素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

活火山

ニュージーランド特有の地熱地帯を歩く《オラケイ・コラコ》地熱パークにいってきました!

こんにちは、アユミです

昨日紹介した、タウポ湖からのフロートプレーンに乗って、約30分ほどの遊覧飛行の後に辿りついたのが、
タウポの中でも最大級の地熱パーク とても魅力的な場所として知られる オラケイ・コラコ(ORAKEI KORAKO)

20180318_115944

タウポは、活火山であるタウハラ山の地熱活動による地熱発電の活発な地域の中心部に位置しているため、
オラケイ・コラコのような、ニュージーランドの独特な地熱活動を、ご覧頂くことが出来ます

カフェのある施設から、小さな船に乗って、対岸の地熱地帯へと進みます

20180318_12053720180318_12101020180318_121227

船が到着した対岸には、もうすぐ目の前に、太陽の光を煌々と跳ね返す、広大な地熱の岩と、その活動を見ることが出来ます

20180318_121616

地熱地帯の上に作られた遊歩道を進んでいくと、なんとも強烈な色の地熱帯の姿が

20180318_12170220180318_121740

さらに奥に進んでいくと、世界最大級のシリカ(二酸化ケイ素)の段丘と23を数える間欠泉、
ぽこぽこと熱気をわきだしている泥の沼などが現れ、

20180318_124655

さらに奥へいくと、Rautapu Caveという名前の、世界で唯一ともいわれる地熱洞窟で、世界にある二箇所のうちの1つをご覧いただけます

20180318_12354120180318_12362320180318_123705

世界的にも結う目否、地熱パークを囲む景色は、壮大で、息を飲む景色のものもあれば、
とても不思議なもの、目を奪われるものが豊富にあります

地熱パークに設置された遊歩道は、1時間〜1時間ほどでみてまわることが出来るので、
滞在時間の少ない人や、小さなお子様ずれの方でも、充分に楽しむことが出来ます

タウポの街中からだと、車で約30分ほど、かかるので、ぜひ、遊覧飛行と一緒にお楽しみ下さい




※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランドの活火山ハイキングに挑戦しました♪

おはようございます、アユミです

ニュージーランドといえば、温泉や奇岩が造る自然美などがとっても有名な、火山の爆発によって出来た国
その自然を楽しむのに、ニュージーランド北島では、休火山であるオークランド沖のランギトト島や、タウランガのマウントマンガヌイでのハイキングが人気です

そして、多くの人が知っている北島の活火山、トンガリロ国立公園のルアペフ山では、トンガリロクロッシングという全長19.4kmのトレッキングコースが人気ですが、
北島にはもう1つ、ニュージーランドで最も大きな活火山、ベイオブプレンティにあるホワイトアイランドという島で、ハイキングが出来るということで、
クリスマス休暇を使って、チャレンジしてきましたその様子を、ご紹介いたします

オークランドから車で南へ約300km 3時間半ほどのところにある、ファカタニ(Whakatane)という街から、
ホワイトアイランドへのツアーが出ています



ファカタネの街の中心にオフィスのあるWhite Island Tours(PEEJAY)という会社が催行するツアーに参加してきました
受付で予約を確認した後、活火山をトレッキングするすこーしだけ危険なツアーなので、万が一のことがあったときのための注意事項が記載された、
リーフレットをしっかりと読んで、ツアー参加のための同意書にサインをして、出発です

20151226_07170720151226_07102620151226_072045

フェリーというか小さめの船に乗って、周りの景色を楽しみながらクルージングを楽しむこと約1時間30分
私はとっても楽しかったのですが、船の揺れに、ぐったり酔ってしまう人が多かったので、船酔いをしそうな方は、必ず乗船前に、酔い止めを飲んで頂くことと、お水を持って乗船することをオススメします

ホワイトアイランドが船の目前に迫ってくる頃、ツアーのスタッフより、ガスマスクとヘルメットが配られます
ここが、ホワイトアイランドのすごいところっ普通のハイキングだったら、ガスマスクやヘルメットなんて持っていかないですよね
今でも煙のあがる活火山、安全のために、ガスマスクとヘルメットを常に着用してハイキングをします

20151226_07563520151226_09075720151226_090941

ホワイトアイランドに近づくと、今乗ってきたフェリーでは、上陸できないので、モーターの付いた小さなゴムボートに乗って、少人数ずつ上陸します
これもまた新しい体験で、とっても迫力があって楽しいです

20151226_09223120151226_093510

ツアーガイドから、ハイキングの際の安全上の注意事項をしっかりと聞いて、ハイキング開始

20151226_09440020151226_094939

ごつごつとした岩肌や煙の上がる場所、硫黄のように黄色くなった場所など、その迫力はものすごく、今にも、どーーーんと爆発しそうな感じすらします

20151226_10232720151226_10070320151226_101056

昔はここに、硫黄工場があったそうですが、今では廃墟となっており、誰もここには住んでいない無人島となっています

20151226_10565020151226_10570420151226_105905

現在は、この島の数箇所にビデオカメラが設置されていて、常に火山の状況をモニターするようにしているそうです
そして、島のいたるところに、木やプラスティックで出来た棒がささっていて、今でも観測に使用されているそうです

ハイキングはおよそ1時間程度、アップダウンはあまりないので、お子様でも安心して参加できます

帰りのフェリーでは、ランチボックスが配られ、クルージングをしながらのランチと、運が良ければ、ドルフィンウォッチングをすることが出来ます

朝から約4時間程度の半日ツアー、午後の出発もあるので、朝オークランドを出発した場合でも参加できます
短い時間の間で、貴重な経験がたくさん出来る、ホワイトアイランドのハイキングツアーは、ニュージーランドの自然を楽しむのに、とーってもオススメです

ファカタネまでは、インターシティのバスも出ていますし、ツアー会社のオフィスは、宿泊施設もあるので、
どなたでも簡単に、旅行をすることが出来るかと思います

ホワイトアイランドのハイキングツアー、ぜひぜひ、参加してみてください

ホワイトアイランドハイキングツアーの詳細はこちら(英語のみ)
※予約等ご希望でしたら、ぜひぜひ、アユミまでご相談下さい!
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ