素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

観光

アグロドームのエコファームツアーで動物と触れ合う!

みなさんKia Ora!ツアーデスクのツアーデスクのTです

ロトルアで大人気のアクティビティー、アグロドーム。
その中でも屋内で行われる羊と牧羊犬のショー「ファームショー」が人気ではありますが、
今回は動物たちを見て触れ合える「エコファームツアー」にツアーデスクのHさんと行ってきました!
IMG_6248IMG_6247


あの、はい、申し訳ないことに、「トラクターに乗って動物をみるだけか。。」
と思っていたお客様が(私たちを含め)多かったのですが、
これまた良い意味で期待を裏切られ、笑い有りのスーパーハイパー楽しいツアーでした
アグロドームさん、この場をお借りしてお詫び申し上げます。(土下座)
大変申し訳ございませんでした。。・゚(゚`Д)゙

ロトルア アグロドームに行かれた際は、「ファームショー」だけではなく、「エコファームツアー」にも参加されることを!!強く!!お勧め致します

全部お見せすると楽しみがなくなってしまいますので、今回はハイライトだけお届け

時間になりましたら大きなトラクターの後ろの好きな席に腰掛け、安全バーをおろします。
01


ドライバーさんのジョーク交じりのコメンタリーと
気持ちの良いお天気、壮観な牧草を見つつ心地の良い感じに揺られ、
最初にCMやTVに出演するスター羊を18頭見た後、何やらお母さん羊も、子羊も....
羊がぞくぞくと集まってきました。
mummy sheepbaby sheep


トラクターを止め、ドライバーさんから両手いっぱいの餌を渡され、
IMG_6279

わーーーー沢山の羊に囲まれました!!

その他にも、
feed lamalamafront deer

ラマ、アルパカ、鹿に餌やりができ、NZ固有の豚や牛、鳥類を観察し、
動物の生態を間近で見ることが出来、内容たっぷり、てんこもりツアーです

この時期ですと沢山の動物のベイビーを見ることができます♪
その他、キウィフルーツ畑に立ち寄り、キウィフルーツジュースの試飲、
はちみつの試食もできますようーーーーーーー!!!
kiwi juice


【エコファームツアー】はこんな方にお勧めです(*・ω・)ノ

• 日頃の疲れがたまっている方
• 動物大好きな方
• お子様連れの方
• ファームステイをしてみたいけれど時間が無い方
• ニュージーランドといえば!の羊やクネクネ豚と触れ合いたい方
• デートでパートナーの満面の笑みを写真におさめたい方
• 牧草のかをりがお好きな方

これから夏にかけてお天気が良くなってきますので、ぜひ!動物と触れ合い癒やされてください~!
ツアー時間も1時間と丁度いい長さです!!

お申し込みは、こちらからどうぞ!

インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ



こんなところにもオールブラックスファンが!Rainbow Springs

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

先日行ってきたRotoruaのRainbow Springs についてご紹介〜!

IMG20190713102650


この施設ではニュージーランドに生息する鳥類やお魚が仲良く生活しています!

Kiwiの生態を説明する小屋もあり、その中ではこんな模型がおいてありました。
IMG20190713110025


骨格と骨の写真なのですが、驚かされることが1つ。
Kiwiの卵は、鳥類の中でダチョウに次いで2番目に大きいのです!

IMG20190713110034


レントゲン写真からも分かるように、Kiwiのお腹に卵があるときは体内の内臓を激しく圧迫する為、食事を取ることも難しくなってしまうのです。
壮絶な産卵を経て生まれてきたKiwiが国で愛されるのも納得ですね!

Kiwiの写真も撮りたいのですが、夜行性の彼らを刺激しない為にも、フラッシュはもちろんのこと、カメラの撮影が厳禁となっている為、残念ながら押さえる事はできませんでした。

と思いきや!夜行性なのに地上に出ているKiwiが!

IMG20190713105804


オールブラックスのユニフォームに、羽にはラグビーボールまで抱えています!
国鳥までもサポーターとするオールブラックス!流石だな〜



インスタグラムとツイッターのフォローをよろしくお願い致します
instagram : auckland.tourdesk
twitter : jtb_nzl

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

今日で最後!ホビット村紹介!

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

ホビット村の紹介もいよいよ今日で最終回とさせていただきます!

少し遠目からの写真です

IMG20190512112606


昨日の写真を見て気がついていらっしゃる方も多いかもしれませんが、
このツアーは自然の中に囲まれていることも大きな魅力の1つです

植物の管理は、たった5人の庭師さん達が行っているのだとかΣ(・ω・ノ)ノ
僕が参加したのは日曜日だったので、見かけることはありませんでしたが
平日だと黙々と作業をこなしているらしいです (´∀`*)

IMG20190512114010

IMG20190512114032


そんなスタッフさんたちの懸命な努力によって、夢の様な世界が忠実に保たれているんですね!
携わっている全ての人たちに感謝です .。゚+.(・∀・)゚+.゚

IMG20190512120422


水車小屋が見えたらいよいよツアーも終盤です。
やはりあと少しで出発しなければならないとなると名残惜しいですね (´;ω;`)

IMG20190512120609


この建物の中ではホビットの映画でも使用されていた、
ここでしか飲むことの出来ない飲み物が1杯まで無料で提供されます!
ビール、アップルサイダー、アンバーエール、そしてジンジャービールの4種類からお選びいただけます!

詳しいカタログはこちらのリンクからどうぞ!

IMG20190512121246


飲み物をもらったら暖炉で暖まりながらくつろぐ時間がありました!
かわいい猫が暖炉前でお昼寝中でした〜

その後はビュッフェスタイルのお昼ご飯!

IMG20190512122631
IMG20190512124953

サラダにメインの料理まで、沢山のメニューが並んでいました!
たまたま僕が参加した日は空いていたから、ゆっくり食べることが出来ましたが、
混んでいるとお皿に盛りに行くことすら困難な日もあるそうです(((( ;゚д゚)))

昼食が終わると、ツアーの残りの行程、ワイトモ洞窟に向けて出発します!

こんな素敵なツアーに参加したいな〜 と思っているそこのアナタ!
お申し込みはこちらから受け付けておりますので、ご連絡くださいな (*´∇`*)

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

細部まで目が離せない!ホビット村!

皆さん、お待たせしました! Yuyaです(*・ω・)ノ

昨日に引き続き、ホビット村ツアーについてお伝えしますね

Shire's Restを出発しバスで5分ほど移動したら、いよいよホビット村ツアーの開始です!
IMG20190512105908


ちなみにこの看板の右手側で、傘を借りることも出来ます!
とても大きな傘で、1つで2人は余裕を持って入れます!
急な雨でも安心ですね

看板を通り過ぎ、少し坂道を上がると。。。。

IMG20190512110051


いよいよ村が顔を出します

IMG20190512110207
IMG20190512110441
IMG20190512111027


映画の中で見たあの景色の中にトリップできるのです

特に感動したのは、本当に細かいところまでデザインがされていることです
IMG20190512111503


こちらはお魚屋さんの家なのですが、ドアの横に「Gone Fishing」と書いてあります。
「今、釣りに行ってていないよ」という意味なのですが、
ベンチにはしっかり釣竿が立てかけられているのです。。。
おっちょこちょいなお魚屋さんなのかなそれとも今日は網で漁をしているのかな
妄想癖が激しい僕は色々考えてしまいます (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

IMG20190512111500


ちなみに、これがそのお魚屋さんの郵便受けです。
ゆるキャラの様な表情、たまりません(´∀`*)

そうそう、ホビット村の家にはデザイン豊かな郵便受けが!
IMG20190512111315


3つ並んでおいてあるものから

IMG20190512111715


シンプル、そして可愛いもの (*´ェ`*)

IMG20190512112029


オシャレな模様の物にヾ(=^▽^=)ノ

IMG20190512112107


(つд⊂)ゴシゴシ
。。。蜂?可愛いけどなぜ? 

IMG20190512112140


なるほど、ここの家は蜂蜜を栽培しているのか Σ(・ω・ノ)ノ

等など、デザインが細かいのです時間が許すのであれば、1日でも2日でも使ってゆっくり見て回りたい

そんなホビット村でございます

まだまだ魅力が伝えきれないので、続きはまた明日

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ホビット村に行ってきました~!

皆さん、お待たせしました!Yuyaです(*・ω・)ノ

最近はオークランドもめっきり寒くなりました
煌く太陽にはしばらくお目にかかれなさそうな雰囲気でございます。
秋、冬に近づくに連れ、急に雨が降り出すことも多くなってきました。
お出かけする際は雨具を忘れないでくださいね!
僕個人としては、雨合羽がおススメです!
(風が強いので、折り畳み傘は何本も折れてしまっているのです。。)

さて、先週末の日曜日にGreat Sightsのホビット村&ワイトモ洞窟ツアーに参加してきたので!
今日はそのツアーについてご紹介できればと思います

IMG20190512075127


バスに乗車すると、ヘッドセットが配布されます。
バス出発10分ほど経過しますと、この機械から日本語でニュージーランド原住民族、マオリ族の伝説や地理の話などが聞くことが出来ます。
(バスに乗っていた中国人の方には、また中国語の機会が配られていました)
僕はバスドライバーさんが英語でお話している内容がとても気になったので、そちらにヘッドセットのお話の内容はあまり集中して聞けていなかったかも。。。

担当のドライバーさんが愉快な方で、色々なことを話してくれました!
歴史に貿易、ニュージーランドの産業、絶滅してしまったMoaという鳥の話に、キウィフルーツの昔の名前など、本当に盛りだくさんで楽しめました〜!

オークランドから2時間強走ると、いよいよホビット村に到着です.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ツアーが始まる前に、Shire's Restという所で30分ほど休憩があります。

IMG20190512103340


こちらではトイレ休憩、そしてお土産を買う時間がありました!
(ゆっくりお土産を見る時間があったのはここだけでした!)
お土産屋さんの中をチラッとご紹介しますよ

IMG20190512102409

IMG20190512102412

模型、フィギュアから(´∀`*)

IMG20190512102533


コスプレ用の耳に(●´ω`●)

IMG20190512102324

IMG20190512102639


地図まで色々盛りだくさんΣ(・ω・ノ)ノ
他にもニュージーランドのお土産などもたくさんありました!
一角にこんなものも!

IMG20190512102252


ここで購入したポストカードをそのまま投函できるのです!
ロードオブザリングが好きなお友達がいる方は、ここからポストカードを送って自慢してやりましょう!Σ( ̄ロ ̄|||)

さあ、明日はいよいよホビット村の中の様子についてご紹介しますので、また見に来てくださいね〜!

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

今朝のブリトマート駅前

皆様おはようございます。
最近オークランドは、肌寒い日が多くなってきました。 季節の変わり目ですので、こちらにお越しの際には天候や気温をチェックしつつ、旅行をお楽しみください。

さて、先月初めのブログ記事「ご注意!4月17日からオークランド中心部のいくつかのバス停やルートが変わります!」でもご案内しました、オークランド中心部の地下鉄建設に伴う再開発工事が、ブリトマート(Britomart)駅周辺でも行われています。

数日前より駅近くのショッピングセンター"Downtown Shopping Centre"前の広場"Queen Elizabeth Square"でも、いよいよ工事が始まりました。
今朝のブリトマート駅前01
(以前の様子はこちら
今朝のブリトマート駅前02

また、昨日のニュースでも取り上げられておりますが、このDowntown Shopping Centreは、今週28日(土)までの営業で41年の歴史にいったん幕を閉じます。このショッピングセンターのホームページでも閉店カウントダウンが始まっています。

再開発後は新しく生まれ変わり、以下のような現代的な美しい外観となるようです。 きっとオークランドの魅力を引き立てる新たな観光スポットが誕生することでしょう。
1464146673986
画像元:www.stuff.co.nz

ただ、このショッピングセンターの閉店により、テナントの各店舗では移転や閉店などあるようですのでご注意ください。
詳細につきましては、直接テナントの各店舗へお早めにお問い合わせください。

ニュージーランド クライストチャーチの観光マップをどうぞ♪

おはようございます、アユミです

ニュージーランド 南島の玄関口、第3番目に大きな都市 クライストチャーチは、2011年2月に発生した地震から、
約5年弱がたち、少しずつ、少しずつ、復興の色を見せ始めています

私がクライストチャーチに行ったのは、2013年8月と2014年2月、地震のあとの2回だけですが、工事をしている箇所がまだまだ多く、
カンタベリー博物館の周辺の散策と、その周辺で唯一賑わっていた『Boulevard』というカフェに寄ったことしか覚えていません

1175259_510015049085552_379035864_n1170904_510015145752209_1009086_n1150825_510039542416436_1495262647_n

その後も、ずっとオークランドにいるので、クライストチャーチが今どうなっているのかとても気になっていたのですが、
昨日、”Christchurch & Canterbury Tourism”の方とお会いする機会があり、クライストチャーチのお話をお聞きすることが出来ました

クライストチャーチ周辺では、ホテルやレストランなどの修繕工事や改装などを経て、新しくなった施設や観光スポットが増えてきているようです

クライストチャーチ最大の観光スポットである『ハグレー公園』の散策や植物園、自然の中でゆったりと過ごせるカフェ(ilex Botanic Gardens)は人気の観光スポット

市内中心部では、キャッセルストリート沿いにある、輸送用のコンテナを利用したショッピングモール『Re:START』でのショッピングや、
クライストチャーチカジノのあるビクトリア(Victoria)ストリート周辺、そして、トラムが通るハイ(High)ストリート周辺、ニューリージェント(New Regent)ストリート周辺に、
レストランやカフェ、ブティックなどが揃い、地元の人や観光客に人気の場所だそうです

今回、最新のクライストチャーチの地図を入手しましたので、ご覧下さいっ

拡大画像はこちら
26112015100523-0001

拡大画像はこちら
26112015100922-0001

拡大画像はこちら
26112015100636-0001

まだまだ、完全な復興とはいえないかもしれませんが、楽しめる場所はたくさん
これからクライストチャーチへ行こうかなとお考えの方、すでにご旅行が決まっている方、こちらの地図をご活用下さい

ずっとオークランドにいるので、私もそろそろクライストチャーチへ行きたいなぁと思っているので、時間が出来たらぜひ行ってみますっ

クライストチャーチ周辺のおすすめオプショナルツアー
市内を循環するトラムウェイレストラン
クライストチャーチから列車の旅へ『トランツアルパイン1日観光』
カイコウラ ホエールウォッチング1日観光
国内屈指のワインの名産地“ワイパラ地方”を巡るワイナリーツアー

ニュージーランド旅行のすすめ!〜服装について〜

おはようございます、アユミです

先週の肌寒さから少し暖かさを取り戻した今週のオークランドですが、朝晩の冷え込みと昼間の暖かさの気温差に、服装の選択がとっても難しい毎日です

昨日は、朝がとっても寒かったので、タイツにブーツという格好で街に出てきましたが、昼間の最高気温は20度、
太陽がサンサンと照っていて、暖かいというか、むしろ暑く感じ、その服装を選んだことを少し後悔したほどです

この季節と季節の境目の時期、ニュージーランド旅行の服装に関しては、皆様、とても気になるところかと思います
正直なところ、未だに、服装の選択を間違う私ですが、少しでも、旅行をされる皆様の参考になればと思いますので、服装に関してご紹介いたします

お天気のいい昼間は、とくに最高気温が20度前後となるときは、Tシャツや薄手の長袖のカットソーで十分なほどの暑さとなります
そして、その上に、薄手のカーディガンやパーカーなどを持っていれば、寒く感じたときに上から羽織ることが出来るので、こちらもとっても重要
そして、夜になると気温は15度より低くなることもあるので、春先の薄手のコートや、薄手のダウンジャケット(有名なお店のあれですね)なんかがあれば、ばっちりです

bda72533bc1e5d3a6f1f9dbd4406da15_s495640d3e2367dcca805e658a536c5af_s88f42c2b50dbf454b6128d7c3327b0ab_s

服装選びのポイントは、『薄手のもの』の『重ね着』、そして『着脱が可能なもの』という3つです

そのほか、大自然を満喫されるようなミルフォードサウンドのクルージングツアーや、ハイキングなど、
行き先や目的によっても、服装は変わってくるかと思いますが、基本は、前にお話した3つのポイントがとっても大切
そして、お天気予報や、気温などのチェックも忘れずにしてみてくださいね

ご旅行前に必ずチェック!お天気予報の情報サイトをご紹介

9月下旬からサマータイムが開始とったニュージーランドは、夕方7時頃でもまだとても明るく、夜という感じがしません
各地の日の入りの時刻は、オークランドで20時半頃、ウェリントンで20時43分頃、クライストチャーチで21時頃、クイーンズタウンで21時15分頃となっています
※12月上旬の平均日の入り時刻です。

a0f468d62c45085c4914745545657bb1_s65aa77f70818c473d60ca7602d103484_s

昼間の時間が長く、観光や散策をお楽しみいただけるお時間も長くなりますし、
オーシャンビューのレストランやカフェで、景色をお楽しみいただける時間も長くなるので、
ニュージーランドの旅行シーズンとしては、ばっちりな季節です

ただし、ご旅行で行きたい観光地やレストラン、カフェ、お土産やさん、その他ショップなどがある場合は、
閉店時間等をかならずチェックしていって下さいね

オークランドでゆったり癒しの岩盤浴&マッサージ♪

おはようございます、アユミです

今日は、オークランド市内で見つけた癒しスポット、日本式の岩盤浴が楽しめる場所をご紹介しますっ
、というのも、ニュージーランドに住む日本人の方々は、日頃なかなかお風呂につかることが出来ず、
ゆっくりと体を温めてリラックスをしたり、心や体の疲れを癒したりすることが、あまりありません日本のお風呂文化がとーっても恋しいっ

また、ご旅行でオークランドに来られる方も、長時間のフライトで少々疲れ気味、、、、という方や、
街歩きなどの観光の合間に少し出来た時間でのんびりしたいな、という方へお勧めの場所だからです

そこは、オークランド市内の中心部のクラウンプラザホテルの中にある、『Bliss Stone Spa』という場所
クラウンプラザホテルの正面玄関から入って、まっすぐ進んだ先、ネイルショップの横にひっそりとあります

IMG_5826

アジアンテイストの店内は、照明が落とされ、ヒーリングミュージックが流れていて、懐かしい日本の岩盤浴っという雰囲気

IMG_0167IMG_0170IMG_0172

友人が行ってきた感想を聞かせてくれたので、ご紹介します

Bliss Stone Spaは日本人のスタッフが対応してくれて、サービスも日本的な丁寧なもの
そして、シャンプーには日本のTSUBAKIが使われているなど、アメニティーやシャワー設備ががしっかりして、とってもよかったです
タオルとお水も料金に含まれてますので、何も持っていかなくても大丈夫

15-10-20-11-22-20-594_photo

岩盤浴45分と前進マッサージ55分のコースをチョイスしましたが、岩盤浴やマッサージルームなどの施設の中も、新しく清潔感があり快適
マッサージはオイルマッサージと、あん摩マッサージ、そしてと両方を使ったものの3パターンから選べて、とっても気持ちよく、体の疲れもすっきり
マッサージ師さんも、日本人や中国人の方、そして男性や女性と、その日によりますが、選ぶことが出来たのでとても安心して利用することが出来ました

とーっても、満足だったようですね

ここ最近、とっても人気が出てきたようですので、行く前にはぜひ予約をしてから、行ってみてくださいね

Bliss Stone Spaのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

ニュープリマス【TSB BANK フェスティバル オブ ライツ】

あゆみさんの横に座っているものです。

皆さんニュープリマスという町をご存知ですか

映画のラスト サムライのロケ地で有名で、日本の富士山に似た形の北島第二の高峰マウントタラナキの周辺の町です
DSC04902

ニュージーランドにはじめて来る際に、インターネットで町の情報を色々と調べていたら、一つの写真を目にしました。
DSC04911


調べてみると、毎年12月の中旬から一ヵ月半ほど、ニュープリマウスにあるプケクラ パークで行われる
TSB BANKフェスティバルオブライツというイベントでの写真でした


公園全体を色とりどりのライトを使い、おとぎの国ようにライトアップし、ステージライブをはじめ、色々なイベントが行われます。

去年の写真

TSB Festival of Lights 2TSB Festival of Lights 1
Copy Right:Mark Harris/ NPDC

今年の日程はまだ決まっていないのですが、もし12月中旬からニュージーランドを観光する方にはお勧めしたいイベントのひとつですです

TSB BANKフェスティバルオブライツの情報(英語)
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ