素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

ハイキング

ワイマング火山渓谷 ウォーキングコース!

KIAORA!
筋肉痛がまだ治らないのりかです

週末、ロトルア1泊2日を満喫してきました

その大トリは!!!!
「ワイマング火山渓谷」

1866年のタウウェラ山噴火により生まれた渓谷です。
火山で荒廃した原生林が長い年月をかけて復活して今の状態まできたそうです。
地熱活動が盛んなため、至るところで湯気が上がっております。
このワイマング火山渓谷、バス、徒歩、クルーズの3タイプの楽しみ方があります。

DSC06489


DSC06490


IMG_7870


私たちが選んだのはウォーキングコース。
ロトマハナ湖まで1時間50分のコースです。
途中、バスストップが3箇所ありそこから引き返すことも、途中で歩くのをやめてロトマハナ湖までバスで行くこともできます。
道中には変化に富んだ火山渓谷があり、自然の力に圧倒されます。
DSC06495


DSC06494


DSC06499


DSC06509


DSC06507


お湯が勢いよく噴出している場所も!

IMG_7862


ここの道はファンテイルがずっと付いてくるんです!!

DSC06537



尾っぽが扇のような形をしたファンテイル
人懐っこくて小さくて本当に可愛いやつです

DSC06555


DSC06557



のんびり歩いていくはずだった、ワイマング火山渓谷

まさかの私たちは大失態をおかしました

それは!!!
気付いたら
ハイキングトレイルコースに迷い込んでいたのです!!!!!

登れども登れども終わらない階段。。。。


DSC06514


DSC06519


DSC06524


DSC06525



休憩しようにも前日雨が降っていたせいでベンチの木がしめっており、
しゃがむこともできず、アラサー2人、ぜぇぜぇいいながら一番上まで上りました

DSC06523


DSC06529



ひざが笑うとかこのことか!というくらい生まれたてのバンビになっていました

帰りはバスストップ3からあっという間に入り口まで戻りました

DSC06564



体力に自信のある方は、是非ハイキングトレイルコースにご参加ください!
体力に自信のない方はのんびり景色を楽しみながら平坦な道が続く、ウォーキングコースをお楽しみください!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

自然を楽しむならハイキング!簡単に参加出来るハイキンググループのすすめ♪

こんにちは、アユミです

先週末は、からっと晴れて、とっても暖かい陽気だったオークランド
朝晩はやっぱり肌寒く、秋、冬の気配を感じるものの、天気のよいときは、外にでてハイキングなど自然を楽しむのがニュージーランド流
私も、ハイキングがとっても好きなので、先週末も、オークランドのハイキンググループに参加して、約50人の方々とハイキングを楽しんできました

このハイキンググループ、どなたでも簡単に参加することが出来るので、ニュージーランドに在住している方だけでなく、
旅行でオークランドに来られている方でも、オンラインで参加表明をすれば、すぐに参加することが出来るんです

例えば、のんびり自由に楽しむ一人旅でニュージーランドに来てみたけれど、オークランド滞在中、何をしたらいいか分からないっとか、
1人だからレンタカーを借りるのもお金がかかるし、誰か一緒に、どこかへ行けるひといないかなっとお考えの方とか、
せっかく海外にきたんだから、現地の人たちと仲良くなりたいっ、英語を話したいっという方にはぴったりです

オークランドハイキンググループの詳細・参加表明はこちら
 Auckland Hiking Group

今回の行き先は、オークランドから北へ車で約40分のところにあるWenderholm Regional Parkでの、海岸線ウォークとブッシュウォーク

20170507_10273520170507_10145820170507_112616

海岸線のウォーキングでは、こんな素敵な写真が取れました

20170507_10392420170507_103723

グループみんなで、景色のよい丘の上で食べるお弁当も、とってもいいですよ
こういうときにも、現地の方とお話をしたり、自分の国のことを紹介したり、なんていうことも出来ますね

20170507_115720

このグループに参加している方は、みんなとってもフレンドリーな方ばかりで、
ニュージーランド人の方だけでなく、世界各国からきている方ばかりなので、異文化コミュニケーションの場としては最高

興味のある方、これから、ニュージーランドに移住を考えている方、旅行に来られる方、ぜひぜひ、参考にしてみて下さいね

オークランドハイキンググループの詳細・参加表明はこちら
 Auckland Hiking Group


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

夏におすすめのオプショナルツアー from テアナウ♪

こんにちは、アユミです

この週末、お天気がトーってもよく、まだまだオークランドの夏は終わってないんだなぁっと感じさせられるほどの快晴
夏が終わってしまう前に、めいっぱい夏を楽しもう〜っということで、なんとなんと、2日間連続で、バーベキュー(爆)

20170318_12012120170318_12034220170319_130107

土曜日は、オークランド湾沿い、ミッションベイの手前にあるオカフベイ プレイグラウンドで会社のみんなでワイワイと
日曜日は、仲のいい友達と、ホームパーティ的な感じで、おうちでワイワイと
お肉三昧の週末で、た〜っぷりと栄養補給したわけですが、またこんなこと書くと、日本の家族に心配されちゃいますね
でも、夏も充分楽しんだことですし、これでもう思い残すことはありませんっ

今、次のシーズンに向けて、ニュージーランド国内旅行のオプショナルツアーの商品登録をしているところなのですが、
この夏、そして次の夏におすすめのオプショナルツアーを2つご紹介します
このツアーは、皆さん、旅行者の方が、よく訪れる、人気の世界遺産ミルフォードサウンド観光ツアーなのですが、
クイーンズタウンにご滞在の方向けではなく、さらに南へ行ったリゾート観光地、テアナウというツチボタルでも人気の街からのオプショナルツアー

テアナウはここ



【テアナウ発】ミルフォードサウンド観光 バス&クルーズ&ウォーク

年間を通して10月から翌年の4月末まで催行されるこのオプショナルツアーは、人気のミルフォードサウンド1日観光のクルーズと、
そして、こちらも人気のルートバーンからキーサミットまでのハイキングを体験出来る、欲張りなオプショナルツアー

テアナウから、観光バスで出発をするこちらのツアーは、少人数制のツアーでフレンドリーな地元ガイドが同行致します
クルーズは、ミルフォードサウンドのネイチャークルーズで、滝や野生動物、自然の風景をたっぷりとお楽しみ頂けます
ウォーキングでは、フィヨルドランドを訪れるなら必ず立ち寄ってみていただきたい、ホリフォード渓谷内のショートコースをガイドと一緒にお歩きいただくか、
ガイドなしでご自由にルートバーントラックからキーサミットへの山岳風景を見に行くか、好きなほうを選択できます

CCW_Key Summit optionCCW - Geoff guiding at Kaka Creek, Marian lookoutCCW-Hollyford river photography

 オプショナルツアーのご予約・お問い合わせはこちら

 【テアナウ発】ミルフォードトラック 半日ガイド付ウォーク

世界の散歩道ともいわれているミルフォードトラックは、世界のハイカーにとっても人気のハイキングコース
このミルフォードトラック、長いもので3泊4日かけて宿泊をしながらハイキングをするものもありますが、こちらのオプショナルツアーは、
ミルフォード・トラックを半日で楽しめるガイド付きウォークで、ミルフォードサウンドを出発して、ボートでワンドフライポイントへわたり、
アーサー川の流れに沿った道を進み、緑豊かな降雨林の中にあるジャイアント滝まで歩きます
つり橋からの眺めは見事です。専門ガイドが固有種の野鳥や植物、地域の歴史や物語を詳しくご案内いたします

MT_Giant Gate view (2)MT-water taxi landingMT-forest and mosses

 オプショナルツアーのご予約・お問い合わせはこちら

今年の4月末まで、そして、今年の10月からのご旅行に、おすすめのオプショナルツアーをご紹介させて頂きました

これからのニュージーランド旅行の計画に、南島のテアナウ滞在も、ぜひぜひ、考えてみて下さいねっ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オークランド周辺でハイキングを楽しむ♪

こんにちは、アユミです

最近、ブログの最後に、ブログランキングの応援をお願いするメッセージを記載させて頂き、より多くの方に、現地情報をお届けできればと思い、
皆様に、ポチっとクリックをお願いしているのですが、なんとなんと、以前、『にほんブログ村』のニュージーランド旅行ランキングで、
96サイト中、29位あたりにランクインしていたのですが、今日みてみたら、10位まで上がってくることが出来ました
いつも『素敵なニュージーランド』をご覧頂いている皆様のおかげでございます本当にありがとうございます これからもどうぞよろしくお願いいたします

さて、今日は、先週末に参加したオークランド ハイキンググループのアクティビティのお話をしたいと思います
オークランドには、ハイキング好きが集まる大きなコミュニティ『Auckland Hiking Group』というのがあります
毎週日曜日に開催されるハイキングアクティビティは、ベテランのハイカーさん達が企画する1日ハイキングで、
オークランド周辺の人気スポットから穴場スポットまで様々なところへ出かけます

今回行ったのは、オークランド北側、シェークスピアパークよりさらに北にある 『Opahi Bay → Te Muri Beach ハイキング』
今回の参加人数は、約83名というビッググループでのハイク全長12キロほどの距離を4時間かけて歩きました

20161127_10164220161127_102918

とってもいいお天気の中、青い空の下を歩いていくのですが、海岸線のゴツゴツとした岩場は、とーっても歩きづらく、ときどき滑るので、なかなかの難易度

20161127_11324020161127_11432520161127_114636

険しい道のりですが、初めて知り合う人達との会話や、ハイキングのベテランさんとの会話はとっても楽しく、英語の勉強にもなります

20161127_14241620161127_12122820161127_141352

海岸線を歩いたあとは、丘の上に登り、ルートをかえて、来た方向へ歩いて戻ります
道の途中には、羊や牛などの動物にも会えますし、素敵な海岸線の景色はとーっても気持がいいです

オークランドにお住まいの留学生の方や、ワーキングホリデーできている方、ハイキングが好きだけど、
なかなか自分ひとりではいけない方などなど、オークランドハイキンググループへの参加はとってもオススメです

ハイキングの難易度は、毎回事前に知らされ、自分のレベルに合ったハイキングコースを歩く日程に、どなたでも参加することが出来ます

ぜひぜひ、興味のある方は、『Auckland Hiking Group』をチェックしてみて下さいね

そして、どこかのコースで、お会いしましょう

※ブログランキングに参加しています。応援お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

タウランガ♪マウントマンガヌイからの景色をご紹介☆

こんにちは、アユミです

タウランガへ遊びに行ったら必ずやってもらいたいこと、というか、そのために、タウランガに行ってみて頂きたいもの、それがマウントマンガヌイ山頂へのハイキング
私は、今回の旅行で、マウントマンガヌイ登頂、2回目ですが、今回もお天気に恵まれて、とーってもキレイな景色を見ることが出来ました
(・・・登頂といっても、片道40分ほどの簡単なトレッキングですけどね

その時のお写真をいくつかご紹介しますっ

まず最初の3枚は、登り始めの駐車場のあたりから、そして、少し登ると海岸のきれいなアーチが見え、さらに登っていくと、左側には真っ青な海、上には晴れ渡った青空、そして、緑の芝生のコントラストがとっても綺麗

20160828_10132120160828_10091120160828_102913

登り始めのゆるやかな坂道の途中には、左右の芝生に、ちらほらと羊の親子がいて、小さな2匹の可愛い子羊をみることも出来ます

received_10154420862807440

ゆるやかな坂道をぬけると、断崖絶壁のふちっこを歩く、割と険しい道になりますが、崖の反対側は、これまた素敵な景色が広がります
なが〜くのびる、マタカナアイランドの海岸線と、海の青がほ〜んとに綺麗
(・・・キレイ、キレイ、言ってますけど、実際に見るほうが本当に綺麗なんですよ

20160828_10381320160828_105322

そして山頂に行くとこの景色

20160828_110629

あ〜、登ってきてよかった〜っていう気持ちに、絶対なります
片道、早くて30分、ゆ〜っくり登っても1時間もかからず登れるので、午前中のお時間だけでも、ぜひぜひ、登ってみてほしい場所っ

マウントマンガヌイの登山を楽しんだあとは、タウランガの街にある、可愛いカフェでのんびりして下さい

おすすめカフェ Eighty Eight Cafe
20160828_09385020160828_09382420160828_093919

今年も子羊の時期に行ってきました♪〜シェークスピア・パーク〜

こんにちは、アユミです

今年もまたまた、(ちょっと遅めですが)子羊がたくさん見れる時期に、シェークスピア・リージョナルパークへ、ハイキングをしに行ってきました

2015-07-12-13-08-16_deco2015-07-12-13-00-12_deco

オークランドから車で約1時間の場所にある、シェークスピア・パークでは、羊や牛が放牧されている中を自由にハイキングしたり、マウンテンバイクをもっていってサイクリングをすることが出来ます

Pic

毎年、7月上旬から8月にかけて、子羊がたくさん生まれる時期なので、この時期に行くと、元気に走り回っている小さな羊をたくさん見ることが出来ます
去年は、7月13日にハイキングをしに行って、今、まさにっっ生まれましたっっっていう感じの羊をみて、とっても感動したのを覚えています

今回は、ハウラキ湾に面した海岸沿いを歩く約5キロのコース(TiriTiri Track)を2時間かけてハイキング
雨上がりでぬかるんだハイキングコースは、ちょっと歩きづらくて怖かったのですが、朝降っていた雨もすっかり上がって、お天気な中、景色を楽しみながら歩くことが出来ました

20160813_10524620160813_11104920160813_115227

ここ、シェークスピア・リージョナルパークは、オークランドのローカルバスが走っているので、車がない方でも、市内から簡単にいくことが出来ます
オークランド市内から出ている『ノーザンエクスプレス(NEX)』というバスに乗って、北へ走ること約40分、『ハイビスカスコースト バスストップ(Hibiscus Coast Station)』まで行き、
そこから、バス番号『982番 ガルフハーバー行』に乗って約30分、シェークスピアパークの入口のバス停で下車し、そこから公園内を徒歩で歩いていくと到着
オークランド市内を出発してから、約1時間50分ほどで、シェークスピア・リージョナルパークへ到着することが出来ます

Pictu

オークランド滞在期間に、ハイキングやトレッキングをお考えの方は、今の時期、シェークスピアパークでのハイキング、とってもオススメですよ

何して過ごす?テカポの街をご紹介♪

こんにちは、アユミです

今日も、昨日に引き続いて、テカポの街のご紹介をしたいと思います

マオリの言葉で、『テカ(Teka)』−Sleeping Mat、『ポ(Po)』−夜、という名前がつけられた街 テカポ、
この名前の意味をみると、訪れる人たちが、ゆったりと疲れた体を休めることが出来る場所、というか、癒される場所っというイメージが連想されます

そして、星でとっても有名ですよ〜というご紹介をしたので、テカポに行ったら、夜の素敵な星空を楽しもうという方は多くいるかと思います
しかし、夜の星空だけじゃなく、テカポでこんなことが楽しめるんですよ〜というものをご紹介したいと思います

テカポには、マウントクックと同じように、たくさんのハイキングコースがあります

テカポメインストリートの橋から湖畔沿いをテカポスプリングスまで歩く、1時間コース
20160114_09462620160114_094758

テカポ湖畔〜マウントジョン天文台(アストロカフェ)のショートコース 往復1時間半〜2時間コース
テカポ湖畔〜マウントジョン天文台(アストロカフェ)のロングコース 往復3時間〜3時間半コース
20160114_1000371238846_4668425487721_13406329_n1004699_4668419247565_2084907339_n1236747_4668429607824_577829592_n

マウントジョン天文台に負けじと、星空ツアーが人気のコーワンズヒル ウォーキング 1時間半〜2時間のコース
IMG_6380

などなど、主に9つのハイキング、ウォーキングコースがあります
興味のある方は、ハイキングマップをこちらからダウンロードできるようにしたので、ぜひご利用下さい

もう1つご紹介したいのが、テカポにある温水プール施設『テカポ スプリングス』
温水プールだけでなくスチームサウナやマッサージなどのデイスパ、そして、夏はウォータースライダーやチューブパーク、お子様のいるご家族にも楽しんで頂けるウォーターパーク、
そして冬にはスケートリンクが出来るなど、いろいろな方に楽しんで頂ける施設になっています

20160114_10031320160114_10034020160114_102945

暑い夏にプールで遊んだり、ハイキングのあとに、疲れた体を休めるのに温水プールでのんびりしたりするのも良いかと思います

その他、テカポ湖周辺では、乗馬が出来たり、テカポ湖のクルージングなどもあるそうなので、
ぜひ、現地に到着したら、街の中心にある観光案内所や、星空ツアーを催行しているEarth&Skyさんのオフィスなどへ行って、お話しを聞いてみてください

テカポは小さな街ですが、楽しいことや魅力がぎゅっと詰まった素敵な場所なので、やりたいことがきっと見つかるはずですよ

テカポの街の地図ですクリックしたら拡大したPDFが印刷できます
0001

マウントクック国立公園を歩く♪オススメハイキングコース〜Red Tarns〜

こんばんわ、アユミです

今日は、前回からに引き続きまして、マウントクック国立公園内のハイキングコースで、
おすすめの『RED TARNS』というトラックをご紹介します

ハーミテージホテルから、マウントクックロッジ&モーテルのほうに約10分程歩いたところに、『RED TARNS』のハイキングの入り口があります
高低差約300メートル、往復で2時間のハイキングコースは、若干きつそうに思えたので、チャレンジしようかどうか、トラックのスタートで迷っていたところ、
降りて来たニュージーランド人の3人の方に、『きつい道のりだけど、きっと登った先に、貴方が見るものはとても素敵だから、行ったほうがいいわよ』と
強くオススメされて、綺麗な川の上にかかる橋を渡って、いざ、頂上を目指して出発っ

IMG_6190IMG_6192IMG_6196

最初は、なだらかな砂利道を、マウントクック国立公園の広い平野を眺めながらのんびり歩いていたのですが、
なんとなんと、200メートルほど歩いたカーブの先に見えたのは、なんと、長い長い階段

IMG_6200IMG_6202

途中、ところどころに、平坦な箇所があるものの、ほとんどのところが、果てしなく続く階段、そして、
たくさんのカーブで、先が見えない状況に心が折れそうになりながら、ひたすら上を目指し、登っていきます

しばらく登り、45分くらい登ったところで、目の前をみると、氷河の溶け出した小さな川のようなものが流れる山間がとても綺麗に見え、
そして、自分が今登ってきた道を振り返ると、遠くにはマウントクックの山頂と、その横に連なる山脈、マウントクック国立公園全体が見渡せる、とっても素敵な景色が広がっていたのです

IMG_6208IMG_6212IMG_6216IMG_6228

こんな素敵な景色を見ても、なお、ひたすら続く階段に、『この先には何があるんだろう』と不思議に思いながら、
山頂まで登ったとき、私は、とっても不思議な光景を目にしました

この『RED TARNS』というハイキングルートの名前、それに全く気づいていなかったのですが、
Tarnとは、英語で (山中の)小湖という意味だそうで、ここまでお話をしてしまうと、気づいてしまうかたもいらっしゃるかと思いますが、
山頂で何が見えたかは、ここでは内緒にしておきます

今度、マウントクックに行かれる方は、お時間があれば、ぜひ、この『RED TARNS』の山頂まで、行ってみてください

マウントクック国立公園でオススメのハイキングコース♪〜フッカーバレー〜

こんばんわ、アユミです

マウントクック国立公園は、山々に囲まれた平野から伸びるブッシュウォークのコースや、トレッキングコースが約10箇所あり、
短いものでは約10分〜40分程度のブッシュウォークから、1日ハイキングツアーとしても人気のフッカーバレーハイキングコースがあります

Mt Cook National Park Hiking Map

ハイキングをお楽しみいただける観光スポットとしては、南島の中でもとても人気のマウントクック国立公園
今日は、その中から2箇所、オススメのハイキングコースをご紹介いたします

1つ目は、人気のハイキングコース『フッカーバレー』
往復の必要時間は、往復で約3時間、ハーミテージホテルから出発する場合は約4時間、約8.5Kmの距離ですが、
行程差が約80〜100mととってもなだらかな道を歩く、どなたでも楽しめるコース

ハーミテージホテル周辺から出発するコースは、現在工事のため1月末まで閉鎖されておりますので、
迂回コースを通って、出発地点のホワイトホースヒルキャンプ場まで向かい、そこからハイキングスタートです

IMG_6296IMG_6301

なだらかな砂利道や木の板で造られた舗装された道を通り、ミュラー湖から流れるフッカー川や、
マウントクックなどの山々を眺めながらの道はとっても気持ちよく、のんびりゆったりと歩くことが出来ます

IMG_6368IMG_6340IMG_6334

このハイキングで目指すべき素敵なポイントは、3つの吊り橋と、ミュラー湖、そして、最終目的地のフッカー湖

オプショナルツアーとしてご紹介している1日ハイキングツアーでは、第2の吊り橋の後までしかいきませんが、
セルフハイキングだと、第3の吊り橋、そして、最終地点のフッカー湖まで行くことが出来ます

IMG_6326IMG_6331IMG_6359

私は、この日、あまり時間がなかったので、サクサク歩き、ハーミテージホテルからの往復で通常4時間のところを2時間50分で帰ってきました
それでも、周りの壮大な景色や、川の音、道端に咲く植物などなど、楽しみながらハインキングが出来ました
最後のフッカー湖では、今までみた湖では見たことのない、氷河の塊などが見れて感動

オススメのハイキング、その1でした

マウントクック 一日ハイキング(日本語ガイド付)の詳細はこちら

次回のブログで、その2をご紹介します

マウントクックのリゾートホテル ハーミテージホテルのご紹介♪

こんばんは、アユミです

昨日のNさんのブログですが、こんなに近くでサンドボーディングが出来るなんて、知らなかったので、ぜひぜひ今度行ってみたいと思います

さて、今日は、私の出張旅行の続き、クイーンズタウンから、マウントクックへ移動したのですが、その際に、視察に行ってきたハーミテージホテルをご紹介いたします

マウントクック国立公園の中心部、山間にたつリゾートホテル『ザ ハーミテージホテル』は、一部のお部屋やレストラン、カフェから
マウントクックや周辺の山々、タスマンバレーの壮大な景色が見渡せる、人気のホテル

グレートサイツ観光バスなどで、裏手のバス停に到着後、本館へ続く廊下を通り過ぎ、エレベーターの前に到着すると、
まず、広い窓ガラスの先に広がる、マウントクックの景色がお出迎えしてくれます

20160112_143319IMG_6120IMG_6125

エレベーターをおり、本館のメイン玄関につくと、チェックインカウンターを中心に、左手にオプショナルツアーの予約や
現地の情報などを入手することの出来る、アクティビティデスクがあります日本人のスタッフさんがいる場合もあるので、
英語が苦手だなっという方にも安心して、現地の情報を収集することが出来ます

IMG_6134IMG_6130

そして、アクティビティデスクの上の階には、どなたでもご利用出来るカフェが併設されていて、
グレートサイツ観光バスの昼食休憩で訪れた方も、こちらで、サンドウィッチやハンバーガー、ピザ、サラダ、
フルーツやヨーグルト、アイスクリーム、飲み物などを購入して、景色が素敵な場所で昼食を取ることが出来ます

IMG_6138IMG_6142IMG_6137

お天気が良いと、マウントクックの山頂までくっきりと見える景色に、圧倒されるか、もしくはうっとりと見とれてしまうか、
そしてまわりの豊かな自然から吹いてくる風に当たりながらのランチはとっても最高です

ハーミテージホテルには、プレミアムプラスルーム、プレミアムルーム、スタンダードマウントクックビュールーム、スタンダードルーム、
という主に4つのタイプのお部屋があるのですが、とくに人気なのが、スタンダードマウントクックビュールーム

御値段としてもちょうど良く、お部屋の窓から、マウントクックの景色が見えるとても素敵なお部屋
夏の季節はとくに人気で、予約で早くうまってしまうため、旅行を決めたら、早めのご予約をオススメします

IMG_6152IMG_6156

ご夕食や朝食も、マウントクックの景色が見えるアルパインレストランでビュッフェ形式のお食事
種類が豊富なビュッフェメニューには、山岳地帯とは思えないほどの、シーフードのお料理と、
ニュージーランドならではのラムやビーフのロースト、そして、前菜にぴったりなサラダや生ハム、オリーブなど
ニュージーランドのワインと一緒にお楽しみいただけるメニュー、そして、こちらも種類豊富なデザートもしっかり揃っています

IMG_6250IMG_6252IMG_6255

朝食メニューも、卵やソーセージ、たくさんの野菜、そして日本のご飯やお味噌汁、シリアルなど、体にもいいものがたっくさん揃っています

IMG_6272IMG_6274IMG_6276

マウントクック周辺には、人気のフッカーバレーを始めとしたハイキングルートが数箇所あり、山歩きスポットとしても大変有名です

ハーミテージに宿泊をして、素敵な景色と美味しいご飯でパワーチャージをして、ハイキングを楽しむのがオススメですね

次回は、ハーミテージホテル周辺のハイキングスポットをご紹介したいと思います

プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ