素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

マオリ文化

ネーピア旅行番外編♪第4段 帰りに温泉&マオリ文化と自然鑑賞編

こんにちは、アユミです

先週のブログに引き続きまして、も〜1ヶ所オススメしたい場所がありましたので、ご紹介しますね

ネーピアからの帰り道、行きと同じように、タウポを経由して帰ったのですが、長旅の疲れもあって、ちょっと温泉にでも入ってゆっくりしていこうっ
ということになって、タウポ湖の近くにある、温泉リゾート『ワイラケイテラス(Wairakei Terrace)』という場所へ行ってきました

温泉で有名なロトルアにも負けないくらい、広い温泉施設は、間欠泉から湧き出た天然のお湯の流れ込む先が、温浴プールとなっているので、お湯の室はばつぐん

20170416_12334320170416_12251520170416_122555

ほんのり白く濁ったお湯は、太陽の光で、ミルキーブルーにもみえます

20170416_122730

お湯の熱さも、湧きでている場所に近いほど熱くなるので、遠い場所を選べば、のんびりゆったりと長い時間つかることも出来ます

そして、温泉だけでなく、この間欠泉をもっと近くでご覧頂ける、テラス ウォークウェイというオプションもあります
間欠泉の近くまでいって、沸いている箇所を見られるだけでなく、その奥にある、マオリ族の人たちが実際にすんでいた村を見ることも出来ます
村の入口の門や、住居、そして、作物を作っていた畑や、池、そして、小さな船など、そのときの雰囲気をそのままに置いてあります

20170416_12412020170416_12434120170416_124529

ウォークウェイは、だいたい30分くらいで、見て周ることが出来るので、温泉に入る前に、ぐるっと回ってみてから、温泉を楽しむのもありっ

実は、ここ、ニュージーランドのクーポンサイトで、割引券が販売されているので、温泉が12ドル、ウォークウェイが7ドルで入ることが出来ます

ぜひぜひ、インターネットでチェックしてみて下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランドはニューイヤーをお祝い中♪マオリの新年”マタリキ”

おはようございます、アユミです

日本と真逆の季節のニュージーランドは、6月下旬頃には冬至を過ぎて、これから次第に日が長くなっていくのですが、
まだまだ朝晩は冷え込むことが多く、オークランドの今朝の気温は10度ほど
これからニュージーランドにご旅行をされる方も、まだ冬支度でお越しくださいね

さて、そんな季節のニュージーランドですが、今、”マタリキ”というフェスティバルが各地で行われています

”マタリキ”とは、ニュージーランドの先住民マオリのニューイヤーのこと

そして、その名前の由来は、この冬の空に輝くおうし座のプレデアス星団のマオリ名で、
日本では”昴”とよばれるこの星が、ニュージーランドの冬 6月頃、夜明けの北東の空に昇ったのを
新年のスタートの合図としたといわれています

NASA Matariki 2012 small_0

マオリ族ははるか昔、大陸を移動する際、星の位置をみながら自分の位置を知り、
遠い道のりを移動したといわれているほど、マオリ族と星とは深いつながりをもっているんですね

mitai-waka-1

マタリキを迎えるこの時期は、冬の時期にあたるため、収穫などのひとつの大きな仕事を終えたマオリの人々が、
家族や友人たちとゆったりとした時間を過ごし、美味しいご馳走や歌、踊りなどで、翌年の豊作をまた祈願するそうです

現在では、通常6月中旬から7月中旬まで、約1ヶ月間をマタリキ・フェスティバルとし、さまざまなイベントが開催されます

 オークランド・マタリキ・フェスティバル 2015年6月20日(土)〜7月19日(日)

7月11日(土)は、オークランド フェリーターミナルのCloudという催事場で、
 【2ディグリーズ・カパハカ・スーパー12】 というフェスティバルが朝9時〜17時まで開催されます
12チームが参加するパフォーマンス大会やマオリの工芸品が並ぶマーケットが開催されるそうです

皆さんも一緒に、マオリのニューイヤーをお祝いしましょう

ニュージーランド 神秘の泉【ププ・スプリングス】のご紹介♪

おはようございます、アユミです

ネルソン・エイベルタスマン旅行の最後の見どころ
今日は、神秘の泉『ププ・スプリングス』をご紹介します

本来の名称は『Te Waikoropupū Springs(テ ワイコロププ スプリングス)』といいます
すごい名前ですね”Spring”とは、日本語でいう”湧き水”や”泉”という意味があります

ここ、ププ・スプリングスは、ニュージーランドで最大の淡水の泉で、かつ南半球で最大の冷水の泉

毎秒14,000リットルの水が湧いているのも、ニュージーランド最大であり、
その透明度に関しても特に高く、調査の結果、63メートルもの深さまで見ることが出来るそうです

P6014137>P6014130

地元のマオリ民族にとって、ププ・スプリングスは宝であり、文化的そして精神的な意味を持つ場所とされています

そのため、水質を保護するために、また文化的価値観を尊重するために、
釣り、水泳、ダイビング、​​水遊び、ボート、飲料水への利用などの接触のすべてを禁じているそうです

泉までは、駐車場から遊歩道を歩いて約15分ほどで着くのですが、そこへ行くまでの道も、
たくさんの木々や花などの植物、ファンテールなどの野鳥を楽しみながら、軽いウォーキングをすることが出来ます

IMG_5003IMG_5006IMG_5004

ニュージーランドで一番透明度の高い神秘的な泉『ププ・スプリングス』、ぜひ足を運んでみて下さいね

ププ・スプリングスの場所はこちら
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ