タグ:子供連れ

こんにちは、アユミです

先日、5月末に結婚2周年を迎えまして、数か月ぶりに、家族で夜に外食をしてきました

ロックダウンに入る前から、私達夫婦の好きなビュッフェ形式のレストラン、
Cordis Auckland のホテル内にあるEight Restaurantを予約していたのですが、
ロックダウンがいつ解除されるのか、レストランは再オープンするのか、オープンしてもビュッフェお食事は、危険かな、、、
とあれこれ考えた結果、直前に警告レベルが2になり、外食が出来るようになったものの、
やはり、ビュッフェスタイルのレストランには、衛生上よくないという判断からか、エイトレストランの特徴である、
対面式キッチンで、その場でお肉を焼いてくれる、とか、パスタを作ってくれるとか、そういったのが提供出来ない!!となり、
泣く泣く、今回のエイトレストランでの食事をあきらめて、別な場所に行くことにしました

そこで、私達が選んだのが、『MASU by Nic Watt』という、スカイシティグランドホテル内にある、ちょっとこじゃれた日本食レストラン

お刺身やお魚など、新鮮な食材を使用した創作料理と、日本の伝統の炉端スタイルの調理方法を用いたレストランで、
以前から気になっていたのですが、ちょっとお高めの印象が強かったので、なかなか行く機会がありませんでした

せっかくの記念日なので、奮発っと思い、こちらを予約して、いざお店へ
メニューも豊富で、どれがいいのか選べなかったので、『SHOMI MENU』というコース料理を頂きました

最初に出てきたのが、刺身スパイシーマヨタコス、お刺身3種盛り合わせ
厚めに切られた新鮮なお刺身、そして軽くて食べやすいタコシェルの中にサーモンのお刺身とフレッシュなお野菜、さっぱりとしたドレッシング

20200529_18360120200529_183608

次に出てきたのは、和牛&たくわんの天ぷら巻き ワサビアイオリソース

20200529_185725

次は、ポークキムチ餃子、カリフラワーの天ぷら 抹茶塩
ビールにとっても合うピリ辛の餃子と、サクサクの衣と抹茶塩の風味がおいしく、懐かしい味の天ぷら

20200529_190705

次は、キングサーモンの照り焼き
分厚い身がプリプリ、味がしっかりついたサーモン

20200529_191902

次は、南ワイカト ラムカツレツ コチュジャンソース ローストクマラ添え
お肉はとっても柔らかく、あまり大きくはないけど、食べ応えのあるお肉でした

20200529_193324

そして、最後に、アイスクリームやフルーツがたくさんのったデザートプラッター

20200529_20005920200529_200035

なんとなんと、記念日での利用だったので、お祝いのプレートまで出してくれました

20200529_195930

目で見ても素敵な盛り付けのお料理と、たくさんの種類を楽しめて、お腹もいっぱい大満足のコースメニューでした
これで、1人88ドルなので、日本円だと6000円弱くらいですかね
お値段もお手ごろで、とってもおしゃれで美味しいお料理、素敵な記念日ディナーになりました

そしてそして、余談ですが、レストランについて受付をしたときに、うちの1歳2か月の娘に、
折り紙とお絵かきセットを下さって、娘はお絵かきなんてまだ出来なかったのに、とっても楽しそうに遊んでました
お子様連れにも優しいレストランなので、安心して、お子さんを連れていけますよ

BlogPaint20200529_185311

機会があったら、ぜひぜひ、行ってみてくださいね

Winter Campaign Banner  (1)

こんにちは、アユミです

最近、毎日とってもいいお天気なので、健康のため、ランチのあとに街の中を散歩しているのですが、
オークランドの街中、アオテア・スクエアを通りかかったとき、なんだか異様な光景を目にしました

これ、遠くからみると、アオテア・スクエアのど真ん中に立てられた、要塞のような、秘密基地のような、お化け屋敷のような、、、

20190123_135347

少し近くによってみます。。。。

20190123_135054

錆びた鉄板で作られた、平屋の建物、、、昔、寂れた地方都市にあった、巨大迷路を想像させるような建物です。。。。。

反対側から、親子が何人か、その建物から出てきたので、そっちへいってみると、入口が

20190123_135210

あたりをみまわしてみると、、、ありましたっ、チケットブース

20190123_135143

大きな文字で、《1000 DOORS》って書いてあります

20190123_135116

これは、2019年1月10日から2月6日まで、開催されている、アトラクションで、
この要塞のような建物の中には、たくさんのドアと、ユニークな装飾が施され、
迷路のような、また、いろいろな時代をわたって歩き回るタイムトラベラーのような、
また、少し気味の悪いお化け屋敷のような感覚になる、アトラクションなんだそうです

入った人の想像力と、行動によって、決定されるその楽しみ方はさまざま

大人から子供まで楽しめる、このアトラクションは、
予約不要、1名10ドル、制限時間30分、朝10時から楽しむことができます

今、とっても人気が出てきているそうで、金曜日と土曜日は、閉館の時間を、通常の夜8時から、11時へ延長して営業しているそうです

今週末までが、スクールホリーデーだそうなので、たくさんのお子様連れで賑わいそうですね

詳細を知りたい方へこちら

興味のある方、ぜひぜひ、いってみて下さい

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

このページのトップヘ