素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ニュージーランド産

メイド イン ニュージーランド特集

皆様 今日は 不定期参加Nでございます

先週の金曜の会社帰り、ちょっと小腹が空いてスーパーに立ち寄ってジャンキーな物でも買って帰ろうとフラフラと見てましたら沢山のニュージーで作られた物が有ったのでご紹介

ニュージーランド = 乳製品の国なのでやはり目につくのはヨーグルト

N一家は普段は
IMG_20180705_190925


1キロ 2ドル50セントの安っすいの買ってますが(遠慮無く食べれますし!)その横には

IMG_20180705_190916


アンカー社製の軽く3倍のお値段の奴がデ〜ンと鎮座マヌカハニー入りとか・・・確かに「おいしい」  (ギリシャ風でボテ!!って感じの重い奴)

「自分にご褒美」レベルの良い事があった際にたま〜に買います!

面白いのが
IMG_20180705_190811


ヨーグルトが小さめのチューブに入っててスプーンも使わず吸って食べるバージョンの品数が豊富です。

これ・・・基本的には「子供のお弁当用」です。 ニュージーランドでは幼稚園から高校卒業まで続くお弁当地獄。

しかも日本と違って

1)ブレインフード(朝一に学校で食べる脳みそに働きかける糖分)
2)モーニングティー
3)昼食

この3つを毎日色んなメニューを考えて持たせる必要があるので、同じパターンを繰り返すと子供達が飽きて食べずに持って帰って来ると言う悲しい状況が勃発するので「いかにバラエティーを変えるか」がミソ

そんな中のこのチューブ式のヨーグルトはポイッと入れるだけで衛生的で頼もしいお弁当の友でございます!

気軽に場所も選ばずに食べれるので旅行者の方にもおススメですので是非!

その他はやはりNが大好きのポテチですが

IMG_20180705_190312


今回は「ニュージーランドのネルソンでハンドメイドで作りました」と書いてあるのを購入し食べて見ましたが結構美味しいですのでおススメ
何かですね・・・各社から色んなフレーバーのが出てますが、このネルソンのはお芋そのものの香りが濃いいと感じました。

他にも
IMG_20180705_191138


ニュージーランドと大きく書かれたポップコーンも発見!(しかもポップコーンなのにサワークリーム味

ポテチもポップコーンもどちらもですが結構高価! やはり国内産はどこも高いですねえ・・

基本軽いですし嵩張りますがお土産に是非!

尚・・・・・
皆様にご紹介したかった「ポテトチップス ハンギ味」(ニュージーランドの先住民族 マオリ族の料理)がど〜〜〜〜〜しても見つかりません

期間限定商品だったらしいのですが、私がその情報を聞いた時にありとあらゆるスーパーで頑張りましたがそどっこにも売ってません・・・どんな味だったか・・・食べた方いらっしゃいましたら感想をお聞かせください〜


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



やっぱり甘いものが好き!今ハマっているチョコレート〜♪ニュージーランド土産にぜひっ

こんにちは、アユミです

今年こそはダイエットっ、と思いながらもはや半年、、、ついつい、買ってしまう甘いもの
会社のデスクの中に、チョコレートが入っていないと、あれないなぁ、って思ってしまうのがいけないんですよね

疲れた頭にシュガーブーストだっっと言われ、ついつい足がスーパーに動いてしまい、見つけちゃいましたっ
私が最近ハマっているチョコレートなんですけど、これがまた、どこを探してもずっと見つからなかったので、運命的な出逢いかと思って、買っちゃいましたよ

Nさんのチョコレートネタに続いちゃいますが、私のおススメのお土産のひとつ
ニュージーランド産のウィッタカーズ(Whittaker's)の、ちょっと珍しい、ダークオレンジ(Dark Orange)というフレーバー
ダークチョコレートのリッチな味に、オレンジのフレーバーがふわっと香る、少し大人な感じのチョコレートなのですが、
ダークチョコレート特有の強い酸味や、重たい味が苦手な方でも美味しく食べられるのが、オレンジフレーバーのよいところ

板チョコではなく、小さなブロックの、小分けタイプの個包装なので、ばらまき系のお土産としてもぴったりです

20180629_135259

ただ、なかなか、スーパーでも見つけられることがないので、探すことはおすすめしませんが、
むしろ見つけてしまったときは、絶対に1袋は買って下さいとおススメしたいです

そして、もう1つ、おススメの、ハマってしまっているチョコレートがあるんです

ニュージーランドやオーストラリアなどでよく目にするチョコレートカンパニー キャドバリー(Cadbury)から昨年でた商品

Dark_Milk_Blocks_larger_1492574999663

とくに好きなのが、一番シンプルな、プレーンタイプのチョコレートで、
ダークチョコレートのリッチさとミルクチョコレートのマイルドさの黄金比をとったかのようなこの商品

505 image

私が個人的に、ダークチョコレートが好きなのもありますが、それでも、商品によっては、ダークの味が強すぎるものもあり、苦手な人も多いと思います
その点、この商品は、きつい味が一切せず、むしろ病みつきになるような、リッチで、さらっとしたスムースな味がやめられません
これは、ウィッタカーズのものとは違って、スーパーで簡単に見つけることができます

これからニュージーランドに旅行に来られる方、お土産に迷ったら、ぜひぜひ、ニュージーランドで人気の(人気かどうかはわかんないですが、私がおすすめの)
チョコレートを選んでみて下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

甘い物好きさんにオススメ♪フレッシュチョコレートミルクのご紹介

おはようございます、アユミです

この前、私がハマってしまっているチョコレート キャドバリー(Cadbury)の『ジャファ - Jaffas -』を紹介しましたよね
それ以外にも、最近、甘い物好きがま〜ったく止まらず、おいしそうなものを見つけては、ついつい手が

今日、みなさんにオススメしたいのが、フレッシュミルクとチョコレートがぴったり合ったフレッシュ チョコレートミルク (名前、そのままですねw)
Lewis Road Creameryという、牛がトレードマークの牛乳やバターなどのデイリー食品やアイスクリームを主な製品とする会社のチョコレートミルク

20160708_12201120160708_141357

懐かしい牛乳瓶を思い出させるようなパッケージのチョコレートミルクは、見た目にも可愛く、サイズは、1人分にぴったりの300mlと、自宅用の750mlの2種類
このチョコレートミルクに使われているチョコレートは、ニュージーランドでキャドバリー次ぐ、大きなチョコレート会社『ウィッタカー(Whittaker's)』で作られたものを使用しています
『ウィッタカー(Whittaker's)』もとっても有名なチョコレートで、ニュージーランドのお土産としてもとっても人気
チョコレートのしっかりとした甘みのあるチョコレートミルクですが、ドロドロとした甘みはなく、飲んだ後はとってもすっきりとしてるので、朝食などに飲んでもOK
チョコレートミルクのほかに、フレッシュコーヒーミルクや、最近登場したばかりのダブルキャラメルミルクもあります

フレッシュコーヒーミルクは、これもニュージーランドで焙煎されたSupremeのコーヒー豆を使用し、キャラメルもChelsea Winterというところのものを使用しているそうです

20160708_122247Screenshot_2016-07-08-14-41-54

すべてがニュージーランド産の材料を使用して製造されているLewis Road Creameryの製品は、
ミルクやバターなどの製品そのものを、あるべき姿で多くの人に楽しんでもらうということをとっても大切にしているそうです
だからこそ、酪農王国ニュージーランドの自然から出来た乳製品や、その国で生まれたコーヒーやキャラメルなどを使用して、製品をつくっているんですね

Lewis Road Creameryのチョコレートミルクやコーヒーミルク、キャラメルミルク、甘い物好きな方は、ぜひぜひ試してみて下さいねっ


日本でも人気の『マヌカハニー』を使ったスィーツ『ホニケケ』のご紹介♪

おはようございます、アユミです

今日も、またまた食べ物のお話ですっ
いつもブログを見ていてくれる、日本の家族が、若干体調管理や健康状態を心配するほど、食ネタばかりの私のブログですが、
ニュージーランドは、ほんと〜に美味しいものがたっくさんあるということと、美味しいものを美味しく食べられる程、
元気に過ごしているということを、伝えたいので、レストランやカフェの食レポ、食べ物ネタ、どんどん発信していきたいと思いますが、
今日お話をするのは、日本でも今大人気の『マヌカハニー』を使ったスィーツのお話

JTBニュージーランドと、オークランド郊外レムエラ(Remuera)にある人気日本食レストランSoi(ソイ)が共同で作り上げたオリジナルスィーツ『ホニケケ(Honikeke)』
ニュージーランドの先住民族マオリの言葉で『ハニーケーキ』(そのままですね)を意味するホニケケは、ニュージーランド産のマヌカハニーをたっぷり使ったスィーツ

20160304_08184920160304_081912honikeke1

マヌカハニーは、抗菌作用に優れているため、口内炎やのどの痛み、花粉症や胃痛便秘、風邪などにも効果的バツグンな万能薬として、
とーっても人気ですが、そのまま食べると、ちょっと香りにクセが強く、『少し苦手、、、』という人もいるかと思います
でも、このホニケケは、マドレーヌのようなスィーツなので、クセはそんなに強くなく、かつ、マヌカハニーの風味を残した、とっても美味しいケーキ

私も、とっても好きなのですが、今回は、ホニケケを食べてみた感想を頂いたので、皆さんにご紹介したいと思います

T・Hさん(男性)
このホニケケは、美味しいです。基本的にしっとりと柔らかい食感ですが、ごくわずかに焼き菓子のサクサク感があり、シェフの微妙な感覚を感じました。
また、独特のマヌカハニーの尖った風味は感じないので日本人のどの年齢層にも受けそうなお菓子だと思います。

F・Hさん(女性)
(たまたまですが・・)ミルクなしのセイロンティーと一緒に頂きましたが、甘さ控えめ、しっとりしたホニケケとよく合い、美味しく頂きました。
和菓子とも洋菓子ともとれるホニケケは、緑茶とも、マヌカティーともよく合い、和が好きな方、洋が好きな方にも喜ばれると思います。
甘さ控えめなので、少し手間隙かけたマヌカハニーソースを添えて召し上がっていただくのもおいしかったです。
クックパッドで以前試しました。
http://cookpad.com/recipe/3235308

Y・Sさん(男性)
ニュージーランドに7年も滞在しておきながらホニケケ初めて食べました!笑
率直な感想として、日本のカステラを思い出す味でした。しかし、日本のカステラとは違い、マヌカハニーの甘すぎない味なので甘党ではない私でも、ペロッと食べてしまいました・・・
3時のおやつにおすすめです!

S・Kさん(男性)
マドレーヌと贅沢に使われたマヌカハニーのコラボレーション。甘いもの好き、マヌカハニー好きには堪らない一品でした。」

N・Tさん(男性)
過去に何度が食べましたが、前回は4分の1のピースだった為今回は久しぶりにしっかり頂きました所、ちょっと変化が感じられた気がします。
恐らく特にレシピなどは変えられて居ないとは思いますが、しっとり度合いが高かった様な印象を持ちました。
恐らくここは焼いたタイミング・袋詰めしたタイミング、そこからの経過日数等での変化かと思います。
しっかりハチミツ感が出てる辺りは引き続き「ホニケケ」の名を語るに辺り満足でした。

K・Kさん(女性)
マヌカハニーの程よい甘さで何個でも食べられるおいしさです!ニュージーランドのお土産で、買いたいものといえば、
マヌカハニーではありませんか!?ぜひ、お試しいただきたいです。1つ1つ個分けになっているので、お配りするのにも便利ですよ!

H・Iさん(女性)
始めは冷たいままで食べました。思っていたよりもサイズが大きく、1個でも満足感がありました。冷たいバージョンは、はちみつが苦手でも食べられるほのかに香るくらいでした。
温めるとはちみつがより香り、冷たいものとはまた違った美味しさでした。よりしっとりとして、とけていく感じでした。
マヌカハニーだと、イメージが苦めの感じだったのですが、ホニケケはそれを感じることはなかったです。とっても美味しかったです。

こーんな感じで、『ホニケケ(Honikeke)』を食べてみた感想を頂きました

『ホニケケ(Honikeke)』は、ガイドブックにも掲載されているので、ご覧になったことのある人もいるかもしれませんね

ニュージーランド旅行のオススメのお土産の1つでもありますので、これから来られる方は、ぜひぜひ、チェックしてみて下さいね

ホニケケのお問い合わせ・ご注文はこちらから

ニュージーランドでオススメのコーヒー豆のお話♪

おはようございます、アユミです

今日は、私が最近ハマり始めた、ニュージーランドでオススメの 『コーヒー』について、ご紹介したいと思います

ニュージーランドは、20年ほど前からコーヒー文化が栄え、多くのバリスタが集まるコーヒー大国
ニュージーランドの人々は、カフェがだーい好きで、オークランドだけでなく、ウェリントンやクライストチャーチ、クイーンズタウンなどの主要都市はもちろんのこと、
たっくさんのお洒落なカフェや、腕利きのバリスタにより選び抜かれたコーヒー豆を独自の製法で焙煎したものを利用するカフェが数多くあります
そして私も、カフェには行けませんが、毎日2杯以上、とくに朝のブラックコーヒーは欠かせないほどのコーヒーラバー

以前は、スーパーマーケットで売っているネスカフェのディカフェ(ブラックコーヒーを飲みすぎるとお肌に良くないと聞いたので、あえてカフェインレスで☆)を好んで飲んでいたのですが、
少し前に、カフェで働いている友人から、コーヒー豆をもらったことをきっかけに、インスタントコーヒーではなく、プランジャーポットで入れるコーヒーにハマってしまいました

一番最初に飲み始めたのが、 『Atomic Coffee』のDecaf(ディカフェ)とOriginal(オリジナル)、その次が、
『Espresso Workshop』のEthiopia Dumerso Naturalという品種の豆

Pictreceived_1009698645783854

どちらも、オークランドMetroのBest Cafe 2015に選ばれている地元でも人気のカフェ
Atomic Coffeeは、オークランド市内にお店を3店舗もち、市内中心部から西へ行ったところにある、Kingslandという場所の店舗内に、コーヒー豆の焙煎をする機械を独自に持っています
Atomic Coffeeのディカフェは、コーヒーの香りが弱くなったり、損なわれることなく、バターのようなまろやかな甘みが特徴お値段は250gのパックで$12,5

Espresso Work ShopのEthiopia Table Top Natural Yirgacheffeは、単独の地域からとれたコーヒー豆の部門で、2014年にニュージーランドのコーヒーアワードを受賞しているそうです
このエチオピアの豆は、フルーツの香りがほんのりして、甘みの強い、女性にオススメなコーヒーお値段は200gのパックで$15

どちらも、コーヒーの苦味が少なく、甘みが強いので、ブラックが苦手な人でも、香りを楽しみながら、飲んで頂けるかと思います

そして、最近飲み始めたのが、ニュージーランド生まれのコーヒー『MOJO(モジョ)』のDR MOJO'S FEELGOODというエチオピアとコロンビア産の豆お値段は250gのパックで$12.5

20160309_10023320160309_14451320160309_144526

店員さんのオススメで、こちらも苦味の少ないもので、アーモンドやバニラの風味を持ったものをチョイスコーヒーを淹れる前から、すでにとっても良い香りがしています
ニュージーランド ウェリントン発のモジョは、2003年に始まり、今では、ニュージーランドのオークランド、ウェリントン、中国、そして日本に約35箇所のカフェをもつほどの人気コーヒー
旅行などで、オークランドかウェリントンに立ち寄る際は、ぜひ、MOJOのカフェにも立ち寄って頂きたいですね

ニュージーランドのコーヒー豆は、ご旅行のお土産やプレゼントに、そして現地にお住まいの方は、ちょっとしたティーパーティなどの差し入れに、とってもオススメです
そして、お気に入りのコーヒー豆を見つけるために、様々なカフェやコーヒー店を巡ってみるのも、とっても楽しいですね

MOJOのコーヒーが終わったら、次は、『ALLPRESS ESPRESSO』のコーヒーを試してみたいと思います

逆輸入!?

日本で家の娘が「こんな美味しいの食べた事無い」と絶賛だった日本の煮込みハンバーグ(それとマルちゃん正麺
ソースはデミグラスソースで確かに普段ニュージーランドの家庭では食べない味
と言う事で日本のスーパーでハインツのデミグラスソースを数缶「スーツケースに入れるには重いなあ」と思いつつ買い持って帰って来ました。
IMG_20131007_214211

で昨日ふと裏を見てみたら
IMG_20131007_214555

「原産国 ニュージーランド」っておい!でした
ちなみに普段行くスーパーでは・・・見た事ないですねー日本人好みの味と言う事でしょうか
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ