素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

ニュージーランド

ミルフォードトラック観光ーサンドフライと出会いました!!

こんにちは、ミミさんですlogo2

ちょっと時間がたちましたのですがミルフォードトラックの報告を続けます

皆様まだ覚えていますか?前回はミルフォードトラックの最初のロッジ、グレードハウスに到着しました。これから現れる道を楽しみにしていますか? 私が経験しました所、ミルフォードを尋ねてくる人々は何年も来るチャンスを待ち続け、やっと良い機会が現れてニュージーランドに来た人がほとんどです。皆世界の各部からミルフォードの魅力を聞き、長い間自分の目で見てみたかった人です。

二日目の始まりは平らです、体力的には問題ありませんが、ここで初めての「地元の友達」に会いますよー 実はニュージーランドの南島の西海岸はサンドフライと言う昆虫がいます。これは大自然に多くいますが、蚊みたいに人を刺します、刺された後も痒くていごごちも悪いです。

天国みたいな場所にもこのような虫もいました。。。

BlogPaint


朝出発前後には皆肌に虫除けスプレイを塗ります。でもこれを縫っても確実にはよけられません。

基本のルールがあります。
この二つのルールを知るとサンドフライにかまれる事はほとんどなくなります:

一:動き続けるとサンドフライには刺されません。これは歩くスピードでも十分です
二:サンドフライは風が嫌いです

サンドフライに刺されたくない旅行者はずっと歩き続けてください、五分以上同じ場所に立ち止まるとサンドフライが順々とよってきますので要注意です。止まる時は風がある場所を選んでください、このほうもリラックスな昼食を楽しめます。

出発前は日本人団体が準備体操をしています。このポーズをとったことはありますか? 皆日本で登山をしながら訓練をしていました。もしかして彼らにとってミルフォードは最終テスト?(ガンバレー)

BlogPaint


一日は長いので初日からメンタルとフィジカルの準備をする必要があります。日本人は一緒にサポートしながら歩く団体が多いです。大きな山と広々とした距離を一歩ずつ挑戦していきます。

BlogPaint


沢山の人がマスクをつけるのもサンドフライから守るためです。写真おとおり、サンドフライを恐れないのは キーウイー(ニュージーランド人)のガイドさんたちです。皆もうすでに足だらけに刺されています。

では出発して皆一列になって歩きます ガイドさんは忘れ物やら掃除を済ましたらグループの後ろを追ます。

BlogPaint


続けてグレードハウスから出発しますとこの橋にたどり着きます。。。

この橋を渡りますと向こうには何があるでしょう?

BlogPaint


下記の写真内の場所に行かれましたら、ぜひ水をお試しください、高山から流れてきましたので直接飲めますよ

glade_5


次回も楽しみに、ミルフォードを歩きたい方、これから歩く訓練をされています方には便利な情報だと思います。ニュージーランドを旅行してみたい方、ニュージーランドはいろいろありますよ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランドのハロウィン事情2017

皆様こんばんは 不定期参加のNでございます

昨日は勤労感謝の祝日だった事もあり、今日出社しましたらJTB人生で見た事の無い数のお申込みを頂戴しておりましてこんな夜にブログ書きしております〜(うれしい悲鳴ですよ

10月後半という事で毎年恒例のハロウィン情報2017バージョンのご紹介

今朝出社しましたらJTBニュージーランドのオフィス内も
IMG_20171024_203302[1]


こんな感じでデコレーションしてる部署が(わ・・・・私もやらねば・・・

ニュージーランドはイギリス文化が強くハロウィンとなりますと結構本格的にやっちゃいます

最近は日本でも仮装したりで盛り上がってると聞きますが、Nの自宅にはお化けの恰好した子供たちが本当に「トリック オア トリート!?」とガンガンにやってきますので毎年1キロほどキャンデーを用意します。

家も結構飾りつけしますが、オークランドの市内中心部でおススメのハロウィングッズのお店は

IMG_20171024_203008[1]


ルックシャープ というお店。過去にここのブログでも何度か紹介しておりますが

IMG_20171024_203020[1]

IMG_20171024_203028[1]


いろんな仮装衣装や飾り付けをご購入頂けます。

皆様もオークランドにお越しの際は是非海外のハロウィングッズをお土産にいかがでしょうか?


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

絶叫!! 自分で運転する4WD体験!

皆さま今日は! 不定期参加Nです!

昨日のあゆみさんに続きNも老体にムチ打って参加してきましたのでご報告

ロトルアでは10以上の「絶叫」アクティビティに参加して参りましたがNからは私のお気に入り「OffroadNZ」と言う4WD体験をお届けします

このツアーは「トンデモナイ」所を4WDに乗り込み自分で運転するツアーです

朝一番にOffroadNZに行きますと
Img_2172


木で出来た道は薄っすらと氷が張ってる寒さ
(お!WELCOME JTB NEW ZEALAND TEAMって書いてある


でも遠くに見える沢山の4WDに皆の心は既にドキドキ
Img_2171


中で安全の注意事項や説明を聞き署名をしますが着替える訳でもなくそのまま車に移動します。

今回はJTBスタッフ合計10名で5台の4WDに乗り込みました。

Img_2175


私達の車の前をガイドさんが歩きながら色々説明したり指示を出したりしますが、各車に設置された無線があるので後ろの方の車も全員同じ案内が聞けます

で・・・・・・

実際に自分で運転する内容ですが・・・今までの人生で運転した事の無い強烈な悪路

例えば・・・

Image1


片側がタイヤより細い木の橋だったり・・・・

Image2

超急勾配の下が物凄い深さの泥池だったり(窓開けてたスタッフがエライ事に・・

Image3


この写真では上手く怖さが伝わらないかもですが45度以上傾いた車をガイドさんが更に揺らしてひっくり返りそうになったりであゆみさん、のりかさん含む女性スタッフは絶叫しっぱなし

極め付けが・・・
Image4


傾斜80度=ほぼ垂直落下

これは・・・マジ怖いです!!運転席からは前全く見えません(見えたと思ったら真っすぐ下の地面・・・)

しかもスタート前にわざと滑るように水をザーザー流すんです

思いっきりタイヤがロックして「滑る」恐怖・・・これは凄い体験です

折角なのでのりかさん+Sさんの絶叫をお届けしましょう



↑はのりかさんが運転しております♪

こちらのエキサイティングな体験を是非皆さまにお届けしたいと思います!

という訳でJTBニュージーランド 現地WEBで近日発売!

乞うご期待〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

日本でも話題のニュージーランドの新スタイル アイスクリームGIAPOに潜入調査!

こんにちは、アユミです

最近、ニュージーランド在住の方のブログなどでも、いろいろなところで取り上げられている、オークランドで人気のアイスクリーム屋さん
そして、2ヶ月ほど前に、日本テレビ系バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」で、タレントのイモトさんが訪問したことでも話題のアイスクリーム屋さん

その名も GIAPO(ジアポ) という新スタイルのアイス屋さんに、潜入調査してきましたっ
なんと今回、お店の方のご好意で、秘密のキッチンの中までいれてもらいまして、これをブログで紹介しても大丈夫ですか
っと聞いてみたところ、『私たちには何も隠すものなんてないんだよ〜』という素敵なお言葉をいただきましたので、書いちゃいます

20170613_13391520170613_134930

現在、オークランド市内の中心部、Gore Streetの真ん中にお店を構えるジアポ(GIAPO)は、
イタリア人オーナーのジアンパオロさんとアナローサさんご夫妻が経営する、とっても可愛らしいお店

約10年ほど前に旅行でニュージーランドにやってきたジアンパオロさんは、ニュージーランドの魅力にはまってしまい、
ご両親とアナローサさんをニュージーランドに呼び寄せ、この地で、アイスクリームショップを開くことになったそうです

最初は、Queen Streetのシビックシアターの並びに小さなお店をかまえていましたが、
連日、とーっても混雑していて、これはいかんということで今の場所へ、2ヶ月前に移転してきました

彼らのアイスクリーム、何がすごいかって、その見た目そしてボリューム

じゃじゃーんっ
20170613_140648

どどーーんっ
20170613_140638

20170613_134311

みなさん、見て分かるように、イカのかたちをしたもの、セルフィという額縁がついたもの、カップルにおすすめのハートがついたもの、
そして、ドーナッツがくっついたもの、カップがヨークシャープディングというデニッシュで出来たものなど、今までにみたこもないアイスクリームの数々

これを、ぜーんぶ、お店の奥にあるキッチンで一つ一つ手作りしているんだそうです
もちろん、アイスクリームに使用されているチョコレートもぜーんぶ手作り

20170613_13551320170613_13554120170613_145111

この面白いかたちをしたアイスクリーム、とくにイカのようなもの、さてどう作っているのかといいますと、
これまた最新技術である、3Dプリンターを使って模型を作り、その模型に、やわらかくしたプラスチックシートで型をとり、
その型にチョコレートを流し込んで、イカの形を作っているそうです次の作品は、タネマフタ だそうですよ

20170613_14100420170613_14102920170613_140326

こうして出来た、新スタイルのアイスクリームは、ジアンポアロさんが掲げるコンセプト、
 今までのアイスクリームのスタイルを、がらっと覆す新しいかたち
 アイスクリームとアートをつなげる
を忠実にあらわした、彼らの作品のようなアイスクリームなのです

ニュージーランド オークランドに旅行にきたら、必ず訪れていただきたい、ここならではのアイスクリーム、ぜひぜひ、立ち寄ってください

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

〜Auckland  Home stay〜

こんにちは!日本から来た、研修生のマユです!
海外支店実習で約1か月NZに滞在することになりました(^^)/
私が暮らすホームステイ先はMilfordにあり近くに海や湖があり、とても良いところです
↓ホームステイ先のお庭です☆
IMG_6595


ホストマザーが作るニュージーランド料理は日本にもありそうな見た目ですが、
日本では食べたことの無い味付けとスタイルで毎日の料理が初めてでとてもおいしいです新鮮な料理に出会える夜ご飯が毎日楽しみです(^^♪
↓ホストマザーの作る夜ご飯☆
IMG_6612

IMG_6636


一昨日は幸運にも港に止まっていた、Queen Elizabethに遭遇しちゃいました!(^^)!
今まで見たクルーズの中で一番大きくて、私もいつか乗ってみたいと思いました
IMG_6632


夜はホストファミリーと家から歩いて15分程にある、Milford beachに散歩に行きました
IMG_6680


夜の9時前にもかかわらず、夏のニュージランドは明るく海の匂いがして、風が気持ちよかったです  
子供連れの家族や、犬の散歩をしている方が多く、すれ違うたびに挨拶をしてくれて日本とはまたちょっと違ったニュージーランド人の温かさを感じました
自然も街並みも食も人々も好きでまだ来て間もないのに、ニュージーランドに住みつきたいと思いました


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

THLのワイトモツアーに参加してきました(その2)

みなさま おはようございます


先週のブログ『ニュージーランドの大手催行会社「THL」のツアーに参加してきました』」の続きで、本日は「レストラン」編です


2016 thl famil

オークランド空港近くの「Auckland campervan branch」を出発し、ニュージーランドの牧歌的な風景を楽しみながらの移動です
うま、うし、ひつじなど のどかな放牧地帯の風景が広がります


IMG_9594IMG_9603

途中ドライバーさんの案内にもありましたが、とてもきれいな満開のさくらの花も楽しめました


IMG_9637IMG_9669

そうこうしているうちに、次の目的地のレストランがある 『Waitomo Caves Homestead』 へ到着しました

以前ビッグアップルとして有名だったレストランで、昨年ここの運営がTHLさんにかわってから、リニューアルしております。巨大なリンゴがお出迎えです。


IMG_9677IMG_9681

こちらでも、ワイトモ鍾乳洞・土ボタルツアーのチケットを購入できます


IMG_9679IMG_9683

入口付近にはニュージーランドのお土産屋さんもあります


IMG_9684IMG_9687

少し先にはカフェがあり、スナック、ティー、朝食、ランチをとることができます


IMG_9686IMG_9688


IMG_9690IMG_9691

今回は、建物内の一番奥でバッフェランチをいただきました


IMG_9693IMG_9692

ラム肉のローストやローカルの食材をつかった美味しい食事にみな大満足でした


IMG_9702IMG_9703


IMG_9704IMG_9707


IMG_9724IMG_9723


このレストラン『Waitomo Caves Homestead』は、以下マップのところにあります



(マップ上の名前は昨年のリニューアル前のままになっています)


ワイトモの鍾乳洞・土ボタル等につきましては、また後日ブログでお伝えします

THLのワイトモツアーに参加してきました

みなさま こんにちは


先日、ニュージーランドの大手催行会社「THL」のツアーに参加してきました


2016 thl famil


今回は、THL社の運営する「レンタルキャンピングカー」、「レストラン」、「ワイトモ鍾乳洞」について見学させていただきました



最初に「レンタルキャンピングカー」を扱っている、オークランド空港近くの「Auckland campervan branch」を訪れました


IMG_9462IMG_9465

ここでは、マウイ(Maui)、マイティー(Mighty)、ブリッツ(Britz)などのブランドのキャンピングカーを取り扱っております








maui master logo

©THL

Mighty Campers

©THL

Britz_Master_CMYK_Tag_Square

©THL


IMG_9483

キャンピングカーの中は、想像以上に広く、4人掛けのソファー、テレビ、ベッド(ソファーベッドおよび2階)、クローゼット、キッチン(食器、電子レンジ、湯沸かし器、各種調理器具、冷蔵庫付き)、シャワールーム、トイレなど生活に必要な備品が充実しております


IMG_9522IMG_9529IMG_9578


IMG_9547IMG_9576IMG_9553

ここ「Auckland campervan branch」では、お客様が安全に快適な旅をお楽しみいただけるよう、車の整備、清掃、備品のクリーニングも行っております


IMG_9478IMG_9471

また、レンタルキャンピングカーをご利用いただくお客様向けに、オークランド空港からこのオフィスまで無料のシャトルバスが出ております


IMG_9567IMG_9563

キャンピングカーのタイプは、2名用、2名+お子様1名用、4名用、6名用などがあり、利用される方の構成によって選ぶことが出来ます


ニュージーランドに、リピートでお越しになられた方や、自由にドライブを楽しみながら、オプショナルツアーにはない行程をご希望されるみなさまに

『レンタルキャンピングカー』での旅行を、ぜひぜひ、オススメいたします


詳しい情報は、こちらをどうぞご覧ください

↓こちらをクリック↓

top_head02


ワイトモ鍾乳洞等につきましては、また後日ブログでお伝えします

ニュージーランドでハロウィーンイベント♪〜ワイトモ ローズランズ〜

こんにちは、アユミです

はっっと気づけば、もう10月っっということで、2016年も残り3ヶ月をきっちゃいましたっ
日本のみなさんは、シルバーウィークも終わり、年末に向けて忙しくなってくるころかな、っと思うのですが、
今年も1年、やり残したことがないように、楽しいことはぜーんぶやっていきたいですねっ

さて、さて、10月といえば『〜ハロウィン〜』 アイルランドが発祥といわれているハロウィンは、ニュージーランドやオーストラリアのオセアニア地域でも、
クリスマスに次ぐ、とっても盛り上がるイベントとなっています各街では、近所のお宅をまわる、お菓子を持って、衣装をまとった子供達がちらほら見られます
そして、レストランやバー、カフェ、アミューズメントパークなど、いろいろなところで、ハロウィンのイベントが開催されます

例えばっということで、私が大好きな場所、北島の人気観光スポットでもある世界遺産土ボタルが見れる場所、
ワイトモのレストラン『Roselands〜ローズランズ〜』で開催されるハロウィンイベント

Pict

10月29日(土)の夕方17時から始まるイベントは、お子様連れのご家族から、グループ、ご友人同士での参加など、皆さんに楽しんでいただけるイベント
ハロウィンの衣装を着て参加するイベントでは、Best dressed overall (ベストドレッサー賞)、Creepiest(最も気味の悪い衣装)賞、Funniest(最も面白い衣装)賞などなど、
参加する人たちの自慢の衣装の中から、もっとも優れたものを選ぶアトラクションや、みんなで楽しめるゲームなど、盛りだくさんの内容です

ちょっとこのイベントは、日本からのお客様がご予定を合わせていらっしゃるのは大変なので、
ぜひぜひ、ニュージーランドに住んでいる皆様っ、興味がある方は、ワイトモのレストラン『Roselands〜ローズランズ〜』、ぜひぜひ行ってみて下さい

私は、『Roselands〜ローズランズ〜』がとっても好きで、ワイトモへ行ったときには必ず訪れるお気に入りのレストランなのですが、
ビーフ・お魚・チキンから選べるバーベキューとビュッフェ、そしてオリジナルクッキーとキャロットケーキなどが楽しめるバーベキューランチがとっても人気
その他、、羊の毛狩りショーや、ファームツアーなんかもやっているので、大きな羊や可愛らしいロバ、ふわっふわのうさぎなどの動物もみることが出来ます

2754shearing2766

ワイトモ方面へご旅行に行かれる際には、ぜひぜひ、『Roselands〜ローズランズ〜』へ行ってみてくださいね

ご注意ください!サマータイムが始まります♪

こんにちは、アユミです

先週金曜日にご紹介をさせて頂いた、『ラロトンガ』のお話を紹介したブログですが、たっくさんの方に、”いいね”ボタンを押して頂きました
いつも、素敵なニュージーランドのブログを見ていただいてありがとうございますそして、素敵なネタ提供、ありがとうございました

さてさて、今日も、夏に関するお話です

今週末 25日(日)から、ニュージーランドでは、デイライトセービング(Daylight Saving 夏時間)が始まります
みなさんになじみの深い名前でいうと、『サマータイム』が適用されるのが、この日なのです

26e0f16f91513c07ecae3a9e8d9fcd3e_s

夏になると、日が長くなり、夜の6時や7時、8時になってもまだまだ明るいニュージーランド
そのため、時間を1時間進めて、太陽が出ている時間を有効的に利用しましょうという目的の制度

25日(日)の夜中の2時になった瞬間に、こちらの時間は3時になります(寝る時間を1時間、損しちゃうわけですね、、、、ぐすん

このとき、今までの日本との時差は、3時間だったところが、4時間になっちゃいます

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s

日本の家族や、友達に連絡を取りたくても、日本時間の夕方6時や7時には、ニュージーランドはすでに夜10時や11時と、連絡を取るタイミングを考えるとちょっとだけ不便

ま、そんなことはさておき、電波時計や自動で時刻を設定してくれる時計、現地の電波を拾うスマートフォンは、自動的に時間を修正してくれますが、
ネジ式の時計や、旅行で来られる皆さんが利用している日本の携帯電話は、自動で時間が変わるわけではないので、注意が必要ですね

集合時間、9時だと思っていってみたら、実は10時でしたっなーんていう危ないことにならないようにしないといけないですねっ

現在、シルバーウィークで、たくさんの方が旅行をされに来ていると思いますが、ぜひぜひ、今週末25日(日)はご注意下さいませっ

ニュージーランドでスキートリップ♪Mt Ruapehuへいってきました!

こんばんわ、アユミです

昨日のラグビーネタに続きまして、今日もまたまた、スポーツのお話っ

とうとう とうとう 念願叶いまして、ニュージーランドで、スキー旅行に行ってきましたっ
ニュージーランドの冬は、南島のクイーンズタウン、ワナカ周辺でのスキーがとっても人気ですが、北島にも、立派なスキー場がちゃ〜んとあるんですっ
日本の冬は、毎年、毎年、必ずといっていいほど、スノボ旅行に行っていた私ですが、ニュージーランドでも行きたいな〜と思い始めてから、もう数年以上

今年の冬こそはっと思い立って、先日、北島のちょうど真ん中あたり、トンガリロ国立公園の名前で知られている、Mt Ruapehu(ルアペフ山)のスキー場へ行ってきました

received_10210248809241272

金曜日の夜にオークランドを出発して、車を走らせること、約4時間半ほどで、トンガリロ国立公園に到着します
その日はそこで1泊をして、翌日の土曜日、いざっ、ルアペフ山のスキー場へ
※レンタカーやご自身の車で行く方は、出来る限り、四輪駆動の車を選んでくださいね

スキー場についたら、レンタルスキーやボード、ウエア、ヘルメット、そして、リフトのチケットを購入して、レンタルオフィスへ
チケット売り場や、レンタルオフィスは、とーっても混み合うので、宿泊先でレンタルできる方はそのほうが良いです
また、ゴーグル、手袋の貸出は、衛生上の問題で、していないそうなので、こちらも宿泊先で借りてくるか、もしくは自分のものを持っていったほうがいいです

20160903_09224020160903_09530020160903_092157

レンタルが出来たら、ウエアに着替えて、スキーやスノーボード、リフトチケットをもって、いざっスキーフィールドへ

20160903_10111120160903_101426

下のほうは、ビギナーエリア、そのすぐ上に、中級者、上級者コースがあって、なんとびっくりっっ、クアッドリフト(4人乗り)までちゃーんとありました
エリアが選べるリフト券は、ICカードで、利用できるリフトが決まっているので、全てのコースに行きたい方は、全山パスを、下のほうだけでいい人は、ビギナーエリアのみのものを買います

received_10210248808281248received_10210248809001266received_10210248808801261

下のほうは、岩肌が見えている箇所も多かったのですが、上のほうに行くにしたがって、雪質もとってもよく、
思ったほど、アイスのようながりがりっっとした雪面ではなく、ふわふわとしたシャーベット状の雪質でした

また、ニュージーランドの山は、森林限界と呼ばれるほどの、高い山の上にスキー場があるため、木が全く生えておらず、視界は最高っ
山の頂上付近には、昨年、世界で最も素晴らしい建築デザインのカフェに選ばれた、Knoll Ridge Cafeもそこにあり、ちょっと疲れたら、素敵な眺めのカフェで小休憩

received_10210248809001266received_10210248809281273received_10210248809601281

壮大なフィールドの中で滑る、久しぶりのスノーボードはとってもエキサイティングでしたっ

期待していなかった、晴天と雪質におおはしゃぎをして、とっても楽しめたスキー旅行

来年もまた、1回だけではなく、2回、3回っと、滑りにきたいですね

2017年度 スキー情報はこちら!
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ