素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ニュージーランド

マオリショーと伝統料理ハンギディナー!

皆さんこんにちは、Mです

まだまだ続きます、ロトルア研修旅行第3弾です!

ロトルアといえばニュージーランドの先住民マオリの文化が根強く残る場所として知られています
ご紹介するツアーは「マオリコンサート + ハンギディナー + 間欠泉」と盛りだくさんの内容です

バスに乗ってテプイアへ向かいます
IMG_1804


マオリコンサートを見る前にハンギディナーを作っているところを見ていきます
お肉やお魚、野菜を蒸し焼きにして、素材の風味を味わうことができます
_DSC0599


マラエと呼ばれる集会所でマオリコンサートを観ます
IMG_1816


まずは参加者の中からチーフを決めます
DSC_1115


マイクを使わずに会場のどこにいても届く声の大きさで歌っていました
踊りにも迫力があります
DSC_1116


コンサート後半には実際に歌や踊りに参加することもできます
ぜひロトルアに行った記念に参加してみてください
_DSC0616


DSC_1118


コンサートが終わると待ちに待ったハンギディナーの時間です
先ほど見たハンギ料理のほかたくさんの料理が並びます
種類が豊富で何を食べるか迷ってしまいます
DSC_1125


DSC_1132


DSC_1131


各テーブルにはパンやコーン、シーフードが並びます
DSC_1120


特にシーフードチャウダーは具だくさんでおすすめです
DSC_1130


もちろんデザートもあります
DSC_1126


ニュージーランドのスイーツ、パブロバもありました
DSCPDC_0002_BURST20180714193420519_COVER


食事をしている間はライブミュージックもあります
日本の歌を歌ってくれることも

食事のあとはライトアップされた間欠泉を観にいきます
バスに乗って約5分ほどで到着しました
DSC_1137


風向きが悪く見づらいですが、何度か間欠泉が吹き出していました
間近で見ることができるので迫力があります
DSC_1147


昼間に見る間欠泉もいいですが、ライトアップされた状態で見るのも素敵でした
冬場でも間欠泉の近くにいるとポカポカしていて寒さが少し和らぎます

ロトルアに滞在される方はぜひ夜のテプイアに行ってみてください!
お申し込みはこちらからテ ポ 〜マオリ文化体験&ディナー(テプイア)〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

ダックツアー体験!

皆さんこんにちは、Mです

昨日に引き続き、ロトルア研修旅行第2弾です

ダックツアーという水陸両用車に乗ってロトルア市内にある湖をめぐるツアーに参加しました
使用される水陸両用車は第二次世界大戦時のものだそうです

アヒルが描かれた車が迎えに来ました
_DSC0524


車の後ろから乗車します
_DSC0580


乗車すると早速配られるものがあります
さてなんでしょう・・・

























正解はアヒルのくちばしです
DSC_1287


ふーっと息を吹き込むとアヒルの鳴き声が出ます
特にお子さんには大人気でした
DSC_1421


車には窓がないので開放的です
寒いときや雨が降っているときは写真のようにビニールでできた簡易窓を下げることができます
車体が派手なので街中を走るととても目立ちます
_DSC0581


車を走らせてまず到着するのはオカレカ湖
湖に入るときはガイドさんがBGMをかけるのでテンションもあがります
_DSC0532


運転席はこのようになっています
DSC_1092


ドライバー兼ガイドさんが常に車内を盛り上げてくれます
今回担当したガイドさんは唯一の女性ガイドさんだそうです
DSC_1083


湖をぐる〜っとまわります
湖のほとりには家も建っています
DSC_0967


桟橋にはかもがいました
DSC_0968


続いて向かう先はブルーレイクと呼ばれるティキタプ湖
湖の水の透明度が高く、晴れているときは湖が青色に見えるそうです

この日は雲がかかっていました
_DSC0555


_DSC0562


なんと途中で別のダックツアーに会いました
_DSC0578


最後の行き先は四方山に囲まれたタラウェラ湖
タラウェラ湖にはホットウォータービーチがあります
夏にはジェットスキー、水上スキーをする人たちで賑わうそうです
_DSC0582


上から見たタラウェラ湖
DSC_0972


タラウェラ湖まではこんな道を通ってきました
DSC_0974


ここでは車から降りて15分ほど休憩します
_DSC0588


桟橋からの眺めが最高です
DSC_0976


湖近くにはカフェがあります
アイスも売っているので暑い日にはぴったり
_DSC0583


先ほど見たダックツアーの車両が隣に並ぶとなんだかかわいいです
写真のとおり、デザインが少し違っていて車両にも個性があるそうです
DSC_1103


ご紹介したダックツアーは年齢制限がないのでどなたでも参加可能です
滞在時間が限られている方でも2時間でロトルアの3つの湖をめぐることができます

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

可愛らしいマーケットに行ってみましょう!

皆さんこんにちは、Mです

ニュージーランドでは週末になると各地でマーケットが開催されます
野菜や果物が安く手に入るのはもちろん、アクセサリーやアートを取り扱うお店もあります

今回は郊外にあるマタカナマーケットツアーに参加してきました
マタカナはオークランド市内から車で約1時間のところにある可愛らしい街です
DSC_0075


マーケットに行く前にまず最初に立ち寄るのはハニーセンター
ガイドさんいわく、ここまでの数のハチミツを取り揃えているお店はなかなかないそうです
DSC_0022

DSC_0003


色々なハチミツを試食できます。たくさんある中からお気に入りのハチミツを見つけてみてください
ちなみにマヌカハニーはピロリ菌を殺す効果もあるみたいです!
DSC_0012


私はガイドさんイチオシのポフツカワハニーを購入しました。くせがなくとても食べやすいのでおすすめです
アイスにハチミツをかけて食べるととってもおいしかったのでぜひトライしてみてください!
どのハチミツにするか迷ってしまう方にはミニボトルに入ったハチミツ6個セットはいかがでしょうか
DSC_0014


食べ物だけではなくスキンケア商品やお酒も多数取り揃えています
DSC_0018



続いて、カウリの巨木
ハニーセンターから車で約5分ほどで到着します
DSC_0025


推定樹齢800年のカウリの木は迫力があります
DSC_0024


実際に近くまで行って触ることもできます
DSC_0029


寄生生物や着生生物に対抗するために、カウリは不要になった枝を自ら落とせるように進化したそうです
木の下には落ちた枝がありました
DSC_0032


今回が時間がなく中には入れませんでしたが、駐車場の奥にはワークワースミュージアムがあります
DSC_0036


ガーデニング用品も売っているのでチェックしてみてください
このようにフォークに値段が書かれています
DSC_0047


お金を箱に入れて支払うシステムのようです
DSC_0049



そしてツアーの見所マタカナファーマーズマーケット
毎週土曜日に開催されるマーケットですが、町おこしとして始まったそうです
_20180713_114944

DSC_0783


マーケット内はたくさんの人でにぎわっていて、歩いているだけでも楽しめます
各店舗は木で作られているので雰囲気が素敵です
DSC_0058


DSC_0070


DSC_0068


マタカナマーケットに出店していたお店の一部をご紹介します
まずはじめにオリーブオイルを取り扱うお店。オンラインまたはマタカナマーケットでのみ購入可能だそうです
もちろん試食もできます
IMG_20180711_192943_161


めずらしいフィジョアワイン大きいボトルだけではなく小さいボトル3本セットでも打っているのでお土産にもおすすめです
ボトルのデザインも凝っています
DSC_0052


かわいらしいカップケーキ どれもおいしそうです
DSC_0072


ディップの種類も豊富です
IMG_20180711_192943_162



ファーマーズマーケットを堪能したあとはランチの時間です
Morris and James Potteryに併設されているカフェでランチです
今回はサーモンサンドイッチをいただきました
DSC_0085


DSC_0084


DSC_0804


Morris and James Potteryにはニュージーランドらしい陶器も売られています
DSC_0086


中にはこんなものも・・・ちょっとした美術館のように見えます
DSC_0098


カラフルな陶器
DSC_0093


最終目的地ワイナリー
ワイナリー内にはプチハイキングコースもあるそうです
DSC_0817


小売店には卸していないワインだそうです お土産にもぴったり!
箱に入ったワインもありました
DSC_0822


DSCPDC_0003_BURST20180707122336947_COVER


ワインを5種類テイスティングできます
DSCPDC_0003_BURST20180707122511643_COVER


DSC_0818


午後2時頃にはオークランド市内に戻ってくるので、戻ってきてからゆっくりできるのもポイントです
ローカルな雰囲気を味わいたい方にぴったりなマタカナ1日観光ツアーのご紹介でした!

お申し込みはこちらから
マタカナ1日観光(日本語ガイド付)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

オークランドで自然を満喫!

皆さまこんにちは、Mです

オークランドと聞いて頭の中に浮かぶのはどんな街でしょうか

こ〜んな都会をイメージする方が多いのではないでしょうか
DSC_0550


ニュージーランド最大都市のオークランドですが、中心部から車で30分ほど離れるとこんなに素敵な場所があるのです!
DSC_0477


せっかくニュージーランドに来たので自然を満喫したい
オークランドで半日時間があるけどどうしよう
という方におすすめの西オークランド観光です!
DSC_0480


午後から出発するので、朝はゆっくりできるのがポイントです
ランチはツアーに参加する前に食べてもよし!途中にTitirangiのベーカリーに寄るのでそこで調達するのもありです
車内は飲食OKです
_DSC0331

DSC_0475


まずはアラタキビジターセンター
マオリの彫刻がお出迎えしてくれます
DSC_0474


可愛らしい足跡がありました
_DSC0491


アラタキビジターセンターの中はこのようになっています
_DSC0347

_DSC0349


中は広々しています
_DSC0351


観光案内所なので案内も充実しています
スタッフも親切でトレッキングコースに熟知しているので興味のある方はぜひお話を聞いてみてください
_DSC0353


イスもニュージーランドのモチーフ、コルのような形になっていておしゃれです
_DSC0352


奥に進むと絶景が見えてきます!
ご覧のとおりアラタキビジターセンターはとても眺めの良い観光案内所なのです
DSC_0477


虹がかかっていました
霧がかかっていたのではっきり見えませんでしたが、晴れた日にはもっと綺麗な景色が見えるそうです
DSC_0478


入り口の近くにはこんなフォトフレームがあります
フレームの中に入って写真を撮ると旅の良い思い出になりそうですね
_20180711_191005


さてさて、次はブッシュウォークの時間です
今回はUpper Nihotupu Walkというコースを歩きます
_DSC0360


ウォーキングコースに入る前には必ず靴を洗いましょう
_DSC0364


_DSC0365


_DSC0366


どんどん奥に進んでいきます
ニュージーランドの国を代表する植物のシルバーファーン
葉っぱの裏側が銀色であることからシルバーファーンと呼ばれています
DSC_0622


これはフラックスと呼ばれる植物です
マオリ族はフラックスの葉を編んでカゴや服を作ったそうです
_DSC0374


そしてキャベッジツリー
見た目はキャベツに似ていませんが、味はキャベツに似ているそうです
マオリ族はこの樹を食料にしていたそうです
DSC_0483


続いてピハビーチ
オークランドから一番近いと言われるサーフビーチです
CSC_0739


そんなピハビーチのシンボル、ライオンロック
よく見るとライオンの姿に似ていますね
DSC_0657


ビーチの特徴として挙げられるのがこの黒い砂浜です
磁石を近づけるとこのように砂がくっくいてきます
_DSC0405


_DSC0406


夏に撮った写真ですが、空の色が反射してまるでウユニ湖
CSC_0745


自由時間がたっぷりあったのでビーチの奥にいってみました
5分ほど歩くと鍵穴のような形をした岩が見えてきます
DSC_0713


中に近づいていくと暗くて幻想的な雰囲気です
CSC_0737


鍵穴の形をした岩から少し歩くと、荒々しい海が見えてきます
CSC_0735


ビーチを楽しんだ後はアフタヌーンティタイムです
寒い日にはあたたかいコーヒーや紅茶がぴったりです
マヌカハニーも用意されているのでどんな味がするのか試してみてください

ツアーで使う車のナンバーはなんと・・・PIHA
こだわりが感じられるナンバープレートになっています
_DSC0486


そしてツアーの最後、オークランド市内に戻る途中にカレカレ滝に立ち寄りました
最近は雨が多かったそうで、迫力があります
DSC_1026


滝の近くにはこんなに大きい木がありました
DSC_1035




都会から少し離れて自然を満喫したい方にぴったりな西オークランド観光のご紹介でした!


お申し込みはこちらからウィルダネス エクスペリエンス(英語ガイド付)

ニュージーランド国際線出入国での手荷物による粉末類持込制限に関する新しい規制が施行されました!

こんにちは、アユミです

あっという間に、2018年も半分終わってしまいまして、昨日からもう7月なんですね
残りあと6ヶ月をどう頑張るかで、今年のやり切った感がきっと違うんだと思うので、
ここからまた、よしっと、やる気を入れ直して、頑張っていきたいですね

ここ最近、11月の上旬から12月下旬、年末年始のご予約が増えてきました
どこも、人気のニュージーランドの夏の時期は、予約の動きが早くって、驚いてしまうほど、
今年もまた、11月、12月の時期、とっても混んでますご予約のお申し込みはお早めに

さて、そんなニュージーランドのご旅行をされる皆様へ、重要なお知らせ
もう知っている方もいるかもしれませんが、再度、確認して下さいね

ニュージーランド国際線 出入国での手荷物による粉末類持込制限に関する新しい規制

ニュージーランド⇔日本間の国際線での出入国の際に、
手荷物での持込制限が新たに施行されます

施行日:
オークランド国際空港の場合 2018年6月30日〜
他都市の国際空港 2018年7月31日より

新しい規制内容:
350mlを超える粉末は、手荷物での持ち込みが出来なくなります。
上記制限を越える場合は、預け荷物に入れる必要があります。

規制対象(オーガニックではない粉末):
塩、砂、粉末洗濯洗剤、粉末状サプリメント、汗止剤、ベビーパウダー等

規制対象外:
薬、オーガニック食品、、幼児用粉ミルク等
※規制対象外の物でも検査官の審査を受け、判断をされる場合があります。

詳細は下記URLにてご確認ください。
http://www.avsec.govt.nz/travellers/powders-liquids-aerosols-and-gels/

これと同様に、同期日からオーストら利全土の国際線の持ち込み制限も変更となっているそうです。

5486b2e8

検疫は、基本的には、入国管理官の判断により、持ち込みの可否が決定されます

これ、ちょっとどうかな、怪しいかな、というものに関しては、必ず、入国カードで申告をして、
英語で、それが何であるか、どんな用途で持参されたのかを、説明出来るようにしておくと安心ですね
とくに、医療用のお薬は、英語の説明書や、英語での処方箋を用意しておくことをおススメします。

また、出来る限り、荷物は、スーツケースの中に、きっちりと封をして、危ないものはビニール袋などでくるんだり、
外に漏れたり、壊れたりすることがないように、前もって準備しておくといいですね

それでは、皆様、安全で楽しい旅を〜


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

絶対外さない観光スポット! 〜ホビット村〜

皆さま、はじめまして!Mです

先日参加したホビット村見学ツアーのご紹介です!
ホビット村に行くツアーは多数ありますが、今回紹介するツアーは一味違います!

CSC_0934


このツアーの魅力を簡単にまとめると・・・

…早くに出発するので15時過ぎにはオークランドに戻って来られる!

翌日朝早くから予定がある方、オークランドに早く戻ってきてゆっくりしたい方にぴったり!

⊂人数でツアーに参加するのでガイドさんの話を近くで聞ける!

気になる質問もその場で直接聞けます。そして写真を撮る時間もたっぷり!

ホビット村が混雑する前なので人が少ない!

せっかく写真を撮っても人ばかり写っている…ということがありません。

ぁ陦隠以のギフトカードがついてくる!

ホビット村内のお土産屋さんでお気に入りの一品をゲットするチャンス!


それではツアーの流れをご紹介します

朝はご宿泊ホテルまでの車で迎えにきます。
車内は3列シートになっていてとても綺麗でゆったりとしています
ドライバー兼ガイドさんが車を運転しながらニュージーランドの地名の由来などについてお話してくれます
DSC_0665


オークランドから車を走らせること約1時間半・・・
まずはGordonton(ゴードントン)で休憩を取ります
カフェの中は広々としていて、飲み物だけではなくマフィンなどの軽食もあります。
休憩時間は20分ちょっとなのでコーヒーをテイクアウェイして車内で飲むことをおすすめします!
DSC_0667


DSC_0668


ついにホビット村映画セットがあるMatamata(マタマタ)へ到着です!
ホビット村映画セットツアーのガイドさんと合流し、いよいよツアーに参加します
映画セットへと向かう途中、道路の真ん中で羊が寝ていました 
このように車が近づいても動く気配がありません
DSC_0682


見学中はガイドさんが映画の裏話やセットについて詳しく説明してくれます
一歩足を踏み入れると、映画ファンではない方でも写真を撮る手が止まらなくなってしまいます
たくさんの裏話を聞きましたが、ネタバレになってしまうので詳しい説明は控えますね
CSC_0945


畑にある野菜は実際に育てているそうです
CSC_1221


細部までこだわって作られた数々のセット
CSC_0946


本物そっくりなお菓子も
DSC_1165


上からホビット村を見るとこのとおり
CSC_0967
パーティーツリーは樹齢100年以上だそうです
DSC_0763






ひととおり見学が終わると、グリーンドラゴンで飲み物を無料で1杯いただけます
英国風エール、アップルサイダー、ジンジャービアーの中から選ぶことができます!
DSC_1209


飲み物を飲んで一息ついたあとはグリーンドラゴン亭の裏にある大テントでお待ちかねのバッフェランチの時間です
今回はわたしたちのグループが一番乗りだったので、並ぶことなくゆっくりと食事を楽しめました。

どれもおいしそうなものばかりで何を食べるか迷ってしまいます
DSCPDC_0001_BURST20180619111629415_COVER


DSC_0703


DSC_0704


デザートの種類も豊富です
DSC_0713


バッフェランチの会場はインテリアにも凝っていています
DSC_0702


ツアーもいよいよ終わりに近づいてきてしまいました
たくさん食べてお腹がいっぱいになったあとは、お土産屋さんへ
何を買おうか迷ってしまうくらいたくさんのお土産があります

お土産屋さんに立ち寄ったあとは車に戻り、オークランドへ向かいます
途中トイレ休憩でアイスクリームで有名なPokeno(ポケノ)へ立ち寄ります。
有名になったきっかけはこのボリュームの大きなアイスクリーム
DSC_0730


1スクープでも十分ボリュームがありますが、お腹に余裕がある方はぜひ12スクープをトライしてみてください


これからニュージーランドへの旅行を計画中の皆さま、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

お申し込みはこちらからホビット村見学ツアー(英語ガイド付)

ニュージーランドに戻ってきました♪どきどきの税関検査!

こんにちは、アユミですブログをご覧のみなさま、お久しぶりです
長期休暇もあーっという間に終わってしまい、昨日久しぶりにニュージーランドに戻ってきました

真夏日のように暑い日本からオークランドへ戻ってきてみると、こっちはもうすでに冬のような寒さに変わっていて、
調べてみると、昨日の昼間の最高気温がだいたい13度程度、夕方頃になると、それが10度までに下がって、
年間の平均気温よりもだいぶ低く、今年はとっても早く冬が来たんじゃないかって感じるほどの寒さに驚きました

この先、もっと寒くなったときに耐えられなくなるんじゃないかと思って、ふつうに過ごしていたのですが、
結局、夜になると寒さにも耐えられなくなって、ダウンジャケットとオイルヒーターを出してきてしまいました。。。。

b36c148f5aaee4403159f81ee2385acb_s

これからニュージーランドに来られる方、日本からのご旅行だと、より体感温度が低く感じると思うので、
長袖やコート、マフラーなど、とくに夜のオプショナルツアーにご参加の場合、また、夜にお出かけになる予定がある方はとくに、
防寒対策をお忘れなく、ご旅行にお越しくださいませ

さて〜、日本へ一時帰国すると、旅行というよりも、日本への買出しという感覚で、
こちらでは安く買えないようなもの、日用品や、食品、化粧品などをたくさん買い込んでくるのですが、
日本からニュージーランドへ、戻ってくるときに、とっても心配になるのが、税関でのチェック

とくに、今厳しくなっているが食品なのですが、
フリーズドライや、インスタント食品、調味料などなど、いろーんなものを買って帰ってきたので、
税関でとめられないか、どきどきして帰ってきたのですが、
なんと、結果は、あっさり通過、OK〜っていう感じでした

入国カードに、【きちんと食品を持っている”Yes”にチェック】をしたものを提出して、
種や植物、生鮮食品、果物を持ってないかを聞かれるので、
【それらを持っていないこと、そしてすべて加工したもの、スーパーで売っているもの】というのを伝えたところ、簡単に持ち込むことが出来ました

私、梅干とか、鮭フレーク、ふりかけなどのご飯のお供や、レトルトのカレー、パスタソース、お鍋の素、フリーズドライのお味噌汁などなど、
いろーんなものをスーツケースの中にいれていたのですが、開けられもせず、口頭のチェックで、即チェックOKとなりました

日本からニュージーランドに来られるお客様も、ちょっとしたお菓子や日本の食品を持ち込みたい場合、
必ず、入国カードに申告をして、【なにを持ち込むのか】を【英語で説明できるようにしていれば】、だいたいのものは持ち込むことが出来るかと思います

7fca33298aebf9ec5c1d7547c5f86a14_s

一番気をつけないといけないのが、なにも持ってきていないと思い込んで、
入国カードに【Noという申告をして、食べ物を発見されること】なのでしょうね

どこかのウェブサイトに、
《ニュージーランドには、基本、食べ物は何も持ち込めない!》
みたいなことが書かれていたので、これはちょっと古い情報かもしれませんが、
そんなことは、まったくないので、心配されている方、持込をしたいものをリストにしておくとか、
英語での説明方法を考えておくとか、事前の準備をして、ご旅行に持っていかれると良いかと思います

とくに、ご旅行だけでなく、留学をされる方、ワーキングホリデーなどで長期滞在をされる方にも、
ぜひ参考にしていただきたいと思います

ではでは、みなさん、よい旅を〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

オークランド動物園に行ってみた!

皆さん、Kia Ora!
JTBオークランド支店にインターンシップで来ている研修生のマリナです

今回は一番最初の回でも少しだけ紹介した、ニュージーランド国内最大級の動物園、オークランド動物園について皆さんにご紹介しようと思います!!

まずオークランド動物園には約140種類、875匹以上の動物が飼育されている動物園です。先日ホストファミリー達と行ったのですが、国内最大級ともあって大きな動物園でした!久しぶりの動物園でも心ゆくまで楽しむことができました
ゾウ、キリン、ライオンといったおなじみの動物から、国鳥キウィ、恐竜の生き残りといわれるトゥアタラなどニュージーランドの固有種まで揃い、大人でも見ごたえ十分な内容となっています!!!

ちなみにキウィバードは夜行性のため、暗い小屋で飼育されていますなので活発に元気よく動く姿を観察できちゃいます!!そして園内では各場所で飼育員によるトークがあったり、夜間に特別開放されるサファリ・ナイトといったイベントも多数行われています

園内はいくつかのエリアに分かれていて、例えばオーストラリアエリアやニュージーランドエリアなどに分かれています。なので自分は今どこの国の動物を見ているのかが分かり楽しく回ることができました
IMG_4774

このかわいい動物はミーアキャットです!立ち姿がとても愛らしい!!!たくさん写真を撮ってしまいました。
なぜ立つのか??調べました!1つ目は、外敵から身を守る為に立ち上がって周囲を見渡すから。2つ目は、日光浴でおなかを温めるから、だそうです。日光浴が好きなんですね可愛い
IMG_4777

続いてこの鳥、おもちゃみたい(笑)で可愛くてついとってしまいました。オークランド動物園は鳥の種類も豊富です!わたしもたくさんの鳥を見ることができました
ニュージーランドは人間がやってくるまで哺乳類がおらず、”鳥の楽園”だったそうです。なのでニュージーランドは世界屈指の野鳥の楽園なのです!私もホームステイ先の家の隣に自然林があるので毎朝野鳥の鳴き声が聞こえてきます(笑)

そしてここの動物園にはアイス屋さんがいくつかあり、ニュージーランドブランドのアイスも食べられます!私も食べましたが、美味しかったです!!

オークランド動物園、一番の見所はやっぱりキウィバードが見れることだと思います
ニュージーランドの2ドルコインはキウィバードがモデルになっていますよ!!
ニュージーランドにきたら絶対に見ておきたい動物です。

私が訪れた、オークランド動物園の詳細です↓

HP:https://aucklandzoo.co.nz/
SCHEDULE:9:30am - 5:30pm(Last entry at 4:15pm)
LOCATION:Auckland Zoo is on Motions Road, just west of downtown Auckland and next to Western Springs Reserve.


さて終わりの時間がやってきました
オークランド動物園には、ニュージーランドでしか見ることのできない動物がたくさんいます
自分の目で確かめて見て下さいね!!
皆さん、Kia Ora!!!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オークランドにも日本が!

皆さん、Kia Ora
JTBオークランド支店にインターンシップで来ている研修生のマリナです

日本人にとって、異国の地のニュージーランド。
私はここにきてからほぼ二週間経ちました。そろそろ日本が恋しくなってくる頃です。日本食のご飯、お味噌汁が少し恋しいです(笑)

ですがそんなニュージーランドにも日本はあるんです
その日本とは、、、、、、
JAPAN MARTというニュージーランド最大の日本食料品店です
IMG_4840

オークランドのクイーンストリートに近く、そこから少し坂を上がると見えてくるのがこのオレンジ色の看板の「JAPAN MART」です。アクセスがいい!!!
IMG_4841

中に入るとあら不思議!ここはニュージーランドなのに日本かなと思うほど日本の商品がズラリと並んでいます。ここはほぼ日本の商品を取り扱っています。初めて入った時はなぜか謎の安心感がありましたね(笑)
そして私が日本で見ていたお菓子がたくさんあります!懐かしい!!!
IMG_4842

醤油や日本の調味料もたくさんあります。醤油は海外に来たときに、一本持っておくと非常に便利です。醤油をかけたらすぐに日本食に変わる優れものです!!
IMG_4843

これはカップラーメンの写真です。カップラーメンも非常に便利な食料品です。時短で安くて、私も日本でたまに食べます!

このように沢山の日本食料品がここには揃っています。日本からニュージーランドに来る方は、ここのお店の存在を知っておけばもう日本食に困りませんね。日本食に恋しくなったときは、ここを利用するとGOODです!

ちなみにここには日本らしいお皿など、100均に売っていそうなものも売っています。私はここの日本らしいお皿とお手紙を最後の日にホストファミリーへプレゼントしようかなと、考えています!ホームステイ先でプレゼントに困っている人はここに来たら良いものが見つかるかもしれませんよ!!

私が訪れた、JAPAN MARTの詳細です↓
LOCATION:26-28 Wyndham Street, CBD, Auckland
PHONE: 64-9-307-7100 / FAX: 64-9-307-7102
OPEN:10時から  CLOSE:19時まで

異国の地にも日本はある!安心してニュージーランドに来てくださいね!!
また次回お会いしましょう!それでは皆さん、Kia Ora!!!!!!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルアで出会ったマオリ族

皆さん、Kia Ora!
JTBオークランド支店にインターンシップで来ている研修生のマリナです

さて、冒頭で使った[Kia Ora]という意味、皆さん分かりますか
Kia Oraとはマオリ族で挨拶を表す意味なんです。

そこで、前回はアグロドームについて紹介したので、ロトルア繋がりで今回はロトルアで出会ったマオリ族を紹介したいと思います
ニュージーランドの民族、マオリ族を知ればニュージーランドでの旅行がもっと楽しくなるはずです

まずマオリ族とはどんな民族?↓
ニュージーランドにイギリス人が入植する前から先住していた人々です。そしてマオリ族は独特のあいさつがあります。それはあいさつとして、互いの鼻をくっつけ合うあいさつです
マオリの民族舞踊はハカと呼ばれています。ハカはマオリの戦士が戦いの前に踊ったり、歓迎の挨拶などでもハカを踊ります。ラグビーのチームであるオールブラックスが試合前にハカを踊ることで世界によく知られています!!
そして2013年の調査によると、ニュージーランドに暮らすマオリの人口は約60万人です。これはニュージーランドの人口の約15%を占めています。ただし、白人との混血が進んでいるので純粋なマオリはとても少ないのが現状になっています

と、こんな感じで少しはマオリ族のことを知っていただけましたか?
私は先週末、マオリ族の文化を知れる観光スポット「テ・ プイア(Te Puia)」に行って来ました!!!ここではマオリ族のショーを観ることができます

IMG_4736

こんな感じで、ショーはとても賑やかに進んでいきました
私が印象的なのは、男性のみが踊っていたハカです。全体的に緊張感があり、全身を使って強さ、威厳さを表していて終始私はハカに目が離せませんでした!!!
ひととおりマオリ族のショーが終わると、ショーを見学してた男性たちが舞台にあがり、実際にハカを体験する時間もありました(笑)
歌う人はマイクなど使わず、皆アカペラで歌っていました!声はとても響きわたっていたので、マオリ族は肺活量もすごいのがわかりました
ニュージーランドに来て、マオリ族がどんな民族なのか知れて良かったです
IMG_4734

↑いい感じの写真スポットでパシャリ


私が訪れた、テ・ プイア(Te Puia)の詳細です↓
HP:https://tepuia.com/
TEL:+64 7 348 9047
ACCESS:市内中心部から約3.5km。公共バスあるいは徒歩(40〜45分ほど)で行くことができます。

ニュージーランドに訪れたら是非ニュージーランドの文化も学んでみてくださいね
それではまた次回お会いしましょう!!!皆さん、Kia Ora

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ