タグ:newzealand

皆様こんにちは、JTB ニュージーランドのオークランド現地デスクです

今日は心から待ち望んでいたニュースを皆様にお伝えします

昨日11月24日にニュージーランド政府より、2022年4月30日からニュージーランドの国境が条件によって再開すると発表がありました。

長く待った分、ここニュージーランドに日本の皆様をお迎えできるのが、とても嬉しく待ち遠しいです

では、早速政府より発表された入国条件と規制緩和についてお伝えします。

以前までニュージーランド入国の必須条件であった、入国後の強制隔離入所義務が撤廃され、新たに隔離施設(MIQ)での滞在を経ず、ニュージーランドへ入国する3ステップが発表されました。

1. 2022年1月16日23:59よりオーストラリアからのワクチン2回接種済みのニュージーランド人、永住権保持者および現在制限されているニュージーランドへの入国条件を満たした方(過去14日間オーストラリアもしくはニュージーランドに滞在をしていた証明が必要)

2. 2022年2月13日23:59よりハイリスク認定国以外からのワクチン2回接種済みのニュージーランド人、永住権保持者および現在制限されているニュージーランドへの入国条件を満たした方

3. 2022年4月30日よりワクチン2回接種済みの外国人(ビザの種類によって対象を段階的分ける可能性があります)

隔離施設(MIQ)に滞在を経ず入国する為に下記が必要となります。

   ・出発前PCR検査の陰性証明書
   ・ワクチン接種証明書(2回接種済み)
   ・渡航者の旅行履歴の申告
   ・到着後(0/1日目)のPCR検査
   ・自主隔離7日間
   ・自主隔離終了時のPCR検査での陰性証明

自主隔離の詳細等(自主隔離の場所、空港からの隔離場所までの移動など)につきましては、2021年12月に政府から発表予定です。

※2021年11月24日現在の条件のため、今後新型コロナウイルスの状況によって変更の可能性があります。
※上記記載の条件は、コロナウイルスの状況によって変更の可能性がございますので、最新情報は下記リンクをご確認頂きます様にお願い申し上げます。
Travel to New Zealand | Unite against COVID-19 (covid19.govt.nz)

ご旅行のこと、それ以外のことも、何でもお気軽にお問い合わせください

<JTBニュージーランド 現地デスク>

Mail:mybus.nz@jtbap.com
Web:https://www.mybus-ap.com/country/new-zealand

皆様からのお問い合わせをお待ちしております

こんにちはもえPです

過去の写真を見返していたときに、ふとまた行きたいな〜と思った【Blue Spring】ご紹介致します

オークランドから車で南に2時間半程行ったところにあります
ニュージーランド屈指の綺麗な水が湧き出る泉として有名な場所で、その名の通り、水が青く透き通って見えます

なんとニュージーランドで売られているボトルの飲料水の60%がここブルースプリングのお水なんだそうです

また、近くには初心者にもおすすめのTe Waihou Walkwayというトレッキングコースがあり、生い茂る原生林の緑とブルースプリングの青の美しいコントラストを眺めながら、トレッキングが楽しめます

ブルースプリングに到着したら、無料で水を汲める場所があるので、トレッキングで渇いた喉をブルースプリングのお水で潤しましょう

この日は雲が多く、太陽を遮っていましたが、この美しさです
晴天の日はもっと綺麗です
IMG_4304

IMG_4299

IMG_4298

帰るころには完全に曇りに、、でも大きな虹を見れました
IMG_4252

ぜひ行ってみてくださいね

おはようございます

あゆみさんの左横に座っている者、左横、改め、Nさんの左横に座っている者、N横です

昨日、前任者と私の歓送迎会をNさんとあゆみさんにして頂きました
その時のおいしそうなディナーの数々をご紹介致します。

まず、場所はこちらです。
スカイシティ フォーチュナ レストラン
P1040068P1040074





こちらはバッフェ形式となっております。

P1040098P1040090
P1040077
P1040078



ななな、なんとマッスルや海老が食べ放題となっています。

私はマッスルを10杯ほど頂きました
中には海老だけを山盛りにしている方もいましたよ〜

P1040089P1040079
P1040081

P1040081





ご馳走様でした

2013年の記事ですが、こちらのランチ体験談もご参考まで
【ランチ】スカイシティー フォーチュナ



このページのトップヘ