素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ホビット

ウェタケーブに行ってきました♪

皆さんこんにちは、Mです

ウェリントンにある映画製作会社「ウェタ」に行ってきました。
ウェタワークショップは「ロードオブザリング」や「アバター」などの数々の映画の視覚効果を手がけているのです!
DSC_0429

ウェタワークショップの入り口やグッズが売っている店内にホビットのキャラクターがいました。
DSC_0424 DSC_0426 DSC_0422


今回は「ウェタワークショップツアー」に参加したので、まずはホビット村のような入り口でチェックイン!
チェックイン後は見学ツアーの前にウェタが手がけた映画の製作の舞台裏を紹介するショートフィルムを見ます
DSC_0427

見学ツアーでは映画作りに携わるスタッフが映画製作について細かく説明してくれます!
実際にヘルメットといったいくつかの作品を触ることもできます。重そうに見える作品も手にとって見ると意外と軽いことも・・・!
また、運が良ければ製作の様子を覗くこともできるようです
ツアー中は写真&ビデオ撮影は禁じられていますが、ツアーの最後で訪れるエリアのみ撮影可能です。
DSC_0431 

ウェタワークショップオリジナルの彫刻グッズも購入可能です
DSC_0432

ウェタワークショップはウェリントン中心部から離れているため、車が必要になってきます。
しかし!送迎付きツアーもあるので車がない方でもご参加頂けます
送迎付きウェタワークショップツアーのお申し込みはこちらから
行きて帰りし ウェタ・ワークショップツアー

ウェタワークショップツアーとサンダーバードARE GOツアーがセットになったプランもございます。
行きて帰りし ウェタ・ワークショップ&サンダーバード ARE GOツアー

★ウェタワークショップ


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

だ・・・・大丈夫!??・・・???

皆様 おはようございます。不定期参加Nです

先日は上の娘の誕生日でプレゼント何が良い?って話になってアニメオタクな中2女子をJTBニュージーランドオフィスのすぐ近くにある「そっち系」ショップ 「バガボンド」に連れて行きました

場所は



となります。

店内は

Img_4049[1]


そこそこ広く、ガンプラを初めとする日本系のおもちゃがそこそこあり、気分は1万分の1サイズのヨドバシ梅田の地下2階

Img_4050[1]


某自転車系漫画のキャラとか家の娘が日本に帰国時にソフトをお小遣いで購入して今やプロレベルで曲作りが出来る様になったボカロ「初音ミク」のグッズ等が購入出来ます

この店には「ホビット」とか「ロードオブザリングス」グッズのレアバージョンも沢山あり実はNもちょっとテンション上がる店なんですが、こなんなの見つけちゃいまして・・・

Img_4048[1]


ホビット公式のMADE IN NZ のハチミツ・・・・・・

ホントに〜〜〜?〜?〜?〜?

そんなの聞いた事無いですがガッツリとホビット村が描かれたハチミツが結構良いお値段で販売中です・・

許可ちゃんと取ってるのか心配なNでした・・





いざホビット村へ!

皆様、はじめまして
今回3週間、JTBオークランド支店で実習をさせていただいてる研修生のルルです
すでに2週間ほどオークランドで生活をしていますが、少しずつニュージーランドの魅力をお伝えしていきます

今回はオプショナルツアーで参加した『ホビット村』についてお話したいと思います
『ホビット村』とは、映画『ロード・オブ・ザリング』『ホビット』で活躍した村が映画そのままの世界で広がっている映画セットになりますファンの方必見です

ホビット村があるのはオークランドとロトルアの中間地点にあるマタマタ村の農場です
オークランドからバスに揺られ、途中牛や羊の群れに遭遇しながら約2時間半で到着
こちらに着くと、「ホビット村へようこそ」という看板が
思わずパシャリッ
IMG_1793

こちらはまだホビット村の手前で、カフェやお土産屋さん、トイレなどがありました
ここでの約20分程の自由時間を終え、いざホビット村へ

ガイドさんの案内で足を進めると、目の前にはホビット村が広がっており本当に映画の世界に迷い込んだかのようでした
IMG_1717

実は映画の内容をあまり覚えていなかった私ですが、来る方は必ず予習してからこられるとさらに楽しめること間違いなしそして日本語ガイドでツアーを予約したらよりGOOD(私は英語のみだったので説明はわからず

IMG_1807IMG_1804

こんな感じでホビットの大きなお家や小さなお家があり、写真も撮れます
右側の写真は唯一中に入れるお家で、ガイドさんが気前よく撮ってくださいました
ガイド付きでも写真を撮ったり自分で見て回れる時間はあるのでご安心を

煙突から煙が出たり、洗濯物が干してあったりとホビットたちが実際に生活しているかのようでした

IMG_1757

こちらのアーチ橋を抜けてグリーンドラゴンへ
映画の中ではホビットたちの社交場であったレストラン兼パブになっています
ツアー参加者は1ドリンク付で、ジンジャービールやアップルサイダー等をいただけます
(18歳以上の方のみ、パスポート提示で

そしてここからテントの中に入りビュッフェ式のお昼ご飯タイム
IMG_1771

盛り付け方が汚いのは御了承ください
パンやご飯、野菜やお肉、お魚とたくさんの料理やスイーツが並べられ、好きなものを取ることが出来ます
とても美味しくお腹いっぱいになりました

IMG_1772


ご飯のあとはお土産屋さんへ
映画にまつわるお土産がこちらで買うことが出来ます

ホビット村の見学は、ツアーのみなのでオプショナルツアーに参加して頂くと楽しむことができます

本当に素敵な場所でしたのでぜひニュージーランドへ旅行に行かれる方は、参考にして頂けると嬉しいです

以上、現場からルルがお伝えいたしました

絶対外さない観光スポット! 〜ホビット村〜

皆さま、はじめまして!Mです

先日参加したホビット村見学ツアーのご紹介です!
ホビット村に行くツアーは多数ありますが、今回紹介するツアーは一味違います!

CSC_0934


このツアーの魅力を簡単にまとめると・・・

…早くに出発するので15時過ぎにはオークランドに戻って来られる!

翌日朝早くから予定がある方、オークランドに早く戻ってきてゆっくりしたい方にぴったり!

⊂人数でツアーに参加するのでガイドさんの話を近くで聞ける!

気になる質問もその場で直接聞けます。そして写真を撮る時間もたっぷり!

ホビット村が混雑する前なので人が少ない!

せっかく写真を撮っても人ばかり写っている…ということがありません。

ぁ陦隠以のギフトカードがついてくる!

ホビット村内のお土産屋さんでお気に入りの一品をゲットするチャンス!


それではツアーの流れをご紹介します

朝はご宿泊ホテルまでの車で迎えにきます。
車内は3列シートになっていてとても綺麗でゆったりとしています
ドライバー兼ガイドさんが車を運転しながらニュージーランドの地名の由来などについてお話してくれます
DSC_0665


オークランドから車を走らせること約1時間半・・・
まずはGordonton(ゴードントン)で休憩を取ります
カフェの中は広々としていて、飲み物だけではなくマフィンなどの軽食もあります。
休憩時間は20分ちょっとなのでコーヒーをテイクアウェイして車内で飲むことをおすすめします!
DSC_0667


DSC_0668


ついにホビット村映画セットがあるMatamata(マタマタ)へ到着です!
ホビット村映画セットツアーのガイドさんと合流し、いよいよツアーに参加します
映画セットへと向かう途中、道路の真ん中で羊が寝ていました 
このように車が近づいても動く気配がありません
DSC_0682


見学中はガイドさんが映画の裏話やセットについて詳しく説明してくれます
一歩足を踏み入れると、映画ファンではない方でも写真を撮る手が止まらなくなってしまいます
たくさんの裏話を聞きましたが、ネタバレになってしまうので詳しい説明は控えますね
CSC_0945


畑にある野菜は実際に育てているそうです
CSC_1221


細部までこだわって作られた数々のセット
CSC_0946


本物そっくりなお菓子も
DSC_1165


上からホビット村を見るとこのとおり
CSC_0967
パーティーツリーは樹齢100年以上だそうです
DSC_0763






ひととおり見学が終わると、グリーンドラゴンで飲み物を無料で1杯いただけます
英国風エール、アップルサイダー、ジンジャービアーの中から選ぶことができます!
DSC_1209


飲み物を飲んで一息ついたあとはグリーンドラゴン亭の裏にある大テントでお待ちかねのバッフェランチの時間です
今回はわたしたちのグループが一番乗りだったので、並ぶことなくゆっくりと食事を楽しめました。

どれもおいしそうなものばかりで何を食べるか迷ってしまいます
DSCPDC_0001_BURST20180619111629415_COVER


DSC_0703


DSC_0704


デザートの種類も豊富です
DSC_0713


バッフェランチの会場はインテリアにも凝っていています
DSC_0702


ツアーもいよいよ終わりに近づいてきてしまいました
たくさん食べてお腹がいっぱいになったあとは、お土産屋さんへ
何を買おうか迷ってしまうくらいたくさんのお土産があります

お土産屋さんに立ち寄ったあとは車に戻り、オークランドへ向かいます
途中トイレ休憩でアイスクリームで有名なPokeno(ポケノ)へ立ち寄ります。
有名になったきっかけはこのボリュームの大きなアイスクリーム
DSC_0730


1スクープでも十分ボリュームがありますが、お腹に余裕がある方はぜひ12スクープをトライしてみてください


これからニュージーランドへの旅行を計画中の皆さま、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです!

お申し込みはこちらからホビット村見学ツアー(英語ガイド付)

まだまだ大人気のロードオブザリング&ホビット!ファン必見情報をご紹介します♪

こんにちは、アユミです

私、実は、ロードオブザリングが大好きなんです
皆さんもご存知のように、ロードオブザリングの舞台となった場所がたくさんあるニュージーランド、
第1作目が公開された2001年から、17年がたった今でも、その人気は衰えず、昨年から今年の年末年始は
一番人気といっても過言ではない、ロードオブザリングのロケ地【ホビット村】も、毎日予約でいっぱいで予約出来なくなっちゃうほどの人気ぶり

先々週末の日曜日から、ロードオブザリング三部作が、毎週1作ずつ、テレビで放送されていたみたいなのですが、テレビのない私の家では見れず、、、
最近、映画を家で見る時間もないので、ロードオブザリングからは遠く離れてしまっていたのですが、
今日指輪仲間の大先輩から、とってもほっこりする、ロードオブザリングネタを頂いたので、紹介しちゃいます

この写真、みなさん、どこだかわかりますか

IMG_3654

ロードオブザリング ファンならきっとわかるそうです、滅びの山の撮影地となった、世界遺産トンガリロ国立公園内にあるナウルホエ山
この周辺でもたくさんのロードオブザリングの中のシーンが撮影され、その際に、映画のクルーや出演者たちが宿泊した場所が、トンガリロの周辺にあるのです

そのホテルというのが、Powderhorn Chateauという木造りのホテル

IMG_5304

木のぬくもりが感じられるカントリー調のカラーと、少しレトロな雰囲気の内装は、自然に触れ合ったあとの滞在を、よりのんびりとさせてくれる場所のような気がします

IMG_5301IMG_5302

季節を問わず、トンガリロでのハイキング、トレッキングのお客様や、スキー客で賑わうこのホテルには、
あの、アラゴルン役のヴィゴ・モーテンセンが泊まったお部屋があるんだそうです※アラゴルン?誰?という人はググってください(笑)メインキャラクターです!

指輪の大先輩、アラゴルン好きすぎて、ここのお部屋指定で泊まってきたそうで、写真をいただいちゃいました

お部屋番号は、、、、

BlogPaint

ここでは教えられませんww
ファンの方々が殺到してしまうといけませんからね
知りたい人はお問い合わせ下さい、こっそり教えます

お部屋はいたって普通のシンプルなつくり

IMG_5257IMG_5252IMG_5251

バスタブのあるバスルームアラゴルンもここで体を休めたのでしょうかね

IMG_5253IMG_5255IMG_5254

その他、ホテル内には、素敵な雰囲気のレストランと、地下にプールがあるんだそうです

詳細をチェックしたい方はこちらからhttp://www.powderhorn.co.nz/

私も、今年もし北島でスキーとか、ハイキングとかいく予定があれば、ぜひいきたいなと思っているのですが、
ここ、ロードオブザリングファンじゃなくても、オススメだそうです

ぜひ、興味がある方は、予約していってみてくださいっ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロードオブザリングファン必見!ニュージーランドのロードオブザリング撮影地を巡る旅行プラン登場♪

こんにちは、アユミです
ブログをご覧いただいている皆さん、お久しぶりでございますはい、元気です

師匠Nさんの1週間にわたる情報モリモリで、とーーっても楽しそうなタウポ旅行ブログを毎日ひそひそと見ておりました
やっぱり、機会があったら、いろいろなところに行ってみて、自分で素敵なニュージーランドを感じてみて、それを伝えるって、これもまた素敵なことですね
私もそろそろどこかへ、旅行に行きたーーーーーいと思っているところですが、次の連休までは我慢です妄想で我慢です

さてさて、私、ニュージーランドに来る前から、ロードオブザリングの大大大ファンでして、もう何回と映画を見て、
ホビット村にも何回行き、そして、非売品のビルボの羽ペンまで机に飾ってあるのですが、そんな私にとって、夢の旅行プランを作っちゃいました

ニュージーランドのロードオブザリング撮影地を巡る!南北7泊8日&10泊11日パッケージプラン
このブログを見てくださっている方の中で、私と同じくビッグファンの方がいたら、是非是非見て頂きたいと思ったので、紹介します

スケジュールはこんな感じ

【1日目】
オークランド空港 到着
到着後フリー

【2日目】
ホビット村ロケ地ツアー(日本語ガイド付)1日ツアーへご参加
ホビットのおうちや、ホビットが集まる酒場 グリーンドラゴン亭、ビルボの111歳のお誕生日会をしたパーティツリー広場などを見学します。

195100

【3日目】
オークランドから長距離鉄道ノーザンエクスプローラーで、ニュージーランドの壮大な景色を楽しみながら、映画の街ウェリントンまで移動

【4日目】
映画の街、そして撮影に使われた道具の製作所があるウェリントンで、ロード・オブ・ザ・リング ロケ地観光ツアー(ウェリントン)に参加

・マウントビクトリア(シャイアの外に出たホビット4人が森を歩くシーン)
・ウェタワークショップ見学
・昼食(オークサイズのピクニックランチ)
・ハットリバー(ホビットとその仲間が船で川を進むシーン)
・ハーコートパーク(アイゼンガードの庭、オークが木を倒すシーン)
・カイトケ リージョナル パーク(エルフの街 リビンデールの撮影場所)
・その他、ミナステレスやヘルムズ・ディープの撮影場所も見学します。



【5日目】
ウェリントンからクライストチャーチへ、飛行機で移動致します
終日フリー

【6日目】
ロードオブザリング撮影地 エドラスの丘ツアー(クライストチャーチ)へご参加

・エキサイティングな4DWでの冒険ツアー
・エドラスの丘の頂上からの360度見渡す景色
・エドラスの丘の映画の撮影現場は、このツアーだけで見ることの出来るもの
・ミスティ山脈とヘルムズ・ディープの背景を形成した地域を見学
・地元のキウィガイドからの面白い解説付き
・アラゴルンの剣、テオドンの剣、ギムリの斧、ロハンの旗などの映画のレプリカに触れる
映画のスタッフや俳優達が体験した、素晴らしい場所を皆さんの目で確かめて下さい!



【7日目】
クライストチャーチからオークランド経由で、日本へ帰国

そして、10泊11日のプランは、さらにさらに

【7日目】
グレートサイツ観光バスをご利用頂き、クライストチャーチからクイーンズタウンへご出発
※バスは、日本語ガイド付の観光バスで、テカポ、マウントクックを経由します。

【8日目】
ノマッズサファリのサファリオブザシーン グレノーキーツアーへご参加
・ミスティーマウンテンの撮影場所
・アイゼンガードの撮影場所
・アモンヘンでの戦いのシーン
・エルフの森、ロスロリアンの森
・大きな象に乗った敵との戦いのシーン 
・ロハンの難民が移動するシーン
などなど、撮影地としてでなくても美しいニュージーランドの自然を見ることが出来ます

ほぼほぼ毎日ロードオブザリングの世界に浸ることが出来る、ファンにはたまらない夢のような旅行プラン

旅行代金は、8日間で1人NZ$1685〜、11日間で1人NZ$2180〜と、長期間旅行にしては、比較的、手が届く料金です
※国際線および一部国内線航空券は含まれません。

ニュージーランドに、ロードオブザリングの世界を体験しに来たいっという人は、まず、一度、問い合わせしてみてください

お問い合わせ、お申込はこちらから

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ウェリントンの人気観光スポット!WETA WORKSHOPの人とお会いしました♪

こんにちは、アユミです

今日は朝から雨のお天気で、どんよりと会社に出社したのですが、そ〜んな気持ちもどこへやら、とってもとっても気分の上がる出来ことがありました

私、社内ではわりと知られているほどの、映画「ロードオブザリング」&「ホビット」ファンで、もう何十回と映画も見て、
セリフもところどころ覚えてしまって、そして、デスクには、こんなものも飾ってあるほど、大好きこれ、レアなもので、ニュージーランド航空さんに頂いた特別な羽ペン
ロードオブザリング、ホビットシリーズで、主人公のビルボ・バギンスが大きな本に、この物語を書き記した際に使用した、羽ペンとインクをモデルにした非売品のグッズですっ

82710e4f418a6f37

さてさて、今日はなんで、そんなにテンションが上がってしまったかといいますと、大好きな映画「ロードオブザリング」&「ホビット」を製作した
WETA WORKSHOPの方が、これまた、大好きなウェリントン観光WETA WORKSHOPがやっている製作舞台裏やロケ地巡りなどのツアー
紹介をしに、オフィスに来てくださったからなのですっ

BlogPaint

WETA WORKSHOPでは、ロードオブザリングやホビット、古い映画になりますが、キングコングやサンダーバードなどの製作現場やロケ地を巡る、
とっても面白そうなツアーを行っていて、その中には、実際のロケ地や製作されたものを見ることが出来るツアーもあるのです
映画ファンの方だけでなく、映像や音響に携わる方、そういったものに興味のある方、勉強をしている方には、とってもとってもおすすめのツアーばかり

そして、今回、なんとなんと、ちょっと絵が気持ち悪いのですが、実際に映画で使われた、ドワーフの腕を持ってきてくださいました
シリコンで出来たドワーフの腕の肘から下の部分は、触った感触も人の肌のようで、見た目の質感なども、本物そっくりっ
そして、小さな金属の輪をつなげて作られた、戦闘服のモデル、実際はとても重たいものなのですが、撮影の際に、重たい鎖の服を着ては演じるのにも大変っ、ということで、
見た目は重そうな金属だけれども、とってもとっても軽い材料でつくった鎖の一部も持ってくださいました

DSC_0200DSC_0197DSC_0204

映画を知っているだけに、とってもとっても興味深く、しかも実際に使われていたということで大興奮
私は、1度だけ、WETA WORKSHOPに行ったことがあるのですが、またぜひ、訪れてみたいなと思いました

WETA WORKSHOPはここっ

映画の中の世界へ!ホビット村ツアーのご紹介♪

Kia Ora
おはようございます、N横です

_IB15795

本日は世界中で大人気ホビット村ツアーをご紹介させて頂きます。

こちらは映画【ロードオブザリング】3部作、【ホビット】3部作で使われたホビット村のロケ地を実際に訪れ、ホビット体験をすることが出来ます。

ホビット村マップ


フロドとビルボの住むビルボ邸をはじめ、ホビットの穴や居酒屋グリーンドラゴン、風車やパーティーツリー等をガイド付きで詳しい説明を聞きながら見学できます。

IMG_4129IMG_4131IMG_4135IMG_4141IMG_4147IMG_4157IMG_4171IMG_4173IMG_4174IMG_4183IMG_4184IMG_4189IMG_4194IMG_4197IMG_4217IMG_4224IMG_4234IMG_4238IMG_4256IMG_4266IMG_4268IMG_4270IMG_4318IMG_4327IMG_4333
※クリックして頂くと大きなサイズでご覧頂けます。

広大なホビット村の中にいると、まさに映画の中にいる様な気分になれますよ。

弊社ではオークランド発、ロトルア発の各種ツアーを取り揃えておりますので、興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

<< オークランド発着 ワイトモにも行く盛り沢山ツアー >>

<< オークランド発着 日本人ガイド&ドライバーと行くホビットツアー >>

<< ロトルア発着 日本人ガイド&ドライバーと行くホビットツアー >>


また、こちらのホビット村ツアーには夜の部もあり、こちらでは豪華なディナーをグリーンドラゴン内で頂くことが可能ですのでおススメです♪
Green Dragon Banquet Close UpGreen Dragon7271_ copy_ copy 2_tonemapped


上記は宣伝用のお写真ですが、実際にも下記の様に素敵なディナーが味わえます。
IMG_4390IMG_4375IMG_4386IMG_4389

その後ライトアップされたホビット村を訪れることも出来ます。

IMG_4423IMG_4422


こちらのナイトディナーツアーも弊社で取り扱っておりますので、興味のある方は是非チェックしてみて下さい。

<< オークランド発着 ホビット・ナイト&ディナーツアー >>

それではまた


N一家の2泊3日家族旅行 ー 初日 ホビトン編

皆様 おはようございます。Nでございます

やっと冬が終わったと思ったら今度はいきなり桜が満開なニュージーランドは現在春休み。
学生が居ないので朝の通勤列車はガラッガラ

そんな中一念発起してロトルア〜ハミルトンに2泊3日で家族旅行に行って参りましたので体験レポートを兼ねて皆様にご報告です

初日は自宅を朝の9時半に出発し最初の目的地マタマタです。
マタマタと言えば・・・そう、ロードオブザリングスとホビットが撮影されたロケ地です

お昼前に到着しましたら・・

Dsc03633


真っ青なニュージーランドらしい空の下には同じ事を考える家族連れで一杯

子供達には前日おさらいとしてガッツリ映画を見せましたので昨日映画のシーンで映ってた風景が目の前に広がり子供達も大はしゃぎ

ツアーではホビットの住む家の中からの写真を撮って貰ったり(お!遂にNの顔が・・・
Dsc03642


ロードオブザリングスの庭師「サム」の家の前で写真を撮ったり
Dsc03652


主人公「ビルボ」の家で記念撮影が可能です
Dsc03644


ツアー後半は・・・・・・
Dsc03656


グリーンドラゴンと言う建物で何と映画の中で出演者達が飲んでるビール(又はジンジャーエール)が1杯サービスされます

Dsc03657


中はホビット1作目の旅の始まりの前夜、お皿が飛び交うビルボの食卓をイメージした作りで気分はホビット気分!
フアンの方ならここに住みたいと思うはず(実際そういうお客様が年に数人いらっしゃるそうです・・

そして約2時間のツアーの終わりにはお決まりのお土産屋さん

以前にも書きましたが私は熱帯魚を飼ってまして、水槽の中をホビットテーマにしたいと思ってますが、ここで売ってる「ホビトンの村の模型」
Dsc03625-2

が欲しくってたまりませんでしたが・・・これを水槽に入れるのはちょっと高価過ぎたので・・諦めました

でもその他ちょっとお手頃価格の
Dsc03626


単品の家もありますのでお土産には最適です!
水槽をお持ちの方、これに実際にコケを生えさせるホビットテーマはカッコいいですよ〜!


こちらのツアーへのご参加は こちらからお申し込み頂けます!

この日はツアー参加後そのままロトルアに移動となり終了です。
明日はロトルア編のご紹介ですので乞うご期待!

日本で買える!!

おはようございます。Nです

昨日入った情報をご報告です

ニュージーランドが誇る映画「ホビット」「指輪物語(ロードオブザリングス)」のイベントが日本の秋葉原で開催中だそうです

weta


当日はニュージーランドの会社「WETA CAVE SHOP」の出店があってオフィシャルグッズの購入も!!

場所はコトブキヤ秋葉原館5階 イベントスペースとなっておりますので近郊の方は是非行って見てください!
(大阪の日本橋も計画中との事!)

詳細はコトブキヤさんのオフィシャルサイトにてご確認下さい!

余談ですが・・・

私は60センチサイズの水槽でグッピーを飼っておりますが、水槽内のテーマを「ホビトン」にしようと思って日々グッズを買い漁ってます・・

日本のアクアリストの方、是非如何ですか!? スーパーマリオのテーマとか色んな水槽をネットで見かけますが「ホビット」のテーマは良いですよ〜 WETA CAVEの製品は生体にも安全ですのでオススメです!

準備が出来ましたら皆様に報告致しますね!
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ