タグ:スタンフォードホテル

こんにちは、アユミです

ミシェルさんの甘いものネタに続きまして〜
私も、今日はスイーツのお話をしたいと思います

先日、友人のお誘いで、なんだか安いクーポンを入手したとかで、
スターンフォードホテル内にあるレストラン KNOGHTS(ナイツ)へハイティーをしにいってきました

DSC01405

休日のランチ12時半に予約をいれて、いざホテルへ
素敵なマダムや女子たちが、わりとたくさん、レストランに入っていて、
休日のランチにホテルのハイティーなんて、はじめての私は、キョロキョロと友人を探します

席について、まずは、お茶を注文します
グリーンティ(緑茶)、ジャスミンティー、セイロンティー、アールグレー、カモマイル、ペパーミントなどのお茶のほかに、
エルダーフラワー& アップルや、ブルーベリー、ブラッドオレンジティーなどの、少し甘い香のするお茶なんかもありました

私が注文したのは、ブルーベリーのお茶

20170924_125225

少〜し待っていると、いよいよやってきました、ハイティー
3段重ねのプレートに、ぎっしりと並べられたお食事やスイーツ

20170924_132442

一番下には、
・カレー風味のたまごサンドイッチ
・プルドポークのミニバーガー
・スモークサーモンとアボカドのラップサンド
・チーズとビーフミンスのミニミートパイ&マッシュポテト
・ムール貝とお魚のコロッケ
これだけでも、充分なボリュームに聞こえますよね

そして、その上には、
・クラシックバニラスコーン
・レーズンスコーン + バタークリーム、ベリージャム

そして、一番上には、
・ストロベリー
・レモンタルト&イタリアンメレンゲ
・マンゴーとパッションフルーツのスイスロール
・ストロベリーチーズケーキ
・バニラチュロス&ソルトキャラメルソース
・ホワイトチョコムース&ベリーののったチョコカップ
がのっています

このお写真は、2名分の量になるのですが、2人でわけて食べても、じゅ〜ぶんお腹いっぱいになるくらい、たっくさんの量
ランチとアフタヌーンティーを、ドカッと一緒に楽しんじゃう感じですね

美味しいハイティーと、美味しいお茶と、素敵なホテルのレストランの雰囲気に、
女子達の会話もはずみ、とっても楽しい休日を過ごすことができました

みなさんもぜひぜひ、行ってみて下さい〜

スタンフォードホテル KNIGHTS ハイティーの情報はこちら

※ブログランキングに参加しています。応援(クリック)お願い致します
にほんブログ村 旅行ブログ ニュージーランド旅行へ
にほんブログ村


地域情報 ブログランキングへ

こんにちは、アユミです

久しぶりのオークランド市内の食レポです
昨日、私の大好きな街 ロトルアから、いつもお世話になっておりお客様が来て下さり、夜、夕食をご一緒させて頂きました

みんなで行った先は、オークランドを代表する名門ホテル『スタンフォードプラザホテル』の一角にある『Grasshopper Thai Restaurant』



店内は、照明を落とし、キャンドルや落ち着いたカラーのライトを用いて、おしゃれな雰囲気のタイレストラン

20160822_19140920160822_19141720160822_191602

メニューはとっても豊富で、タイといえばっ、グリーンカレーやマサマンカレーなどのカレーメニューや、海老やイカなどのシーフードを使った炒め料理、
そして、パッタイというヌードルや、お肉を使ったお料理など、さまざまなものを選ぶことが出来ます
前菜になる、サラダや春巻きなどは、だいたい10ドル〜15ドルほど、メインのお料理は、1品20ドル〜25ドルほどと、そ〜んなにも高くなくお手ごろなお値段で本格タイ料理が食べられます

20160822_20141520160822_20124420160822_201233

メニューには、ちゃ〜んと、どの料理がどのくらい辛いのかわかるように、レッドペッパーのマークもついているので、タイ料理は好きだけど、辛いのはちょっと、、、という方にも安心

私たちは、7人で行ったので、それぞれ違った種類のお料理を注文
グリーンカレー、マサマンカレー、パッタイ、サーロインステーキのガーリックソース炒めなどなど、みんなでシェアしながら、いろんなお料理を楽しみました
1品の量も、大人の男性でも大満足の量なので、お高めのレストランや雰囲気のいいレストランにありがちな、小さな量で運ばれてくるお料理とは大違い

味もとっても美味しくて、コストパフォーマンスもいいレストランなので、タイ料理が好きな方にはとってもお勧めです

このレストランは、スタンフォードプラザホテルに泊まっていない方でも、気軽に利用することが出来ますので、気になった方はぜひぜひ、行ってみて下さいっ

このページのトップヘ