素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

ワイナリー

これでもかっ!てほど黄金のワナカへ行ってきました!

KIAORA!のりかです


今日もまたまたクイーンズタウン旅行のお話をちょっと。
ニュージーランドは只今秋まっさかりです。

クイーンズタウンも異常気象の為
通年の秋より少し遅れているようで私が行った4月22日〜25日は紅葉ぎんぎらぎんでした!

クイーンズタウン市内でも結構キラキラでしたが、
今回の旅行のビッグイベント「秋のワナカ!」は本物の黄金でした。

カメラの腕がいいわけでもカメラが超高性能なわけでもなく、まさしくこの景色なんです!!!

DSC06018


水面揺らしたーい!ここで泳ぎたーい!
(真っ白の雪を誰よりも先に足跡つけたい感覚でしょうか)

DSC06019


DSC06026


DSC06031


これは「ワナカの木」だそうです

DSC06037




しかも今回参加したのは「ワナカ観光8時間コース」
飲み助の私にははずせないワイナリーもしっかり組み込まれており、
絶品ピノノワールを3本購入しました

リッポンワイナリー
(テイスティングは無料!でも心づけでコインボックスにお金を入れてあげるとGOOD)

DSC06054


DSC06045

DSC06056


この日は偶然結婚式がこのワイナリーで執り行われるようでした。
オールブラックスの伝説のキャプテン、リッチー・マコウもワナカで結婚式を挙げていましたが、
今ならなんでワナカを選んだのかよくよくよーーーく分かります。

素敵すぎるシチュエーション

DSC06047


DSC06052


DSC06060


DSC06058



お昼はガイドさんおススメのオサレカフェでランチ。
私は美味しいと有名なチーズケーキをいただきました。

DSC06028


濃厚濃厚!!でも甘さ控えめであと2つは食べれるなって感じでした!
パートナーは巨大なピザをやみーやみーといいながらペロッと平らげておりました

帰路では何も知らない人ならすっと通りすぎてしまうような小道に車をとめて、
秘密の撮影ポイントに移動。
これはベテランガイドさんならではです。
そこでの景色がこちら!!

DSC06064


DSC06068


DSC06071


Untitled-1



どこを切り取っても絵葉書のような景色です。
そりゃ芸術家がこぞってこの街住むよなー

あまりの美しさに今度クイーンズタウンに行くときはワナカの宿泊を組み込もうと思いました。
ちなみに、往路で少しよるパズリングワールド

DSC06027


なんだよそこって思っていたのですが、一歩足を踏み入れると多分半日は遊べるおもしろスポットでした

Untitled-2


知恵の輪や頭の体操、巨大迷路、だまし絵など懐かしの遊びがたくさん。
カフェも併設しており、遊びながら軽食もとれます。
なんなら私ここに一日中いれるかもしれません

そんな大満足な一日でした。
【ワナカ観光 8時間コース】はこちらからお申込みいただけます

ちょっぴり短い6時間コースもありますが、
私は断然8時間コースがおすすめです!

お値段以上8時間!!!

DSC06117


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ネーピアといえばやっぱりホークスベイのワイン♪第3段 ワイン編

こんにちは、アユミです

ネーピア旅行 3日目のご紹介は『ネーピアといえば、ワインで有名なホークスベイの一部』、ということでネーピアのワイナリーの紹介をします

ネーピア周辺のホークスベイは、1930年頃に大きな地震にあい、地面が大きく隆起するなどの地盤の変動がありました
大きな打撃を受けたホークスベイ周辺ですが、地震による地盤の上昇は約4メートルにもおよび、沼地が耕地や住宅地として利用出来るようになりました
また、ニュージーランドの中でも、特に温暖で雨の少ない気候は、ワインで有名なイタリアのある地中海性気候にもよく似ていると言われているそうです

ワイナリーは、ネーピア(Napier)だけでなく、へースティング(Hasting)や、ハブロックノース(Havelock North)という、3つの主要な都市の周辺に多く点在します



その中で、今回行って来たネーピアのオススメのワイナリーはこちらっ

 ミッションエステート(Mission Estate Winery)
所在地:198 Church Rd, Poraiti, Napier 4112

おしゃれな白い建物がトレードマーク、こちらはいろいろなガイドブックにも載っていて、併設されているガーデンレストランがとっても人気
この日は、予約で満席、かつ午後からウェディングのファンクションということで、ランチをすることが出来なかったのですが、
ワインティスティングの列にならんで、テイスティングをしてきました
ティスティングは、5ドルですが、これを支払うと、可愛らしいミッションエステート オリジナルのグラスがついてきます
また、ここで販売している、リースリングという種類の白ワインは限定生産のため、どこのお店やワイン店にもおいておらず、希少価値が高いのだそうです

20170415_13550520170415_13582220170415_182016

 チャーチロード ワイナリー(Church Road Winery)
所在地:150 Church Rd, Taradale, Napier 4112

土壁で建てられた、天井の高いワイナリーのセラードアーの中は、とっても通気性がよく、涼しく、また、ずらりと並べられた樽に囲まれて、
ランチやディナーなどのお食事を楽しむのが特徴的広いお庭を眺められる外のお席も人気です
ワインは、ソーヴィニヨンブランやシャルドネ、赤ワインのピノノアなど、わりとすっきりとしたドライなテイストのワインが多く、
甘めのものよりもドライな味のワインを好む方には、オススメかもしれません

20170415_16035220170415_16042820170415_160704

 モアナ パーク ワイナリー(Moana Park Winery)
所在地:530 Puketapu Rd, Napier, Hawkes Bay 4183

私が大好きなディズニーの最新映画 モアナと伝説の海の名前と同じ、モアナという名前に惹かれて立ち寄ったワイナリー
壁にずらりと並べられたワインは、世界的にも有名な、ナチュラルなオーガニックのワインで、ワインにアレルギーのある人も、わりと抵抗なく、(少しだったら、、、)飲むことが出来るそうです
実は、私、赤ワインのアレルギーがあって、飲むことが出来なかったのですが、ちょっと興味があって、こちらのマルベックという品種の赤ワイン買ってきてみました
もちろん、友人へのお土産ですが、ちょこーーーーっとだけ、試してみたいかな

20170415_16470520170415_16193320170415_162557

 エスク バレー ワイナリー(Esk Valley Estate Limited)
所在地:Main North Road Bayview, Bay View, Napier 4182

ニュージーランドのスーパーなどで多く見かけるエスク バレーのワインは、ニュージーランド航空のアワードや、ワインの賞を数多く受賞している名門のワイナリー
シャルドネやソービニヨンブラン、ピノグリ、リースリング、ロゼ、などなど、各種取り揃っているので、どんな方にも楽しんでいただけるワイナリーです
私は、ここの、デザートワイン、レイト ハーベスト チェニンブラン というのが大好きで、今回も1本、買って帰りました
とっても甘いワインなので、ソーダー水などを買って、割って飲みたいと思います

20170416_10064920170416_10195820170416_101950

以上っ、4ヵ所、ネーピアのワイナリーを紹介させていただきました

ネーピアにいかれる際は、テイスティングだけでなく、ワイナリーでのランチもおすすめですので、
必ず、空き状況を確認して、予約を入れてからいって下さいね

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド南島 北端のリゾート ネルソン/エイベルタスマン国立公園へ行く♪

こんにちは、アユミです

私のお仕事は、ニュージーランドの国内旅行を日本の皆さんや、ニュージーランドにお住まいの日本の皆さん、
そして、その他、海外にお住まいの日本の皆さんへご紹介し、旅行のご予約や計画、などなど、お手伝いをすることでございます
2008年から今年でもう10年旅行業界に携わっていますが、個人としても旅行をすることが大(×100)好きで、旅行の計画をしているときが一番楽しく幸せです

2017年4月から、私の会社は新しい年度に入りまして、ここ数ヶ月、いろいろな都市の観光課の方や、ホテルの方、ツアーを催行している会社の方にお会いし、
お仕事ではありつつも、自分のこれからの旅行計画に、心がワクワクしながら、半ば私欲を挟みながら、しかしそのパワーを仕事に生かして(いるつもり)おります

今日は、私がニュージーランドの中でも特に好きな観光地、南島の北端にあるリゾート地 ネルソン/エイベルタスマン国立公園をご紹介します

ネルソンの場所はここっ


クライストチャーチと北島のウェリントンのちょうど間にあるネルソンは、あまり大きな都市ではありませんが、
自然が豊かで、観光資源のたくさんある、旅行者にはとってもオススメな場所

ネルソン サンデー ファーマーズマーケット
P5304009P5304011P5304013

ニュージーランド産 クラフトビール 『STOKE』のバー
IMG_5034IMG_5032IMG_5035

このネルソンの街のから車で20分程のところには、ワイナリーで有名なリッチモンドには、
『Waimea Estates』や『Seifried Estate』、『MIDDLE-EARTH™ Wine』など地元でも人気のティスティングの出来るワイナリー
そして、タスマン湾を右手に見ながら海岸線を進んだ先に、ウォーターアクティビティやハイキングなどで人気のカイテリテリビーチ

IMG_4979IMG_4987IMG_4971

そして、その先に、エイベルタスマン国立公園があります
エイベルタスマン国立公園は、南島の最北端にある小さな国立公園ですが、晴天率がどこよりも高く、
自然の中でのアクティビティに適していると言われています
シーシャトルでいくことの出来る、アンカーレッジでのハイキング、そして、ニュージーランドで最も透明度の高い湧水と言われているププスプリングスと言う場所も人気

P5314066P5314102P6014137

自然のなかで、ゆったりと過ごしたり、アクティビティでたっぷり遊んだり、いろいろな楽しみ方のあるネルソン/エイベルタスマン国立公園は、私の一押しです
日本で、運転経験のある人は、ぜひぜひ、ネルソン空港でレンタカーを借りて、自由に旅行を楽しんでみてください

 【宿泊&アクティビティ】ネルソンで遊ぶ2泊3日ツアー<エイベルタスマン国立公園 カヤック&クルージングツアー付>

 【宿泊&レンタカー&アクティビティ】ネルソンで遊ぶ2泊3日ツアー<エイベルタスマン国立公園 カヤック&クルージングツアー付>

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

家族旅行で初めての南島! マウントクック編 その1

皆様 おはようございます。 オリジナルNでございます

昨日月曜日はオークランドアニバーサリーの祝日で3連休となりました。
(ちなみに今週末も終戦記念日で3連休となります)

さて、まだまだ続くN一家の家族旅行 (今しばらくお付き合い下さい〜

本日はクイーンズタウンを出発してマウントクックに到着まで。

朝一番にホテルを出発してまずは前日逃してしまった観光名所に直行

1)カワラウブリッジのバンジージャンプ
Img_0579

イッテqのイモトさんが「過去一番怖かった」と断言した、世界で初めて商業用のバンジーが行われたAJハケットを見物エリアから他人の恐怖に慄く顔をマッタリ見物

ここから長距離運転なのでお手洗い行っておこうとなりましたが

Img_0585


男子女子の看板もバンジーしているサインと中々の懲りよう

そして車を更に「5分」運転したところにある(目の前!)

2)ギブストンワイナリー
Img_0589


ここはサラッと5分しか居ませんでしたが隣接するチーズ工場で「激美味しい」スモークチーズを購入 ここのチーズは本当に美味しいので皆様是非ご購入下さい

ここからは・・・・時間が無いので飛ばします

クイーンズタウン市内からマウントクックまではGoogleマップ先生によると約3時間。

子供達が飽き飽きしてくる一歩手前で到着するはずですが・・・

その道中には見逃してはいけないスポットが沢山あります。

その1) サーモン養殖場
IMG_0594 - Copy


後1時間足らずでマウントクックと言う「トワイゼル」と言う山の中に何故か「鮭の養殖場」が有りまして・・

IMG_0596 - Copy

無料で鮭に餌やりを自由にして下さいと言う不思議な施設です。

勿論子供達はガンガンに餌を投げ込み大きな鮭がシャバシャバと餌を食べてくれます
Img_0598


ここでは勿論ここで取れたサーモンを購入頂ける上、丁度お昼前なのでここでランチを頂く事にしました。
IMG_0601 - Copy


メニューは・・・ガッツリと「サーモンのお寿司」

そろそろ米に飢えて来た私たちには8巻海苔巻きパック10ドルx4パックは5分以内のクイックランチとなりました。
折角なので別売りでスモークサーモンを1パック買いましたがそんなのN一家に取っては一瞬です!

ちなみにここのサーモンのお味は・・・普通サーモン=油っこいイメージですがあっさりとした食感で肉厚が分厚く中々の高得点でございました

さて、これまでのクイーンズタウンの画像でお判り頂けますがこれまでは延々にお天気が小雨〜曇り空でしたがここから南島の本領を発揮します

この日は朝からピーカンで空の色が真っ青

でトワイゼルからマウントクックに向かう道にある有名な写真撮影スポット「ピーターズ ルックアウト」に到着しましたら・・・

Img_0623


見てください この空の色と目の前に広がる湖「プカキ湖」の青さ

これフォトショップ加工してませんよ

妻が一言目に「何じゃ こりゃ」と驚愕の声を上げるレベルのクールバスクリン色の湖が目の前に広がります。

このピーターズルックアウトから見えるマウントクック山を背景に多くの方が言葉にならない感動で写真撮影しております。 この景色は本当にお天気によって左右されますのでここまで青く見えた私たちはラッキーでした。

さて後30分足らずでマウントクックですが、明日のその2へ続きます!
Img_0631


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

またまた行ってきました!ワイヘキ島のワイナリーレポート♪

おはようございます、アユミです

去年の7月末に、ワイン好きな友人と一緒に開催したワイヘキ島ワイナリー巡り(ツアーじゃなく個人旅行です) 1泊2日の旅を、またまた今年も開催
前回、貸切や冬期休業のために行くことが出来なかったワイナリーを、いくつか回ってきたので、紹介したいと思います

 Passage Rock Wines & Bistro(パッセージロック) 

ワイヘキ島のワイナリーの中でも、Man'O Warに続いて、東側にあるワイナリー(ヴィンヤード)のパッセージロックは、
1993年に出来たワイナリーで、赤ワインのSyrahという品種において、多くの賞を受賞していることで有名なワイナリー
店内のカフェと外のテラス席は、広々としたスペースで、目前に広がるヴィンヤードを眺めながら、お食事を楽しむことが出来ます

20160312_13341220160312_12031720160312_120210

ワインは、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネなどの少しドライなテイストの白ワインと、アワード受賞のシラーを代表とする赤ワインがあり、
5種類のお好きなワインを選んで、ティスティング代 $10で楽しむことが出来ます
ここでのランチは、店内のキッチンに置かれた石釜で焼かれたピザや、ワインに合うチーズプラッターや、生ハム、手作りチャツネなどのプラッターが人気

20160312_12575220160312_12062620160312_120305

その他、オリジナルのオリーブオイルや、ドレッシングなどのティスティングもあり、ここのワイナリー1つで、さまざまな食を楽しむことが出来ます

CELLAR DOOR & BISTRO 営業時間:水曜〜日曜 11:00〜16:00

 Peacock Sky Vineyard(ピーコックスカイ) 

くじゃくの模様をした可愛い蝶の模様が特徴的なワイナリー ピーコックスカイは、ちょうどワイヘキ島の中心に位置するワイナリー
ここでのワインティスティングは、赤ワインと白ワインを両方試すことが出来るタイプと、白ワインとスパークリングを試すことが出来るタイプがあります
どちらも、それぞれのワインに合った軽食、例えば、チャツネとクラッカーや、カレー、チョコレートブラウニーと一緒に、ワインのティスティングをすることが出来ます

20160312_14232520160312_142640

CELLAR DOOR & BISTRO 営業時間:月曜〜日曜 12:00〜17:00

 Wild on Waiheke(ワイルドオンワイヘケ) 

ワイヘキ島に行ったら、必ずと行って良いほど訪れる、私のお気に入りのワイナリー&ブリュワリー
ここは、ワインやビールはもちろんとっても美味しいのですが、サーモンのピザがとーっても美味しいので、その味が忘れられず、毎回ここで、ランチをしています
今回は、パッセージロックでランチをとってしまったので、初めてティスティングのみでの訪問となりました

ジンジャービール、Malt Beer(麦芽ビール)、Pale Ale(ほんのり濁った苦味のあるビール)、Wheet Beer(白ビールもしくは小麦ビール)、Dark Ale(黒ビール)、アップルサイダーが
各2ドルでティスティングをすることが出来ます

20160312_15245120160312_15304120160312_153410

1980年代、まだ、クラフトビールがそんなに有名ではなかったころから建てられた、歴史のあるブリュワリー
ぜひ、ここに訪れたら、サーモンのピザと、ワインもしくはビールのティスティングをしてみて下さい

TASTING & BISTRO 営業時間:月曜〜日曜 11:00〜16:00

 Casita Miro(ミロ) 

ワイヘキ島の北側、オネタンギ湾の近く人位置する、Casita Miroは、人気のあるレストランを決定するMetroTop50にも選ばれたレストランのあるワイナリー
レストランは、予約をしていないと、すぐに席を確保することが難しいほど人気で、この日もたくさんの人で賑わっていました

20160313_13240020160313_13234120160313_132511

とっても可愛らしいカラフルな内装と、のんびりと芝生に座ってお食事やワインを楽しむことが出来るガーデンスペース、
そして、ガーデンやヴィンヤードを眺めることの出来る丘の上に、ティスティングスペースがあります
Miroでのティスティングは、3種類の赤ワイン、ロゼ、バブルの5種類で、それぞれのグラスの上に、
オリーブやクラッカー、チャツネ、ミートボールなどのワインにあった軽食が付いてきます

20160313_13292620160313_133903

Miroでランチをする場合は、予約を忘れずにしていって下さいね

TASTING 営業時間:月曜〜日曜 12:00〜15:00/Lunch 月曜〜日曜 11:30〜


これ以外に、今回も以前と同様に、Man'O Warや、Mudbrick Restaurant & Vineyard、オリーブオイル工場のRangihoua Estateへ行ってきましたが
やっぱり、ワイヘキ島のワイナリーをぜーんぶ楽しむには、1泊2日の旅行でも足りず、それ以上の時間が必要だなぁと感じました

短い時間で、人気のワイナリーをささっと周りたい方は、ぜひぜひ、ツアーに参加して、ワイヘキ島のワイナリーを楽しんでくださいねっ

日本語ガイドさんと行く!ワイヘキ島ワイン観光ツアー

誰もがきっと憧れるワイナリースティのご紹介♪

こんにちは、アユミです

近年、日本でも少しずつ人気になりつつある、ニュージーランドウェディング
その中でも特に人気の場所、湖とワイナリー・カフェのある『チャペル バイザ レイク』という教会が、クイーンズタウンの北側にあります

『チャペル バイザ レイク』は、『ストーンリッジ(Stoneridge Estate)』というワイナリーの一部で、
約5ヘクタールのブドウ畑と、5つ星の小規模なロッジとコテージ、湖のあるガーデンが広がっています

IMG_6089IMG_6051IMG_6069

敷地内は、斜面になるブドウ畑の丘の上に、3つのスィートルームのあるロッジが1棟とコテージが1棟建っていて、
そこからは、クイーンズタウン周辺の観光スポットとしても知られている、『ヘイズ湖』を眺めることが出来ます

IMG_6058IMG_6059IMG_6060

石造りのコテージとロッジは、西洋のお屋敷を思わせるような、歴史のある重厚な雰囲気と、
アンティーク調の家具やリネン、そして簡易キッチンや広々としたバスルーム、テラスには、こちらもヘイズ湖を見渡せる石造りのプールがあります

IMG_6062IMG_6065IMG_6063

お値段は、ロッジのスィートルームで1泊510ドル、コテージで645ドルと、大奮発しないと泊まれないような金額ですが、
何かの記念でのご旅行や、結婚式をかねたご旅行、ハネムーンなどのスティには、いいかもしれませんね

敷地内には、ワインティスティングの出来るCeller Door やカフェもあるので、のんびりワイナリーでランチや
アフタヌーンティーをお楽しみいただいてもいいかと思います

IMG_6069IMG_6083IMG_6089

クイーンズタウンにお立ち寄りの際は、ぜひぜひStoneridge Estate へもいってみてください
ニュージーランド挙式をお考えの方にももちろん、お勧めの場所です

Island Wineで行くワイヘキ島ツアー  その2 〜フェリー⇒ワイヘキ島〜

Kia ora!
おはようございます、N横です

昨日のIsland Wineで行くワイヘキ島ツアー  その1 〜フェリー⇒ワイヘキ島〜から引き続き、ワイヘキ島ツアーの様子を紹介させて頂きます。

【 ワイヘキ島 フェリーターミナル 】

ワイヘキ島はフェリーターミナルの雰囲気から既に素敵です
waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


当ツアーでは、ベテランガイドのKさんがフェリーを降りたところでピックアップしてくれます
ツアーもKさんが当日の状況やお客様のリクエストに合わせ、色々と調整してくれます
私はクラフトビール(brewery)か、蒸留酒(distinctlly)が飲めるところをリクエストさせて頂き、他のお客様と調整してクラフトビールが飲めるところへ案内して頂けることになりました。

蒸留酒のレポートはあゆみさんの記事 こちら をご覧下さいませ。

最初の訪れ先はワイナリーの MUD BRICKでございます。

MUD BRICK
以下はMUD BRICKさんから頂きました、プロが撮影した素敵な写真でございます

waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


以下は私が撮影してきました写真でございます
(プロの写真とは比べないで下さいね
waiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICK



以下はテイスティング(有料)やお土産を買える場所です。
waiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICK


以下はテイスティング(有料)メニューです。
白ワイン5種コース$10
赤ワイン5種コース$15
アラカルト・プレミアム5種コース$20
アラカルト・スタンダード5種コース$10
waiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICK


個人的なお勧めはデザートワインの『Reserve Noble Riesling 2014 Marlborough』です
※白ワイン、もしくは、プレミアム5種の一番最後のワインです。

waiheke ワイヘキ MUDBRICK

とても美味しかったので購入させて頂きました
が、美味しすぎてその日の内に空となってしまいました

ワイン以外にも以下のハンドクリームや石鹸がお土産の品として人気の様でございます。
(とてもいい匂いがしますよ
waiheke ワイヘキ MUDBRICKwaiheke ワイヘキ MUDBRICK


来週も引き続き、ワイヘキ島の様子をお伝えさせて頂きます
(週末に記事を投稿させて頂く予定でございます。)

【私も参考にさせて頂いたアユミさんワイヘキ島体験談はこちら】
素敵なワイナリー、カフェのあるワイヘキ島のご紹介☆
ワイヘキ島1泊2日!ワインティスティングの旅♪〜その1〜

【予約はこちらからどうぞ
ワイヘキ島ツアー

それではまた

Island Wineで行くワイヘキ島ツアー  その1 〜フェリー⇒ワイヘキ島〜

Kia ora!
おはようございます、N横です

先日、Island Wine Ltdさんのワイヘキ島ツアーに参加させて頂きました

ワイヘキ島はとても魅力的な島で、沢山のワイナリー、アートショップ、ギャラリー、オリーブオイル、等々がございます。

私はお酒が大好きなので(弱いですけど)今回ツアーで訪れました、MUD BRICK(左) STONYRIDGE(右)は以前から訪れたいワイナリーでございました。
waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


幸いこの日はお天気にも恵まれましたので、撮ってきました写真を一挙大公開致します

【オークランド フェリー乗り場】
ワイヘキ島のツアーお手配を行う上で、皆様悩まれるのがフェリー乗り場でございます。

FULLERS社のフェリーチェックインカウンターはPier 2のチケット売り場でございます。
waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


この日は天気も良かったので、ワイヘキ島に旅行する人が多く、20分以上前から以下の様な行列が出来ておりましたw(゚ロ゚)w

waiheke ワイヘキ


いい席をキープしたい場合はご留意下さいませ。

フェリーの中は以下の様に3階立て構造でございます。
もちろん中にはトイレや売店(1階と2階の二つ)がございます。
waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


ワイヘキ島へ向かう途中では以下の様な景色がお楽しみ頂けます
(オークランド対岸のデポンポート、ランギトト島等)

waiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキwaiheke ワイヘキ


明日はワイヘキ島の様子をお伝えさせて頂きます

【私も参考にさせて頂いたアユミさんワイヘキ島体験談はこちら】
素敵なワイナリー、カフェのあるワイヘキ島のご紹介☆
ワイヘキ島1泊2日!ワインティスティングの旅♪〜その1〜

【予約はこちらからどうぞ
ワイヘキ島ツアー

それではまた

フェリーでワイヘキ島♪


こんにちは('▽'*)

昨日に引き続き投稿します、

インターンシップ生のももこです


先週の日曜日にフェリーでワイヘキ島へ行ってきました

ワイヘキ島はワイナリーで有名です

ついにニュージーランドでワインが飲める!とそわそわヾ(´ω`=´ω`)ノ


NZでフェリーに乗るのが初めてで、はしゃぐ私たち(=゚ω゚)人(゚ω゚=)
DSCN0030

オークランドの街が遠くなって行く

DSCN0033

思っていたよりもスピードが速いです
そして寒々しい空です。。。

C360_2015-08-30-11-25-12-325

島だ〜〜〜(とにかくはしゃぐ)


ワイヘキ島でランチを済ませ、お待ちかねのワインの試飲
DSC_0221


雰囲気があります!!



DSCN0046

10ドルで3種類のワインを試飲しました。本場のピノノワールも!


冬はワイナリーを行っているお店が少ないらしく、夏に行くのがオススメだと思います

また、ワイヘキ島にはお洒落なお土産屋さんが多かったです

素敵なワイナリー、カフェのあるワイヘキ島のご紹介☆

こんにちは、アユミです

今日は、オークランドへ滞在される皆さまへおススメの観光地ワイヘキ島をご紹介します

オークランドのフェリーターミナルから船で約40分のところにあるワイヘキ島は、
表面積が約92平方キロメートルの小さな島の中に、約30件程のワイナリーがあります

ワイヘキ島の場所はこちら


住んでいる人は約9000人ほど、多いときで約3万人もの人が、1日で訪れるそうです

その中で、今回はワイナリーを2ヶ所、カフェ1ヶ所をご紹介します

まず最初に、『Te Motu』というワイナリーで、フェリーターミナルからローカルバスに乗って約20分のところにあるワイナリーです
1989年に出来たワイナリーでは、赤ワインをメインに販売していて、シラーというブドウの品種のように
しっかりとした強い味のワインから、ピノノアという品種でまろやかな少し甘みのある赤ワイン、また
各品種のブドウを掛け合わせたものなど、たくさんの種類がありました
IMG_3817IMG_3841IMG_3842

こちらに併設されているレストランは、賞を取ったことがあるらしく、とっても賑わっていました
もちろんこの日も満席次回は、予約をしていきたいと思います

次に行ったのが、『Wild on Waiheke Cafe』
こちらは、Brewery(ビールの醸造所)を併設していて、ワインだけでなくビールも人気なカフェです
IMG_3816IMG_3856IMG_3865

こちらでは、スモークサーモンのピザとチキンのシーザーサラダを注文
味もとても美味しく、3人で食べても充分すぎるくらいの量に、1人$15ととってもリーズナブルなお値段でした

次に向かったのが、『Cable Bay』というワイナリー小高い丘の上にあるこのワイナリーからの眺めはとても素敵でした
IMG_3891IMG_3879IMG_3889

こちらでは白ワインをメインにテイスティングをしました
さっぱりとした味のものが多く、暑い夏に飲むのによいワインですね!
お値段も他のワイナリーと比べると、若干お安いように感じます

今回のご紹介は、3箇所となりましたが、またワイヘキ島に行く機会があったら、ご紹介させていただきます

ワイヘキ島はワイナリーやカフェだけでなく、おしゃれな雑貨屋さんも見所の一つだと思います
IMG_3901

オークランド滞在で、お時間があったら、ぜひワイヘキ島へ出かけてみて下さいっ



プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ