素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ロトルア

マオリショーと伝統料理ハンギディナー!

皆さんこんにちは、Mです

まだまだ続きます、ロトルア研修旅行第3弾です!

ロトルアといえばニュージーランドの先住民マオリの文化が根強く残る場所として知られています
ご紹介するツアーは「マオリコンサート + ハンギディナー + 間欠泉」と盛りだくさんの内容です

バスに乗ってテプイアへ向かいます
IMG_1804


マオリコンサートを見る前にハンギディナーを作っているところを見ていきます
お肉やお魚、野菜を蒸し焼きにして、素材の風味を味わうことができます
_DSC0599


マラエと呼ばれる集会所でマオリコンサートを観ます
IMG_1816


まずは参加者の中からチーフを決めます
DSC_1115


マイクを使わずに会場のどこにいても届く声の大きさで歌っていました
踊りにも迫力があります
DSC_1116


コンサート後半には実際に歌や踊りに参加することもできます
ぜひロトルアに行った記念に参加してみてください
_DSC0616


DSC_1118


コンサートが終わると待ちに待ったハンギディナーの時間です
先ほど見たハンギ料理のほかたくさんの料理が並びます
種類が豊富で何を食べるか迷ってしまいます
DSC_1125


DSC_1132


DSC_1131


各テーブルにはパンやコーン、シーフードが並びます
DSC_1120


特にシーフードチャウダーは具だくさんでおすすめです
DSC_1130


もちろんデザートもあります
DSC_1126


ニュージーランドのスイーツ、パブロバもありました
DSCPDC_0002_BURST20180714193420519_COVER


食事をしている間はライブミュージックもあります
日本の歌を歌ってくれることも

食事のあとはライトアップされた間欠泉を観にいきます
バスに乗って約5分ほどで到着しました
DSC_1137


風向きが悪く見づらいですが、何度か間欠泉が吹き出していました
間近で見ることができるので迫力があります
DSC_1147


昼間に見る間欠泉もいいですが、ライトアップされた状態で見るのも素敵でした
冬場でも間欠泉の近くにいるとポカポカしていて寒さが少し和らぎます

ロトルアに滞在される方はぜひ夜のテプイアに行ってみてください!
お申し込みはこちらからテ ポ 〜マオリ文化体験&ディナー(テプイア)〜

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

ダックツアー体験!

皆さんこんにちは、Mです

昨日に引き続き、ロトルア研修旅行第2弾です

ダックツアーという水陸両用車に乗ってロトルア市内にある湖をめぐるツアーに参加しました
使用される水陸両用車は第二次世界大戦時のものだそうです

アヒルが描かれた車が迎えに来ました
_DSC0524


車の後ろから乗車します
_DSC0580


乗車すると早速配られるものがあります
さてなんでしょう・・・

























正解はアヒルのくちばしです
DSC_1287


ふーっと息を吹き込むとアヒルの鳴き声が出ます
特にお子さんには大人気でした
DSC_1421


車には窓がないので開放的です
寒いときや雨が降っているときは写真のようにビニールでできた簡易窓を下げることができます
車体が派手なので街中を走るととても目立ちます
_DSC0581


車を走らせてまず到着するのはオカレカ湖
湖に入るときはガイドさんがBGMをかけるのでテンションもあがります
_DSC0532


運転席はこのようになっています
DSC_1092


ドライバー兼ガイドさんが常に車内を盛り上げてくれます
今回担当したガイドさんは唯一の女性ガイドさんだそうです
DSC_1083


湖をぐる〜っとまわります
湖のほとりには家も建っています
DSC_0967


桟橋にはかもがいました
DSC_0968


続いて向かう先はブルーレイクと呼ばれるティキタプ湖
湖の水の透明度が高く、晴れているときは湖が青色に見えるそうです

この日は雲がかかっていました
_DSC0555


_DSC0562


なんと途中で別のダックツアーに会いました
_DSC0578


最後の行き先は四方山に囲まれたタラウェラ湖
タラウェラ湖にはホットウォータービーチがあります
夏にはジェットスキー、水上スキーをする人たちで賑わうそうです
_DSC0582


上から見たタラウェラ湖
DSC_0972


タラウェラ湖まではこんな道を通ってきました
DSC_0974


ここでは車から降りて15分ほど休憩します
_DSC0588


桟橋からの眺めが最高です
DSC_0976


湖近くにはカフェがあります
アイスも売っているので暑い日にはぴったり
_DSC0583


先ほど見たダックツアーの車両が隣に並ぶとなんだかかわいいです
写真のとおり、デザインが少し違っていて車両にも個性があるそうです
DSC_1103


ご紹介したダックツアーは年齢制限がないのでどなたでも参加可能です
滞在時間が限られている方でも2時間でロトルアの3つの湖をめぐることができます

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

ロトルアでハイキング♪

皆さんこんにちは、Mです

週末にロトルアへ研修旅行にいってきました
ということで今日はロトルア研修旅行第1弾です

ホテルの前からは綺麗な朝焼けが見れました
DSC_0952


1日目はタラウェラ山のハイキングからスタートです

まずはタラウェラ山について簡単にご紹介していきます
タラウェラ山は1886年の大噴火で150人の人命が失われ、マオリの集落や宿泊施設も失われました
当時のタラウェラ湖は世界中から観光客が集まる場所だったそうです
また、世界八番目の不思議として知られるロトマハナ湖にあった硫黄の結晶による「ピンクテラス・ホワイトテラス」はこの大噴火により失われてしまいました
このようにタラウェラ山の大噴火はロトルアの歴史の中では欠かせない出来事となりました

それではハイキングの流れをご紹介します
朝8時にホテルを出発し、下の4WD車に乗って登山口へと向かって行きます
DSC_0959


車内はこのようになっています
DSC_1042 (1)


車に揺られること数十分・・・
車が縦に横にと激しく揺れます
なぜこんなに揺れるのかというと、舗装されていない道を登っていくからなんです
登山口に行くまでもアドベンチャーです
DSC_1044


さて、スタート地点に着きました
DSC_0953


Mt Taraweraと書かれた看板の後ろはクレーターとなっていて大きく窪んでいます
DSC_0954


DSC_0960


参加者全員で記念撮影です
20180714_100422


ガイドさんから一通り説明を受けたあと、いよいよハイキングスタートです
DSC_0961


ハイキングコースに背を向けてみると綺麗な景色が見えました
山の下に雲がかかっていて幻想的な景色です
DSC_0958


ハイキングコースのすぐ隣は崖のようになっています
DSC_1049


実はこの写真の中にある文字が隠れています
皆さん見つけられましたか??
DSC_0963


写真を拡大してみると・・・
Kia Oraという文字が!
DSC_0963 (2)


ご存知の方も多いと思いますが、Kia Oraというのはマオリ語です
「こんにちは」というような意味があります

残念ながら登るのに必死で写真はありませんが、途中岩を登っていく場面もありました
そして雨風に吹かれること約50分で山頂に到着です
あいにくの天気で山頂から何も見ることができませんでしたが、晴れた日には湖を見渡すことができるそうです
DSC_1050


山頂で少し休んだ後は下山です
行きとは違うコースを歩きます
つま先ではなく、かかとから踏んで下りていくのがポイントです
そうしないと、滑ってしまうそうです
DSC_1054


急な道がまだまだ続きます
DSC_1056


慣れてくるとこのとおり
DSC_1059


下り終えた先にはガイドさんが待っています
タラウェラ山についてガイドさんからお話を聞きます
DSC_1062


DSC_0965


少し休憩したあとに歩いて登山口まで戻っていきます
DSC_1064


DSC_1066


歩いてきた道を振り返るとこのような景色が・・・
DSC_1068


けっこう登るのがつらいです
DSC_1072


体を動かしたあとはお待ちかねのランチ休憩です
車に乗ってロトルア市内まで戻ります
DSC_1075


ロトルア中心部にあるSobarでランチをいただきました
おしゃれで雰囲気の良い店内です
DSC_1080


フィッシュバーガーを注文しました
バーガーにはチップスがついていて、とてもボリュームがあります
DSC_1082


ロトルアでハイキングができるとご存知ではない方も多いのではないでしょうか
ちなみに今回ご紹介したタラウェラ山への入山には事前に許可を取らなければいけません
タラウェラ山ハイキングはハイキング好きな方や他の人とは違ったことがしたいという方におすすめです

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

温泉とマオリの伝統が残る街ロトルアに行きたいー!というお話です。

こんにちは、アユミです

日本のお風呂が恋しくなるニュージーランドのこの季節、シャワーばかりの毎日では、なかなか体の疲れがとれません

バスタブにつかって、の〜んびりしたり、もしくは温泉旅行にでもいって、の〜んびりしたいものです

最近、温泉で人気のロトルアにもめっきり行けてません、、、、最後にいったのはいつのことやら

そろそろ、ロトルア温泉旅行でも企画しないとですね

さてさて、そんなことを考えていた今日、大好きなロトルアの街から、これまた、私の大好きなロトルアの観光スポットのスタッフさんが、
会社オフィスを訪ねてくださって、久しぶりにお話をすることが出来ました

皆さんにも、ぜひぜひ、知って欲しく、おすすめしたいので、
ロトルアにいったら必ず訪れてほしいマオリショー&ハンギディナー『ミタイ マオリ ヴィレッジ』をご紹介します

場所は、ここ、ロトルアの中心地から約10分ほどのところ、スカイラインのすぐ近く



ロトルア市内のホテルの宿泊をしている方なら、無料の送迎バスで、会場まで行くことが出来ますので、事前のご予約をお忘れなく

ツアーの開始時刻は、夏の時期はだいたい夕方6時〜、冬の時期はだいたい夕方5時くらいから始まります

とってもフレンドリーな、ミタイ一族の方々が、お迎えに来てくれて、会場まで向かいます

ミタイマオリヴィレッジに到着すると、まずは、入口で受付をして、ディナー会場へ通されます
しばらく、お客さんがみんな集まるまで、会場内にあるバーカウンターで、飲み物をオーダーして、飲み物を楽しみながら、待ちます
お客さんがみんな揃ったら、ミタイ一族の1人が本日のガイドさんとして、みなさんにマオリヴィレッジについてお話をしてくれます

20170603_17075820170603_17242620170603_173536

マオリの歴史とか、お料理のこととか、そして、今日の観客の皆さんの紹介を一通り終えたあと、伝統のハンギ料理がどのように作られているのかをみに、外へ出ます
出来立てのハンギ料理を、専用の石釜から出し、かけてある専用の麻の布をあけて、みんなで中を見ます
中には、蒸された鶏肉や、じゃがいも、さつまいも(クマラ)などの野菜がたっくさん、詰まっていて、とっても美味しそうな匂いがします

20170603_17502920170603_17511920170603_175158


食事の準備が出来るまでの間、マオリ伝統の儀式をみに、村の中へ
どこからともなく音が聞こえ、森の中を照らす、小さな明かりがともり、小さな川の向こうから、
マオリ民族の人々が、カヌーのような船《ワカ》に乗って、客人を出迎えにやってきます

20170603_180539received_10154420861367440

その後、客人を出迎える儀式やダンス、歌を披露するために、大きなステージのある場所へ招待されます

20170603_18163020170603_18432920170603_185306

伝統のダンスを少しだけ、動画でご紹介


この場所は、ミタイ一族の先祖が、実際に居住場所として使用していた場所を改装して、ステージを作ったのだそうです

マオリ民族の人々は、とっても勇ましく、動きも機敏で、とても強そうに見えるのですが、それだけではなく、とっても繊細できれいな歌声を持っています

その歌やダンスの美しさ、ハカダンスと呼ばれる伝統の踊りの迫力には、誰もが圧倒されることだと思いますこれは是非一度、見ていただきたいと思います

さて、マオリ民族のショーを楽しんだあとは、いよいよお食事の時間です
最初に入った会場に戻って、ビュッフェ形式のお料理を順番に少しずつ頂きます

20170603_19085120170603_19052020170603_192948

お食事をゆっくりと楽しんだあとは、さぁて、ホテルに帰ってゆっくりするかな、、、、と思いきやっ
なんとなんと、まだ、ツアーは終わっていませんでした

このあとにもまだ、ミタイマオリ村内の見学が残っていて、
ここから、村の居住区の紹介や、ニュージーランド固有の植物の話、生活の話などを聞きながら村の中を散策していきます

20170603_20234320170603_203214


そして、このツアーのクライマックスには、なんとなんと、ニュージーランドとオーストラリアにしか生息しない、あの生き物っ
ニュージーランドの観光ツアーでもとくに人気のあの生物、そうです 土ボタルを見に、行くんです

マオリの文化に触れることが出来るだけでなく、美味しい伝統料理と、ここでしかみられない土ボタルまでみれて、
きっときっと、大満足なツアーになると思います、そして、ロトルア観光には欠かせない夜のツアーとなると思います

ミタイマオリヴィレッジのご予約、お問い合わせはこちらから

このツアーは、JTBニュージーランドでご紹介している、ロトルア1泊2日のパッケージツアーにも組み込み可能です

【宿泊&バス付】お得なオークランド発 ロトルア1泊2日旅行のご予約、お問い合わせはこちらから

ニュージーランド北島のご旅行に、ぜひぜひ、ロトルア滞在をお楽しみください

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

寒いニュージーランドは絶叫アトラクションで熱くなろう!!ロトルアで4WDドライビングアドベンチャー!

こんにちは、アユミです

昨日まで雨降りのオークランド、今日は、すこーしよくなって、曇りのお天気ではあるのですが、
最高気温は15度前後、そして、日に日に寒さを感じています

もうすでに、山岳部や、南島のクイーンズタウン周辺では、街の中心地でも、雪がちらついたり、積もったりする日もあるようで、
いよいよ、ニュージーランドのスキーシーズンがやってきたという感じですね

そんな、寒いニュージーランドでも、いつでも熱い街が北島にはあります
どこでしょうか、そうです、ロトルアです

火山の影響で地熱地帯を多く持つロトルアは、温泉や、間欠泉などが有名で、寒い冬でも、多くの人が集まる観光地のひとつ

そんなロトルアで楽しむことができる、新しいアトラクションがあるんです
私たち、JTBスタッフも、体験してきた、スリルと爽快感のあるドライビングアドベンチャー

未開の地へのスリル満点アトラクション!4WDアドベンチャー!

off-road-nz-off-road-nz-group-activities-at-native-bush-campoff-road-nz-off-road-nz-4wd-bush-safari-roll-me-overoff-road-nz-off-road-nz-4wd-bush-safari-waterfall

運転が好きな方、必見の、爽快、絶叫アトラクション 4WDアドベンチャーです
でこぼこの道を走ったり、大きな水溜りを車で越えたり、急なカーブや、高さ約6mの坂を滑りおりたり、スリル満点のドライブアトラクションです
ベテランのガイドが、安全に皆さんにお楽しみいただけるようにご案内いたします

実際に体験したスタッフの体験談はこちら  クリック

日常生活では絶対に体験できない、スリルと恐怖とアドベンチャーを体験できる、ドライビングアトラクション

なにか今までない新しいものにチャレンジしたい人には、おすすめです

いっぱい叫んで、楽しんだあとは、ロトルアの温泉で温まってのんびりしましょ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

寒い冬でも楽しめるんですっ!ロトルア湖クルーズ&ホットプール観光ツアー♪

こんにちは、アユミです

今日も、朝から曇り、そしてお昼頃から雨降りのオークランド今の気温はだいたい11度くらいだそうです
明日になれば、しばらくは晴れの日が続き、最高気温も15度以上になり、今までよりは比較的暖かい日になるようです

外気が寒いからなのか、最近、家のシャワーの出が悪く、最大の温度にしても、もやっとした温度のお湯しか出ない我が家
日本にいたときとは違い、普段、バスタブにお湯を入れてはいるというわけでもなく、いつもシャワーだけになるから、
お湯の温度は、とーっても重要なのに、なんだか体が温まらず、日本のお風呂が恋しい今日この頃

ここ最近、まったく行けていない、私の大好きな場所、ロトルアの温泉が呼んでいるーっと思っていたところに
ナイスなタイミングで、ロトルアの最新ツアーのニュースレターがやってきました

ロトルア湖ウォータータクシークルーズ&伝説のモコイア島散策&ホットプール

週末限定のオプショナルツアーで、寒い冬でも楽しく元気に過ごす、ロトルア観光のすすめです

ニュージーランド先住民族 マオリ族の歴史や、古くからの生活様式、そして言い伝えられる伝説などが今でも語り継がれるロトルアは、
ニュージーランド国内でも、最大級のマオリ民族の文化を体験、体感出来る場所なのです

そして、地熱地帯の影響でできたたくさんのホットプールは、ロトルア湖や、その隣のロトイティ湖周辺に多く点在し、
その中には、ボートやウォータータクシーでないといけない、秘境ともいえるような場所もあるのです

▼オプショナルツアーのようすはこちら


ロトルア湖から出発したウォータータクシーに乗って、静かな空気につつまれた、湖畔の景色をゆったりと楽しみながら、
ロトルア湖畔にわく地熱ホットプール《ヒネモア プール》や、ロトイティ湖畔に位置する、ボードでないと行くことのできない場所を訪れます
ホットプールでは、お湯につかり、少しの時間ですが、体を温めて頂くことが出来ます

ロトイティ湖からロトルア湖へ戻り、最後に訪れるのは、古くからの伝説の残る神秘的な島、モコイア島
モコイア島では、ベテランのガイドが、自然や歴史、昔の生活など島の物語を聞くことが出来ます

このツアーでは、壮大な自然の中でのクルーズや、ホットプールでの癒しの時間だけでなく、最もマオリ民族の伝統や歴史の残るロトルアならではのお話を聞くことが出来ます

manupirua-hot-pool-mokoia-magicmanupirua-hot-pool-mokoia-magic20180606104238manupirua-hot-pool-mokoia-magic

寒い冬でも、魅力的なニュージーランドの観光を楽しむ、オプショナルツアー

これから、オークランド滞在や、ロトルアへのご旅行を考えている方、ぜひぜひ、こちらのツアーの参考にしてみて下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

ロトルアで出会ったマオリ族

皆さん、Kia Ora!
JTBオークランド支店にインターンシップで来ている研修生のマリナです

さて、冒頭で使った[Kia Ora]という意味、皆さん分かりますか
Kia Oraとはマオリ族で挨拶を表す意味なんです。

そこで、前回はアグロドームについて紹介したので、ロトルア繋がりで今回はロトルアで出会ったマオリ族を紹介したいと思います
ニュージーランドの民族、マオリ族を知ればニュージーランドでの旅行がもっと楽しくなるはずです

まずマオリ族とはどんな民族?↓
ニュージーランドにイギリス人が入植する前から先住していた人々です。そしてマオリ族は独特のあいさつがあります。それはあいさつとして、互いの鼻をくっつけ合うあいさつです
マオリの民族舞踊はハカと呼ばれています。ハカはマオリの戦士が戦いの前に踊ったり、歓迎の挨拶などでもハカを踊ります。ラグビーのチームであるオールブラックスが試合前にハカを踊ることで世界によく知られています!!
そして2013年の調査によると、ニュージーランドに暮らすマオリの人口は約60万人です。これはニュージーランドの人口の約15%を占めています。ただし、白人との混血が進んでいるので純粋なマオリはとても少ないのが現状になっています

と、こんな感じで少しはマオリ族のことを知っていただけましたか?
私は先週末、マオリ族の文化を知れる観光スポット「テ・ プイア(Te Puia)」に行って来ました!!!ここではマオリ族のショーを観ることができます

IMG_4736

こんな感じで、ショーはとても賑やかに進んでいきました
私が印象的なのは、男性のみが踊っていたハカです。全体的に緊張感があり、全身を使って強さ、威厳さを表していて終始私はハカに目が離せませんでした!!!
ひととおりマオリ族のショーが終わると、ショーを見学してた男性たちが舞台にあがり、実際にハカを体験する時間もありました(笑)
歌う人はマイクなど使わず、皆アカペラで歌っていました!声はとても響きわたっていたので、マオリ族は肺活量もすごいのがわかりました
ニュージーランドに来て、マオリ族がどんな民族なのか知れて良かったです
IMG_4734

↑いい感じの写真スポットでパシャリ


私が訪れた、テ・ プイア(Te Puia)の詳細です↓
HP:https://tepuia.com/
TEL:+64 7 348 9047
ACCESS:市内中心部から約3.5km。公共バスあるいは徒歩(40〜45分ほど)で行くことができます。

ニュージーランドに訪れたら是非ニュージーランドの文化も学んでみてくださいね
それではまた次回お会いしましょう!!!皆さん、Kia Ora

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ワイトモ洞窟&ロトルアの間欠泉

Kia ora皆さん、こんにちは平日はTBでのインターンシップで学び、休日は観光するのが大好きなKarinですお願い致します

ずっと楽しみにしていた地熱地帯で有名な地ロトルアに行ってきました
そこで、私はテ・プイアにあるポフツ間欠泉を見学してきました

一日最大20回、高さ30mまで熱水をあげます。
日本の温泉ではきつい硫黄の香りがしますが、ロトルアはほのかに香り肌に良い成分も含まれているそうです。
IMG_7309

端の方には泥沼もあり、ボコボコ浮き上がっているのが見えました。
非常に日本の風景に似ている為、一瞬帰国した気分に浸ってしまいました。両国とも環境を大切に自然を保護しているからですかもしれませんね。
IMG_7318

ポフツ間欠泉にはかなわないミニサイズの間欠泉
IMG_7307



続いては、ワイトモ洞窟です
写真撮影がNGであったので、文字だけでも伝えられるだけ伝えます。皆さんは日本の鍾乳洞に行かれたことがありますでしょうか?大きな氷柱が広がり、ライトアップされているところものあります。階段を上ったり、下ったりして転びそうになりながらも寒くてスリリングな感じを冒険していますよねしかしながら、ワイトモ洞窟は鍾乳洞ではなく洞窟であるので、地上では氷柱はなく様々な時代の岩柱が見られます。さらに差別化が見られるのは、池のような水たまりの中を小船に乗って探検することです。皆さんにイメージしてもう為に例を挙げますと、某夢の国の世界中の子供達が挨拶を紹介するのを船に乗ってみるのを土ホタルバージョンに変えたものです。お分かり頂けましたでしょうか?また、ライトアップに匹敵するのは、土ホタルが発する無数の緑の光です。点が沢山散りばめられている感じです。中はお見せできませんが、船を降り、出口はこのようになっています
IMG_7255


北島では絶対に見るべきスポットを紹介していきましたが、いかがでしょうか?見たら必ず感動すると思いますので皆さんも是非、ワイトモ&ロトルアをチェックしてもて下さいね洞窟の中に閉じこもってでもホタルを見続けたいKarinでした

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

THE・これぞニュージーランド!!!

皆さん、こんにちは!
JTBオークランド支店にインターンシップで来ている研修生のマリナです
前回はオークランド近辺のおすすめグルメについて紹介したので、今回はTHE・これぞニュージーランド!!を体験できるスポットを紹介したいと思います

はじめに皆さん、ニュージーランドといえば何を想像しますか??

、、、、です!!!! ニュージーランドは、人間より羊の方が多いと言われています。本当なのか私も現地の人に聞いてみたら、本当でした。。。(笑)
そんな羊を真近で見る・触れることができるスポットがアグロドームと呼ばれる観光地スポットです。簡単にどんな場所か説明すると、牧場型テーマパークです!!

場所はロトルアで、よくオプショナルツアーで組み込まれることの多い人気の観光地スポットです!私は先週末に行ってきました!!とても楽しかったです!

IMG_4684

↑これは羊の毛刈りショーの写真です。トークが面白いということで有名です!!
実際で羊の毛刈りをこんなに近くで見られるなんて、、、驚きでした!!毛刈り後の羊は、とってもスッキリしてました(笑)
IMG_4695

↑これは牧羊犬と羊の写真です。ここでは実際に牧羊犬が牧場で放牧している家畜(主に羊)の群れの誘導する姿を見ることができます!!しっかり牧羊犬が羊を誘導してて感動しました!!!凄かったです
ちなみに一人前の牧羊犬は一頭で約600頭の羊を誘導出来ると言われています!驚き!!!
IMG_4702

↑これは実際にファームツアーした写真です。ファームツアーは羊、アルパカ、ラマ、だちょうなど、動物たちと触れ合うことができる牧場巡り。大型トラクターに揺られながら、動物たちのいる牧場でエサをあげられるツアーです!!動物達がとっても真近で見られます!!!
IMG_4716

そして私も羊にエサをあげました!!!とても可愛かったです!こうして羊に囲まれたショットもとることができます!ツーショットも撮れましたよ
たくさん良い写真が取れたり、体験ができたりとっても充実できる観光スポットです

アグロドームの詳細です↓
HP:https://www.agrodome.co.nz/
TEL:+64 7 357 1050
FEE:大人 NZ$48.00 子ども(5-15歳) NZ$24.00

ぜひTHE・これぞニュージーランド!を体験できるアグロドームに訪れてみてくださいね
ではまた次回でお会いしましょう

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ロトルア&タウポ!この夏おすすめのウォーターアクティビティをご紹介します♪

こんにちは、アユミです

最近、ほんとうに暖かくなってきた、オークランドなのですが、
とうとう冬用のコートはしまって、春用のコートに切り替えましたー
朝晩は、まだ少し冷え込んだり、お天気によっては風が冷たかったりするのですが、
昼間はとーっても暖かく、太陽が出ていると、ときどき、蒸し暑く感じることもあるくらいです

ま、まだまだニュージーランドのお天気は変わりやすいので、なんとも言い難いですが、
それでも、もう冬っていう感じはなく、初春っていう感じでもなく、時折、夏の暖かさを感じることもできる季節になってきましたよ

さて、そんなことで今日は、この夏、ニュージーランドの旅行に、とーーーーーってもオススメの新しいウォーターアトラクションをご紹介します

まずは、動画をご覧ください



ニュージーランドで人気のウォーターアクティビティといえば、ジェットボート
海、川、湖などで体験出来る、スピード感と爽快感満載のジェットボートで、ニュージーランドの自然をより近く、よりスリル満点のなか楽しめるアトラクション

このオプショナルツアーは、ジェットボートを楽しんだあとに、ある場所へと探検にでかけます

the-squeeze

皆さん、ご存知のとおり、ロトルア、タウポ周辺は地熱地帯とよばれ、天然温泉の湧く場所が多くあります
ここもそのひとつで、温泉の湧く川の中、ごつごつした岩場を抜けた先には滝っ
地熱により暖められた川はとーっても気持ちが良さそうです

爽快感、スリル、そして温泉の癒しの三拍子揃った、新しいアトラクション
これは、この夏、とってもおすすめです

ロトルアと、タウポのホテルからの送迎も予約出来るので、公共のバスを使って、ロトルアやタウポへいって、
そこで数日滞在する旅行者の方にも、簡単に参加して頂けるので、この夏、そっち方面への旅行を考えている方、
ぜひぜひ、スクイーーーズ、チェックしてみてください

タウポで爽快ウォーターアクティビティー!スクイーズ!(お問い合わせはこちら)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ