素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ワイン

オークランドでワイナリーと言えばここ!Villa Maria!

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

9月29日からニュージーランドではサマータイムが始まり、日本との時差は4時間となりました!
先日の桜の写真からも分かるように、段々と暖かくなってきたオークランドです

本日はオークランドのおススメワイナリー「Villa Maria」をご紹介!
IMG20191003110913IMG20191003095635


こちらのワイナリー、ニュージーランドの中でもとても有名なワイナリーで、
毎年沢山の賞やトロフィーを受賞することで非常に有名なのです
IMG20191003100006


数々のメダルに驚かされました

IMG20191003104153


4種類のワインと、1種類のデザートワインのテイスティング!
担当してくれたワイン農家さんの熱いワインへの思いを聞くことができ、とても良い機会でした〜!

特にすごいと感じたのは、写真の右から二番目のRoseというワイン。
このワイン、100%オーガニックなのだとか!
ブドウを生産する過程の肥料も、ワインを精製する際に残ったブドウの皮や、
併設しているレストランからでた野菜くず等をそのまま利用しているので、無駄が一切無いのです!

ワイン好きの方は是非是非こちら訪れてみてくださいな!


-
インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

<5月・6月限定割引> 今なら30ドル引き!テイストオブワイヘキツアー♪

皆さんこんにちは、Mです

現在、5月と6月限定でワイヘキ島のテイストオブワイヘキツアー30ドル引きで販売しています
こちらのツアーは1名様からでもご参加頂けるので一人旅の方にもおすすめです
料金にはオークランドからワイヘキ島へのフェリー代も含まれていますよ
ツアーにはワイナリー3ヶ所での試飲とオリーブオイルの試飲が含まれていてワイヘキ島の魅力が満載です
IMG_20180911_213205_734 IMG_20180911_213205_733 IMG_20180911_213205_735

過去にワイヘキ島へ行った方のブログはこちら
豪華すぎるワイヘキ島ツアー*
ワイヘキ島ワイナリーツアーに行ってきました!

Taste of Waiheke

6月末までキャンペーンを行っていますので、ぜひぜひお申し込みください
お申し込みはこちらからテイストオブワイヘキツアー

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

レアなお店のご紹介

皆様 連続カキコNでございます

1点皆様にご報告がございまして・・・最近あゆみさんの記事が無いよね?と言うお声を頂いておりますが・・

そうなんです。実はあゆみさんは3月18日にお母さんになりました3020グラムの元気なお嬢さんで母子ともに健康健康

と言う訳で産休の間はNとかMとかYとか色んな人に記事を書いていて頂く事になりました。

あゆみさんが返ってくるまでお付き合いください

そんな中珍しく下戸Nからのワイン情報

先日VIPのお客様の為にワインを用意する事になったんですが、Nはちょっと苦手な分野。
と言う事でワインに詳しいPさんに車で案内頂きました。そこは・・・

オークランドの市内中心部から車で約15分程の「オラケイ」と言う街。
かなりレアな住宅街にちょっとしたショッピングセンターがあるんですが

Img_3780[1]


そこの一角にある「グレート リトル ビンヤード」と言うお店。

ここは知る人ぞ知るNZ全土の高級ワインを購入出来るお店だそうです。

中に入ると
Img_3782[1]


結構な量のワインが所狭しと並んでおり、一部鍵付きのショーケースの中にあるコレマタ歴史がありそうなワインボトルも並んでます(絶対子連れで来たくない

一部の方がご存知の通りNは飲めない男なので何が何やらなんですが、そんな中
Img_3785[1]


「全黒」と言うクイーンズタウンで私の知り合いが作ってる日本酒を発見(全黒=オールブラックでしょうねえ・・

で日本酒大好きな妻にラインで「欲しい?」と聞きました所「勿論!」との事でしたので何か美味しそうな
Img_3793[1]


濁り酒を購入しました

その間Pさんはお客様様に色んなNZの高級ワインを購入して頂きましたが

Img_3791[1]


ちゃんとこんなプチプチまでアレンジ頂きPさんに感謝

さて、全黒の濁り酒の感想は・・・「うわ!日本酒!」(当たり前

妻に「あんたもしかしたら甘酒想像してたやろ?」の一言に「まさか〜」と言いつつちょっとは甘いかな?と思ってましたがガッツリ日本で飲む日本酒でした。

そして翌日には空のビンがリサイクルに入ってたので妻は「最高〜」と一気飲みした様子です

その他ここには見た事の無いボトルにステッカーのラベルでは無く、金具で出来たロゴのついたワインとかボトルを見てるだけでも楽しい商品が一杯ありますのでお時間の有る方・現地在住の方は行って見て下さい







ワイヘキ島に行ってきました〜!

皆さんこんにちは、Mです

この間天気が良かったので初めてワイヘキ島へ行ってきました!
オークランド市内からフェリーで40分ほどでワイヘキ島に到着
島内にはバスが走っているのでレンタカーがなくても島内を移動することができます
IMG_20180911_213205_733


お昼頃にワイヘキ島に着いたのでWai Kitchenというレストランに行ってみました
レストランの近くには可愛らしい雑貨屋さんなどもあります
テラス席からの眺めが最高です
DSC_1626


おいしい料理と綺麗な景色、どちらとも堪能できちゃいます
DSC_1619


ランチのあとに、Island Gelatoというアイス屋さんに行ってみたかったのですが、
残念ながら冬季シーズンはお店はやっていないようでした

さてさて、ワイヘキ島といえばワインです
ということでMudbrickというワイナリーに行ってきました
IMG_20180911_213205_735


Mudbrickではスタンダードプラン$10、プレミアムプラン$15で4種類のワインを試飲することができます
1534066561576


おいしいワインだけでなく、ワイナリーからの眺めも素敵なのでおすすめします
IMG_20180911_213205_734


ワイン好きの方、都会から離れてゆっくり過ごしたい方におすすめのワイヘキ島でした

ワイヘキ島のツアーのお申し込みはこちら
ワイヘキ島1日観光(フェリー代込・日本語ガイド付)
テイスト オブ ワイヘキツアー(英語ガイド・フェリー代付)
ワイヘキ・トワイライトツアー ワイナリーでコースディナーを堪能♪

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

可愛らしいマーケットに行ってみましょう!

皆さんこんにちは、Mです

ニュージーランドでは週末になると各地でマーケットが開催されます
野菜や果物が安く手に入るのはもちろん、アクセサリーやアートを取り扱うお店もあります

今回は郊外にあるマタカナマーケットツアーに参加してきました
マタカナはオークランド市内から車で約1時間のところにある可愛らしい街です
DSC_0075


マーケットに行く前にまず最初に立ち寄るのはハニーセンター
ガイドさんいわく、ここまでの数のハチミツを取り揃えているお店はなかなかないそうです
DSC_0022

DSC_0003


色々なハチミツを試食できます。たくさんある中からお気に入りのハチミツを見つけてみてください
ちなみにマヌカハニーはピロリ菌を殺す効果もあるみたいです!
DSC_0012


私はガイドさんイチオシのポフツカワハニーを購入しました。くせがなくとても食べやすいのでおすすめです
アイスにハチミツをかけて食べるととってもおいしかったのでぜひトライしてみてください!
どのハチミツにするか迷ってしまう方にはミニボトルに入ったハチミツ6個セットはいかがでしょうか
DSC_0014


食べ物だけではなくスキンケア商品やお酒も多数取り揃えています
DSC_0018



続いて、カウリの巨木
ハニーセンターから車で約5分ほどで到着します
DSC_0025


推定樹齢800年のカウリの木は迫力があります
DSC_0024


実際に近くまで行って触ることもできます
DSC_0029


寄生生物や着生生物に対抗するために、カウリは不要になった枝を自ら落とせるように進化したそうです
木の下には落ちた枝がありました
DSC_0032


今回が時間がなく中には入れませんでしたが、駐車場の奥にはワークワースミュージアムがあります
DSC_0036


ガーデニング用品も売っているのでチェックしてみてください
このようにフォークに値段が書かれています
DSC_0047


お金を箱に入れて支払うシステムのようです
DSC_0049



そしてツアーの見所マタカナファーマーズマーケット
毎週土曜日に開催されるマーケットですが、町おこしとして始まったそうです
_20180713_114944

DSC_0783


マーケット内はたくさんの人でにぎわっていて、歩いているだけでも楽しめます
各店舗は木で作られているので雰囲気が素敵です
DSC_0058


DSC_0070


DSC_0068


マタカナマーケットに出店していたお店の一部をご紹介します
まずはじめにオリーブオイルを取り扱うお店。オンラインまたはマタカナマーケットでのみ購入可能だそうです
もちろん試食もできます
IMG_20180711_192943_161


めずらしいフィジョアワイン大きいボトルだけではなく小さいボトル3本セットでも打っているのでお土産にもおすすめです
ボトルのデザインも凝っています
DSC_0052


かわいらしいカップケーキ どれもおいしそうです
DSC_0072


ディップの種類も豊富です
IMG_20180711_192943_162



ファーマーズマーケットを堪能したあとはランチの時間です
Morris and James Potteryに併設されているカフェでランチです
今回はサーモンサンドイッチをいただきました
DSC_0085


DSC_0084


DSC_0804


Morris and James Potteryにはニュージーランドらしい陶器も売られています
DSC_0086


中にはこんなものも・・・ちょっとした美術館のように見えます
DSC_0098


カラフルな陶器
DSC_0093


最終目的地ワイナリー
ワイナリー内にはプチハイキングコースもあるそうです
DSC_0817


小売店には卸していないワインだそうです お土産にもぴったり!
箱に入ったワインもありました
DSC_0822


DSCPDC_0003_BURST20180707122336947_COVER


ワインを5種類テイスティングできます
DSCPDC_0003_BURST20180707122511643_COVER


DSC_0818


午後2時頃にはオークランド市内に戻ってくるので、戻ってきてからゆっくりできるのもポイントです
ローカルな雰囲気を味わいたい方にぴったりなマタカナ1日観光ツアーのご紹介でした!

お申し込みはこちらから
マタカナ1日観光(日本語ガイド付)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

ニュージーランドワインのセールにいってきました♪

こんにちは、アユミです

日本にいるときは全くといって良いほど興味がなかったワインですが、ニュージーランドに来てから、ニュージーランド産ワインが大好きになり、
今では、ワイヘケ島や西オークランドのクメウ、ギズボーンやホークスベイ、南島のネルソンやセントラルオタゴなどなど、いろいろなところへ、美味しいワインを求めて、ワイナリー巡りをするようになりました
そして、先日、個人のFacebookでオークランドでのワインセールのお知らせを発見し、先週末に、そのワインセールへ行ってきたので、その時の様子をご紹介します

ワインセールの主催者は、『New Zealand Wine Society』という、フランス、オーストラリア、ニュージーランドのワインを取り扱う会社

Pi
オークランド空港の近く、マヌカウ(Manukau)という場所の大きな倉庫で開かれたワインセールへ到着すると、たくさんのワイン好きな方々の列

20160618_11551920160618_115505

倉庫の中に入ると、奥の棚にびっしりと置かれたワインのダンボール箱、そして、その手前には、今回のワインセール用に選ばれたワインが並び、
大きなショッピングカートの中に、たくさんのワインボトルを入れて歩き回っているワイン好きの人々が

20160618_12130820160618_12102020160618_121203 

ニュージーランドの人々は本当にワインが好きなんだなぁと改めて実感するほど、たっくさんのワインを、ケース買いしている人もいて、ちょっとびっくり
白ワイン、赤ワイン、ロゼ、シャンパンが、通常価格よりも大幅に割引かれて、高額なもので、約30〜40ドルも安く販売されているので、この機会に買っておかないとっという感じ
私も、大好きなピノグリ(pinot gris)やリースリング(Riesling)、ゲヴェルツトラミネール(Gewurztraminer)のワインを4本ほど購入しました

20160618_125300

『New Zealand Wine Society』は、品質にこだわったオススメのワインメーカーを数多く取り揃えていて、
そのワインを特別価格で販売しているので、このイベントを見逃した方はぜひウェブサイトを見てみて下さいっ
次回の『New Zealand Wine Society』のイベントは、オークランドヘリテージホテルにて、7月29日に開催される『Meet The Makers』というもので、
直接、ワインメーカーの人と会ってお話をしたり、ワインのティスティングが出来るイベント
気になった方は、ぜひぜひ、チェックしてみて下さいね

ニュージーランドのワインを楽しむ!北島クメウ地方のワイナリーのご紹介♪

おはようございます、アユミです

ここ数年の間に急成長をとげ、世界的にも知られるようになってきた、ニュージーランドのワイン

Krystle's Favourite

南島のクイーンズタウン周辺のセントラルオタゴ地方、クライストチャーチ北側のワイパラ地方、さらにその北側のネルソンの近くにあるマールボロー地区、
そして北島のネーピア、ハスティングを含むホークスベイ地区、ギズボーン、そして、ワイヘキ島、マタカナ地区などなど、人気のワイナリーが集まる地域が、ニュージーランド国内にはたーっくさんあります
ニュージーランドでは、白ワインのソーヴィニヨン・ブロンが多く栽培されているそうですが、南島と北島の気候の違いはもちろんのこと、
それぞれの地域で栽培手法の違いがあり、その地域にあったブドウを用いてワインの製造がされているため、ワイナリーによって、飲むことが出来るワインの種類はさまざま

このニュージーランドのワインを楽しむために、ニュージーランドにご旅行をしにいらっしゃる方も多く、各都市で催行されているワイナリー巡りツアー全てにご参加される旅行者の方もとっても増えました

そして、近年、日本でも少しずつ名前を聞くようになった(と、日本に住む友人が言ってました)、オークランド市内からもっとも近い西オークランド クメウ(クミュー)地区のワイン
先日、クメウ地区のワイナリーに行ってきたので、オススメのワイナリーを数軒、ご紹介したいと思います

 ソルジャンズ(Soljans Estate Winery)

オークランド市内からクメウ地区に入って、一番最初にたどり着くのがこのソルジャンズ
広いティスティングスペースにはたくさんの種類のワインと、ワインを飾るための可愛い雑貨の数々、そして、奥には、カフェレストランが併設されています
このカフェは、ニュージーランドヘラルド社のオークランドで最も人気のレストランTOP40にランクインしていたり、Wine Access magazineの世界のオススメレストランTOP20に選ばれていたり、
2014年にはトリップアドバイザーの素晴らしいカフェの部門でも賞を受賞するほど、多くの人から認められたカフェレストラン

私もこの日、ここのカフェでランチをしたのですが、御値段もだいたい15ドル〜30ドル程度とお手頃なのに、とってもボリュームのある量、
そしてニュージーランドのチーズや、ラム、ビーフ、野菜などをたっぷり使ったお料理を楽しみました

20160402_13074920160402_13081120160402_135954

ワインのテイスティングだけでなく、ここでのランチはとってもオススメです

所在地: 366 SH 16、Kumeu、Auckland 0841、New Zealand
ウェブサイト: http://www.soljans.co.nz/
電話番号: +64 9-412 5858

 クメウ リバー(Kumeu River Wines)

シャルドネとピノグリがとくに人気のクメウ リバーは、ユーゴスラビアから移住してきたご家族で営まれる小さなワイナリー
とくにマテ’ズ ヴィンヤードのシャルドネは、世界的にも有名なワインで、近年、日本のワイン通にも知られるようになってきたワインだそうです

20160402_12471820160402_12575020160402_125655

所在地: 550 SH 16、Kumeu 、Auckland 0841、New Zealand
ウェブサイト: http://www.kumeuriver.co.nz/
電話番号: +64 9-412 8415

 ウェストブルック(West Brook Winery)

ヴィンヤードを見渡す小高い丘の上にたつセラードアーが特徴のウェストブルックは、少し甘めのワインとして人気なピノグリ(Pinot Gris)やゲヴュルツトラミネール(Gewurztraminer)がオススメ
ドライなワインが苦手な方は、ここでのワインティスティングがいいかもしれませんね

ここには、セラードアーのみで、カフェやレストランはありませんが、丘の上からお庭に出ると、広いヴィンヤードに小さな湖、そしてその脇に、ベンチが置いてあるので、
そちらに、お菓子や飲み物などをお持ち頂いて、ピクニックを楽しむことが出来ます(もちろん、ワインを購入する目的できたお客様だけですよ

20160402_11534020160402_11594510931534_796730437080677_857216595438061340_n

お天気の良い午後に、ワインのお買い物がてら、ここのお庭でのんびりと過ごすのもいいですね

所在地: 215 Ararimu Valley Rd、Waimauku 0882、New Zealand
ウェブサイト: http://www.westbrook.co.nz/
電話番号: +64 9-411 9924

こちらの3つのワイナリーは、ワインのティストももちろんのこと、おしゃれなカフェや景色など、ロケーションが抜群によく、
ワインが大好きな方だけでなく、ランチや観光にもオススメ

公共の交通機関では、行くことが困難なため、レンタカーを借りていく(もちろんドライバーさんは飲めませんけど)のが一番いきやすい方法になります
また、こちらの3件に行くかどうかはわかりませんが、クメウ地方のワイナリーを巡るワイナリーツアーも催行されていますので、こちらを利用するのも手です

混み合う時期でなければ、2名様から催行が可能ですので、ご予約をされる際に、ダメ元でも、このワイナリーにいけませんかとお問い合わせしてみて下さい

またまた行ってきました!ワイヘキ島のワイナリーレポート♪

おはようございます、アユミです

去年の7月末に、ワイン好きな友人と一緒に開催したワイヘキ島ワイナリー巡り(ツアーじゃなく個人旅行です) 1泊2日の旅を、またまた今年も開催
前回、貸切や冬期休業のために行くことが出来なかったワイナリーを、いくつか回ってきたので、紹介したいと思います

 Passage Rock Wines & Bistro(パッセージロック) 

ワイヘキ島のワイナリーの中でも、Man'O Warに続いて、東側にあるワイナリー(ヴィンヤード)のパッセージロックは、
1993年に出来たワイナリーで、赤ワインのSyrahという品種において、多くの賞を受賞していることで有名なワイナリー
店内のカフェと外のテラス席は、広々としたスペースで、目前に広がるヴィンヤードを眺めながら、お食事を楽しむことが出来ます

20160312_13341220160312_12031720160312_120210

ワインは、ソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネなどの少しドライなテイストの白ワインと、アワード受賞のシラーを代表とする赤ワインがあり、
5種類のお好きなワインを選んで、ティスティング代 $10で楽しむことが出来ます
ここでのランチは、店内のキッチンに置かれた石釜で焼かれたピザや、ワインに合うチーズプラッターや、生ハム、手作りチャツネなどのプラッターが人気

20160312_12575220160312_12062620160312_120305

その他、オリジナルのオリーブオイルや、ドレッシングなどのティスティングもあり、ここのワイナリー1つで、さまざまな食を楽しむことが出来ます

CELLAR DOOR & BISTRO 営業時間:水曜〜日曜 11:00〜16:00

 Peacock Sky Vineyard(ピーコックスカイ) 

くじゃくの模様をした可愛い蝶の模様が特徴的なワイナリー ピーコックスカイは、ちょうどワイヘキ島の中心に位置するワイナリー
ここでのワインティスティングは、赤ワインと白ワインを両方試すことが出来るタイプと、白ワインとスパークリングを試すことが出来るタイプがあります
どちらも、それぞれのワインに合った軽食、例えば、チャツネとクラッカーや、カレー、チョコレートブラウニーと一緒に、ワインのティスティングをすることが出来ます

20160312_14232520160312_142640

CELLAR DOOR & BISTRO 営業時間:月曜〜日曜 12:00〜17:00

 Wild on Waiheke(ワイルドオンワイヘケ) 

ワイヘキ島に行ったら、必ずと行って良いほど訪れる、私のお気に入りのワイナリー&ブリュワリー
ここは、ワインやビールはもちろんとっても美味しいのですが、サーモンのピザがとーっても美味しいので、その味が忘れられず、毎回ここで、ランチをしています
今回は、パッセージロックでランチをとってしまったので、初めてティスティングのみでの訪問となりました

ジンジャービール、Malt Beer(麦芽ビール)、Pale Ale(ほんのり濁った苦味のあるビール)、Wheet Beer(白ビールもしくは小麦ビール)、Dark Ale(黒ビール)、アップルサイダーが
各2ドルでティスティングをすることが出来ます

20160312_15245120160312_15304120160312_153410

1980年代、まだ、クラフトビールがそんなに有名ではなかったころから建てられた、歴史のあるブリュワリー
ぜひ、ここに訪れたら、サーモンのピザと、ワインもしくはビールのティスティングをしてみて下さい

TASTING & BISTRO 営業時間:月曜〜日曜 11:00〜16:00

 Casita Miro(ミロ) 

ワイヘキ島の北側、オネタンギ湾の近く人位置する、Casita Miroは、人気のあるレストランを決定するMetroTop50にも選ばれたレストランのあるワイナリー
レストランは、予約をしていないと、すぐに席を確保することが難しいほど人気で、この日もたくさんの人で賑わっていました

20160313_13240020160313_13234120160313_132511

とっても可愛らしいカラフルな内装と、のんびりと芝生に座ってお食事やワインを楽しむことが出来るガーデンスペース、
そして、ガーデンやヴィンヤードを眺めることの出来る丘の上に、ティスティングスペースがあります
Miroでのティスティングは、3種類の赤ワイン、ロゼ、バブルの5種類で、それぞれのグラスの上に、
オリーブやクラッカー、チャツネ、ミートボールなどのワインにあった軽食が付いてきます

20160313_13292620160313_133903

Miroでランチをする場合は、予約を忘れずにしていって下さいね

TASTING 営業時間:月曜〜日曜 12:00〜15:00/Lunch 月曜〜日曜 11:30〜


これ以外に、今回も以前と同様に、Man'O Warや、Mudbrick Restaurant & Vineyard、オリーブオイル工場のRangihoua Estateへ行ってきましたが
やっぱり、ワイヘキ島のワイナリーをぜーんぶ楽しむには、1泊2日の旅行でも足りず、それ以上の時間が必要だなぁと感じました

短い時間で、人気のワイナリーをささっと周りたい方は、ぜひぜひ、ツアーに参加して、ワイヘキ島のワイナリーを楽しんでくださいねっ

日本語ガイドさんと行く!ワイヘキ島ワイン観光ツアー

ニュージーランドチーズを味わうチーズファクトリー&カフェのご紹介♪

こんばんわ、アユミです

楽しかった3連休もあっという間に終わってしまい、リフレッシュしたのも束の間、今日からお仕事モードに切り替わるのにはそんなに時間がかからず、
いつもと同じように、旅行の予約や日程のアレンジなどなど、やっているわけですが、そんな自分って、『あ〜、本当に旅行が好きなんだなぁ』って改めて感じております

この週末は、オークランドより北側にある、シェークスピアパークでの貝掘り、ゴートアイランドでのシュノーケリングを
予定していたのですが、土日はほとんど、あいにくの雨だったので、予定を変更して、マタカナでのワイナリー巡りを楽しんできました

ニュージーランド北島では、クミュー地方と並んで、とても人気のあるマタカナ地方のワイナリーは、小高い丘の上に建つ素敵な景色のワイナリーや
オーガニックのワイナリー、おしゃれなカフェが併設されたワイナリーがたくさん

今日は、このマタカナ地方のワイナリーのご紹介〜、、、、ではなく、そのワインに合う、ニュージーランドチーズが食べられるチーズ工場をご紹介します

 マタカナ地方のワイナリーを紹介したブログはこちら

オークランドからマタカナまで行く道の途中を、西へそれたところにあるチーズファクトリー&カフェ『PUHOI VALLEY CAFE & CHEESE STORE』

20160206_14522020160206_14522620160206_153015

ニュージーランドのスーパーにはたくさんの種類のチーズが売っていますが、その中でも、高級チーズの陳列棚に並んでいるプホイ(Puhoi)のチーズ

ワインに合う、カマンベールチーズやブリー(Brie)、ブルーチーズ、ちょっと匂いの強いWashed Rindという名前のチーズ、そしてサラダに合うフェタやチェダーチーズなどなど、
種類がとっても多く、とくにカマンベールやブリーは、クリーミーさがより濃くなった、ダブルクリームやトリプルクリームといったものが販売されています
私は、今まで、普通のカマンベールしか知らなかったんだっとびっくりするほど、濃厚で美味しいトリプルクリームのカマンベールは一度食べたらハマります
もちろん、購入する間には、チーズのティスティングも出来るので、スタッフの人に声をかけてみてくださいね

20160206_14530820160206_14525520160206_150959

チーズたけではなく、同じ牛乳を使ったアイスクリームもとっても人気で、ニュージーランド アイスクリームアワードも受賞しています

20160206_150917

その他、カフェでは、コーヒーやティー、ランチになる軽食なども販売しているので、チーズティスティングだけではなく、
ランチタイムに立ち寄って、ここで昼食をとるのもオススメです
外にも席がいくつかあり、その先には、子供達が遊ぶことの出来る小さなキッズパークもあるので、お子様を遊ばせながら
外の席でのんびり、ランチやアフタヌーンティーも出来ますね

20160206_15112220160206_151230

私のようにワインが大好きな方、チーズが大好きな方にはとってもオススメの観光スポットです

車がないとなかなかいくことが出来ないかもしれませんが、機会があったら、ぜひぜひお立ち寄り下さいませ

勿論今年も行って来ましたよ〜!

皆様おはようございます。オリジナルNです

NZ生活18年で恐らくトップクラスで暑い夏では?と思えるオークランドですが皆様のクリスマスは如何だったでしょうか

N一家は25日のクリスマスは早朝からサンタで子供達が大騒ぎ。しかしそこからは法律で(例外を除く)働いてはいけないのでど〜っこも閉まってるので1日マッタリと家でXBOX等で遊びましたが、26日は毎年恒例「イチゴ刈りの解禁日!」と言う事で勿論行って参りました。



Dsc04048


西オークランドに住む我が家からは車で10分の所にあるイチゴ農園に朝10時に着きましたら駐車場は既に車で一杯

何とか車を停めて畑にGO
Dsc04044


皆とにかく「マンモスイチゴ」を求めて奥へ奥へと進みますがN一家は暑過ぎで「この辺でいいんじゃない〜?」とギブアップ

でも足元には
Dsc04042

イチゴが鈴なり

「味見」と言う名の元食べ放題なので高級食材のイチゴを満腹になるまで食べよう・・・と思ったのですが日差しがキツ過ぎてイチゴも若干沸騰気味 出来ればキンキンに冷えたのを食べたいと言う事で頑張って摘んで持って帰る努力をしました。

今年は
Dsc04047


お持ち帰り1キロ9ドル。年々徐々に値上がりしております

で頑張って摘んで「さあお金払ってアイス食べよう」とお金払う所に行きますと・・

Dsc04046


スーパー長蛇の列・・・・でもここのイチゴは甘いので並ぶ価値はありますよ!

で、勿論ここで食べれる本当のイチゴを目の前で練り込んで作る「イチゴフローズンヨーグルト」を$5ドル50セントで購入

Dsc04050


昨年までは一本を4人で分けて食べましたが今年は3本購入してあっという間に無くなりました
(10歳児の顔と同じサイズなんですけど・・・まあ成長を感じたと言う事で!)

こちらに行くには車が無いと中々難しい場所だったんですが、なんと今年は
ここに行けるツアーが遂に期間限定でスタート致しました

過去に多くのお客様から「日本のイチゴ狩りと規模が違う」等のコメントを頂いておりましたがツアーでイチゴ狩りを体験して頂く事が可能です

ニュージーランドの地平線まで続く畑でお腹一杯イチゴ食べたい!と言う方はこちらから

但しこの周辺には沢山のイチゴ畑がありまして、ツアーでは混み具合によって私の行った所とは違う畑にご案内する場合もございますのでご留意下さい。



プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ