素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

大自然

ミルフォードトラックの旅行( 七)クリントンハットに登場!!

こんにちはミミlogo2さんです、もうミルフォードトラックシリーズの七話まできました どんどん探検して見ましょう

今日はクリントンハット、個人でトラックを歩く方の初日の宿泊、にたどり着きます。

進んでみると面白い物に注目します。今まで歩いてきた距離は道横の標識に書かれています。標識上にはマイル(m)とキロ数(km)が書かれています。

m_2m_3
m_12


一マイル後とにこの標識が置かれています、ミルフォードトラックは34.8マイルの行程なのでこの標識を34個通らなければ終点までたどり着けません。。。

最初、疲れていない間は標識を素早く通り過ぎますが、だんだん皆疲れて進みが遅くなります。

落ち着いて景色を眺める場所は多いので大丈夫です

m_5


この岩の上に座って昼食休憩に入るのも良いです。静かな川の流れと鳥の鳴き声しか聞こえない

m_6


分かれ道に来ると看板があります。ニュージーランドの自然の中は看板や案内が少ないので看板上の数字を良く覚えましょう。左に二分進むとクリントンハット、個人でトラックを歩く方用の宿泊です。

四時間まっすぐ歩き続けると今晩の宿泊、ポムポローナロッジがあります。

六時間進むと個人で歩く方の宿泊、ミンタロウハットに着きます。

何時間か歩いてみると残りの距離がぜんぜんわからない

m_7


ここからちょっと進むとクリントンハットに侵入

個人で歩く方は初日ここにお泊りされています

m_9


クリントンハットは乾燥室が無いため、一度洋服が濡れたら乾きずらいです。翌日もその乾いていない洋服を着て歩き始める人もいます。自然の中を歩くなら絶対に雨具をちゃんと準備して置いてください。

個人で歩く方はお食事をご自信で作っています。皆作りやすい乾燥物や栄養分が高い食料をもってきています。でも食べ物を楽しんでも自然を守るため、ゴミ捨ては一切禁止されています。皆自分のリュックに入れて何日間の担いで持って帰ります。

毎日歩いて食べ続けると食料が減り、リュックがだんだん軽くなります。特に初日は結構持つ食料が多いので皆並べく軽い物を準備しています。私は一回男の人が妻のためにスイカを持って歩いているのも見ました、スイカの皮は捨ててはいけないので、彼は何日間がんばって持ちましたでしょう。


IMG_1593


毎回ここでフラフープに挑戦する人がいます

ここから歩き続けますとクリントン川の景色がすごいです

10865854_10154894295830246_2925709170916956093_o


IMG_1608


ホビットが出てきても不思議じゃない雰囲気


m_10


地上は苔に包まれていますので大きなカーペットの床が森林に広がっています。

ニュージーランドにはサルがいないのにサルノコシカケがある

これは木が死に始めていると現れます。本当に上に座ってみたら本当にカチカチに硬かった

m_11


ありがとうございます、以上はミミlogo2さんでした。



次回も楽しみに歩いてみましょう!



※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ


今までのミルフォードトラックシリーズ:

大自然の中をクルージング♪ミルフォードサウンドクルージング&マリナーオーバーナイトステイのご紹介

おはようございます、アユミです

すっきりと晴れているオークランド気温は6度と低めで、とっても寒く感じますが今日は1日いいお天気のようです
ここ最近曇りや雨の日が多かったのですが、金曜日の今日、そして、月曜日はクイーンズバースデーのため祝日となり、明日からの3連休の間はずっとお天気が良さそうです

さて、昨日のブログで、憧れのお城ステイというちょっと変わった滞在をご紹介しましたが、今日もまた南島のトピックスで、今度は、クルーズ船ステイをご紹介します
南島で最も人気といえるリゾート的な観光都市『クイーンズタウン』から、こちらも最も人気の観光スポット『ミルフォードサウンド』のクルージング
南島の南西部、フィヨルドランド国立公園に位置する、ミルフォードサウンド(入り江)へのクルーズツアーは、乗船場からのマイターピーク(Miter Peak)の写真が
多くの旅行ガイドやパンフレットなどで使われているので、皆さんもどこかで見たことがあるかもしれません

1238005_510015235752200_1026078559_n946962_510015269085530_1238885303_n

乗船後、クルーズを開始した船は入り江の中を進んで行き、途中、ウェアリー・フォールズとよばれる滝を見るのですが、私が行ったときは、雨が降った後の快晴のため虹が出ていました
そして、シールポイントという場所では、オットセイの群れを見ることが出来ましたそして、スターリング・フォールズという大きな滝の真下まで近づきます

1001256_510015429085514_1115578253_n1238232_4668344485696_1981049431_n547708_510015819085475_245557194_n

壮大で迫力のある山々を周囲に、滝やオットセイ、運が良ければペンギンやイルカなども見ることが出来る、ミルフォードサウンドのクルージングですが、
ここ最近、人気になってきているのが、 『ミルフォードサウンド マリナー オーバーナイトクルーズ』という、クルーズ船で1泊することの出来るツアー 

RJ_Vol9_95RJ_Vol9_68

通常のクルージングに加えて、カヤック、もしくは小型船で行く、周辺の散策もとっても貴重な経験となります
船は、客室やレストラン付きで、オーバーナイトクルーズは、レストランでのビュッフェディナーと朝食が付いてきます
クルージングとカヤックのアクティビティ、大自然の中で停泊する船の中での滞在の夜はニュージーランドの素敵な星空もお楽しみ頂けるかもしれません

催行会社であるReal Journeys(リアルジャーニーズ)が提供するイメージ映像があるので、宜しければご覧ください



どうですかミルフォードサウンド、行きたくなってきてしまいますよね
これから南島クイーンタウンへの旅行を計画される方は、ミルフォードサンドへのツアー、ぜひぜひ行ってみて下さいねっ

 ミルフォードサウンド1日観光 クイーンズタウン発(日本語ガイド付)の詳細・お申込はこちら

ミルフォードマリナー オーバーナイトクルーズの詳細・お申込はこちら

いつも遠くから見ていた”ランギトト島”へ行って来ました♪

おはようございます、アユミです

オークランドのオーシャンビューといえば、必ず皆さんの目に入るとっても大きな存在『ランギトト島』
今まで、実は、行ったことがなかったのですが、先日、ハイキングをしに行ってきたので、その様子をご紹介します

その前に少し、ランギトト島のご紹介を
ニュージーランドの長い火山活動の中で、オークランド周辺の火山地帯の中では最も新しく最大の火山地帯であるランギトト島は、
世界的にも貴重で最大の広さを誇る、クリスマスの木として知られている『ポフツカワ』の森や、シダ植物が生い茂る山道など、
珍しい自然の景色をご覧いただける場所として、たくさんの人に親しまれています

オークランドからは、ワイヘキ島行きやデボンポート行のフェリーでも有名なフェリー会社『Fullers』が、
平日は1日に3本、週末や休日は1日に4本、ランギトト島行きのフェリーを運航しています

20151114_12371220151114_122124

オークランドの街を離れて、約25分程度、あっという間にランギトト島に到着します
フェリーを降りてすぐに、島の全体図があるので、その日のハイキングコースや大まかな道順をチェックして出発です
※ハイキングコースを歩き始めると、長くて1時間はお手洗いがないので、出発する前に、必ずお手洗いに行っておきましょう

20151114_13541420151114_162127

私たちは、フェリーターミナルから、島の中心を通って山頂まで登るメイントラック(1時間程度)を歩いたのですが、
シダ植物や、映画に出てきそうな不思議な形をした木々などがうっそうと茂った場所や、まだ新しい火山を感じさせる、
大きな岩や細かい石ころがゴロゴロとした道など、思った以上に険しく、高低差のあるコース

20151114_12583920151114_13031720151114_131347

山頂までの道のりは、周りの景色を楽しむ余裕がなく、もくもくとのぼり続けていたのですが、歩き続けること1時間、ようやく山頂へ到着
素敵な景色が待っていました綺麗なブルーの海と島々、そしてオークランドの街が見渡せます

20151114_14074420151114_14101420151114_154804

この日は、とってもお天気が良かったので、山頂の広場でピクニックマットを広げて、のんびり自然を楽しみました

オークランドからすぐにいける大自然を満喫できる場所として、ランギトト島のハイキングはとってもお勧めです

グレノーキー半日観光 お客様からのお写真

先日、グレノーキー半日観光ツアーに参加されたお客様 K様より
お写真をご提供頂きました。

BlogPaint








この日、とてもお天気が良くツアー日和でした。





BlogPaintBlogPaint
こちらの2枚は、ロードオブザリングの撮影地で


夫婦で
ご夫婦お二人の素晴らしいお写真は、本当に絵になります。


ツアーをとても満喫された様です。


先日のブログでお伝えしましたが、
簡単にはこのグレノーキー パラダイスへ行けないので、是非ツアーで行かれる事をお勧めします
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ