素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

湿気

ニュージーランド旅行 夏の天敵!サンドフライ対策について

おはようございます、アユミです 
いつも、ブログをご覧頂きまして、本当にありがとうございます

日中の最高気温が20度前後になる日が多くなり、次第に夏を感じるようになってきました
去年の夏は、12月頃まで、まだ寒い〜と言っていた記憶があるので、昨年に比べたら、暖かくなるのが早いようにも感じます

さて、そんな季節、ニュージーランド旅行をされる方へ、お気をつけ頂きたいのが【サンドフライ(Sandfly)】
先日、このサンドフライについて質問をいただくことがあったので、こちらで少しご紹介いたします

サンドフライ(英語:Sandfly)は、日本でいうブヨやブユのようなもので、見た目は蚊よりも少し大きいハエに似た姿をしています

温暖な気候、そして湿気の多いところを好むサンドフライは、ニュージーランドだけではなく、オーストラリアやカナダ、アメリカ、南米などにもいるそうですが、
ニュージーランド国内では、オークランドのような都市ではなく、ニュージーランド旅行で最も人気のある観光地のひとつ『ミルフォードサウンド』や、
南島の西海岸沿いに地域に多く生息しているとのこと

刺されるとチクッとした痛みのあとに、その箇所が赤く腫れ、ものすごい痒みに襲われるそうなので、
ミルフォードサウンドへの観光や、ハイキング、トレッキングに行かれる際には、きちんとした対策が必要です

街の薬局には、数種類のサンドフライ対策のスプレーや塗るタイプの薬が売っていました

DSC_0011DSC_0010DSC_0009

パッケージにも書かれているDEET(ディート)という昆虫などの忌避材として用いられる薬品を主成分とするこれらの虫除け剤は、その割合が高いもので80%、低いもので20%のものがあります
しかし、肌や人体への副作用も考慮され、日本の虫除け剤では10%前後や低いもので5%程度のものが多いとか

短期間の旅行での虫除け対策には、現地の薬局で販売している、BushmanやRepelのような虫除け剤をお勧めいたしますが、
出来る限りDeetの値が低いものや、日焼け止めの成分も混ざっているものを選んで頂くほうがよさそうですね

そのほか、サンドフライは、柑橘系の匂いを嫌うそうなので、柑橘系の匂いのあるボディクリームや香水なんかを一緒に使用してもいいかもしれませんね

そして、万が一刺されてしまった場合に塗る薬も薬局で販売しているので、サンドフライ対策には、現地の薬局でこちらのパッケージを探してみて下さい

DSC_0012

その他、ハイキングやトレッキング、ミルフォードサウンドへの観光へ行かれる際は、長袖、長ズボン等で、肌の露出を少なめにしていただくことをお勧めします

日中は気温が上がり、暑苦しくなることも考えられるので、薄手のものを重ね着して、脱いだり着たりが容易に出来る服装をするのが良いですね

この夏、ニュージーランド旅行で、とくにミルフォードサウンドやハイキング、トレッキングをお考えの方は、
サンドフライ対策をしっかりして頂き、楽しいご旅行にして頂けたらな、と思います

5月14日現在のオークランドの服装

ここ1週間でグッと朝晩寒くなって来ました。

写真は本日5月14日現在のオークランドの様子です。

Dsc01413

さすがにTシャツ&短パンで歩く人は少なくなりました(でもタマに居ます!)

Dsc01417

私を含むアジア系の人はジャケット着用です。

これから寒くて長い冬がやってきます。現地在住民の冬と言えば「湿気&カビとの戦い」が始まります。

冬に日本に帰ってドンキ等に行くと「ペットボトルが使える加湿器」等が山盛りで「冬=乾燥」のイメージがありますがここニュージーランドは全く逆で、油断すると室内の湿度90%超えで浴室の天井がカビで真っ黒なんて事になります。

と言う事で「ニュージーランドの冬=除湿機」が基本です

私の家の朝一番の儀式は全部屋の窓に溜まった結露をゴムのヘラで取る事です。(3ドルショップで日本製のペットボトルの先に装着するゴムヘラを購入しまして、これが又超便利中に溜まった水を見るとちょっと快感

私の家は古いので窓枠が木の為、この儀式を怠ると即効で窓枠&カーテンにカビが・・・・・

去年の冬は除湿機を2時間回したら2リットルの水が取れました(ま、これもちょっとした快感なんですけど
と言う訳で「日本からお越しの際は暖かい格好でお越し下さい」は基本ですが、「空気が乾燥して風邪を引きやすいので・・」は有り得無いニュージーランドからの現地情報でした!
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ