素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

英語

2種類のバージョンがあるNZの国歌!

みなさん、ごきげんよう! Yuyaです(*・ω・)ノ

ニュージーランドの国歌、実は世界的に珍しいのですΣ(・ω・ノ)ノ Σ(・ω・ノ)ノ
なんと、英語バージョンマオリ語バージョンがあるのです!

これはどちらの言語も公用語として認められているからですね
スポーツの国際試合などではどちらのバージョンを歌うと思いますか

正解は、どちらのバージョンも歌う!なんです
まずマオリ語で1番を歌い、その次に1番を英語でもう1度歌うのです!

メロディーも非常に綺麗で、僕はとてもリラックスできます

ショートバージョンはこちらです!


来年、日本でラグビーワールドカップが開催されますね!
ニュージーランド代表のAll Blacksの試合の前に、このを耳にする機会は非常に多くなると思います!

国歌や試合前のパフォーマンスのHakaも大きな見どころになるので、
試合をテレビで観戦する際は是非是非入場からご覧くださいね!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

KIWI English独特の表現! Sweet as!

みなさん、ごきげんよう! Yuyaです(*・ω・)ノ

日本の各都道府県、色々な方言があるように
ニュージーランドの英語も独特な表現をする言い回しが存在します!

new-zealander-flag-medium


一番有名なのは Sweet as だと思います
ニュージーランドに来たことのある人ならピンと来てるはずです
???となっている方もきっといらっしゃいますよね
このSweet as、意味は いいね と非常に単純なのです
使い方としましては

Do you want to have dinner somewhere tonight? (夜ご飯どこかで食べますか?)
に対して
Sweet as! (いいよ)

といったような使い方です!
Okと伝えるより、Sweet as!とを使った方がより楽しみにしている、行きたいという意思が伝わる表現です!

他には ファストフードでのお持ち帰りは
Take Outではなく、Take Away と言うような少しの違いのものから
水着は Swimming Suitではなく、Togsと言ったりと全く元の単語と似ていないものも

同じ英語でも、国ごとに色々と差が出るのはやっぱり語学として面白いですよね
英語の勉強に行き詰まったりしたら、方言を調べて気分転換するのもアリかもしれませんね


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

そりゃ怖い!

先日日本に行かれた方からのおみやげでコンサート会場などで使うような光るブレスレット
を頂きました。
(ポキッと中を折ると一定時間蛍光色に光る奴です)

しかし8歳の娘がそれを見たら「伸びるの」と意味不明な事を言い始めました

私は娘に説明して貰うまで理解出来ませんでしたが

grow


このパッケージ、皆様意味判りますでしょうか?

「Grow in the dark」・・・・一見何も問題ない感じですが「Grow」は「育つ」とか「伸びる」です

正しくは「Glow in the dark」ですが・・・「暗闇で育つ」は怖いですよね〜

こんな感じで日本の物で目にする英語で結構凄いのは「Love Child」と書いたTシャツとかが有名です。
一見可愛いイメージですが直訳では「私生児」です

発音系ではその昔私がガイドをしてました頃、オークランド空港でニュージーランド人ドライバーに「お客様はカンタス便で到着です」と言ったら大爆笑されました。
聞こえないからもっと大きな声で言ってと言われ何度も「だ〜か〜ら〜カンタス便で〜・・・」と叫んでましたが周りの他のドライバーも大笑い。

見かねた他のガイドさんから教えて貰いましたがQUANTASは「クォンタス」と発音しましょうね・・・との事 後で知りましたが日本人発音の「カンタス」はとんでもなく下品な言葉らしいです
皆様気をつけましょう・・

その他皆様も海外旅行の際にご注意いただきたいのが、レストラン等に入り何名様ですか?と聞かれた時に「2名です」と言う際に手を「チョキ」にして手の甲を相手に見せるアクション(ピースの裏側を見せる感じです。)
これ私も今でも時々やっちゃいますが、相手に対しての罵倒行為の際に取るサインと同じですのでこちらもご注意です。(まあ各レストランも日本人のお客様の場合慣れてると思いますが・・)

皆様の周りにも面白い英語があると思いますのでチェックしてみて下さい!

新機能〜!

皆様 弊社のWEBはご覧いただけておりますでしょうか?
と申しますのも久しぶりに新機能を入れております

それは・・・
jtb


弊社期待の新人Cを背後から撮影しましたボタンから入れます「チャットによるリアルタイム応答機能」です

ご出発間際のお客様、今チョコット聞いてみたいと言うお客様向けに弊社の営業時間内に現地スタッフとリアルタイムに質疑応答やツアーのお申し込みをして頂ける機能です

既に何名様かとやり取りさせていただきましたが日本語のチャットになれていない私はドキドキです

そんな中、折角ですので「英語でチャットのお決まり」を書いてみようと思います。
例えば・・・

brb

英語でチャットしてますと上記をよく見かけ、辞書にも書いて無く「」となるフレーズ。これは "Be Right Back" (ちょっと席外すけど直ぐ戻ります)と言う意味です。

BTW

は"By The WAY"で予測も出来るのですが意味不明な物も沢山あります。

他にはlol="Lots Of Laugh" (日本語の 「(笑)」の様な感じ)等は基本ですがご存知ですか?以前お年寄りが"Lots Of LOVE" と思い込んでて、急なご不幸があった際のお知らせの後ろにLOLと書いて「何が可笑しいんですか?不謹慎ですよ!」となったケースがあったと聞きます lol

まだまだSMAOWTF等がありますが余りにも下品な言葉ですのでご説明は控えます

他にも色々ありますので調べてみて下さいね!

プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ