タグ:ニュージーランド留学

こんにちはもえPです

今日から7月ですねもう1年の半分が過ぎてしまいました。。はやい。。

先日ワイヘキ島へ行ってきました
この日の前後1週間ずーっと雨でしたが、この日は快晴でした!
私晴れ女なのかもしれません

私は三半規管が弱く、特に船にはトラウマがあったので、船で40分かかるワイヘキ島は行ってみたいけれど、船には乗りたくないという理由からずっと避けていました。
韓国から友人家族が遊びに来ており、ワイヘキ島に行きたい!とのことだったので、
意を決して行ってきました

乗ってみた感想、、まったく酔いませんでした!!!揺れもほぼ感じず!
今回はフェリーに車を乗せて行ったので、着いてすぐ車でMudbrickワイナリーに行きました
とっても美しいワイナリーでした!ルーフトップからは美しい景色を見ながらワインをいただけます
IMG_2755

IMG_2751

IMG_2780

IMG_2768

ワイナリーにはレストランもあるので、お食事もいただけます
私たちが行った日は生憎レストランが閉まっていました、、
せっかくなので、ワインテイスティングをしてみました
私はワインが苦手で飲めませんが、映え写真がたくさん撮れました
IMG_2815

IMG_2788

IMG_2784

IMG_2783

IMG_2803

ワイナリーを出て、ドライブをしました
海を見に行ったり、、
IMG_2831

広ーい芝生で鬼ごっこしたり、、
IMG_2840

絶景を見に行ったり、、
IMG_2848

とても楽しい一日を過ごせました
ワイヘキ島ってこんなに美しかったんですね。。もっと早く行くべきでした!
これからニュージーランドへ来られる方々はぜひワイヘキ島行ってみてくださいね
弊社ではワイヘキ島往復のフェリーチケットも販売しております!

こんにちはもえPです

かなりレビューが高く、地元民に大人気のレストラン【Chikos Restaurant】に行ってきました

【営業日】月:定休日、火-水:17:00-21:00、木-日:12:00-15:00, 17:00-21:00
【住所】7/255 Lincoln Road, Henderson, Auckland 0610

みなさん、パシフィックリム料理って食べたことありますか?
こちらは前菜として注文したパリパリ麺とエビのサラダです
ベトナム風のサラダで、麺のパリパリとエビのプリプリ触感とさっぱりしたドレッシングがクセになるとってもおいしいサラダでした
IMG_2035

メインはショートリブとポークベリーを注文しました
盛り付けが美しい、、、
ショートリブはほろほろで柔らかく、口に入れると一瞬でなくなりました。。
この赤ワインのソースも深みがあっておいしい、、
IMG_2038

ポークベリーも柔らかく、このお肉の周りについているサクサクの何かと、ピリ辛マヨが抜群においしくて、これは今まで食べたポークベリーの中の頂点です
IMG_2040

なんとシェフの奥様が日本人とのことで、店内に日本を感じる置物があったりしました
日本人のスタッフも数人いらっしゃり、とても親切にしてくださいました

お店の雰囲気も良くて、お料理はファインダイニング寄りですが、店内はアットホームな心地よさもあり、また絶対行きたいと思わせるレストランの一つになりました
本当におすすめなので、西オークランド ヘンダーソンへ行かれた方はぜひ立ち寄ってみてくださいね

こんにちはもえPです

2/16からクライストチャーチに行く予定が3回目のロックダウンで延期になり、
仕切り直して3/2に行くはずが4回目のロックダウンでさらに延期になってしまいました
なんて運が悪いんでしょうか。。。

ネタがないので、、、思い出の写真と共に私の大学留学について語ります
ニュージーランドには国立大学が8つしかありません
その8つの全ての大学が世界の上位5%にランクインしており、教育レベルが高い国として知られています
授業は1コマ50分で終わり、「量よりも質」を大事にしています
日本とはちがい、入るのは簡単だが、出るのは難しいとも言われています

インターナショナルナイトの様子
IMG_7337

私は日本の高校を卒業後、ニュージーランドの大学へ進学しました
高校のときに2週間ほどイギリスでホームステイをして以来、イギリスが大好きになり、大学進学もイギリスを目指していましたが、学費が高い為、断念
イギリスのような街並みで、学費もそこまで高くなく、過ごしやすくて、治安もいいところを探していたところ見つかったのが、クライストチャーチでした
日本のように四季があり、治安がよく、人々もフレンドリー、そしてその当時1ドル58円とかでした
しかし大学入って一時期92円まで上がりました
両親には金銭面でだいぶ迷惑をかけました。。。

よく聞かれるのですが、私の両親は私よりも私の留学に対してかなり前向きでした
先に大学留学の話を持ち出したのも両親です
日本の大学に行き、1年ほど留学したいと両親に伝えたところ、もうそのまま海外の大学に進学すれば?と言われたのがすべての始まりでした

まず入学の手続きは現地の日本エージェントが仲介に入って、無料で資料や書類の取り寄せや、寮の手配等してくださいました
ニュージーランドに着いてからは、空港へお迎え、ショッピングモールで換金のお手伝い、大学までの送迎をしてくださいましたここだけは有料
大学には日本人スタッフがいらっしゃったので、現地に着いてからはその他必要な書類等を丁寧に説明してくださいました

当時、私は客室乗務員になることを夢見ていたので、観光マネージメント学科のあるリンカーン大学への進学を決めました
リンカーン大学は市内から車で25-30分ほど離れた場所にあります
周りは全部緑、遊ぶ所なんてありません
勉強に集中できるし、日本人も少ないので、いい環境であったことは間違いないです

フラットメイトとプチ旅行に行った日
IMG_7338

私がニュージーランドに来た当初Hello how are you? I'm good and you?くらいしか話せず、聞き取りも全くできませんでした。。
私はアイエルツのようなイングリッシュテストは受けたことがありません
まず一番にリンカーン大学内の語学学校に入りました
毎日ライティング、リーディング、リスニング、スピーキングの授業を受けて、月1テストがありました。(4月〜10月:約7ヶ月間)
意識高い系生徒だったので、毎日追加で宿題をもらい、先生に添削してもらっていました
私は一番下のクラスから始まりましたが、毎月1つずつクラスが上がり、半年間で上から2番目のクラスまで行くことができました

語学学校のテストに合格すると、(私は高校を卒業後、すぐ来た為)ファンデーションコースに入学しました
そこでは数学、統計学、会計学、経済学、エッセイの書き方等大学に入る上で必要な基礎知識を勉強しました。(11月〜6月:約8ヶ月間)
このコースの終わりにあるテストで、全ての科目を合格すると、ついに大学へ入学できます

大学は1学期で4科目、1年で8科目、3年間で24科目合格する必要があります
ニュージーランドは2学期制で(2月〜7月、7月〜11月)、学期の間にながーい夏休みがあります
夏休み期間にはサマースクールといって、単位を落とした人や、単位を先取りしたい人が受けられる短期間集中コースがあります

1学期4科目簡単じゃんと思う方
4教科それぞれで、テストや、エッセイ、レポートや、プレゼンテーションが重なったときには、やることがたくさんあって本当に大変です
課題提出前は毎日深夜まで勉強していました

課題、ファイナルテストの内訳は大体テストやエッセイ、プレゼンテーションが50-60%、ファイナルテストが40%-50%を占めます
100%中合計で50%を取れば合格なので、一生懸命勉強すれば、そこまで難しくありません
私はいつも課題は早く終わらせて、先生に見せて、アドバイスをもらってから、提出していました
なぜならファイナルテストは苦手なので、課題で頑張って点数稼いでいました
高い学費を払っているのだからと、たくさん先生を使いました
全く英語ができなかった私でも、ネイティブの中で1位を取ることもありました

ここからは少し生々しいですが、お金のお話です
語学学校は4週間で$1,800、7ヶ月間で$12,600。
ファンデーションコースは1学期$10,000、2学期で$20,000。
大学の学費は1科目$3,500でした。年間で$28,000、3年間で$84,000。
単純計算で、4年3ヶ月で学費だけだと$116,600かかります
大学内の寮に住んでいた為、年間寮代で$7,000、食費、生活費も別途でかかりました
場所によってはフラットをするほうが安いので、慣れたらフラットをすることをおすすめします
フラットとは一つのお家を複数人でシェアすることです
私は4人で4ベッドルームの家に住んでいました
曜日ごとにご飯作る担当を決めて、みんなで一緒に食べたりしていました
ちなみに寮はこんな感じ
IMG_7330

IMG_7331

IMG_7332

生活費は年間$15,000と言われています。4年間で約$60,000
ざっと単純計算で学費+生活費は4年3ヶ月で$176,600(1ドル75円計算で1324万5千円、、当時1ドル92円とかだったので、恐ろしい額になります)です
*その他、保険料、ビザ申請料等もあるので、上記の料金はあくまで参考程度にお願いします
学生ビザであれば、週20時間アルバイトができるので、アルバイトをしてまかないをもらうと食費を浮かせられます

私は高校を卒業して、4年3ヶ月で卒業することができました
日本の同級生と卒業時期は3ヶ月しか変わりませんでした
大学を卒業すると3年間のビザがもらえた為、こちらのビザを使って就職しました
残念ながら、客室乗務員は永住権がないとなれなかった為、日本とニュージーランドの架け橋になりたいという思いからJTBに就職致しました
様々なバックグランドの方と旅行業のノウハウを学びながら、日々成長できる場で、素敵な先輩方と楽しいワークライフを送っています

帽子のビラビラが帽子の中に入り込んでますが、、卒業式の写真
IMG_7342

大学の勉強は大変でしたが、頼りになる先生方とフレンドリーで優しくていつでも助けてくれる友達と毎日一緒に勉強して、遊んで、楽しい思い出の方がたくさんです
私のように英語が全くできなくても日々少しずつ勉強すれば、意外となんとかなるもんです
奨学金を借りれたりもするようなので、一歩踏み出してみませんか
自分を大きく成長させられるチャンスです

いつもしていたホームパーティー
IMG_7336

リンカーン大学の写真でさようなら〜
IMG_7326

こんにちは!
12月からインターン生として働いているヨシキです
来年1月末までお世話になるので、宜しくお願いします

昨日のアユミさんのブログに被りますが・・・
自分の知り合いがAuckland University of Technology(オークランド工科大学)から卒業する!
とのことだったので、卒業式に参加して来ました
アユミさんのブログはこちら教育標準の高いニュージーランド♪これからの海外留学はニュージーランドへ!

ニュージーランドの卒業式は一年間に2回あり、
生徒によって12月の夏の卒業式と、7月の冬の卒業式に分かれます

卒業生は、まずガウンと四角い帽子をレンタルします。
そうです、あのよくアメリカの映画とかに出てくるやつです
ガウンには色が決まっていて、自分の専攻している分野によって
ビジネスは緑、アート・デザインは赤、エンジニアリングは黄色など約20色ほどあります

今日行って来たのはビジネスの卒業式だったので、みんな緑でした!
ちなみに場所はクイーンストリート沿いのアオテアスクエア内にあるアオテアセンター
IMG_2503


入口には大きなクリスマスツリーが置いてありました

中に入ると卒業生の家族、親戚、友達諸々で席は満席。
ある噂によると、1週間前には全席売り切れになったそうです
IMG_2435


ステージ後ろに座っている人たちは、教授たち

卒業式自体は日本の形と変わらず、司会の挨拶から始まります。
ただ、ここはニュージーランド!
なんと約5分間の挨拶は全て公用語のマオリ語でした
もちろん!話している内容は理解出来ませんでした・・・汗
IMG_2452


そして、いよいよ!各生徒にCertificate(証書)の授与

IMG_2472IMG_2465

一人ひとり名前が呼ばれ、Chancellorという大学長のおじいちゃんと握手をします。

その後、生徒代表などのスピーチや英語・マオリ語での国家斉唱などがあり、約2時間で終了です。

自分は高校から留学して来たので海外での卒業式は1度参加しましたが、
大学の雰囲気は、高校とはまた違った‟最後の学生生活”を終えた喜びが垣間見えました

ちなみに卒業記念用に会場には卒業テディーベアなんかも・・・
IMG_2425


せっかく海外留学するなら、高校で終わらず、大学も卒業したいですね!

おはようございます、アユミです

ここ最近、知り合いのホームパーティや日本人会、よく参加しているハイキンググループで、日本人で現地の大学や高校へ通う方と知り合うことが多くなりました

ニュージーランドの教育水準は高く、世界からも認められている学校が多いということは聞いていたのですが、それを実感するというか、
こんなにたくさんの自分より若い世代の人たちが、高校や大学から海外留学をしていることを知り、とっても驚き、いい刺激を受けました

prospectus-shot-1-1024x683
※画像はイメージです。

そんなとき、ニュージーランドの教育水準の高さに関して、興味を惹かれるインターネットの記事を見つけたので、ご紹介したいと思います
ニュージーランドの全国立大学が、カテゴリー別の世界大学ランキングのTOP100にランクイン

ニュージーランドには8つの国立大学がありますそれぞれの学校が得意とする分野があり、研究・実験などの実質的な勉強をすることができます

世界の大学ランキングで92番目にランクインされているオークランド大学(The University of Auckland )は、
研究開発という分野では世界23位に、会計・金融&教育の分野では26位、英語や言語学、法律の分野では33位にランクインしています
オークランド工科大学(The Auckland University of Technology)は、アート・デザインの分野で42位にランクインしています

その他、ダニーデンのオタゴ大学は医学に強く、とくに歯科分野で8位という上位にランクイン
北島のパーマストンノースにあるマッセー大学(Massey University )は、獣医学で15位、農業で33位にランクインしています

詳しくはこちら New Zealand’s universities all rank in top 100 in subject rankings

このように、高い教育水準と世界にも認められたランキングの上位に入る、ニュージーランドの国立大学は、
今後の成長も期待されているので、現地学生のみならず、世界各国から多くの学生が学びにきています

ニュージーランドでの勉強や文化に触れるだけでなく、様々な国の人との交流が期待できる、ニュージーランドへの教育渡航

Blankworldmap-1024x535

これから、海外で勉強するための渡航を考えている学生の皆さんへ、ニュージーランドへの教育渡航を強くオススメします

そして、まずは何から計画をしたら良いのか、どうやって学校を選んだらいいのか、分からないことだらけの方もきっといるかと思います
そんなときは、ぜひ、JTB留学サポートセンターへお問い合わせをしてみて下さい

学校のことだけではなく、現地のことを熟知した専門のコーディネーターが、皆様のご質問に丁寧にお答えし、
これからの学校選びや、ニュージーランドでの生活のサポートをさせて頂きます

詳しくはこちらJTB留学サポートセンター 〜My留学〜 

皆さんの、これからの海外留学を応援します

皆様、こんにちは、JTBニュージーランドの留学担当です
初めてこちらのブログに登場させて頂きました

今年の6月中旬頃、こちらのブログで、JTB留学サポートセンターのオープンのお知らせをさせて頂いてから、
間もなく5ヶ月が経ちましたが、その後、多くの方からお問い合わせやご相談、学校のお手配のご依頼をいただくことがございました
My留学のサイトを含め、留学サポートセンターをご利用頂きまして、本当にありがとうございます

JTB留学サポートセンター WEBサイト『My留学』はこちらから

これから、ニュージーランドは夏に向かってどんどん暖かくなるので、全体的に街の人も増え、学生の数も増えていきます
より多くの国の人との交流や、学校でのアクティビティも活発になってきますので、これからの季節、語学留学にはぴったりではないでしょうか
※12月中旬から1月上旬にかけて、クリスマス&ニューイヤーホリデーとなる学校もありますので、そこだけお気をつけ下さい

今日は、オークランド市内中心部の学校を1校、皆様にご紹介させて頂きます

市内中心のクイーンストリート沿いにあるストランド アーケード(The Strand Arcade)の中にある、
『Aspiring Language Institute(アスパイアリング ランゲージ インスティチュート)』

お洒落なカフェやブティックの並ぶアーケードの一角にその入り口があります

20151118_12510720151118_125128ali_entrance

留学をされるのに、とても気になるのが、日本人の生徒の数や、1クラスあたりの人数

ここAspiring Language Instituteは、少人数制のクラス構成を基本としているため、通常の1クラスあたりの人数は約8〜10名程度、
多い時期でも12名程度のサイズとなり、より先生との距離が近く、質の良い授業を行うことを心がけているそうです

そして、様々な国からの学生でバランスよく構成されたクラスは、英語を学ぶ環境としては最適です

class1class2class3

〜学校紹介〜
Aspiring Language Instituteは、1989年にクライストチャーチにて設立された語学学校です
2011年の震災後にキャンパスをオークランドに移し、今年7月中旬には、更に便利な立地条件であるクイーンストリートに新キャンパスを開校しました
Aspiring では、通常10カ国以上の国(年間通算33カ国)からの生徒が学んでおり、日々の会話力上達は勿論、様々な国籍の友達を作る絶好の場所でもあります
また、「全ての生徒にいつもハッピーでいてもらいたい」をモットーに、講師陣を含めた全スタッフのサポートには定評があります

〜スタッフからのメッセージ〜
Aspiringは、頑張る生徒を応援します。曜日ごとに設けた放課後の無料サポートレッスン、アクティビティーやワークショップなどにも進んで参加し、
ぜひ英語を学ぶ楽しさ、海外で生活する楽しさを当校での学校生活を通して実感して下さい
スタッフ一同、皆さんにお会い出来る日を楽しみにしております

Aspiring Language Instituteの詳細・留学のお問い合わせはこちら

 


これから、ニュージーランドへの語学留学、短期留学をお考えの方、貴方にあった学校をお探しの方、
お気軽にJTB留学サポートセンターへお問い合わせ下さい

ニュージーランド留学に関するお問い合わせはこちらから

おはようございます、アユミです

皆さんは今までに、海外に行って英語の勉強をしてみたい、とか実際に海外の文化を体験したり、
友達を作っててみたいなど、思ったことはありませんか

日本でも、今では至るところで英語が使われ、学校教育でも英語の学習に力を入れている学校が増え、
ビジネスの場面でも英語を使うことが増えてきたのではないかなと思います
が、実際に海外に行って英語の環境に入ってみると日本では体験できないことも多くあります

prospectus-shot-1-1024x683DSC_0233-1024x683

こんな風景に憧れ、私が初めて海外に語学留学に行ったのは、高校1年生の夏休み
3週間、交換留学というプログラムで現地の高校に通い、現地の生徒と一緒に英語で授業を受けました

最初は不安なことばかりで、英語も全く出来なかったのですが、現地の方はみんなとても優しく、フレンドリーな人達ばかり
私の不安を吹き飛ばすかのように、親切に英語をゆっくり話しながら教えてくれたり、様々な場所へ連れて行ってもらいました

自分にとって、その経験がとても素晴らしく、3週間という短い期間ではなく、もう少し長く英語を勉強したい
もっと海外の様々な人と出会いたい、素敵な場所や景色を見たいと思うようになり、
大学卒業後、さらに3ヶ月間の語学学校、そして日本での就職を終えてから約8ヶ月、語学学校に通うために海外へ渡航しました

何度でも行きたいと思うほど、海外への語学留学は、英語の学習だけでなく素晴らしい経験ばかりなのです

少しでも海外語学留学や、高校や大学への進学をお考えの方に、
また、今まで全く考えていなかったけれども、興味をお持ちの方にぜひお勧めしたいです

JTBニュージーランド 現地でのサポートサービス 情報サイトがOPENしました
Picture1

現地の専門のエキスパートが、皆さんのご希望や今の悩みから、今後の留学に関してのアドバイスや、
学校の紹介、生活に関する情報などをお届けいたします取り扱っている語学学校、高校、大学など全て合わせて150校以上

Class-1※-1024x683F-40-1024x678image009

そのうちの約50校以上をウェブサイトでご紹介しています
学校の規模や学年構成、生徒の数、コースのご紹介や学校・スタッフから皆さんへのメッセージもご紹介しています

学校は、一般英語の学習だけでなく、バリスタコースのある学校や、ラグビー留学などが出来る学校もあります

Untitled21IMG_4463-1024x682

まずは、ウェブサイトをご覧頂き、気になる学校を探してみるか、
オークランドマイバスセンターの専門スタッフに、お気軽にお問い合わせをしてみて下さい

IMG_3712(のぞみおすすめ1)
■オークランド マイバスセンター 専門スタッフ 
Level5 191 Queen Street Auckland 1010
http://jtb-newzealand.com/myryugaku/

素敵な体験や、これから役に立つ経験がたくさん待っているニュージーランド留学へ、
ぜひ、挑戦してみてくださいっ

このページのトップヘ