素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

ラフティング

最後の締めはラフティング!

皆さまおはようございます。オリジナルNです


本日を最終話とさせて頂き、又あゆみさんにバトンタッチしますのでもうちょっとお付き合い下さい

トラウトセンターを13時半に出て18時20分の飛行機に乗ってオークランドに戻らないといけなかったんですが・・タウポ観光局の方がNだけにアクティビティをご用意して頂いてました
(他の2名は又別行動)

Nだけにアレンジ頂いたタウポ体験・・それはラフティング3時間コース

正直この寒空にラフティング?と言う印象はありましたがやってみましたらコレマタ楽しい体験でしたのでご紹介

この日Maggieさんはその他2名に同行した為、ホテルには同じくタウポ観光局からCaseyさんと言う男前のお兄さんがお迎えに来てくれましたが、案内してくれるだけかと思いきやCaseyさんも「え?一緒にやるよ」との事で1日運転してくれた上私と一緒にラフティング3時間参加頂きました(感謝

Caseyさんと軽く地元で超おススメと言う手作りのパイを軽く食べて(超美味しかった)ラフティングのオフィスへ。

Img_1742


中に入ると今回一緒にボートに乗る参加者の自己紹介。今回は「視察」と言う事で新人ガイドさん(?)が2名とこれまたオーストラリア来られた男性1名(同じく視察かな・・・・)の計6名でのチームで出発しました。

まずはタブレットで名前やメアドを登録、最後に署名をします。
Img_1744


入力が終わりましたらロッカーエリアでウエットスーツ、ブーツ、ヘルメットや更にフリースを着込んで準備します。(結構重装備

ここで「1番嬉しかった事」。

それはこのアクティビティーは「GoProフレンドリーです!お持ちのカメラは遠慮なくヘルメットに付けて参加下さい!」との事公式サイトにも大きく記載されてます。

これ・・・私は本当にうれしいです。 ここ最近スカイタワーの上歩いたり色んな事にチャレンジしますが撮影一切ダメ、カメラ持参も絶対ダメ(金属探知機で体中チェックされる)が多いので思いっきり動画撮影してそのままネットにドンドンUP可能なアクティビティは本当嬉しいです。

今の時代「自撮り」「セルフィー」なんて言葉があるので皆撮りたいですよね〜GoProカメラの保有率もグングン上がってますし

(JTBの公式サイトでも「撮影出来ます」「撮影禁止です」のマーク要りますね・・検討します

さて話は逸れましたが・・ 全員装備が整いましたら本日のスキッパーさんが自己紹介
Img_1745

(ロン毛の如何にも「アウトドア派」なお兄さん!命任せた

ここからボートをけん引しつつ車で川まで移動、駐車場からは全員でボートを下ろします。
IMG_0003


さてここから先はN自慢のカメラで動画行っちゃおうかな〜〜

大人の事情でYOUTUBEにアップの際に「自動顔判別モザイク」と言う機能を使ったのですが、タマに川の一部とか全体にモザイク掛かるので(ちょっと怖い)お見苦しい箇所ありますがご容赦下さい (そこに顔があったんでしょうか・・



ラフティング中は途中休憩してホットチョコレートタイムとかおやつの時間があり、実際に川の中には約2時間居ます。これがあっと言う間。

私はこれまでオーストラリアとか色んな所でラフティングした事ありますが、こんなに息つく暇無く2時間出来る川は本当に初めて

流れの激しい「ラピッド」の箇所が30秒おきにあるので本当にGoProを止めるチャンスが無いイメージです。

クライマックスの場所ではちゃんとカメラマン(と言ってもここまで連れてきて頂いたドライバーさん)が凄いカメラで撮影してくれます
IMG_0018


川から上がって全員で記念撮影!
IMG_0036

(やはり大人の事情で全員モザイク入れました・・!)

車は一旦オフィスに戻りバスタオルを取って、そのまま別の場所に移動して「温泉」で体を温めます
(すみません そこの写真は撮れませんでした・・公衆浴場ですしね!)

体ホッコホコの状態で又オフィスに戻りますと今度は
Img_1748


アッツアツのトマトスープとトーストが・・・(私たちが温泉行ってる間に作ってくれたらしいです・・感動!

体の芯まで温まり、又Caseyさんが運転する車でタウポ空港まで送って頂き無事(かなり余裕有)で飛行機に乗ってオークランドに戻って参りました。

今回私が参加させて頂いたラフティングはグレード「3」。
そこそこ激流有のレベルですが、3歳から参加出来るグレード1(激流無し)等もアレンジ頂けますので本当におススメ!

本当に楽しんだタウポ3日間のご報告は以上 

これからも色んな事にチャレンジしますので又不定期参加しますね! ではあゆみさん 明日から宜しく〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

THLのワイトモツアーに参加してきました(その3: ワイトモ鍾乳洞・土ボタル編)

みなさま こんにちは


先週の『THLのワイトモツアーに参加してきました「レストラン編」』に引き続き、本日は「ワイトモ鍾乳洞・土ボタルツアー」編です


2016 thl famil

ビッグアップルが目印の『Waitomo Caves Homestead』にて、美味しいバッフェランチでおなかを満たしたあと、いよいよ、メインの『土ボタル』の鑑賞です
『Waitomo Caves Homestead』から車で約10分ほどで、ワイトモ洞窟内でTHLさんが運営する『Black Water Rafting』のリザベーションが見えてきました


IMG_9737

やっと、ワイトモ鍾乳洞そばまできました ここから先は徒歩で鍾乳洞の入口まで向かいます


IMG_9748IMG_9749

ワイトモにはTHLさんが運営する3つの鍾乳洞があります(グローワームケーブ、ルアクリケーブ、アラヌイケーブ)
今回はこのうち、「ルアクリ」と「グローワーム」の2つを訪れました


ここが「ルアクリ鍾乳洞」の入り口です。中に入るとらせん状の階段が地下深くまでつづきます


IMG_9755IMG_9826

この鍾乳洞では、写真撮影が許されています。3,000万年かけて作られたといわれる鍾乳洞の一部がこちらです 途中、化石も見られますよ


IMG_9767IMG_9795


IMG_9801IMG_9803


この鍾乳洞では、数は少ないですが、土ボタルも見られます 青白い点が土ボタルの光です


IMG_9887


ルアクリ鍾乳洞を出てバスに戻ると、あいにくの雨で肌寒いなかでも、ラフティング参加者は楽しそうです


IMG_9830IMG_9835


そして本日メインのグローワーム鍾乳洞に到着です ここから先は写真撮影が禁じられておりますので、THLさんからいただいた画像をご覧ください


IMG_9837


この鍾乳洞でも太古からの鍾乳石を楽しめます この写真に写っている「The Cathedral」という広い場所では、オペラ歌手のコンサートも行われたことがあるそうです






Waitomo Glowworm Caves 1516 NZ Cathedral Cave
©THL


そして、私たちも見た、青白い幻想的な土ボタルの光はこちらです 当日は前日からの雨で水かさが増して、最後の出口まで行くことが出来ませんでしたが、それでも十分感動的でした






Waitomo Glowworm Caves 1516 NZ Boat with Glowworms
©THL


感動のツアーのあとには、またまたレストランで美味しい軽食をいただきました


IMG_9838IMG_9845


IMG_9852IMG_9865


IMG_9858IMG_9866


IMG_9870IMG_9876


この『ワイトモ鍾乳洞・土ボタルツアー』の詳しい情報は、
こちらをご覧ください


ではまた

ワイトモ鍾乳洞ラフティング&土ボタル鑑賞をご紹介♪

こんにちは、アユミです

先日、ずーっと気になっていたワイトモ鍾乳洞のラフティングに挑戦してきましたっ

とってもエキサイティングなラフティングをしながら、世界遺産にも指定されている、
神秘的な光を放つ『土ボタル』が一緒にみれちゃうアクティビティ『ワイトモ鍾乳洞 ブラックウォーターラフティング ラビリンス』

真っ暗な鍾乳洞の中を、1人1つの浮き輪のようなチューブに乗って、進んでいきます
ときには、流れが強い場所をこのチューブで滑ったり、小さな滝になっているところに後ろ向きで飛び込んだりします

Black Labyrinth 015Black Labyrinth 014Black Labyrinth 010

また、鍾乳洞の中を進むのに、一人一人が頭につけている小さなライトの灯かりを頼りに進んでいくのですが、
土ボタルは、とっても光に弱いため、土ボタルが多く生息する場所では全員のライトを消して、一列につながり、
ガイドさんのカンだけを頼りに、進んでいくんですこの瞬間が一番感動しますっ

Black Labyrinth 009Black Labyrinth 002


たしか、土ボタルはオーストラリア、ニュージーランドで見られる洞窟にすむ小さな虫で、
暗い洞窟の中で青白く光る姿は、天の川のように見えるとても神秘的なものなのです

ニュージーランド北島でも有名な観光地、ワイトモ鍾乳洞にて、ラフティングをしながら
土ボタルを鑑賞できるこちらのツアーはとてもお勧めですっ!!!


※明日から、イースターホリデーのため、6日までお仕事がお休みになります!
 また、皆さんへ素敵なニュージーランドをお伝えする為に、しばしば旅に出ますので、
 またホリデー明けにお会いしましょう


プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ