素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!

紙の大聖堂

第2弾♪何して過ごす?クライストチャーチの街のご紹介!

こんばんわ、アユミです

南島出張旅行の最終地点は、クライストチャーチ
地震後、数回、訪れていますが、なかなかまとまった時間がなかったので、じっくりと街を見て回るのは、久しぶりです

出来る限り、いろんなものを見てこようと歩き回ってきたので、クライストチャーチの街の過ごし方を、少し、ご紹介したいと思います

ハグレー公園
『ガーデンシティ』とも呼ばれるほど、市内にたくさんの公園や、自然が綺麗な景色をもつ場所がたくさんあるクライストチャーチ、その中でも、とくに人気の公園
地図で見ると、クライストチャーチの市内中心部に匹敵するほどの広さのハグレー公園は、面積が約165ヘクタールもあり、
その中には、公園を南北に分けるエイボン川が流れ、ボタニックガーデンには、季節ごとに様々な植物や花々が咲いています
とくに夏には中心にあるバラ園のバラが大変美しく、たくさんの人が訪れます
また、このバラ園の近くには、新しく『Ilex -アイレックス-』という、ビジターセンターとカフェが併設された建物が出来ていて、
ガラス張りの大きな窓と白を貴重とした建物がとても素敵で、緑に囲まれながらゆったりとランチやティータイムを楽しむことが出来ます

20160115_11512420160115_11562920160115_115448
 
 モナ・ベール
美しい庭園を持つモナ・ベールは、震災の前は英国風の美しい建物が特徴的な場所でしたが、現在は、修復中となっており、その館をみることは出来ません
しかし、敷地内を流れるエイボン川の景色や、ハグレー公園と同じくしてこちらにもあるバラ園、そして、蓮の花の咲く池など、ガーデンシティの
一部としての美しさは、今でもそのままご覧いただくことが出来ます

20160115_16215720160115_16222120160115_162649

 パンティング オン エイボン
クライストチャーチ市内を流れるエイボン川を英国調のボートに乗って、のんびりと遊覧するアクティビティ
日常とは違った雰囲気の中で、緑の木々に囲まれた景色をお楽しみ頂けます

20160115_09284720160115_093733P2

 Re:Startモール
震災後、新しいショッピングモールとして登場した、リスタートモールは、輸送用コンテナーを利用した独特な雰囲気のショッピングモール
カフェやお土産ものやさん、スポーツ用品や雑貨などなど、たくさんの種類のお店が並び、朝早くから夕方頃まで空いているお店もあります

20160115_08485320160115_08475720160115_090517


 カンタベリー博物館
ハグレー公園の入り口に位置するカンタベリー博物館は、毎日、朝9時〜5時頃まで開いていて、どなたでも無料で入館することが出来ます
1階と2階に分かれて、ニュージーランドの歴史や、マオリ民族について、伝統のアートや建物、服装などなど、様々な展示を見ることが出来ます

20160115_09422120160115_100700>20160115_100724


 トラムウェイ シティツアー
震災後、2013年11月に一部の区間で再開したトラムは、クライストチャーチの街の中をゆっくりと移動しながら、
車窓からのシティの景観を楽しむアクティビティの1つとして、今も多くの人に楽しまれています

20160115_10214120160115_102502

 紙の大聖堂
街のシンボルであったクライストチャーチ大聖堂の震災でのダメージから、多くの人の要望があり建てられた、紙の大聖堂
日本人建築家の坂 茂さんの手により設計され、2013年に公開されました
全て紙で出来ているとは思えないほどの、しっかりとしたつくり、そして、カラフルなステンドグラスが特徴的で、この教会は、
特別な加工が施され、約50年の耐久性があるといわれています

20160115_13443220160115_13454020160115_134615

このほかにも、震災後から大きな変化を遂げているクライストチャーチは、お子様連れのお母さんにも
楽しんで頂けるキッズパークが出来ていたり、新しいショッピングモールが出来ていたりと、これからも、次々と
新しいものが出来上がり、活気のある街へと変化をしていく予感がたくさんしました

まだまだ、完全に元通りになるまでには、多くの時間を要するかとは思いますが、ニュージーランドの観光地としては、
注目し始めてもいいのではないかな、と感じました

以前のクライストチャーチを知っている方はとくに、まだ行ったことのない方も、ぜひ、クライストチャーチに
注目して頂き、ご旅行をされてみてもいいかと思います

クライストチャーチの新たなシンボル『紙の大聖堂』のご紹介♪

こんにちは、アユミです

2011年2月22日に発生したカンタベリー大地震から、もう4年がたった今、
多くの方からクライストチャーチはどうですか〜というご質問を頂きます

オークランド在住の私も、2013年8月と2014年3月にクライストチャーチを訪れましたが、
2013年のときはまだまだ工事現場や足場が組まれた建物、通れない道がたくさんあり、
2014年には、それが少し減り、タクシーの運転手さんが、『旅行するお客様が少しずつ戻ってきてるね』と、
嬉しそうにお話をされていたのを覚えています

2014年末にクライストチャーチをご旅行されたお客様からも、
『思ったよりは復興が進んでいますよ』、というお声や、『ちょうど満開のバラの時期で、公園でのんびりしました』
というお声を聞くほどですので、ぜひ、これからクライストチャーチに行ってみようかなとお考えの方に、
ぜひおススメしたい場所を、ご紹介いたします

地震により崩壊したクライストチャーチ大聖堂の代わりに建てられた『仮説の紙の大聖堂』

仮設大聖堂2P1000065DSCN3572

日本人建築家の坂 茂氏によって建設されたこの教会は、以前の教会が崩壊したのち、
地元の方々からの強い要望を受け、無償でデザインをされたものだそうです

特殊な紙管が使用された教会は、防水と難燃加工が施され、耐久性にも優れたもので、
この先、50年以上も持つのではないかと言われているそうです

入り口のステンドグラス、そして天井や祭壇、十字架までも全て紙でできたこの教会、
お写真ではなかなか伝わらないので、ぜひ一度、クライストチャーチを訪れた際に、
中をしっかりと見てみたいと思います

紙の教会の場所はこちら




プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ