素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

フェリー

南島を満喫!

こんにちは!インターンのかおりです

初めての海外でるんるん!
ニュージーランドの南島、クライストチャーチを訪れました

20日ほど滞在しましたが、良いお天気に恵まれてきれいな写真がたくさん撮れました
雨が降ったのは3日間くらいかな〜?

リトルトンという港町が最高でした!!

お昼に港を眺めながら
フィッシュ&チップスを食べました

P_20160210_142853


リトルトン

P_20160210_164330


フェリーでDiamond Harborへ
だいたい10分くらいで向こう岸へ行けます

きつーい坂の向こうにはカフェなんかもありますよ
とても暑かったのでアイスを食べました
ぜひ行ってみてください!!

クイーンズタウンで素敵なファーム体験♪

こんばんわ、アユミです

ニュージーランドといえば、人の数よりも多いといわれている羊
とくにメリノという種類を、皆さん、良く耳にするかと思うのですが、メリノ種の羊毛で作られた衣料品がとても有名ですね
そんな、羊がたくさんいるニュージーランドでは、北島ではロトルアのアグロドームでのシープショーや、ファームツアーがとっても人気

そして、今回、南島でおススメしたいファームツアー、クイーンズタウン発着の【マウントニコラス ファームエクスペリエンス】に行ってきたのでその様子をご紹介します

マウントニコラスは、クイーンズタウンからワカティプ湖を挟んで反対側にある高原牧場で、Southern Discoveryという会社の運行するフェリーに乗って目的地を目指します

20160111_12434520160111_12464420160111_131249



周囲を囲む、リマーカブル山脈や、セシル山脈、ウォルターピーク高原牧場などの山々の絶景や、遠くに見えるミルフォードサウンド周辺の山々、
氷河の流れこんだワカティプ湖の美しい青の湖面を眺めながら、約1時間程のクルージングを経て、マウントニコラスステーションへたどり着きます

20160111_13450920160111_13303720160111_135312

このクルージングだけでも満足してしまうほどの楽しい遊覧クルーズに、ついつい牧場のことを忘れてしまいそうになった頃、マウントニコラスファームへ到着

最初に、ダンカンさんというファームを管理するおじさんが、ファームに暮らす動物たちを紹介してくれます

20160111_14061920160111_14104520160111_14140920160111_142254

とってもフレンドリーで可愛い動物たちに触れたり、えさをあげたり、こんなにも近くに寄れるなんて思っていなかったのでびっくりしました

その後は、羊の毛狩りをするための小屋や機材などを見せてくれたり、実際に羊の毛狩りを披露してくれます
大きな机の上に広げられた、モコモコの羊の毛、とーっても大きいのですが、これだけの量の羊の毛をとるのに、
さて、何匹の羊が必要なのでしょうかというダンカンさんからのクイズ、答えはぜひぜひ、現地に行って確かめてみてください

20160111_14340520160111_143628

ダンカンさんと一緒に羊について見て回った後は、ジルさんの運転するバンに乗って、広大な牧場へ連れて行ってもらいます

どうやってこの広大な牧場で動物たちを管理するのか、動物たちの食料となる牧草を育てるのか、そんな話をしてくれます
そして、高原牧場の一番高い場所に到着すると、フェリーでクルージングをしてきたワカティプ湖、そしてミルフォード山脈の景色を眺めることが出来ます

20160111_14590320160111_14594620160111_150230

可愛くフレンドリーな動物たちと、広大な牧場、そして、周囲の自然豊かな景色を楽しむことが出来、大満足

このあと、軽く軽食を取り、クイーンズタウンへと戻るのですが、ツアーのお時間は、大体、3時間半〜4時間くらい
午前中の便と、午後の便があるので、半日でも楽しめるアクティビティです

ぜひ、クイーンズタウンを旅行予定の方、まだ、何をするか決まっていなかったら、マウントニコラス ファームエクスペリエンスはいかがですか

ニュージーランドの活火山ハイキングに挑戦しました♪

おはようございます、アユミです

ニュージーランドといえば、温泉や奇岩が造る自然美などがとっても有名な、火山の爆発によって出来た国
その自然を楽しむのに、ニュージーランド北島では、休火山であるオークランド沖のランギトト島や、タウランガのマウントマンガヌイでのハイキングが人気です

そして、多くの人が知っている北島の活火山、トンガリロ国立公園のルアペフ山では、トンガリロクロッシングという全長19.4kmのトレッキングコースが人気ですが、
北島にはもう1つ、ニュージーランドで最も大きな活火山、ベイオブプレンティにあるホワイトアイランドという島で、ハイキングが出来るということで、
クリスマス休暇を使って、チャレンジしてきましたその様子を、ご紹介いたします

オークランドから車で南へ約300km 3時間半ほどのところにある、ファカタニ(Whakatane)という街から、
ホワイトアイランドへのツアーが出ています



ファカタネの街の中心にオフィスのあるWhite Island Tours(PEEJAY)という会社が催行するツアーに参加してきました
受付で予約を確認した後、活火山をトレッキングするすこーしだけ危険なツアーなので、万が一のことがあったときのための注意事項が記載された、
リーフレットをしっかりと読んで、ツアー参加のための同意書にサインをして、出発です

20151226_07170720151226_07102620151226_072045

フェリーというか小さめの船に乗って、周りの景色を楽しみながらクルージングを楽しむこと約1時間30分
私はとっても楽しかったのですが、船の揺れに、ぐったり酔ってしまう人が多かったので、船酔いをしそうな方は、必ず乗船前に、酔い止めを飲んで頂くことと、お水を持って乗船することをオススメします

ホワイトアイランドが船の目前に迫ってくる頃、ツアーのスタッフより、ガスマスクとヘルメットが配られます
ここが、ホワイトアイランドのすごいところっ普通のハイキングだったら、ガスマスクやヘルメットなんて持っていかないですよね
今でも煙のあがる活火山、安全のために、ガスマスクとヘルメットを常に着用してハイキングをします

20151226_07563520151226_09075720151226_090941

ホワイトアイランドに近づくと、今乗ってきたフェリーでは、上陸できないので、モーターの付いた小さなゴムボートに乗って、少人数ずつ上陸します
これもまた新しい体験で、とっても迫力があって楽しいです

20151226_09223120151226_093510

ツアーガイドから、ハイキングの際の安全上の注意事項をしっかりと聞いて、ハイキング開始

20151226_09440020151226_094939

ごつごつとした岩肌や煙の上がる場所、硫黄のように黄色くなった場所など、その迫力はものすごく、今にも、どーーーんと爆発しそうな感じすらします

20151226_10232720151226_10070320151226_101056

昔はここに、硫黄工場があったそうですが、今では廃墟となっており、誰もここには住んでいない無人島となっています

20151226_10565020151226_10570420151226_105905

現在は、この島の数箇所にビデオカメラが設置されていて、常に火山の状況をモニターするようにしているそうです
そして、島のいたるところに、木やプラスティックで出来た棒がささっていて、今でも観測に使用されているそうです

ハイキングはおよそ1時間程度、アップダウンはあまりないので、お子様でも安心して参加できます

帰りのフェリーでは、ランチボックスが配られ、クルージングをしながらのランチと、運が良ければ、ドルフィンウォッチングをすることが出来ます

朝から約4時間程度の半日ツアー、午後の出発もあるので、朝オークランドを出発した場合でも参加できます
短い時間の間で、貴重な経験がたくさん出来る、ホワイトアイランドのハイキングツアーは、ニュージーランドの自然を楽しむのに、とーってもオススメです

ファカタネまでは、インターシティのバスも出ていますし、ツアー会社のオフィスは、宿泊施設もあるので、
どなたでも簡単に、旅行をすることが出来るかと思います

ホワイトアイランドのハイキングツアー、ぜひぜひ、参加してみてください

ホワイトアイランドハイキングツアーの詳細はこちら(英語のみ)
※予約等ご希望でしたら、ぜひぜひ、アユミまでご相談下さい!

いつも遠くから見ていた”ランギトト島”へ行って来ました♪

おはようございます、アユミです

オークランドのオーシャンビューといえば、必ず皆さんの目に入るとっても大きな存在『ランギトト島』
今まで、実は、行ったことがなかったのですが、先日、ハイキングをしに行ってきたので、その様子をご紹介します

その前に少し、ランギトト島のご紹介を
ニュージーランドの長い火山活動の中で、オークランド周辺の火山地帯の中では最も新しく最大の火山地帯であるランギトト島は、
世界的にも貴重で最大の広さを誇る、クリスマスの木として知られている『ポフツカワ』の森や、シダ植物が生い茂る山道など、
珍しい自然の景色をご覧いただける場所として、たくさんの人に親しまれています

オークランドからは、ワイヘキ島行きやデボンポート行のフェリーでも有名なフェリー会社『Fullers』が、
平日は1日に3本、週末や休日は1日に4本、ランギトト島行きのフェリーを運航しています

20151114_12371220151114_122124

オークランドの街を離れて、約25分程度、あっという間にランギトト島に到着します
フェリーを降りてすぐに、島の全体図があるので、その日のハイキングコースや大まかな道順をチェックして出発です
※ハイキングコースを歩き始めると、長くて1時間はお手洗いがないので、出発する前に、必ずお手洗いに行っておきましょう

20151114_13541420151114_162127

私たちは、フェリーターミナルから、島の中心を通って山頂まで登るメイントラック(1時間程度)を歩いたのですが、
シダ植物や、映画に出てきそうな不思議な形をした木々などがうっそうと茂った場所や、まだ新しい火山を感じさせる、
大きな岩や細かい石ころがゴロゴロとした道など、思った以上に険しく、高低差のあるコース

20151114_12583920151114_13031720151114_131347

山頂までの道のりは、周りの景色を楽しむ余裕がなく、もくもくとのぼり続けていたのですが、歩き続けること1時間、ようやく山頂へ到着
素敵な景色が待っていました綺麗なブルーの海と島々、そしてオークランドの街が見渡せます

20151114_14074420151114_14101420151114_154804

この日は、とってもお天気が良かったので、山頂の広場でピクニックマットを広げて、のんびり自然を楽しみました

オークランドからすぐにいける大自然を満喫できる場所として、ランギトト島のハイキングはとってもお勧めです

Island Wineで行くワイヘキ島ツアー  その2 〜フェリー⇒ワイヘキ島〜

Kia ora!
おはようございます、N横です

昨日のIsland Wineで行くワイヘキ島ツアー  その1 〜フェリー⇒ワイヘキ島〜から引き続き、ワイヘキ島ツアーの様子を紹介させて頂きます。

【 ワイヘキ島 フェリーターミナル 】

ワイヘキ島はフェリーターミナルの雰囲気から既に素敵です
waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


当ツアーでは、ベテランガイドのKさんがフェリーを降りたところでピックアップしてくれます
ツアーもKさんが当日の状況やお客様のリクエストに合わせ、色々と調整してくれます
私はクラフトビール(brewery)か、蒸留酒(distinctlly)が飲めるところをリクエストさせて頂き、他のお客様と調整してクラフトビールが飲めるところへ案内して頂けることになりました。

蒸留酒のレポートはあゆみさんの記事 こちら をご覧下さいませ。

最初の訪れ先はワイナリーの MUD BRICKでございます。

MUD BRICK
以下はMUD BRICKさんから頂きました、プロが撮影した素敵な写真でございます

waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


以下は私が撮影してきました写真でございます
(プロの写真とは比べないで下さいね
waiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICK



以下はテイスティング(有料)やお土産を買える場所です。
waiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICK


以下はテイスティング(有料)メニューです。
白ワイン5種コース$10
赤ワイン5種コース$15
アラカルト・プレミアム5種コース$20
アラカルト・スタンダード5種コース$10
waiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICK


個人的なお勧めはデザートワインの『Reserve Noble Riesling 2014 Marlborough』です
※白ワイン、もしくは、プレミアム5種の一番最後のワインです。

waiheke ワイヘキ MUDBRICK

とても美味しかったので購入させて頂きました
が、美味しすぎてその日の内に空となってしまいました

ワイン以外にも以下のハンドクリームや石鹸がお土産の品として人気の様でございます。
(とてもいい匂いがしますよ
waiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICK


来週も引き続き、ワイヘキ島の様子をお伝えさせて頂きます
(週末に記事を投稿させて頂く予定でございます。)

【私も参考にさせて頂いたアユミさんワイヘキ島体験談はこちら】
素敵なワイナリー、カフェのあるワイヘキ島のご紹介☆
ワイヘキ島1泊2日!ワインティスティングの旅♪〜その1〜

【予約はこちらからどうぞ
ワイヘキ島ツアー

それではまた

Island Wineで行くワイヘキ島ツアー  その1 〜フェリー⇒ワイヘキ島〜

Kia ora!
おはようございます、N横です

先日、Island Wine Ltdさんのワイヘキ島ツアーに参加させて頂きました

ワイヘキ島はとても魅力的な島で、沢山のワイナリー、アートショップ、ギャラリー、オリーブオイル、等々がございます。

私はお酒が大好きなので(弱いですけど)今回ツアーで訪れました、MUD BRICK(左) STONYRIDGE(右)は以前から訪れたいワイナリーでございました。
waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


幸いこの日はお天気にも恵まれましたので、撮ってきました写真を一挙大公開致します

【オークランド フェリー乗り場】
ワイヘキ島のツアーお手配を行う上で、皆様悩まれるのがフェリー乗り場でございます。

FULLERS社のフェリーチェックインカウンターはPier 2のチケット売り場でございます。
waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


この日は天気も良かったので、ワイヘキ島に旅行する人が多く、20分以上前から以下の様な行列が出来ておりましたw(゚ロ゚)w

waiheke ワイヘキ


いい席をキープしたい場合はご留意下さいませ。

フェリーの中は以下の様に3階立て構造でございます。
もちろん中にはトイレや売店(1階と2階の二つ)がございます。
waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


ワイヘキ島へ向かう途中では以下の様な景色がお楽しみ頂けます
(オークランド対岸のデポンポート、ランギトト島等)

waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


明日はワイヘキ島の様子をお伝えさせて頂きます

【私も参考にさせて頂いたアユミさんワイヘキ島体験談はこちら】
素敵なワイナリー、カフェのあるワイヘキ島のご紹介☆
ワイヘキ島1泊2日!ワインティスティングの旅♪〜その1〜

【予約はこちらからどうぞ
ワイヘキ島ツアー

それではまた

フェリーでワイヘキ島♪


こんにちは('▽'*)

昨日に引き続き投稿します、

インターンシップ生のももこです


先週の日曜日にフェリーでワイヘキ島へ行ってきました

ワイヘキ島はワイナリーで有名です

ついにニュージーランドでワインが飲める!とそわそわヾ(´ω`=´ω`)ノ


NZでフェリーに乗るのが初めてで、はしゃぐ私たち(=゚ω゚)人(゚ω゚=)
DSCN0030

オークランドの街が遠くなって行く

DSCN0033

思っていたよりもスピードが速いです
そして寒々しい空です。。。

C360_2015-08-30-11-25-12-325

島だ〜〜〜(とにかくはしゃぐ)


ワイヘキ島でランチを済ませ、お待ちかねのワインの試飲
DSC_0221


雰囲気があります!!



DSCN0046

10ドルで3種類のワインを試飲しました。本場のピノノワールも!


冬はワイナリーを行っているお店が少ないらしく、夏に行くのがオススメだと思います

また、ワイヘキ島にはお洒落なお土産屋さんが多かったです

素敵な休日を過ごす街 パインハーバーのご紹介♪

こんにちは、アユミです

先日、同じ会社で働いていた大好きなワイン好きのマダムのお宅に遊びに行ってきたのですが、
それがとーっても素敵な場所だったので、今日はそちらをご紹介したいと思います

オークランドからフェリーで約40分のところにある、Pine Harbour(パインハーバー)というところから、
さらに車で10分のところにあるMaraetai(マラエタイ)という街

オークランド フェリーターミナルからSEA LINKという会社が運営する小さめのフェリーに乗っていきます



パインハーバーのフェリーターミナルでは、毎週土曜日に、オーガニックマーケットが開催されています

野菜や果物、ジャムやドレッシング、チャツネ、お花や植物などなど、小さいマーケットの中に、たくさんのものが並んでいます
ここのマーケットでかった、ホームメイドのパンを買って、この日の朝食に

IMG_20150307_093255IMG_20150307_093648IMG_20150307_101449

朝食のあとは、お宅から歩いて5分ほどのところにある、マラエタイのビーチでゆっくりとお散歩を楽しみました

IMG_20150307_115304IMG_20150307_121748IMG_20150307_115909

オークランドの街とは、まーったく違う落ち着いた雰囲気とたくさんの自然に、
ニュージーランドの魅力を感じました

のんびりと過ごしたい休日に、フェリーに乗って、パインハーバー、マラエタイビーチへ行ってみてはいかがですか

ワイヘケ島行きのフェリーのご紹介♪

こんにちは、アユミです

先日、フェリーに乗って、オークランド周辺の人気観光スポットの一つワイヘケ島へ行ってきました

今日は、そのときに利用したFULLERS(フラーズ)というフェリー会社のご紹介と、
ワイヘケ島に行く際のフェリーの利用の仕方をご紹介したいと思います

FULLERS(フラーズ)は、オークランドのハーバーと、デポンポート、ワイヘケ島、ランギトト島などへの定期船、
またハーバークルーズツアーや、ワイヘケ島でのワイナリーツアーなど各種オプショナルツアーも行っている、
ニュージーランドでは、実績、信頼のある、とても大きな会社です
IMG_3935

 FULLERS(フラーズ)のハーバーセーリングのご案内はこちら

さて、このFULLERS(フラーズ)のフェリー乗り場の場所はといいますと、オークランドのメインストリート、
クイーンストリートの一番端にある素敵な英国調の建物の中に、フェリー乗り場があります
IMG_392695783d12IMG_3928

チケットを買う場合、もしくはJTBのバウチャーをお持ちの方は、バーコードの着いたチケットに変更するため、
こちらのチケットカウンターへ並ぶ必要があります
チケットカウンターは、乗り場1と乗り場2の横にそれぞれありますが、休日など混雑する場合もあるので、
フェリー出発時間のだいたい20分くらい前にはこちらに行くことをおススメします
IMG_3930IMG_3934IMG_3910

さて、チケットを入手しましたら、ワイヘケ島行きのフェリーは通常、乗り場2となりますので、
そちらへ行きましょうチケットを乗り場で見せて、バーコードをスキャンしてもらえばOKです

フラーズのフェリーの中には、軽食やお飲み物が購入できるキオスクもあります
IMG_3809IMG_3811IMG_3911

ワイヘケ島についたら、インフォメーションセンターで、地図や観光情報のパンフレットをもらって、
ワイヘケ島観光にいきましょう

ワイヘキ島ワイン・観光ツアー(日本語ガイド)のご案内はこちら

次回は、ワイヘケ島の観光についてご紹介します

素敵な港町オークランドを楽しむ〜Fullers 最新のフェリー情報〜

みなさま、こんにちはアユミです

オークランドは約3人に1人がヨットやボートを持っている『帆の街』と
いわれていて、近隣の島々への日帰りツアーもとても人気ですよね

そんなオークランドから、リゾートの島『ワイヘケ島』や『ランギトト島』への
ツアーを催行している【Fullers】という会社があります

今日は、そのFullersの最新フェリーのご紹介で、視察をしにいってきました

新しい船の名前は【Te Kotuku】

今までFullersの船をご利用になったことのあるお客様とスタッフの声を
まとめて作り上げたのがこの船だそうです。

座席数は300席。Fullersで所有している船でいうと中くらいのサイズになります

IMG_2174IMG_2168

船内はとても広々としているのですが、この船は座席数だけではなく、
テーブルの数がとても多く見られます。

軽食やお飲み物を購入できるカウンターも広々としており、
ただ乗っているだけのフェリーではなく、お食事やお飲み物を楽しみながら、
到着地までの船の旅をゆったりとお寛ぎ頂くという感じでした

IMG_2171IMG_2162


また、とくにお客様の声で多かったものの中で、
コンセントやネット環境、またバリアフリーとして車椅子のお客様も
安心してご乗船いただける様に、座席やテーブルの作りが考えられていました

この船でしたら、長時間の船の旅でも安心して、お楽しみ頂けそうですね


今日はとってもお天気がよかったので、『帆の街』オークランドを
楽しむにはぴったりの日でした

IMG_2181IMG_2198


ぜひ、皆様も、Fullers社のフェリーに乗って、『帆の街』オークランドを
楽しんで下さいね



プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ