素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

海外旅行保険

海外旅行に行くとき、海外旅行保険は絶対に入ったほうがいいですよ、というお話です!!

こんにちは、アユミです

日本では、台風13号が関東地方、とくに千葉、東京、茨城あたりを、8日今夜通過するそうで、
雨や風でけっこう大荒れなお天気が予想されると、昨日のニュースで聞きました

0c013bf512139848c7f3d89b91e7c0f4_s

私の実家も関東地方ですし、台風や悪天候の影響で、東京周辺の交通機関の乱れがどんなもんか、
家から仕事に行って、帰ってくるまでの疲労感といったら、もー大変なもんだというのは知っているので、
早速昨日、実家の家族に連絡をして、安全確認、無理をしないでねと伝えたのですが

やはり今日、予期していたことが起こりました
今日8月8日ニュージーランド航空NZ99便 オークランド発 成田行の欠航および、
それに伴う夜発NZ90便 成田発 オークランド行の欠航の確定が、今朝ニュージーランド時間の9時頃の時点でアナウンスされてました

ちょうどお盆休みの前なので、今日、日本出発の旅行者の方も多くいらっしゃったかと思います
今日ご出発でなくても、明日や、明後日のお天気の動き、フライトの出発可否もとっても気になるところですよね
ご出発までの数日前から、出来る限り、フライト情報などを、チェックしておかれることをおススメいたします

35dbac9096f37d0c83f82bc4276f497a_s

そしてさらに、とっても大切なのが、海外旅行にいく際には、必ずといって良いほど【海外旅行保険へのご加入】をおススメいたします

今回のような急なフライトキャンセルに伴う空港付近での宿泊や、その後に予定していたアクティビティへのご参加のキャンセル、
すでにキャンセル料が発生する期間に入ってしまったのに、飛行機の遅延やキャンセルのせいで、止むを得ず参加できなくなってしまったとき、
それだけでも悲しいので、できれば、支払ったお金は、払い戻してもらいたいですよね

天候理由による航空便キャンセルや遅延は、航空会社でも予期出来ぬものとして、
無料での振替は出来るものの、その日は飛行機が飛ばず、翌日に振替になったり、ましてや返金の対象となることはとっても難しく、
それに付随する費用もカバーしてくれる金額に上限があるので、こういうときに、【海外旅行保険に入っていない】と、とっても悲しいことになります

【海外旅行保険へのご加入】と一言で言っても、
補償対象に限りがあったり、基本プランの中に、本当に大切な保障が含まれていない場合があります

それは、おそらく
・飛行機遅延時の保障
・受託手荷物遅延もしくは紛失
・携行品損傷
という海外旅行には一番可能性として起こりえることに対する保障です

怪我や病気などは、ある程度、本人の状態により、なんともないって分かると思うのですが、
天候理由による飛行機遅延や、空港スタッフの人為的ミスによる受託手荷物遅延、紛失、
現地でのアクティビティさん家事の携行品損傷は、誰も予期することが出来ないこと、それでも起こる確率は比較的高いものなのです

そこで、これから海外旅行に来られる皆さん
今からでも遅くないです必ず、海外旅行保険に入ってから、ニュージーランド旅行に来て下さい

そして、JTBニュージーランドで取り扱っている、
【サザンクロス 海外旅行保険(Southern Cross Travel Insurance )】は、入会したその日から適用され、
オークランド現地マイバスデスクでも加入可能、そしてお電話でも加入可能なのです

Southern Cross

お名前、生年月日、渡航査証種類(ビザ)、ご滞在期間をお知らせいただければ、すぐにお申し込みが出来て、お支払はクレジットカードでOK

海外旅行保険、入ってくるの忘れてしまった、という方は、ぜひ、オークランドマイバスセンターまでご連絡下さい

お問い合わせ先(電話):JTB マイ保険デスク 09-379-6415 ※平日 午前9:00〜午後5:30
お問い合わせ先(ウェブサイト):MY保険担当(← クリック!!)

安心で安全な海外旅行をお楽しみ下さい


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


ニュージーランドランキング

体調が悪い!そんなときは?〜オークランドの医療事情〜

おはようございます、アユミです

先月、ニュージーランドに来てから初めて、花粉症でもなく、なんらかのアレルギーで、目のかゆみ、腫れ、そして鼻水に悩まされ
目の専門医からは、この時期から急激にアレルギー性の物質が増えて、その症状にかかる人が多いんだよ〜、ニュージーランドはアレルギー大国だからね!と
恐ろしいことを言われ、来年もまたなるだろうから対策はしっかりねっとアドバイスを頂きました

cc43c9094f3e86a73b4a192ca4ff9ac3_s95c39f5525d66d932f56ec075481cc33_s

これからニュージーランドに来られる方で、アレルギー性の鼻炎や花粉症などの心配がある方は、予防の為の対策とお薬、そして
日本からポケットティッシュをたっくさん持ってきて下さいね日本にあるような、しっとりとした素材のティッシュはこちらにはないですからね

さてさて、アレルギーやら風邪やらで、この冬はわりと、病院にお世話になることが多かったので、
オークランドの医療事情に関して、私がオークランドへ来てから、体験したことを、ご紹介したいと思います

ニュージーランドは、日本の医療制度とは少し違って、GP(ジーピー)と呼ばれる一般開業医、Specialist(スペシャリスト)と呼ばれる専門医、総合病院などの病院(Hospital)、
処方箋の取り扱いをする薬局、そして検査機関の5つの役割があります

なので、こちらに来て、普通の英語で、『I want to go to "Hospital"』とか『I went to "hospital"』とかいうと、
『おっ?』という顔をされたり、よほどの体調不良か病気か何かかと思われちゃいます
日本でいう一般の病院は、GP(ジーピー)と呼ばれるクリニックで、まず、病院にいきたいっと思ったら、GP(ジーピー)へ行くことになります

海外旅行や長期滞在の際は、ほとんどの方が海外旅行保険に加入して来られると思います
風邪かな、体調が悪いな、頭痛がするな、、、そんなときは、保険会社経由で日本語通訳さんをお願いし、
そちらからGPの予約をすることによって、キャッシュレス&日本語通訳付きで、診察を受けられる場合があります
但し、ご加入されている保険会社の規定によりますので、必ず確認して下さいね

私が利用した日本語通訳さんのいる会社は、こちらです
Picture1Picture2
日本語通訳さんが一緒に診察を受けてくれるので、英語がわからなくても安心です

海外旅行保険に加入されていない場合、もしくは保険でカバーされない場合は、GPの診察料がおおよそ、60ドル〜90ドルほどかかりますので、カバーされる保険を選ぶのもコツですね
また、この診察料は、ニュージーランドに2年以上住むか、もしくは、トータルで2年以上滞在可能なビザがある人は、
GP登録といって、かかりつけのGPを決めることにより、診察料を安くすることが出来ます

GP(ジーピー)で診察を受けたら、処方箋を受け取り、近くの薬局で、薬を受け取ります
薬代は別途お金がかかり、おおよそ30ドル〜70ドルほどかかる場合もあるので、これも、保険でカバーできるかどうかチェックですよ

私は、このGPでも、目と鼻のアレルギーが治らなかったので、GPより紹介を受けて、Specialist(スペシャリスト)と呼ばれる専門医へいってきました

Specialist(スペシャリスト)とともなると、予約をとるのも大変そして、待ち時間も長いそしてそして、診察料は、なんとなんと240ドルもしました

なんとなくお気づきかと思いますが、こちらで医療を受けようと思うと、とってもお金がかかるのです

なので、これから留学をされる方、移住したいなとお考えの方、御旅行に来られる方は、必ず、保険に入ってこられること、
そして、治せるものは日本治してくるっということをオススメします

ちょっと、長くなってしまいましたが、気になる医療事情に関して、ご紹介をさせて頂きました

今後の皆様の、ニュージーランド渡航の参考になると嬉しいです

プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ