おはようございます、アユミです

先週末は、6日(月)がクイーンズバースデーのため祝日、というわけで、3連休だったので、レンタカーを借りて、北島の東側ギズボーン(Gisborne)まで旅行に行ってきました
ギズボーン(Gisborne)は、人口約34,000人ほどの都市で、ニュージーランド国内では15番目、北島の中では、11番目の大きさの都市です
世界で一番早く日の出が上がる場所として有名なイーストケープの南側に位置するギズボーンは、美しい海岸線に位置し、温暖な気候をした場所なためリゾート地、保養地として親しまれているそうです



このギズボーンから、イーストケープ方面に車で約45分ほどのところに、ニュージーランド国内で最も長い桟橋といわれている『トロガベイ ワーフ(Tolaga Bay Wharf)』があります

20160605_12062920160605_12040720160605_121756

全長約660メートルのこの桟橋は、昔、ギズボーン周辺の道路が開通するずっと前に、貨物を運び込む船が、この海岸に着岸し、荷物の運搬を行うのに作られたもので、
1929年に完成後、1967頃までの約40年ほどしかしようされず、その後、道路の開通や、街の発展にともなって、次第に使われなくなってしまったそうです

今でも、桟橋の上には、貨物運搬用の線路が残され、石造りの桟橋は、ところどころに崩れかけたところがあり、その歴史を感じさせます
長期保存のために、修復という話もあがったそうですが、昔のままの姿で残していきたいという地元の人々の声もあり、最小限に止めているのだそうです

20160605_12274820160605_12200420160605_122015

海岸からの桟橋の景色もとても素敵ですが、桟橋の先端から眺める、東海岸の海は、綺麗な青の海面と周辺の自然の緑、お天気のいい日は、空の青がぴったりで、とっても心が癒される素敵な場所です

ギズボーンに行く機会があったら、ぜひぜひ、訪れてみて下さいっ