素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ワイポウアフォレスト

ニュージーランドのカウリの木を守るために大切なこと☆

こんにちは、アユミです

オークランドに住んでいらっしゃる方は、もうすでに皆さんご存知ですが、
ニュージーランド北島の西オークランドに位置するワイタケレ(Waitakere)という地域で、ニュージーランド原生の木、カウリの木が、
大きな損傷を受けているため、この地域でも人気のハイキングコースが、閉鎖されてしまうかもしれない、というお話がありました
以前からも、地元の人によって、ルートが制限されたりするなど、カウリの木を守る為の対策はとられていましたが、これほど大きな動きになってしまうとは
4月10日には、最終的にオークランド市議会が、最終判断を下し、2018年5月1日、明日より、ワイタケレ自然公園への立ち入りは、禁止となってしまいました

年々増え続ける、カウリの木の病気は、現在約20%ほどとなり、前年に比べると倍以上、
そして、その大きな原因が、観光客の方の増加、ハイキングでの立ち寄りによる細菌によるものといわれています

皆さん、ニュージーランドには、まだ、カウリの木がご覧頂ける場所はありますが、ご覧になる際には、
かならず、次のことに注意をして、カウリの木が病気にかからないように、

ハイキングにいく際は、出来る限り、以前行った場所などの土や汚れがない靴で行きましょう
ハイキングを開始する際は、入口に必ず靴の底を綺麗にするブラシや、消毒をするためのスプレーがおいてありますこれを使って、細菌を落としてから、ハイキングコースへ侵入しましょう。
ハイキングをする際は、必ず、歩道や、舗装された道、決められた場所を歩くようにしましょうカウリの木の根っこはとても繊細なので、踏みつけてしまわないように注意しましょう
こちらは当たり前のことですが、ハイキングに不必要なものは持ち込まない、そしてゴミが出たら必ず持ち帰ってください

観光をされる方、1人1人の心掛けで、これからも長く、カウリの木を未来へ残していけるようにしたいですね

さて、それでも人気のカウリの木、とてもスピリチュアルな雰囲気があり、また、日本の屋久杉とも姉妹木協定を結んでいるので、
まだまだ見てみたいという人が多いかと思います
そこで、西オークランド以外で、カウリの木がご覧頂けるオプショナルツアーをご紹介しますね

やっぱり一番人気はこれ
カウリの森林 ワイポウア・フォレスト(日本語ガイド付)

このツアーでは往復約2時間でカウリの森林(ワイポウアフォレスト)にてウォーキングを楽しみます。ニュージーランド最古のカウリ、樹齢2000年の「テ・マツアナヘレ(森の父)」や、「タネマフタ(森の神)」樹齢1200年、ニュージーランド最高樹高51.2メートルを見学します。

[WPO+]-4+4sisview[WPO]-1+tematuanahere

そして、こちらのツアーでもご覧頂けます
カセドラルコーブ ハイキング(日本語ガイド付)

コロマンデル半島東海岸で有名な奇岩「カセドラルコーブ」への人気コース。日本でも話題になった映画のロケ地にもなったハーヘイビーチを訪れます。その後、ニュージーランド原生のツインカウリをご覧頂きます。その後に訪れる、パク山からの絶景は、忘れられない思い出となるでしょう。

photoTCC1photoTCC3

オプショナルツアーへ参加されるときも、さっきご紹介した、4つの注意事項は、必ず守って、ご参加下さいませ

これからもたくさんの日本からご旅行でいらっしゃる方々に、ニュージーランドのカウリの木をご覧頂けるように、
みなさんで、カウリの木を守っていきたいですね

今回も、ブログを読んでいただきまして、ありがとうございました

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

この街どんな街??【番外編 ワイポウアフォレスト】

“森の神”、“森の父”に出会う場所 ワイポウアフォレスト。


大きな地図で見る

オークランドから車で北へ約4時間。
太古の巨木「カウリ」が生息している森。

カウリの起源は1億9000万〜1億3500万年前までさかのぼり、
世界で最も古い樹木とも言われています。

入植者により多くのカウリが伐採され、数が少なくなってしまったのですが
1952年政府によって9105ヘクタールという敷地が保護され、
ここでは昔と変わらず悠然と成長を続けています。

f222998c3e8706e044e8-M


ここワイポウアフォレストでは、国内で現存するナンバー1で
高さが何と51.5m、樹齢1200年の「タネ・マフタ(森の神)」、
そしてナンバー2の樹齢2000年、幹の周囲が16.41mもある
「テ・マツアナヘレ(森の父)」に出会えます。

うっそうと茂る森の中で、真っ直ぐと空に伸びる
この2本のカウリの姿は、
訪れる人々に神々しさすら感じさせ、
パワースポットとも言われています。

ここにはトレッキングコースがいくつかあり、
整備もされているので、皆さん気軽に
森の中の散策を楽しめます。

ワイポウアフォレストに行く日帰り観光は、←こちら

カウリも見たいけれど、ワイナリーも行きたい方は、ワイポウアではないですが、←こちらです。

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ