素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

マリタイムミュージアム

マリタイムミュージアム(海洋博物館)に行ってきました!

皆様おはようございます
先日、オークランドの中心部にあるマリタイムミュージアムのツアーに参加してきました。

ここではニュージーランドでの航海にまつわる大小の船、工芸品からデジタルコンテンツまで展示されており、
様々な展示品を楽しみながら、ニュージーランドの始まりから現代のマリンスポーツでの成功まで、この国の海洋の豊かな歴史をうかがい知ることができるようになっています

この中から、子供から大人まで楽しめる3つのデジタルコンテンツをご紹介したいと思います

1.CGアニメーション"Te Waka"


館内に入りますと、まずシアターに案内され、このアニメーションが上映されます
ニュージーランドの最初の移民といわれるポリネシア人たちがどのように大海を越え、ニュージーランドにたどり着いたかを描いています。
アニメーションで内容もわかりやすく、子供から大人まで楽しめます

Te Waka-Our great journey


2.タッチパネル式3Dゲーム"Design a Yacht"


上下二つのディスプレイを見ながら行う、ヨットをデザインするゲーム(シミュレーター)です。
IMG_8763

下にあるのは、操作用タッチパネルで、映し出されたヨットの設計図を見ながら、各パーツの大きさをタッチして好きな形にデザインできます。
上のディスプレイでは、デザインされたヨットがリアルタイムにどう動くかをシミュレーション表示します
指でタッチした結果がリアルに表示されるので、デザインの良し悪しが直観的にわかります。
タブレット慣れした子供たちもすぐ夢中になりそうです。

ヨットのキール(船底の下に突き出た部分)をあまりに極端な形にすると
dy01

とほほな結果に・・・
dy02


3.マルチユーザ参加可能なゲーム"Teamwork Challenge"


国際ヨットレース"America's Cup"で、1995年に完全勝利した伝説のレーシングヨット"NZL32(Black Magic)"を操作して、"Windward Mark"(風上側マーク)を目指すゲームです。
このゲーム用テーブル画面の端には、6人の乗組員用のポジション(コントローラー)があり、戦術家、操舵手、帆の調整担当、帆の巻取担当に分かれてヨットを操作するようになってます。まさにチームワークが試されます。

詳しいルールはわからなくても、結構楽しめました
Teamwork Challenge
このお父さんと息子さんも叫び声をあげながらかなり熱く  なってましたよ
Teamwork Challenge


ちなみに展示中のNZL32はこちら
NZL32(Black Magic) NZL32(Black Magic)
※全体像はこちら(画像元: Maritime Museum)

また、小さいお子様にはこんなスペースもありますので、お母さんも安心です
IMG_8788

今回は残念ながら雨のため館内のみの見学でしたが、ご紹介しなかった移民船やそれにまつわるストーリー(以下画像)、各種船の展示などを含め、意外と楽しみながら過ごすことが出来ました。
IMG_8747 IMG_8742

また、ここ海洋博物館で人気のある"Ted Ashby"(テッド・アシュビー号、以下画像)で行くセーリングツアー(約1時間)は、月曜日を除き毎日2回行われています。
Ted Ashby(テッド・アシュビー号)


なお、今回ご紹介しました海洋博物館の見学とセーリングが一緒になったツアーは、弊社現地ウェブサイト:海洋博物館&ハーバーセーリングにてご案内しております
ご興味のおありの方は、ぜひぜひチェックしてみてください

帆の街☆オークランドでハーバークルーズを体験しよう♪

こんにちは、アユミです

昨日、オークランドの海洋博物館(the Maritime Museum)に行ってきました
海洋博物館は、オークランド市内中心部のバイアダクトハーバー(Viaduct Harbour)というところにあります

バイアダクトハーバーには、たくさんのクルーズ船やヨットなどが停泊していて、
帆の街〜オークランド〜を体感することが出来るはずです

こちらは海洋博物館の方に見せて頂いた船で、手前に停泊しているのが12人乗り、
そして奥に停泊しているのが40人乗りの船になります
IMG_2491IMG_2490

今回は、【Ted Ashby(テッド アシュビィ)】という、セーリングの船を見せて頂きました
DSCN4697_mdIMG_2509IMG_2510

Ted Ashby(テッド アシュビィ)はハーバークルーズで使われる船で、約40人のお客様を乗せられるそうです
船には、帆を張る大きな柱やゆったりと座ってクルージングが出来るベンチがあり、
また万が一のときのために、トイレも設置されていました

クルージングは、バイアダクトハーバーを出発してから約1時間ほど、
ハーバーブリッジの下を通り、またバイアダクトハーバーに戻ってきます

クルージングってちょっとお値段が高いのかなっていうイメージがありましたが、
海洋博物館では、このハーバークルーズと博物館の入場券をご用意しており、
とてもお手頃な値段で、ハーバークルーズをお楽しみ頂くことができます

オークランドに来たからには、皆さまにオークランドのハーバークルーズをぜひ体験して頂きたいと思い、
ご紹介させていただきました

海洋博物館&ハーバークルーズ
●大人1名様 29ドル 子供1名様 14.5ドル
●火曜日〜金曜日:11時30分〜、13時30分〜 土曜日、日曜日:12時〜、14時〜
※海洋博物館はクリスマス以外毎日営業しております。
お申し込み・お問い合わせはこちらから

プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ