいね

カウリの木発見!アラタキ ビジターセンター♪

こんにちは、アユミです

今日は、旅行のエキスパート Nさんからご紹介頂いた、
オークランド周辺の観光スポットをご紹介します

その場所は、オークランドから西へ車で約30分のところにある、
アラタキ ビジターセンター

ここでは、ニュージーランドにしかない有名な木 【カウリの木】
も見られる遊歩道や、簡単なトレッキングを楽しめるコースがございます

IMG_0198IMG_0209IMG_0206IMG_0211

ニュージーランド北島には、ワイポウアという場所でカウリの原生林が
見られますよ〜というお話は、以前ブログでさせて頂いたかと思いますが、
オークランドに近い、ここアラタキ ビジターセンターでも、ご覧頂くことが出来ます

場所はこちら


また、私がとっても気になっていた、大きなフォトフレームもこのワイタケレのどこかに、あるそうです
untitled


行ってきたら、またレポートしますねでわでわ〜 
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ