素敵なニュージーランド

JTBニュージーランドに勤務するオークランド在住のスタッフが旅行情報や生活情報をタイムリーに発信します!更新頻度は平日毎日なので、今日のお天気や季節のお話、近くのカフェやレストラン、スーパーで売っている珍しいものお得なもののお話まで、現地在住民しか知りえない情報が満載です!旅行情報では、今旬のオプショナルツアーのご紹介や、販売開始のお知らせ、キャンペーンなどを開催していきます!

ETA

2019年10月1日からニュージーランド旅行にはNZeTA(電子渡航許可)が必要になります!

皆さんこんにちは

先日ニュージーランド移民局よりNZeTAについて追加発表がありました
ニュージーランド移民局の発表によると、2019年10月1日入国よりNZeTAの取得が義務化されます
また、NZeTAの申込時に、IVL(環境保護&観光税)の支払いも発生します

詳細については下記をご参照ください

<詳細>
【名称】
NZeTA (電子渡航許可)

【申請方法】
2019年7月より携帯アプリ、オンラインより申し込みが可能になります。
オンライン申し込みは以下のURLより可能になる予定です。
Immigration.govt.nz/nzeta
申し込みに掛かる時間は約5分−10分です。
発効日より2年間有効、期間内であれば何回でも入国に使用できます。

【費用】
モバイルアプリからの申し込みNZ$9.00/1名
オンラインからの申し込みNZ$12.00/1名
支払はクレジットカードのみになる予定(対象カード会社は未定)

【申請に必要なもの】
パスポート詳細
写真
連絡先(EMAIL)
犯罪歴の申告、宣誓
渡航目的

【対象者】
入国に関してビザの取得がいらない国からの渡航者が対象になります。
下記URLより対象国(国籍)をご確認下さい。
https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/tools-and-information/general-information/visa-waiver-countries

【名称】
IVL(環境保護&観光税)

【申請方法】
NZeTAと同時に申請となります。

【費用】
NZ$35.00/1名

【有効期間】
NZeTAと同じ2年間有効(1回の支払いをすれば、期間内再入国の際に支払はありません)

【注意事項】
渡航の72時間前には申請が必要(発行までに時間を要する場合がある為)
ニュージーランドが最終目的地でなくても、国際線乗継の旅行者も10月1日よりNZeTA/IVLが義務化されます。

2019年10月以降にニュージーランドへの渡航を考えている方は、ぜひ情報をチェックしてみてください
申請は2019年7月より携帯アプリまたはオンラインで申込が可能になりますので、
時間に余裕を持って申込することをおすすめします

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

ニュージーランド政府から発表!2019年後半からニュージーランド旅行にもETA(旅行ビザ)が必要になるそうです!

ブログをご覧の皆様、こんにちは

先日、2018年10月1日にニュージーランド政府から正式に発表のあった、ETAなるものの情報って、皆さんご存知ですか

ETAとは・・・Electronic Travel Authority System、つまり海外旅行の際に必要な電子入国許可証のことで、
日本では、電子ビザとか、イータスとか、そういったよび方で知られているかと思いますが、
オーストラリアを旅行したことのある方なら、皆さんご存知かと思います

Electronic Travel Authority System(電子ビザ)が、とうとう、来年2019年後半から、ニュージーランドへの渡航に際しても、導入予定となりそう、というのが今回の発表だそうです

<詳細>
【ETA導入開始時期と対象者】
ETA対象者:ニュージーランドへの入国にビザを必要としない渡航者
2019年後半 対象:飛行機でのニュージーランドへの渡航
2020年 対象:クルーズシップでのニュージーランドへの渡航

【ETA申請に必要な情報】
氏名、生年月日、パスポート詳細、緊急連絡先、パスポート写真、署名(犯罪暦、旅行の目的等)

【申請料金】
1人当たり$9.00-$12.50が検討されているそうです!

【ETA申請方法】
未定

【ETA導入の狙い】
・渡航者入国の際のセキュリティを強化し、移民のリスクを減らすこと
・密輸とバイオセキュリティのリスクに対処すること
・渡航者の旅行による体験をより発展させること
・ニュージーランドと他国との国際関係をサポートすること
などがあげられるそうです。

ニュージーランドへの入国をよりスムーズかつ迅速に行い、また、現在ビザを申請する必要のない渡航者の事前に審査、調査、することにより、
より早く、渡航者の情報を把握し、今後のニュージーランド渡航をより発展させていこうということが目的のようです

ニュージーランド政府の正式発表掲載ページはこちら

ここ数年、ニュージーランドへの旅行者は、とても増えていて、かつ、旅行のトップシーズンは、予約の動きがとても早く感じます

人気の都市のホテルはすぐに満室になってしまい、あとから予約を入れようとしても、遅かったーという経験があるかたも少なくないと思います

これからは、より、旅行予約の時期が早まることを考えると、このETAの導入が、2019年後半だとしても、
なんだか、あっという間に2019年になり、2019年の旅行を考え始める方にとっては、重要な情報だと思ったので、こちらでご紹介させてもらいました

皆さんも、ニュージーランド渡航を考えていらっしゃる方、ぜひぜひ、こちらの情報をチェックしてみて下さいね


※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ
プロフィール
JTB New Zealand
ニュージーランド全土の旅行手配を承っております。
最新情報やお得な情報をいち早くお届けいたします。

ニュージーランドの旅なら!

只今のお天気
QRコード
QRコード


フォローしてね!
記事検索
最近のコメント
  • ライブドアブログ