タグ:フライト

皆さん、こんにちは

旅のスペシャリスト、JTBでは皆様へ最新の情報をもとに日本ご帰国便のご予約をご案内しております。
本日は日本ご帰国便情報のアップデートを下記にお知らせいたします。
コロナウイルスの影響により、引き続き多くの航空会社が特別編成スケジュールで
運航しており、ニュージーランド航空直行便サービス、他の航空会社経由便にて
日本へのご帰国は可能ですが、各社東京到着(成田・羽田)を基本としており、
各地へのご到着は大変厳しい状況です。

=現時点の運航状況と乗継条件等=

<直行便 到着地:成田>
ニュージーランド航空成田行き直行便は、2021年3月27日まで週1往復の運航。
オークランド発は毎週木曜日発、成田発は毎週土曜日発。
ただし、運航規定に満たない場合にはフライトキャンセルを予定。出発日の72時間前にNZ航空のウェブサイトにて運航状況確認が必要。
https://www.airnewzealand.jp/coming-flight-info


<シンガポール経由 到着地:成田・関空・福岡(11月より)>
乗り継ぎはSIAグループ(シンガポール航空、シルクエアー、スクート)間のみ、シンガポールにて乗り継ぎは48時間以内とする。
同一の航空券で、出発地にて搭乗券と荷物タグが到着地まで発券されていることが条件。
ニュージーランド発シンガポール行きの運航は現在は火曜、木曜、土曜。10月31日以降は火曜、水曜 木曜、土曜、
12月1日以降は火曜、水曜 木曜、金曜、土曜(現在12月末までのスケジュール発表、ただし、スケジュールは2週間毎に見直し)

*関西空港利用ご希望の場合は、シンガポールでの乗り継ぎ時間は10月末までは17.5時間〜21時間、11月以降は8時間〜が必要。空港内のトランジットホテル利用可能(有料、24時間まで滞在可)

*福岡空港利用ご希望の場合は、ニュージーランドを水曜発となり、シンガポールでの乗り継ぎ時間は11月・12月ともに約4時間〜。


<シドニー経由 到着地:羽田>
全日空は11月末まで週5便シドニー⇒羽田便を運航 (シドニー発月曜、木曜、金曜、土曜、日曜)
オークランド−、シドニー間はニュージーランド航空搭乗となります。(ただし現在シドニーへの搭乗制限をしてるため、予約が難しい状況、またシドニーでの乗り継ぎ時間は木曜以外は約10時間)
オーストラリア経由の場合、事前のトランジット申請が必要。8時間以上72時間以内のトランジットの場合以下(1)と(2)の申請が必要。
 (1)トランジットビザ
 (2)NSW州検疫免除

https://covid19.homeaffairs.gov.au/transiting-australia
https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Pages/quarantine-exemptions.aspx

<ソウル経由 到着地:成田>
乗り継ぎは24時間以内であれば可能。オークランドからソウル経由で成田へ到着。
大韓航空の運航は月2往復、オークランド発は10月13日(※)、10月27日、11月12日、11月26日、12月3日、12月17日の予定。
ニュージーランド航空も月1往復ソウル便を運航予定、オークランド発は10月16日、11月13日、12月4日、18日、1月22日、2月19日、3月19日の予定。
※10月13日発のみ、関西空港行きがございます。座席数が少なくなっておりますので、空席状況は随時お問い合わせ下さい。

<香港経由 到着地:成田>
同一の航空券で、出発地にて搭乗券と荷物タグが到着地まで発券されていることを条件として香港乗継が可能。
現在ニュージーランドからは、ニュージーランド航空香港行きが週3便運航。木曜発のみ香港乗継、成田到着が可能。

=その他のご案内=
*上記ご案内は日本国パスポートをお持ちの方を対象にしています。
*各空港、各航空会社、ご利用時はマスクの着用が義務付られています。
*日本到着後、各空港検疫検査官の指示に従うことが義務付られております。
*日本到着後、14日間自己隔離となります。そのため検疫検査官からのガイドラインに従う必要があります。
*検疫検査後空港を離れる許可を得ても、公共交通機関はご利用いただけません
*遠方への移動が必要で、かつ公共交通機関を除いての移動が困難な場合、到着地にて14日間自己隔離が必要となります。(自己負担)
*ニュージーランド到着後は14日間強制隔離となり、政府指示宿泊地にて隔離(有料) 10月5日より隔離施設割り当ての為のバウチャーの事前取得が必要。

上記情報は随時変更になる場合がありますので、各情報機関にてご確認下さい。

日本における新型コロナウイルス感染症に関する水際対策強化(新たな措置)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C069.html

COVID-19 - Advice for travellers
https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-information-specific-audiences/covid-19-advice-travellers

MIQ Governmentサイト
https://www.miq.govt.nz/travel-to-new-zealand/secure-your-place-in-managed-isolation/


上記情報は、各国状況のより随時変動いたしますのでご了承ください。
詳しいフライトスケジュールや料金に関しては、下記航空券担当までお気軽にお問い合わせください


◆お問い合わせ先
Email: akl.nz@jtbap.com
電話:09-303-2887(平日:9−16時まで)




皆さん、こんにちは

コロナウイルスの影響により、引き続き多くの航空会社が特別編成スケジュールで運航しております。
本日は日本ご帰国便情報のアップデートを下記にお知らせいたします。

旅のスペシャリスト、JTBでは皆様へ最新の情報をもとに日本ご帰国便のご予約をご案内しております。
ニュージーランド航空直行便サービス、他の航空会社経由便にて日本へのご帰国も可能です。
各社東京到着(成田・羽田)を基本としており、日本各地へのご到着は大変厳しい状況です。

=現時点の運航状況と乗継条件等=

<直行便 到着地:成田>
ニュージーランド航空成田行き直行便は、2021年3月27日まで週1往復の運航。
オークランド発は毎週木曜日発、成田発は毎週土曜日発となります。
※ただし、運航規定に満たない場合にはフライトキャンセルを予定。
出発日の72時間前にNZ航空のウェブサイトにて運航状況確認が必要となります。
https://www.airnewzealand.jp/coming-flight-info


<シンガポール経由 到着地:成田・関空>
乗り継ぎはSIAグループ(シンガポール航空、シルクエアー、スクート)間のみ、シンガポールにて乗り継ぎは48時間以内とする。
同一の航空券で、出発地にて搭乗券と荷物タグが到着地まで発券されていることが条件。
ニュージーランド発シンガポール行きの運航は現在は火曜、木曜、土曜。10月31日以降は火曜、水曜 木曜、土曜 (ただし、スケジュールは2週間毎に見直し)

*関西空港利用ご希望の場合は、シンガポールでの乗り継ぎ時間は10月末までは17.5時間〜21時間、11月以降は8時間〜が必要。空港内のトランジットホテル利用可能(有料、24時間まで滞在可)

<シドニー経由 到着地:羽田>
全日空は9月末まで、週3便シドニー、羽田間を運航。(シドニー発月曜、木曜、土曜)
オークランド−、シドニー間はニュージーランド航空搭乗となります。(ただし、シドニーでの乗り継ぎ時間は約10時間、また現在シドニーへの搭乗制限をしてるため、予約が難しい状況)
オーストラリア経由の場合、事前のトランジット申請が必要。8時間以上72時間以内のトランジットの場合以下(1)と(2)の申請が必要。
 (1)トランジットビザ
 (2)NSW州検疫免除

https://covid19.homeaffairs.gov.au/transiting-australia
https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Pages/quarantine-exemptions.aspx

<ソウル経由 到着地:成田>
乗り継ぎは24時間以内であれば可能。オークランドからソウル経由で成田へ到着。
大韓航空の運航は月2往復、オークランド発は9月15日、9月29日の予定。
ニュージーランド航空も月1往復ソウル便を運航予定、オークランド発は9月25日、10月16日、11月13日、12月4日、18日、1月22日、2月19日、3月19日の予定。

<香港経由 到着地:成田>
同一の航空券で、出発地にて搭乗券と荷物タグが到着地まで発券されていることを条件として香港乗継が可能。
現在ニュージーランドからは、ニュージーランド航空香港行きが週3便運航。木曜発のみ香港乗継、成田到着が可能。

=その他のご案内=
*上記ご案内は日本国パスポートをお持ちの方を対象にしています。
*各空港、各航空会社、ご利用時はマスクの着用が義務付られています。
*日本到着後、各空港検疫検査官の指示に従うことが義務付られております。
*日本到着後、14日間自己隔離となります。そのため検疫検査官からのガイドラインに従う必要があります。
*検疫検査後空港を離れる許可を得ても、公共交通機関はご利用いただけません
*遠方への移動が必要で、かつ公共交通機関を除いての移動が困難な場合、到着地にて14日間自己隔離が必要となります。(自己負担)
*ニュージーランド到着後は14日間強制隔離となり、政府指示宿泊地にて隔離となります。(有料)

上記情報は随時変更になる場合がありますので、各情報機関にてご確認下さい。

日本における新型コロナウイルス感染症に関する水際対策強化(新たな措置)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C069.html

COVID-19 - Advice for travellers
https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-information-specific-audiences/covid-19-advice-travellers

上記情報は、各国状況のより随時変動いたしますのでご了承ください。
詳しいフライトスケジュールや料金に関しては、下記航空券担当までお気軽にお問い合わせください

◆お問い合わせ先
Email: akl.nz@jtbap.com
電話:09-303-2887(平日:9−16時まで)

皆様おはようございます。

今朝は霧でオークランドの町中真っ白です。

通勤途中にあるニュージーランド最大のラグビー競技場、Eden Parkも、霧でほとんど見えません
20160504-01EdenPark

ちなみに、いつもならこのように見えます
前に写っているベビーカーをおしているKIWIの女性も物珍しいのか、同じ場所で霧で覆われたEden Parkの写真をとっていました。
20160504-02EdenPark


しかしながら、旅行業で働く私達にとっては一番気になる天気です。以前のブログでも取り上げられたとおり、「飛行機のスケジュールが乱れる」からです

今日の朝のニュースでも報じられておりますが、オークランド空港発着便に影響が出ている様子です。


この霧が一刻も早く晴れることを願いつつ、お客様への影響が最小限にとどまるよう、引き続き旅のサポートをさせていただきます

ちなみに、オークランド現地時間午前10時30分現在、「オークランド国際空港」のウェブサイトによりますと、オークランド空港の霧は晴れ、通常運行に戻りつつあるとのことです。
※最新のフライトの発着状況は「オークランド国際空港」のウェブサイトにてご確認頂けます。

こんにちは、アユミです

先日12月2日に、世界航空会社ランキング2015年版が発表され、
なんとなんとっニュージーランド航空が2014年に続き、第1位を獲得いたしましたっ
※ニュース元はこちら
39

このランキングは、毎年、航空会社の安全性とサービス内容を調査し、
それを評価したものをランキングにしたもので、今回ニュージーランド航空が選ばれた理由が、
ホビットをモデルにしたユニークな機内安全ビデオが話題となる
エコノミーのシートを3席分つなげてゆったりとくつろげるスカイカウチなどの、機内イノベーション
その他、安全運行やスタッフのモチベーション
が評価されての受賞となりました

ニュージーランドの玄関口、オークランドは、東京からの直行便もありますし、
これからさらに、たくさんの日本の旅行者の方が、ニュージーランド航空を利用して、
ニュージーランドに来られると思うと、本当にワクワクしますっ

そしてなんと先日、お仕事でニュージーランド航空さんへ訪問する機会がありまして、
新型の787-9型機ドリームライナーの中を見せて頂きました

エコノミーは、ゆったりの3列シート、そして、それをつなげて広々使える、
スカイカウチに座ってみました足を伸ばしても十分な幅と、
ご家族であれば小さなお子様と一緒でも充分な広さです
54IMG_2638

そして、フルフラットベッドになるビジネス・プレミアシートも体験
シートの背もたれを前に倒すとフルフラットになります。
そして、このシートマットは心地よい低反発性のマットを使用しているので、寝心地も抜群でした
IMG_2620IMG_2624IMG_2625

そしてそして、最後に、こちらも話題の電子カーテンを使った窓
通常の窓のサイズよりも大きめに作られているので、外からの光を取り入れやすく、また景色もさらに
お楽しみいただけるだけでなく、窓にシェードがないので、この窓の下についているボタンひとつで
窓の光を調整できるので、薄暗くしてお昼寝したい時もとっても便利
145257

と、いう感じで、飛行機が好きな方はもちろん、ニュージーランドへの長いフライトでも
安心して、ゆったりと空の旅を楽しんでいただくことが出来ますねっ

ニュージーランドへの旅行は、少し遠いから大丈夫かな、と心配していた方、
ニュージーランド航空でしたらもう大丈夫ですっ

ぜひ、ニュージーランド航空を利用して、ニュージーランド旅行を計画してみて下さいね

航空券のお見積もり、その他ご旅行のお問い合わせはこちらから

このページのトップヘ