こんにちはもえPです

さてさて、今年もこの季節がやってきました
日本にいる家族に、おせちを買って、親孝行をする日
18歳で単身でニュージーランドに来て、もう8年、、気付けば親も50代、、
これからもずっと離れ離れの生活なので、何か少しでも親孝行がしたいという気持ちから、おせちを送るというのが毎年恒例になっています

昨年からはエースJTBおせちの鉄人を利用して、おせちを購入しています
たくさん種類があって、きっと悩まれると思いますが、名旅館のおせち、京都のおせち、料亭のおせち、ホテルのおせち、中華のおせち、有名レストランのおせち、日本各地のおせちなど、テーマを絞れたり、10,000~14,999円、15,000~19,999円、20,000~29,999円、30,000円以上という価格帯別検索や、1~2人様用、2~3人様用、3~4人様用、4~5人様用と人数でも絞れるので、簡単にお好みのおせちを見つけることができます

おせち以外にもお取り寄せグルメやホテル・旅館のグルメギフト、お酒もあります
特集ページから簡単にオンライン予約ができるので、日本にいるご家族にいかがですか
ご注文承り期間は12月14日(火)日本時間19時までです
下記からぜひチェックしてみてくださいね
おせちの鉄人カタログ
おせちの鉄人特集ページ
(*おせちは日本配送のみとなります。ニュージーランドへの配送はございません。)

昨年は和洋中3種類を楽しめる大阪新阪急ホテル監修のおせちにしました
家族に感想を聞いたところ、今までで一番美味しくて、はじめて一つも残さず、完食できた。と言っていました
IMG_1202

IMG_0900

IMG_0901

IMG_0902

今年はどれにするー?と聞くと、昨年と同じもので!と即答
なので、今年は同じ大阪新阪急ホテル監修和洋中おせちの3段バージョンにしてみました
IMG_1203

日本に帰れないから直接親孝行はできないけど、私が買ったおせちをみんなで囲んで、私のことを話しながら、私に会えることを待ち望んでいる家族の顔が目に浮かんできて、涙がこぼれそうです、、笑

みんなに会いたいよ〜

ブログをご覧の皆様、こんにちは。

新型コロナウィルスCOVID-19に関する政府からの続報が、本日10月4日(月)に発表となりました。

オークランドは引き続き警告レベル3となり、オークランドマイバスセンターの休業期間も、引き続き延長となります。警告レベルが2となった際に営業再開を予定しております。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

オークランド マイバスセンター 臨時休業のお知らせ (12)

今後も感染拡大及び政府の決定により休業期間の変更及び営業再開日が変更となる可能性がございますので、随時SNS等でアップデートさせていただきます。

メールでのお問い合わせは引き続き受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

今回発表された既存の警告レベルとは異なる段階的な規制緩和につきましては、下記のページにて詳細をご紹介しています。また、今までの政府の発表の履歴も掲載しておりますので、併せてご覧くださいませ。

【マイバス】新型コロナ感染症 最新情報&防止対策
https://www.mybus-ap.com/country/new-zealand/local-report-detail/1343

皆様、ぜひ安全に健やかにお過ごし下さいませ💁🍀

マイバスセンター スタッフ一同

こんにちは、アユミです

皆さん、元気にお過ごしでしょうか
オークランドがコロナウィルス感染拡大防止策の警告レベル3になってから、今日で約2週間がたちました今日の午後また水曜日以降どうなるかが発表になるのですが、結果にドキドキしていますロックダウン疲れで早く警告レベルが下がってほしいと願う気持ちもあり、新規感染者が増えたり減ったりするなかで、レベル2になってしまってもいいものかという不安と入り混じった気持ちですが、この国の首相の判断を信じて、出来ることを日々やっていきたいと思います

さて、警告レベル3になってから、街中のお店が開き始め、テイクアウトが可能になりました私も自分の好きなお店に、いろいろなところにいったのですが、その場所をご紹介したいと思います

一番最初にいったのが、アジア人好みの甘さ控えめ、美味しいケーキの「The Gateau House(ガトーハウス)」です

今年も昨年に続いてロックダウン中に誕生日を迎えまして、それと日々のお仕事やいろいろに感謝ということで買っていただきました生クリームがとっても美味しい、抹茶シフォンケーキです

20210923_184330

次に、行ったのが、サンドリンハムという場所にある、インド人がおすすめする美味しいインドカレー屋さん「Paradise」

ここのカレーは美味しいうえに量がものすごくて、1食買っても必ず2食以上になるから、コスパもよくて大好きです久しぶりに人が作ったご飯は、やっぱり美味しかった

20210926_184550

次にいったのが、台湾発祥のバブルティーのお店「Hulucat Tea & Mocktail 」です

私が好きなのは王道のパールミルクティーもそうなのですが、たまに注文するのがキャラメルミルクティー&パールですこれから、お天気の良い暑い日が増えるので、そんな日にはバブルティ―が最高です

20210929_130719

そして、この週末にいったのが、ニュージーランド人ならきっと誰もが大好きな代表的バーガーショップ「Burger Fuel」です

小食な方にもおすすめな、バンビーノは小さめサイズのハンバーガー、ジューシーなビーフパテがとっても美味しいですそして、お子様にもおすすめなのが、ニュージーランドのさつまいも、クマラ(Kumara)のフライドポテトです

20211002_123605

大好きなものから少しずつテイクアウトを楽しんで、またレベル4に戻ってしまっても後悔しないように、安全に、レベル3を楽しみたいと思います

これらは、私のおススメのお店なので、ぜひみなさんも行ってみて下さいね〜

それでは、引き続き Stay Safeで頑張りましょう

皆様こんにちは、Mです

最近は暖かい日が増えて、お散歩日和が続くオークランドですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか

今日はお散歩の最中に発見したニュージーランドのエコについてご紹介します

エコと言えば、最近良く耳にするのはSDGsでしょうか。
SDGsは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称です。
テレビでもよく取り上げられるようになってきたので、耳にしたことのある方も多いかもしれません。
SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた下記画像に記載されている17の目標のことを言います。
AdobeStock_358298353


私がお散歩中に発見したのはソーラーパネル付きのベンチ「Steora」です
20210918_095729

このベンチが設置されている場所はオークランドのフィッシュマーケット横の公園の前です
名前は“Steora Smart Solar bench”スマートソーラーベンチ「Steora」と呼ばれています。

クロアチアのスタートアップ企業INCLUDE社が開発した多機能スマートベンチで、5大陸260都市に1,100個以上の「Steora」が設置されているそうです

「Steora」には6つのモデルがあり、そのすべてにデバイス充電、無料Wi-Fi、照明、データ収集センサー、ダッシュボードが完備されています
これらの機能はすべてベンチ上部に設置されたソーラーパネルから電源を確保しており、電池や電源プラグなしに継続的に使用が可能で、環境に配慮されています。
20210918_095723

20210918_095707

20210918_095935

20210918_095744


「Steora」には上記の写真のように、デバイス充電用の2つのUSBポートと1つのワイヤレス充電ステーションを介して複数のモバイルデバイスに充電を提供でき、ワイヤレス充電に対応したデバイスであれば、ベンチに置くだけで充電できるという手軽さです

利用者がソーシャルネットワークを使用したり、オンラインショッピングをしたりする際は、内蔵されたコントローラーがセキュリティを管理してくれます。
さらに、ベンチの裏側部分にはコントロールパネルを完備しており、温度、湿度、降水量などの気候情報や、Wi-Fiユーザー数、インターネットのデータ消費などのベンチ使用状況を収集し、ダッシュボードで簡単に管理できます。
20210918_095804


ベンチは公共スペースにあり、座れることはもちろん、充電機能とWiFi機能を備え、人々が交流し、その交流のきっかけになる役割も併せ持っています

環境に優しく、便利で、尚且人と人とのコミュニケーションの場となる、スマートソーラーベンチ「Steora」

今後見つけたら使用してみようと思います

皆様も是非見つけてみてください

スマートソーラーベンチ「Steora」
参照URL:  https://www.glowbal.co.nz/smart-bench

SDGsのことも学べちゃう!オンラインツアーのご紹介
オンラインツアー:https://www.mybus-ap.com/tour-detail/VELTRA-169715
詳しくは上記のサイトから

皆さん、こんにちは

旅のスペシャリスト、JTBでは皆様へ最新の情報をもとに日本ご帰国便のご予約をご案内しております。
本日は日本ご帰国便情報のアップデートを下記にお知らせいたします。

コロナウイルスの影響により、引き続き多くの航空会社が特別編成スケジュールで運航しています。
ニュージーランド航空直行便サービス、他の航空会社経由便にて日本へのご帰国は可能ですが、各社東京到着(成田・羽田)を基本としており、各地へのご到着は大変厳しい状況です。

=現時点の運航状況と乗継条件等=

<直行便 到着地:成田>
ニュージーランド航空成田行き直行便は、2022年03月26日まで週1往復の運航。
オークランド発は毎週木曜日発、成田発は毎週土曜日発。
運航規定に満たない場合にはフライトキャンセルを予定。出発日の72時間前にNZ航空のウェブサイトにて運航状況確認が必要。
https://www.airnewzealand.jp/coming-flight-info

<シンガポール経由 到着地:成田・羽田・関空・福岡・名古屋>
乗り継ぎはSIAグループ(シンガポール航空、シルクエアー、スクート)間のみ、シンガポールにて乗り継ぎは48時間以内とする。
同一の航空券で、出発地にて搭乗券と荷物タグが到着地まで発券されていることが条件。
ニュージーランド発シンガポール行きは毎日運行(現在2021年12月末までのスケジュール発表、ただし、スケジュールは2週間毎に見直し)
シンガポール経由の場合は、出国前の検査証明書が出発の48時間以内に変更になりましたので、ご注意下さい。

*関西空港利用ご希望の場合は、ニュージーランドを日、火、水、土曜発が乗り継ぎが良く、シンガポールでの乗り継ぎ時間は約8時間〜。空港内のトランジットホテル利用可能(有料)。

*福岡空港利用ご希望の場合は、ニュージーランドを水、金曜発が乗り継ぎが良く、シンガポールでの乗り継ぎ時間は約5時間〜。

*名古屋空港利用ご希望の場合は、ニュージーランドを火曜、金曜、土曜が乗り継ぎが良く、シンガポールでの乗り継ぎ時間は約5時間〜。

<シドニー経由 到着地:羽田>
全日空は1月上旬月まで週3-5便シドニー⇒羽田便を運航
オークランド−シドニー間はニュージーランド航空搭乗となります。(シドニーでの乗り継ぎ時間が約10時間の日も有り)
*シドニー→オークランド便はオーストラリアに14日以上滞在した方のみ搭乗可能な便となるため、羽田発の便は手配不可となりますのでご注意ください。

オーストラリア経由の場合、事前のトランジット申請が必要。8時間以上72時間以内のトランジットの場合以下(1)と(2)の申請が必要。
 (1)トランジットビザ
 (2)NSW州検疫免除
https://covid19.homeaffairs.gov.au/transiting-australia
https://www.health.nsw.gov.au/Infectious/covid-19/Pages/quarantine-exemptions.aspx

<香港経由 到着地:成田/関空>
現在2021年10月末までのスケジュール発表。
同一の航空券で、出発地にて搭乗券と荷物タグが到着地まで発券されていることを条件として香港乗継が可能。乗り継ぎは24時間以内とする。
ニュージーランド航空香港行きが週1便運航、金曜発のみ香港乗継で成田・関空到着が可能。(乗継時間約5時間〜)

=その他のご案内=
*上記ご案内は日本国パスポートをお持ちの方を対象にしています。
*各空港、各航空会社、ご利用時はマスクの着用が義務付られています。
*日本到着後、各空港検疫検査官の指示に従うことが義務付られております。
*日本到着後、14日間自己隔離となります。そのため検疫検査官からのガイドラインに従う必要があります。
*公共交通機関はご利用いただけません。
*遠方への移動が必要で、かつ公共交通機関を除いての移動が困難な場合、到着地にて14日間自己隔離が必要となります。(自己負担)
*日本に入国・帰国する際に、滞在歴や健康状態を記入した「質問票」の提出が必要ですが、質問表Webより事前にQRコードを取得された方が検疫手続きがスムーズとなります。
*1月13日以降、日本人を含めた全ての日本への入国者に対し、出国前72時間以内に実施したCOVID-19に関する検査による「陰性」であることの検査証明の提出が求められることになりました。検査証明書の様式は所定のフォーマットをご使用下さい。
*日本への入国後、空港検疫でスマートフォンの確認があります。スマートフォンをお持ちでない場合、またはアプリをインストールできないスマートフォンをお持ちの場合は、
空港でご自身の負担により、スマートフォンをレンタ ルしていただく必要があります。(日本入国前に、インストールまで完了していただくのがスムーズです。)
*1月26日以降、日本を含むほとんどの国からNZへ渡航する方は、出発前72時間以内に実施したCOVID-19検査の陰性証明が必要となります。
*ニュージーランド到着後は、政府指示宿泊地にて14日間強制隔離となり(有料)、隔離施設割り当ての為のバウチャーの事前取得が必要。
(現在隔離施設混雑のため、確保が大変難しくなっております。)

上記情報は随時変更になる場合がありますので、各情報機関にてご確認下さい。

日本における新型コロナウイルス感染症に関する水際対策強化(新たな措置)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html

COVID-19 - Advice for travellers
https://www.health.govt.nz/our-work/diseases-and-conditions/covid-19-novel-coronavirus/covid-19-information-specific-audiences/covid-19-advice-travellers

MIQ Governmentサイト
https://www.miq.govt.nz/travel-to-new-zealand/secure-your-place-in-managed-isolation/

日本へ入国される方へ検疫所よりお知らせ(質問票Web)
https://p-airnz.com/cms/assets/JP/pdf/questionnaire_website_jp.pdf

水際対策に係る新たな措置について(出国前72時間以内の検査証明書・スマートフォン)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

Pre-departure COVID-19 test (Leaving New Zealand)
https://covid19.govt.nz/travel-and-the-border/leaving-new-zealand/#pre-departure-covid-19-test

COVID-19 Testing
https://www.healthpoint.co.nz/covid-19/
日本へ入国・帰国した皆さまへ「14日間の待期期間中」のルール
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00263.html


Pre-departure COVID-19 test (Arrivals into New Zealand)
https://covid19.govt.nz/travel-and-the-border/travel-to-new-zealand/pre-departure-testing-for-arrivals-into-new-zealand/
TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)
https://www.meti.go.jp/policy/investment/tecot/top.html

上記情報は、各国の状況により随時変動いたしますのでご了承ください。
詳しいフライトスケジュールや料金に関しては、下記航空券担当までお気軽にお問い合わせください

◆お問い合わせ先◆
Email: akl.nz@jtbap.com
電話:09-303-2887(平日:9−16時まで)

このページのトップヘ