素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

ファカタニ

ベイオブプレンティの美しい海を眺めるハイキングコース♪

おはようござます、アユミです

ホワイトアイランドツアーに参加した翌日、ファカタニの街で、ベイオブプレンティの海が眺められるショートハイキングコースを歩いてきたので、そちらをご紹介します
ファカタニまで来たら、このハイキングコース『Kohi Point Scenic Track』は、ぜひぜひ、歩いてみて頂きたいオススメの場所

ファカタニの街の中心部からオホープビーチ(Ohope Beach)までの全長6.3Kmのコースで、ゆっくり歩いても、およそ1時間半から2時間程度で歩ける短いコースです



スタート地点には、道に埋め込まれた『Kohi Point Scenic Track』の標示と、気の看板が目印

20151227_10510820151227_10524020151227_105402

ファカタニの街から、海側へ突き出した半島のような、このコースは、最初の登りが、思った以上に急な箇所もあるのですが、
登りきった先の展望デッキからは、とっても素敵な、澄んだ青や水色をしたベイオブプレンティの海、長く伸びる海岸線を眺めることが出来ます

20151227_11272920151227_12170820151227_134228

コースの後半は、下り坂から、オタラワイレレ(Otarawairere)湾に面したビーチへおりることが出来るので、
少し疲れたときは、こちらでゆっくりとビーチに座ってのんびりするのもいいかと思います
ビーチには木陰もたくさんあり、ニュージーランドの夏の風物詩、ポフツカワの花も綺麗に咲き誇っていて、とても癒される場所でした

20151227_12414520151227_122707

ピクニックマットや、ランチ、スナックなどを持って、ハイキングに出かけるには、最適な場所ですね

1つ注意したいのが、このコースはループではないので、スタート地点とゴール地点が異なります
車でスタート地点まで行かれる場合は、同じ道を戻ってこないといけないので、2倍の距離と時間がかかるのでご注意下さいね

私たちは、車2台で旅行をしていたので、1台をスタート地点に、もう1台をゴール地点に置いて、片道だけのハイキングをしたので、
大人数で行かれる場合は、その方法をおすすめします

ニュージーランドの活火山ハイキングに挑戦しました♪

おはようございます、アユミです

ニュージーランドといえば、温泉や奇岩が造る自然美などがとっても有名な、火山の爆発によって出来た国
その自然を楽しむのに、ニュージーランド北島では、休火山であるオークランド沖のランギトト島や、タウランガのマウントマンガヌイでのハイキングが人気です

そして、多くの人が知っている北島の活火山、トンガリロ国立公園のルアペフ山では、トンガリロクロッシングという全長19.4kmのトレッキングコースが人気ですが、
北島にはもう1つ、ニュージーランドで最も大きな活火山、ベイオブプレンティにあるホワイトアイランドという島で、ハイキングが出来るということで、
クリスマス休暇を使って、チャレンジしてきましたその様子を、ご紹介いたします

オークランドから車で南へ約300km 3時間半ほどのところにある、ファカタニ(Whakatane)という街から、
ホワイトアイランドへのツアーが出ています



ファカタネの街の中心にオフィスのあるWhite Island Tours(PEEJAY)という会社が催行するツアーに参加してきました
受付で予約を確認した後、活火山をトレッキングするすこーしだけ危険なツアーなので、万が一のことがあったときのための注意事項が記載された、
リーフレットをしっかりと読んで、ツアー参加のための同意書にサインをして、出発です

20151226_07170720151226_07102620151226_072045

フェリーというか小さめの船に乗って、周りの景色を楽しみながらクルージングを楽しむこと約1時間30分
私はとっても楽しかったのですが、船の揺れに、ぐったり酔ってしまう人が多かったので、船酔いをしそうな方は、必ず乗船前に、酔い止めを飲んで頂くことと、お水を持って乗船することをオススメします

ホワイトアイランドが船の目前に迫ってくる頃、ツアーのスタッフより、ガスマスクとヘルメットが配られます
ここが、ホワイトアイランドのすごいところっ普通のハイキングだったら、ガスマスクやヘルメットなんて持っていかないですよね
今でも煙のあがる活火山、安全のために、ガスマスクとヘルメットを常に着用してハイキングをします

20151226_07563520151226_09075720151226_090941

ホワイトアイランドに近づくと、今乗ってきたフェリーでは、上陸できないので、モーターの付いた小さなゴムボートに乗って、少人数ずつ上陸します
これもまた新しい体験で、とっても迫力があって楽しいです

20151226_09223120151226_093510

ツアーガイドから、ハイキングの際の安全上の注意事項をしっかりと聞いて、ハイキング開始

20151226_09440020151226_094939

ごつごつとした岩肌や煙の上がる場所、硫黄のように黄色くなった場所など、その迫力はものすごく、今にも、どーーーんと爆発しそうな感じすらします

20151226_10232720151226_10070320151226_101056

昔はここに、硫黄工場があったそうですが、今では廃墟となっており、誰もここには住んでいない無人島となっています

20151226_10565020151226_10570420151226_105905

現在は、この島の数箇所にビデオカメラが設置されていて、常に火山の状況をモニターするようにしているそうです
そして、島のいたるところに、木やプラスティックで出来た棒がささっていて、今でも観測に使用されているそうです

ハイキングはおよそ1時間程度、アップダウンはあまりないので、お子様でも安心して参加できます

帰りのフェリーでは、ランチボックスが配られ、クルージングをしながらのランチと、運が良ければ、ドルフィンウォッチングをすることが出来ます

朝から約4時間程度の半日ツアー、午後の出発もあるので、朝オークランドを出発した場合でも参加できます
短い時間の間で、貴重な経験がたくさん出来る、ホワイトアイランドのハイキングツアーは、ニュージーランドの自然を楽しむのに、とーってもオススメです

ファカタネまでは、インターシティのバスも出ていますし、ツアー会社のオフィスは、宿泊施設もあるので、
どなたでも簡単に、旅行をすることが出来るかと思います

ホワイトアイランドのハイキングツアー、ぜひぜひ、参加してみてください

ホワイトアイランドハイキングツアーの詳細はこちら(英語のみ)
※予約等ご希望でしたら、ぜひぜひ、アユミまでご相談下さい!
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ