素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

パイヒア

パイヒアでホールインザロック&ドルフィンウォッチクルーズをしてきました♪

こんにちは、アユミです

久しぶりの旅行記ですっ オークランドを離れて旅行してきましたっ
年末年始の連休で、オークランドよりさらに北方面、ファンガレイ&パイヒアへ行ってきましたので、そのときのことをご紹介したいと思いますっ

12月31日、向かった先は、ベイオブアイランドその名の通り、小さな島々が集まった、美しい海のリゾート観光地 パイヒア
目的は、ここで人気のアクティビティ『ディスカバー ザ・ベイ(ホールインザロック&ドルフィンウォッチクルーズ)』に参加すること

13時30分発のクルーズに予約をして、パイヒアにあるExplore NZのオフィスで、チェックイン美しい海のクルーズへ出発です

received_10154843312877440received_10154843311067440received_10154843313012440

ベイオブアイランドの各島々の間をクルーズしながら、ドルフィン ウォッチングのタイミングを探し、ホールインザロックを目指します
ベテランガイド兼クルーズドライバーが、ドルフィンを発見し、ドルフィンの近くまで寄ってくれるので、とってもフレンドリーなイルカの群れを見ることが出来ます
そして、大きな岩に自然に出来たアーチ状の穴にたどり着き、その穴を、クルーズ船で通ってくれます

1483691326958received_10154843310067440received_10154843310527440

ホールインザロックを通過したあとは、オテヘイ・ベイというビーチへ到着し、バーベキューランチ

received_10154843310452440received_10154843310422440received_10154843310402440

バーベキューを楽しんだあとは、ビーチや、芝生でのんびりしたり、小高い丘の上までのショートウォークを楽しみます

received_10154843310512440received_10154843309917440

たっぷりとビーチリゾートを楽しんだあとは、またクルーズ船で、パイヒアまで戻ります

4時間の半日ツアーですが、大大大満足な内容で、クルーズと自然の景色と、ドルフィン、バーベキュー、ウォーキング、全て楽しめるオプショナルツアー

パイヒアにいくことがあれば、ぜひぜひ、参加してみてくださいね

ディスカバー ザ・ベイ(ホールインザロック&ドルフィンウォッチクルーズ) ご予約・詳細はこちら

ベイオブアイランド1泊2日パッケージツアー ご予約・詳細はこちら

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

オーシャンビュー&街の中心の素敵なホテル『キングスゲート』@ベイオブアイランド

おはようございます、アユミです

先週からのノースランド旅行のお話に引き続きまして、
この旅行で、私たちがどんなところに宿泊したのかをご紹介します

パイヒアの街の中心から海沿いに徒歩3分のところにある、
キングスゲートホテル オートロッジ パイヒア(Kingsgate Autolodge Pihia)
IMG_4493IMG_4496

ロッヂとはいっても、海の目の前の好立地で、プールもついている素敵なホテル
インターネットの設備や、ランドリーなどもついているので、長期滞在の方にも快適に過ごせるかと思います

お部屋のタイプは2種類あって、今回、私たちが宿泊したのはスタンダードルーム

広々としたスペースに、ダブルサイズのベッドが二つ、そして、バスルームはシャワーブースだけでなく、
日本人としてはとっても嬉しいバスタブ付きアメニティはオリジナルのものが二人分置いてありました

とってもすっきりとした清潔感のあるお部屋はとても快適

IMG_4498IMG_4500IMG_4503IMG_4504

もう一つのお部屋、スィートルームは見学だけさせて頂きました
キングサイズのベッドのあるべっどルームと、海側に面したリビングルームのあるお部屋

IMG_4629IMG_4630IMG_4625

ベッドルームとリビングルームの間には、これも長期滞在には嬉しい、キッチンの設備
IHのコンロと電子レンジもついているので、簡単なお料理だったら、ここでも出来ちゃいますね

バスルームはもちろんバスタブ付き、そして、スィートルームのお客様だけのアメニティ
IMG_4631IMG_4632IMG_4627IMG_4626

ちょっとこっちに泊まりたかったかななーんて思いながらも、
キングゲートステイはとても快適でした

個人のご旅行などで、北島のノースランドに行かれる際は、ぜひ、キングゲート オートロッジをご利用下さいませ

ホテルの詳細情報・お問い合わせはこちらから

90MILE BEACH とケープレインガへ!

あゆみさんの横に座ってる者です。

北島の最北端、90 マイルビーチとケープレインガ(灯台)へ行ってきました

今回は、パイヒアに宿泊をして、そこから出発している『Explore NZ』主催のツアーに参加したのですが、
朝07:15頃にパイヒアのホテルを出発し、まずは90マイルビーチへ
902IMG_4544IMG_4549

砂浜と海しか見えない綺麗な景色を、波の間際すれすれをバスが通り、
何も邪魔するものがない砂浜を豪快にドライバーさんが運転
山に囲まれた村で育った私には今迄見たことのない景色だったので、圧倒されました

この90マイルビーチは、4WDの車で走らないとぬかるみにはまって動けなくなることがあるそうなので、皆さま、万が一の為にもツアーで行ってみて下さいね

さて90マイルビーチの終わりのところに、巨大な砂丘があり、そこではサンドボーディング
ボディボードを使って、砂丘の上から下へ勢い良く滑り降りるアトラクション
この日は、朝、雨が降った後だったため、ガイドさんが、少しぬれてるからスピードは通常の3倍くらいだよっていってました。

90mile

スピードの調整は足を使って調整し、スピードになれない最初の方はゆっくりめで、なれてきた人は早いスピードで滑っていました。

90マイルビーチのあとは、ニュージーランドの北端ケープレンガ
IMG_4581cape2IMG_4583

ガイドブックにのっていて、長い間行きたかった場所のひとつ
ここはニュージーランドの最北端ではないのですが、“一般の方が立ち入れる”中ではニュージーランド最北端
灯台の下には各都市への距離が書かれた看板があり、他の参加者たちも、
自分の都市を指差しては、近いねーとか遠いねーって行ってました

ここは太平洋とタスマン海がぶつかり合うところでぶつかり合う潮の目が少し見えました。
これでNZでやりたいことリストにチェックすることが出来ました

その他、ニュージーランドの田園風景を眺めながらのバスや、帰りに寄ってくれるフィッシュアンドチップスのお店、
カウリの木やその樹脂の採掘を行っていた場所への立ち寄りなど、1日でもたくさんの場所を巡ることができるツアーでした
IMG_4534IMG_4615IMG_4593

ニュージーランド北島のさらにその北方面へのご旅行の際は、ぜひ、
90マイルビーチ、ケープレインガへ行ってみて下さい

90マイルビーチ、ケープレインガへご旅行をお考えの方はこちら

ベイオブアイランド

オークランドから、車で北へ約4時間
パイヒアという小さな町があります。

パイヒアは、ニュージーランド北島最北端 ケープレインガ岬行きツアーや
各種マリンアクティビティーの玄関口となる地です。

歴史もあり、ヨーロッパ人が入植して来た当時、首都はこの地区のラッセルにおかれました。

パイヒアの町から車で5分程の所に、ワイタンギという場所があり、
英国政府と先住民 マオリとの交流や、
争いの歴史が説明されている記念館があります。

1840年2月6日、英国政府から派遣された代表団と
北島北部の主要なマオリの首長達との間で、
ニュージーランド近代国家形成の基礎となるワイタンギ条約が締結されました。

f39a9c6c-s
   


そのワイタンギ条約を締結した場所が、トリーティ ハウス
(TREATY HOUSE)であり、ここワイタンギにあります。

毎年2月6日は「ワイタンギデー」として、
ワイタンギ条約締結を記念する祝日となっています。

過去この記念日に政府によって取り決められた条約で
約束された権利を取り戻すために、抗議を行っていたマオリとの間で揉め事も起きたことがありましたが、
最近ではここワイタンギにて、平穏に記念式典が行われるようになっています。

ニュージーランドの発祥の地?でもある為、
ニュージーランド人や外国人観光客にとっては、有名な観光スポット。

イタンギ条約締結時、最初のニュージーランド国旗が出来ましたが、
今の国旗とは違い、英国国旗のセント・ジョージ・クロス(白地に赤い十字)の左上に
もう1つの小セント・ジョージ・クロスと4つの星(おそらく南十字星の意?)を配していました。


e19f0f15-s
 
現在のものと、随分違います。 







続きは、また明日!


人気ブログランキング
応援宜しくお願いします
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ