素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

市内観光

クイーンズタウンで巨大なオーロラに遭遇!

KIAORA!最近ついてるのりかです

先週末、有休をいただき人生初クイーンズタウンに行ってきました

私の夢を沢山叶えてくれたクイーンズタウンでのお話をさせていただきます。

まず、到着したのは4月22日。
お昼の12時20分にNZ617便で到着しました。
ホテルのチェックインが15時なので時間がたっぷりありました
なので、空港送迎+市内観光をお願いしました。

そこでの写真がこちら!
DSC05841

DSC05909

DSC05903

DSC05846

DSC05894
DSC05907


鳥たちのさえずりとそよそよふく風に、落ち葉のいい香り。
こちらのこの鳥パラダイスダックという鳥で、
一生同じ伴侶と生きていくそうです。
もし片方が死んでしまったら、残されたほうはずっと一人で生きていくんですって

そんな素敵なお話素敵な場所をベテランガイドさんに紹介してもらえました

【クイーンズタウン空港送迎】
市内観光もご希望の方は別途お問合せください。

夜はスカイラインゴンドラに乗り、おいしいと噂のストラストフェアのバッフェをがっつり
ベニソン(鹿肉)のステーキもありました。
噂どおりめちゃめちゃ美味しかったです!

食事を終えたあと、ゴンドラの下に20時00分にガイドさんと待ち合わせし、いざ!星空観賞へ!

私設天文台に向かう道中ふと「オーロラを見るのが私の夢なんですけど、今日まさか出ませんよねぇ」とつぶやくと車を止めてなにやら山のほうを眺めだすガイドさん

「でてる!!!!!」

えええええええ!!!!!

車をUターンし、オーロラが観測できる秘密の場所へ急いで移動!

早く!!早く!!!!

そして、人生初の巨大なオーロラと満天の星空が私達を包んでくれました。

_MG_6205 - 1


ぎゃーーーー!!!!

21h22m -2 - 1



その後も約2時間ほどオーロラはどんどん巨大になり続け、
ガイドさんいわくこんな大きなオーロラは珍しいとのこと。

オーロラを見るのが昔からの夢でイエローナイフ(べた笑)か南極(遠っ)にいくしかないのかなぁ、
でもお金かかるなぁなんて思っていたらクイーンズタウンであっさり叶ってしまいました

オーロラだけでなくこんな満天の星空も人生で見たことがないので、大はしゃぎしてしまいました。
巨大な流れ星も一体何個見たんでしょう。。。お願いごとすることすら忘れてずっと空を見上げていました。
南十字付近の天の川

06 Aug 24h02m -1


それもこれも全部このベテラン天文ヲタクガイドさんのおかげです!!!

オーロラの出現は自然のものなので確約はできませんが、
クイーンズタウンにこれから行かれる方、星空観賞は必須です!!!

【南天の宝石めぐり星見ツアー(日本語ガイド付】

ホテルに戻ってもう一度空を見上げてみましたが、全然見えませんでしたからね

みなさんがクイーンズタウンに行かれるときは晴天であることをお祈りしておきます

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



贅沢な市内観光♪

皆様お早うございます。オリジナルNでございます

湿気が凄く本当に日本の真夏の様なオークランドからのカキコです
(とは言え気温は30度前後なので日本の真夏に比べると可愛いんでしょうね・・

そんな中、会社の目の前で信号待ちしていると「ウォッ」て車が目抜き通りのクイーンストリートに現れたので持ってた携帯カメラで撮影

IMG_20160203_111755


これはJTBニュージーランドでもご案内しております「オークランド アドベンチャー ダック」と言う「水陸両用車でご案内する市内観光」のバスです

目抜き通りのクイーンストリート等街の中心部を「陸モード」でご案内の様子を運良く見れた様子です

私は実はこのオークランドの物は乗った事が無いのですが、15年ほど前にオーストラリアのゴールドコーストで乗った事がありまして、非常に贅沢な観光だった記憶があります

通常市内観光と言えばバスで巡り、海からの観光は又別にクルーズツアーに申し込んで・・・となりますが、このオークランド アドベンチャー ダックは約1時間の工程でどっちもやってしまおう!と言う贅沢でそしてお得なツアーです

水陸両用なので通常の街中の市内観光を終えた後はそのまま海にザブーンと入ってそこから先は船として「帆の街オークランド」のウエストへブンマリーナに沢山浮かぶヨットやハーバーブリッジをご堪能頂けます!

実はこの会社、世界各国にございまして、テーマは「アヒル」

と言う訳で、「グワッ グワッ」と言う声(?)が至る所から聞こえてきますのでご愛嬌!

このツアーは こちらからお申し込み頂けます!(海に入る瞬間の画像も掲載してますので是非ご覧下さい!)

初夏!

久しぶりに良い天気の週末だったのでミッションベイに行ってきました。

mission


見ると誰〜も居なさそうですが、実は私の周りには人がウジャウジャ。

この写真撮影の後に水着に着替えて普通に泳ぎ始める方も居ました。

ついこの間雪景色のマウントクックの記事を掲載したと思ってたらあっという間に初夏で早い家族は
海水浴。目の前にはランギトト島が広がります

しかし朝晩はまだ冷えますので春をちょっと越えたって感じのオークランドです。
私達一家はさんざ貝殻を拾って(ホタテの貝殻がそこら中一杯)風鈴を作りました

ちなみにこのミッションベイはオークランド市内観光に含まれて降りますので是非ご参加下さい

オークランド市内観光が今ならお得なお値段で参加できます!

Grayline社主催のオークランド サイツツアーは、午前9:00頃〜12:00頃/午後14:00〜17:00頃
の2つからお選び頂けます。

untitled



ハーバーブリッジ(車窓)
パーネル(下車)
オークランド博物館(下車)



213















もっと詳しい内容を知りたい方は、こちらをクリック





今なら、何と通常$74のところ、2013年9月までお一人様$59でご参加できます。
英語のドライバーのみですが、日本語テープのヘッドセットがあるので安心です

お申込みは、こちらからお問合せくださいませ。

人気ブログランキング
応援宜しくお願いします!

★JTBニュージーランド 研修生ブログ オークランドシティ ハイライトツアー

こんにちは☆
今回はニュージーランド、オークランドシティ・ハイライトツアーに参加させて頂きました(*^^*)
オークランドの主な観光都市を約3時間に渡り観光します。(主に車窓観光)
今日は生憎の不天候でしたが、とても楽しめました♪

BlogPaint







New Picture















“英語分からない”という方でも大丈夫
日本語、スペイン語、北京語での音声案内が用意してあります。







バスの運転手さんが終始ガイドもしてくれるのですが、
英語に不慣れな私たちにも丁寧に話して下さり、何とか聞き取れました☆






本日の行程は、まず「フリーマンズ・ベイ」や「ポンソンビー」と呼ばれる住宅地を通り、
海にかかるハーバーブリッジを渡ります。

New Picture (3)











ハーバーブリッジからは街のシンボル“スカイ・タワー”を見ることが出来ます。








港の周辺を回った後、イーデン山山頂に上りオークランドを一望します。
山を下りたら今日一番の見所!オークランド博物館で停車します。
入場いしない人も博物館周辺の緑多い公園を楽しめます♪

オークランド博物館は1852年に建てられ、ニュージーランド初の博物館になります。
正式名称はオークランド戦争記念博物館。
オークランド・ドメインの中にあり、重厚で立派な建物が特徴です。
入場料はNZ$5の寄付制というのが申し訳ない程の質の高い展示内容です!



New Picture (4)New Picture (5)






















マオリ文化コーナーや戦争記念ギャラリー、自然のことも学べ、1日居ても飽きません!

博物館出発後、ワン・ツリー・ヒルで下車します。
頂上からはオークランド市内を一望でき、スポーツやピクニックには最適☆
敷地には放牧された牛、カモ、羊を見ることが出来るかもしれません(*^^*)



New Picture (6)








ワン・ツリー・ヒルと
ランギトト島のコラボレーションも見れます。


そしてオークランド市内観光ツアーも終盤に...
ツアーデスク又は宿泊のホテルで下車することが出来ます。

私は午後のツアーに参加しましたが、午前中に催行されているツアーの場合は、ミッションベイというビーチの後に、ケリータールトンズという水族館を見学するオプションもあります。

ご興味のある方、詳しくはオークランド マイバスセンターへお問合せ、または、ホームページへお問合せ下さい。
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

 ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ